癌との共存を目指しています。
10日程、ブログ更新が滞ってしまった。休みの日は、寝ていると、一日があっという間に過ぎてしまうことが多く、ブログを書くことにまで気が回らなかった。

植草一秀の『知られざる真実』http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/というブログに、自民党が行った景気対策の偏りが述べられている。僕は政権交代を強く希望しているのだが、もし自民党が次にまた政権を取ると以下のことが危惧される。

高額療養費の自己負担限度額は、一般の所得者(上位所得者、一般、低所得者と3段階に分けている)は、1ヶ月に80100円+α(αの部分は、恐らく数千円位か)である。この金額は、平成18年から増額されている。(平成18年だったと記憶していますが、少し自信がないです。)
この自己負担限度額というのは、結構、重要で、これが増えると、返って来るお金は少なくなるし、多数該当(4回目からは、という意味)では限度額が低くなる(一般では、44400円)のだが、これが使えなくなる可能性が高くなる。
自民党に投票するということは、こういった医療費抑制政策を支持することを意味する。人の価値観は多様なので、もちろん強要は出来ないのだが、病人に対する自民党の政策は正直、目に余るものがあった。

僕は、自分の個人的な事情からも(高額療養費の自己負担限度額をこれ以上、上げないで欲しい)、考えからも(お金の使い途は、政府が決めるものではなく、消費者一人ひとりが決めるものだ。エコカー、エコポイントへの財政助成をする位なら、減税して欲しい)、政権交代を強く希望する。

FC2blog テーマ:選挙 - ジャンル:政治・経済

【2009/07/26 04:39】 | 思ったこと
トラックバック(0) |

風雲急を告げる
カノン
ますますお元気そうで、何よりです。

大きくわき道にそれて申し訳ないのですが、60代の長期入院女性患者さん、投げキスする相手が見つかって、幸せそうでよかったなあ、としみじみ思います。
「徳永英明の妻」ならぬ「のっぽ先生の妻」誕生秘話を拝見するようで、いいですね(笑)。

ふと思ったのですが、陽性転移(ユング派の用語かもしれませんが)を、臨床現場で、うまく治療に繋げていくって、難しそうですね。
すみません。ものすごく脱線しました。

本題に入りますと、医療費の抑制は、本当にやめてもらいたいです。ちょっと古い数字なのですが、次に挙げてみます。

年間1人あたりの受診回数(2000年):日本14.4回、米国8.9回、スウェーデン2.8回
年間1人あたりの医療費(2002年):日本2,139USドル、米国5,287ドル、スウェーデン2,594USドル
国内経済に占める医療費全体の割合(2002年):日本7.9%、米国14.6%
それと印象的だったのが、遊技場の売上総額(2008年)が24兆で、国民医療費は34兆ということです。

国民の不安ばかりを煽る国って、何なんでしょう。ブータンのように、国民の幸福度が指標になるといいなあ、と思います。

のっぽ先生が仰るように、政権交代しかないでしょうね。直後は、収拾がつかないような状態になるかもしれませんが、混沌の中からでなければ、生まれない何かに期待したいです。


医療費、労働時間など
のっぽ187
カノンさん

長期入院の患者さんに好かれるのは、結構、好きです(笑)。きっと人は、そう創られているんだと思います。

>ふと思ったのですが、陽性転移(ユング派の用語かもしれませんが)を、臨床現場で、うまく治療に繋げていくって、難しそうですね。

対等な関係がいいですね。十分な返事にはなっていないか、と思いますが、感覚的には、そう思います。

アメリカは、非常に効率の悪い医療費の使い方をしていると思います(低所得者層は、まともな医療が受けられない)が、そのアメリカに、年間1人あたりの医療費や国内経済に占める医療費全体の割合で大差をつけられている辺りに、日本の低医療費政策がいかに酷いものだったか、を見ることができますね。

