癌との共存を目指しています。
週4日の勤務でも、それなりに頭を使うし、体力、気力を使っているという感じがする。もう少し労働時間が短くなればいいかな、と思うが、常勤で、これより短い労働時間というのは、都市部では得られないだろう。

仕事の密度が、そこそこ濃いせいか、少しずつスキルアップしている感じがする。とても有難いことだが、何となく今の状態は、何かに導かれた感じがする。人は、「こうなりたいな。」と思うものに時間を掛けて、なっていくものかも知れない。時間というのは、具体的には数年くらいだと思う。

以前から、「ゆっくり仕事がしたいな。」と思っていた一方、自分の持てるものを発揮したいな、さらに(診療の場面で)色んな経験をして賢くなりたいな、とも心のどこかで思っていた。そして、今、思っていたものに比較的、近い状況で仕事が出来ている。

「こうなりたい。」という具体的なイメージを、ずっと持ち続けていたいな、と思う。いい体調で、長く仕事を続けられている自分を最近は時々イメージしている。

自分を洞察することは結構、好きです。一方、自分の病を洞察することは、嫌いではないのですが、最近は、積極的にしようという気が起こらないです。なので、こんな文章が多くなります。お許し下さい。

FC2blog テーマ:思いのままに - ジャンル:その他

【2009/07/14 22:37】 | 思ったこと
トラックバック(0) |

想像力は神の仕事場である
カノン
のっぽ先生が、書きたいと思われることを書くことが、私たちを勇気づけることになります。
今回も、偏差値の高さが証明するような頭の良さという部分的なものではなく、全人的なバランスの良さや聡明さが感じられる、素敵な文章だと思います。

「なりたい自分」をイメージすることは、とても大事なことだと思うのですが、日常に流されて、つい忘れてしまいがちです。
イメージが具体的であればあるほど、実現する可能性が高い、と言われています。

國分康孝さんは、その著書(「頼れる自分」になる心理学)の中で、『“なったつもり”で人生を生きていく。“なったつもり”の方が、実際にそうなる率は高いし、生きている瞬間瞬間も、そうならなかったらどうしようという不安がない。』と述べています。
脳の働きは、自分を追いつめたりもしますが、上手に使うと、今より一段高い所へ、連れて行ってくれるものなのかもしれませんね。

私たちも、のっぽ先生が、いい体調で長く仕事を続けていらっしゃるお姿を、イメージすることにします。


有難うございます!
のっぽ187
カノンさん

>のっぽ先生が、書きたいと思われることを書くことが、私たちを勇気づけることになります。

有難うございます。書きたいと思うことを書くようにします。ついつい、読んでくれる人の層を気にしてしまいます。

>今回も、偏差値の高さが証明するような頭の良さという部分的なものではなく、全人的なバランスの良さや聡明さが感じられる、素敵な文章だと思います。

有