>それと印象的だったのが、遊技場の売上総額(2008年)が24兆で、国民医療費は34兆ということです。

はっきり言って、無茶苦茶ですね。

自民党は、セーフティーネットにかなりのダメージを与えたという点で、かなり罪深いと思います。

>ブータンのように、国民の幸福度が指標になるといいなあ、と思います。

これは、一人ひとりの価値観の問題ですよね。ただ、労働時間は今より少し短い目の方が、幸せになれる人は多いか、と思うので、米英式よりは、ヨーロッパ式(英国を除く)に社会制度を持って行くのがいいのではないか、と思っています。

>直後は、収拾がつかないような状態になるかもしれませんが、混沌の中からでなければ、生まれない何かに期待したいです。

もちろん、民主党が完璧だとは思っていませんし、実際、そうでしょう。支持母体に自治労があるなど、懸念すべきところは、それなりにあると思うのですが、自民党、公明党による現政権よりは、はるかにましでしょう。僕は、そう考えています。

政治家
まゆみ
おはようございます。ご無沙汰してます、まゆみです。
のっぽ先生、更新も楽しみですが、仕事も更新も無理せずのんびりなさってください。

さて、胆管がんの父はとうとうステント留置を検討せねばならない状況になりました。
難しい場所のようで、難渋しておりますが、上手く落ち着いてくれることを願っております。

医療費はかさみますが、と若い方より負担が非常に少なく済みます(現在1割)。
しかし、国民年金からの支出は厳しいですし、当然蓄えに手をつけずにはやって
いけません。個人の考えでは、医療も年金も破綻していると感じます。

分子標的薬の保険認可は、医療費抑制を考えると、悔しいですが、
現実的ではないと感じます。

年金も少子高齢化で世代間扶養は難しいでしょう。年金未納による無年金の方が、
生活保護を受給しているという話を耳にすると、納めるのが馬鹿らしくなるのでは
ないでしょうか。生活保護の方が国民年金よりも多くもらえるのですから。

消費税が増税される結果となっても、公平な負担と、給付が受けられるのであれば、
増税やむなしとなろうと思います。

確かに税金の無駄遣いは沢山存在するのかもしれませんが、国民の意に反したとしても、
長期的にみて必要な政策をとることができる政党があれば期待したいです。

国民の支持が得られなければ職を失うのであれば、国民におもねるのは無理からぬこと
なのでしょうか。今後の政治屋?様に期待したいです。

長文申し訳ありません。つい、感じたことを書いてしまいました、お許し下さい。




おひさしぶりです!
ちこちこ
お仕事に復帰されたご様子、うれしく拝見していました。
私は、大学生になることに!夢がかないました。
自分のための、道楽なので、あえて、一般教養から入ります。マスターとって、同時に残り8年の治療、無事終了が、目標!
ご勤務、厳しそうですが、願いがかなって、本当によかったですね~。
また、お目にかかりましょうね。

私見ですが
のっぽ187
まゆみさん

こんにちは。

>仕事も更新も無理せずのんびりなさってください。

有難うございます。そうします。

>さて、胆管がんの父はとうとうステント留置を検討せねばならない状況になりました。

そうですか・・・。
あまり参考にならないかも知れませんが、僕は自己導尿を始めて、1年4ヶ月になります。初めは、辛かったですが、最近は生活の一部になりました。自己導尿、排便のプロセスが合計5,6分で出来るようになり、仕事の合間に用をスムーズに足せるようになりました。
器具を用いることについては、ある程度、慣れがあると思います。

>国民年金からの支出は厳しいですし、当然蓄えに手をつけずにはやっていけません。

その辺りが、今の日本は普通でないと思います。

>個人の考えでは、医療も年金も破綻していると感じます。

全く同感です。特に年金は明らかに破綻していると、僕は思います。

>分子標的薬の保険認可は、医療費抑制を考えると、悔しいですが、現実的ではないと感じます。

現時点で私達が出来ることは、政権を交代させること位だと思います。少なくとも、医療に関しては、民主党が政権を取った方がいい、と僕は考えています。

現行の年金制度は、すでに破綻しているんだと思います。僕が知る限りでは、ベーシックインカムを採用するのがいい、と思います。
http://blog.goo.ne.jp/yamazaki_hajime/e/df9729ff82024e97dd3447d08d9c5f27

>消費税が増税される結果となっても、公平な負担と、給付が受けられるのであれば、増税やむなしとなろうと思います。

省くべき無駄を省いた上で、なおかつ国にお金がない、ということであれば、消費税を増やすのも已む無しと思うのですが、まずは、しっかりと無駄を省いて欲しいです。

>確かに税金の無駄遣いは沢山存在するのかもしれませんが、国民の意に反したとしても、長期的にみて必要な政策をとることができる政党があれば期待したいです。

自民党は企業から多額の献金を受けている以上、今後も政権を取れれば、企業に益する政策を取り続けることでしょう。医療にお金を掛けることは、企業にとって何の得にもならないので、自民党が医療費を増やすことは基本的にはないと、僕は考えています。その点、民主党政権の方がまだ「まし」ではないか、と考えています。

なるほど
まゆみ
こんにちは。まゆみです。
ベーシックインカムですね…、なるほど。
就労可能な年齢に導入するのは抵抗を感じますが、
年金にこの考えを導入するのは大賛成です。
年金を納めずに、年金以上の額を生活保護で
受給するという、不公平な図式が解決されますね。

今後どうなるのか、想像つきませんが、
このままでいいとは思えません。
無駄を省いて、より良い医療を受けられるよう
な政党に政権をとって欲しいです。

ではまた!


管理人のみ閲覧できます
-


お久しぶりです。
のっぽ187
ちこちこさん

お久しぶりです。

>お仕事に復帰されたご様子、うれしく拝見していました。

有難うございます。

医学部の6年間は正直言って苦痛だったのですが、社会人を経て大学に入るのであれば、きっと充実した時間を過ごせるのではないか、と思います。

お互い、充実した時間を過ごしたいですね。

同世代?
のっぽ187
まゆみさん

ベーシックインカムのいいところは、政府の裁量が入らないところだと考えています。何かを支給してもらう際、私達は○○申請書といった書類を書きますが、もともとは私達が納めた年金や健康保険料だったりするわけですから、その配分に対し、こちらがお伺いを立てるというのは、「どうなんだろう。」と思います。

>今後どうなるのか、想像つきませんが、このままでいいとは思えません。

全くもって同意見です。

>無駄を省いて、より良い医療を受けられるような政党に政権をとって欲しいです。

ほんと、そう思います。個人的には、共産党に政権を取って欲しいのですが、それは現実的には、あり得ないことだと思うので、当面は民主党に政権を取ってもらうことを第一に考えています。

しょうもないことで恐縮なのですが、「まゆみ」という名前は、昭和47年(1972年)生まれの女の子に一番よく付けられた名前です。ふと、同世代かな、と思い、コメントした次第です。

残念!
まゆみ
こんにちは。 職場での不穏な空気…気になりますね。

負担が増えすぎないといいですね。
御身第一で考えてください。

父は無事ステントを留置できました。
他にも問題があるので、まだどうなるかは
わかりませんが、一安心です。

さて、残念ながら?私は1979年生まれです。
どうしてこの名前になったのか…
姉の字と祖父の字をとって付けた名前という事
らしいのですが…

ではまた!



はじめまして
のっぽ187
匿名さん

初めまして。拙ブログに、ようこそ。

精神科医であることと、精神科の病気になりにくいということは、全く別物だ、と考えています。循環器内科の先生が、心筋梗塞になることがあるのと同じ、と考えています。

そう習ったことはないのですが、自分が見聞きする限りにおいては、本人の精神状態と癌細胞の活動性は、ある程度、関係があるのではないか、と考えています。積極的精神で生きると、いい結果がもたらされる、といった天風先生の主張は、僕は結構、合っているのではないか、と考えています。

こちらこそ、よろしくお願い致します。

7つ下ですね。
のっぽ187
まゆみさん

民間の病院の場合、経営者サイドが無茶をするのは、よくあることなので、今回の件は、「仕方ないな。」と思っています。

とにかく、無理しないようにします。

>父は無事ステントを留置できました。

良かったですね。

1979年生まれなのですね。大学時代4年間、家庭教師をしていた男の子が、1979年生まれでした。
「まゆみ」という名前は、女性らしい響きがして、僕は好きです。

ご無沙汰してます
まゆみ
のっぽ先生こんにちは、まゆみです。

ご無沙汰してます。
お仕事も復帰されてるのですね。
無理せず、のんびり働いてくださいね。

さて、父はすこ~しずつビリルビンが下がってます。
嬉しいのですが、抗がん剤を長期に渡ってお休みして
いるのが不安にもなってきました…

ところで、私の名前ですが、初対面の方に
「まゆみ、という名前で気が強くない子は見たことがない。」
と、言われたことがあります。失礼ですね!
まぁ、私の場合当てはまっています(笑)
全国のまゆみさんには申し訳ないですが…

選挙は期日前投票をしてきました。思ったよりも人が多く、
関心の高さが伺えます。結果がどうなるのか楽しみです。

では!

気が強いのも、素敵だと思います。
のっぽ187
まゆみさん

>お仕事も復帰されてるのですね。

復帰しています。21日から通常の勤務に戻っています。

>さて、父はすこ~しずつビリルビンが下がってます。

良かったですね!

>抗がん剤を長期に渡ってお休みしているのが不安にもなってきました…

僕も昨年の12月中旬から抗癌剤を休んでいます。この判断が正しいのかどうかは、神様にしか分からないことなのですが・・・。「どうするのがいいか、よく分からない。」というのが、今のところの結論です。

20歳代、30歳代の女性全体に占める「気の強い」女性の割合は、どれ位か、それに比べて、20歳代、30歳代の「まゆみさん」に占める「気の強い」女性の割合は、どれ位か、という議論ですね。
僕の知る限りでは、30歳代の女性は、結構、気が強い方が多いように見受けられる(この世代は、男性より女性の方が、気が強い方が多いように見受けられる)ので、「まゆみさん」だけが、とりわけ気が強い、という風には見えないですね。

民主党には、ある程度の議席数を確保してもらって、公約したことをスムーズに実行して欲しいな、と思っています。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
風雲急を告げる
ますますお元気そうで、何よりです。

大きくわき道にそれて申し訳ないのですが、60代の長期入院女性患者さん、投げキスする相手が見つかって、幸せそうでよかったなあ、としみじみ思います。
「徳永英明の妻」ならぬ「のっぽ先生の妻」誕生秘話を拝見するようで、いいですね(笑)。

ふと思ったのですが、陽性転移(ユング派の用語かもしれませんが)を、臨床現場で、うまく治療に繋げていくって、難しそうですね。
すみません。ものすごく脱線しました。

本題に入りますと、医療費の抑制は、本当にやめてもらいたいです。ちょっと古い数字なのですが、次に挙げてみます。

年間1人あたりの受診回数(2000年):日本14.4回、米国8.9回、スウェーデン2.8回
年間1人あたりの医療費(2002年):日本2,139USドル、米国5,287ドル、スウェーデン2,594USドル
国内経済に占める医療費全体の割合(2002年):日本7.9%、米国14.6%
それと印象的だったのが、遊技場の売上総額(2008年)が24兆で、国民医療費は34兆ということです。

国民の不安ばかりを煽る国って、何なんでしょう。ブータンのように、国民の幸福度が指標になるといいなあ、と思います。

のっぽ先生が仰るように、政権交代しかないでしょうね。直後は、収拾がつかないような状態になるかもしれませんが、混沌の中からでなければ、生まれない何かに期待したいです。
2009/07/28(Tue) 00:37 | URL  | カノン #-[ 編集]
医療費、労働時間など
カノンさん

長期入院の患者さんに好かれるのは、結構、好きです(笑)。きっと人は、そう創られているんだと思います。

>ふと思ったのですが、陽性転移(ユング派の用語かもしれませんが)を、臨床現場で、うまく治療に繋げていくって、難しそうですね。

対等な関係がいいですね。十分な返事にはなっていないか、と思いますが、感覚的には、そう思います。

アメリカは、非常に効率の悪い医療費の使い方をしていると思います(低所得者層は、まともな医療が受けられない)が、そのアメリカに、年間1人あたりの医療費や国内経済に占める医療費全体の割合で大差をつけられている辺りに、日本の低医療費政策がいかに酷いものだったか、を見ることができますね。

>それと印象的だったのが、遊技場の売上総額(2008年)が24兆で、国民医療費は34兆ということです。

はっきり言って、無茶苦茶ですね。

自民党は、セーフティーネットにかなりのダメージを与えたという点で、かなり罪深いと思います。

>ブータンのように、国民の幸福度が指標になるといいなあ、と思います。

これは、一人ひとりの価値観の問題ですよね。ただ、労働時間は今より少し短い目の方が、幸せになれる人は多いか、と思うので、米英式よりは、ヨーロッパ式(英国を除く)に社会制度を持って行くのがいいのではないか、と思っています。

>直後は、収拾がつかないような状態になるかもしれませんが、混沌の中からでなければ、生まれない何かに期待したいです。

もちろん、民主党が完璧だとは思っていませんし、実際、そうでしょう。支持母体に自治労があるなど、懸念すべきところは、それなりにあると思うのですが、自民党、公明党による現政権よりは、はるかにましでしょう。僕は、そう考えています。
2009/07/29(Wed) 12:20 | URL  | のっぽ187 #-[ 編集]
政治家
おはようございます。ご無沙汰してます、まゆみです。
のっぽ先生、更新も楽しみですが、仕事も更新も無理せずのんびりなさってください。

さて、胆管がんの父はとうとうステント留置を検討せねばならない状況になりました。
難しい場所のようで、難渋しておりますが、上手く落ち着いてくれることを願っております。

医療費はかさみますが、と若い方より負担が非常に少なく済みます(現在1割)。
しかし、国民年金からの支出は厳しいですし、当然蓄えに手をつけずにはやって
いけません。個人の考えでは、医療も年金も破綻していると感じます。

分子標的薬の保険認可は、医療費抑制を考えると、悔しいですが、
現実的ではないと感じます。

年金も少子高齢化で世代間扶養は難しいでしょう。年金未納による無年金の方が、
生活保護を受給しているという話を耳にすると、納めるのが馬鹿らしくなるのでは
ないでしょうか。生活保護の方が国民年金よりも多くもらえるのですから。

消費税が増税される結果となっても、公平な負担と、給付が受けられるのであれば、
増税やむなしとなろうと思います。

確かに税金の無駄遣いは沢山存在するのかもしれませんが、国民の意に反したとしても、
長期的にみて必要な政策をとることができる政党があれば期待したいです。

国民の支持が得られなければ職を失うのであれば、国民におもねるのは無理からぬこと
なのでしょうか。今後の政治屋?様に期待したいです。

長文申し訳ありません。つい、感じたことを書いてしまいました、お許し下さい。


2009/07/30(Thu) 09:48 | URL  | まゆみ #-[ 編集]
おひさしぶりです!
お仕事に復帰されたご様子、うれしく拝見していました。
私は、大学生になることに!夢がかないました。
自分のための、道楽なので、あえて、一般教養から入ります。マスターとって、同時に残り8年の治療、無事終了が、目標!
ご勤務、厳しそうですが、願いがかなって、本当によかったですね~。
また、お目にかかりましょうね。
2009/08/02(Sun) 17:34 | URL  | ちこちこ #7IFrkV1M[ 編集]
私見ですが
まゆみさん

こんにちは。

>仕事も更新も無理せずのんびりなさってください。

有難うございます。そうします。

>さて、胆管がんの父はとうとうステント留置を検討せねばならない状況になりました。

そうですか・・・。
あまり参考にならないかも知れませんが、僕は自己導尿を始めて、1年4ヶ月になります。初めは、辛かったですが、最近は生活の一部になりました。自己導尿、排便のプロセスが合計5,6分で出来るようになり、仕事の合間に用をスムーズに足せるようになりました。
器具を用いることについては、ある程度、慣れがあると思います。

>国民年金からの支出は厳しいですし、当然蓄えに手をつけずにはやっていけません。

その辺りが、今の日本は普通でないと思います。

>個人の考えでは、医療も年金も破綻していると感じます。

全く同感です。特に年金は明らかに破綻していると、僕は思います。

>分子標的薬の保険認可は、医療費抑制を考えると、悔しいですが、現実的ではないと感じます。

現時点で私達が出来ることは、政権を交代させること位だと思います。少なくとも、医療に関しては、民主党が政権を取った方がいい、と僕は考えています。

現行の年金制度は、すでに破綻しているんだと思います。僕が知る限りでは、ベーシックインカムを採用するのがいい、と思います。
http://blog.goo.ne.jp/yamazaki_hajime/e/df9729ff82024e97dd3447d08d9c5f27

>消費税が増税される結果となっても、公平な負担と、給付が受けられるのであれば、増税やむなしとなろうと思います。

省くべき無駄を省いた上で、なおかつ国にお金がない、ということであれば、消費税を増やすのも已む無しと思うのですが、まずは、しっかりと無駄を省いて欲しいです。

>確かに税金の無駄遣いは沢山存在するのかもしれませんが、国民の意に反したとしても、長期的にみて必要な政策をとることができる政党があれば期待したいです。

自民党は企業から多額の献金を受けている以上、今後も政権を取れれば、企業に益する政策を取り続けることでしょう。医療にお金を掛けることは、企業にとって何の得にもならないので、自民党が医療費を増やすことは基本的にはないと、僕は考えています。その点、民主党政権の方がまだ「まし」ではないか、と考えています。
2009/08/02(Sun) 19:10 | URL  | のっぽ187 #-[ 編集]
なるほど
こんにちは。まゆみです。
ベーシックインカムですね…、なるほど。
就労可能な年齢に導入するのは抵抗を感じますが、
年金にこの考えを導入するのは大賛成です。
年金を納めずに、年金以上の額を生活保護で
受給するという、不公平な図式が解決されますね。

今後どうなるのか、想像つきませんが、
このままでいいとは思えません。
無駄を省いて、より良い医療を受けられるよう
な政党に政権をとって欲しいです。

ではまた!
2009/08/04(Tue) 11:23 | URL  | まゆみ #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/08/05(Wed) 00:23 |   |  #[ 編集]
お久しぶりです。
ちこちこさん

お久しぶりです。

>お仕事に復帰されたご様子、うれしく拝見していました。

有難うございます。

医学部の6年間は正直言って苦痛だったのですが、社会人を経て大学に入るのであれば、きっと充実した時間を過ごせるのではないか、と思います。

お互い、充実した時間を過ごしたいですね。
2009/08/10(Mon) 05:46 | URL  | のっぽ187 #-[ 編集]
同世代?
まゆみさん

ベーシックインカムのいいところは、政府の裁量が入らないところだと考えています。何かを支給してもらう際、私達は○○申請書といった書類を書きますが、もともとは私達が納めた年金や健康保険料だったりするわけですから、その配分に対し、こちらがお伺いを立てるというのは、「どうなんだろう。」と思います。

>今後どうなるのか、想像つきませんが、このままでいいとは思えません。

全くもって同意見です。

>無駄を省いて、より良い医療を受けられるような政党に政権をとって欲しいです。

ほんと、そう思います。個人的には、共産党に政権を取って欲しいのですが、それは現実的には、あり得ないことだと思うので、当面は民主党に政権を取ってもらうことを第一に考えています。

しょうもないことで恐縮なのですが、「まゆみ」という名前は、昭和47年(1972年)生まれの女の子に一番よく付けられた名前です。ふと、同世代かな、と思い、コメントした次第です。
2009/08/10(Mon) 06:00 | URL  | のっぽ187 #-[ 編集]
残念!
こんにちは。 職場での不穏な空気…気になりますね。

負担が増えすぎないといいですね。
御身第一で考えてください。

父は無事ステントを留置できました。
他にも問題があるので、まだどうなるかは
わかりませんが、一安心です。

さて、残念ながら?私は1979年生まれです。
どうしてこの名前になったのか…
姉の字と祖父の字をとって付けた名前という事
らしいのですが…

ではまた!

2009/08/10(Mon) 11:51 | URL  | まゆみ #-[ 編集]
はじめまして
匿名さん

初めまして。拙ブログに、ようこそ。

精神科医であることと、精神科の病気になりにくいということは、全く別物だ、と考えています。循環器内科の先生が、心筋梗塞になることがあるのと同じ、と考えています。

そう習ったことはないのですが、自分が見聞きする限りにおいては、本人の精神状態と癌細胞の活動性は、ある程度、関係があるのではないか、と考えています。積極的精神で生きると、いい結果がもたらされる、といった天風先生の主張は、僕は結構、合っているのではないか、と考えています。

こちらこそ、よろしくお願い致します。
2009/08/13(Thu) 14:37 | URL  | のっぽ187 #-[ 編集]
7つ下ですね。
まゆみさん

民間の病院の場合、経営者サイドが無茶をするのは、よくあることなので、今回の件は、「仕方ないな。」と思っています。

とにかく、無理しないようにします。

>父は無事ステントを留置できました。

良かったですね。

1979年生まれなのですね。大学時代4年間、家庭教師をしていた男の子が、1979年生まれでした。
「まゆみ」という名前は、女性らしい響きがして、僕は好きです。
2009/08/13(Thu) 14:54 | URL  | のっぽ187 #-[ 編集]
ご無沙汰してます
のっぽ先生こんにちは、まゆみです。

ご無沙汰してます。
お仕事も復帰されてるのですね。
無理せず、のんびり働いてくださいね。

さて、父はすこ~しずつビリルビンが下がってます。
嬉しいのですが、抗がん剤を長期に渡ってお休みして
いるのが不安にもなってきました…

ところで、私の名前ですが、初対面の方に
「まゆみ、という名前で気が強くない子は見たことがない。」
と、言われたことがあります。失礼ですね!
まぁ、私の場合当てはまっています(笑)
全国のまゆみさんには申し訳ないですが…

選挙は期日前投票をしてきました。思ったよりも人が多く、
関心の高さが伺えます。結果がどうなるのか楽しみです。

では!
2009/08/25(Tue) 11:35 | URL  | まゆみ #-[ 編集]
気が強いのも、素敵だと思います。
まゆみさん

>お仕事も復帰されてるのですね。

復帰しています。21日から通常の勤務に戻っています。

>さて、父はすこ~しずつビリルビンが下がってます。

良かったですね!

>抗がん剤を長期に渡ってお休みしているのが不安にもなってきました…

僕も昨年の12月中旬から抗癌剤を休んでいます。この判断が正しいのかどうかは、神様にしか分からないことなのですが・・・。「どうするのがいいか、よく分からない。」というのが、今のところの結論です。

20歳代、30歳代の女性全体に占める「気の強い」女性の割合は、どれ位か、それに比べて、20歳代、30歳代の「まゆみさん」に占める「気の強い」女性の割合は、どれ位か、という議論ですね。
僕の知る限りでは、30歳代の女性は、結構、気が強い方が多いように見受けられる(この世代は、男性より女性の方が、気が強い方が多いように見受けられる)ので、「まゆみさん」だけが、とりわけ気が強い、という風には見えないですね。

民主党には、ある程度の議席数を確保してもらって、公約したことをスムーズに実行して欲しいな、と思っています。
2009/08/26(Wed) 17:49 | URL  | のっぽ187 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック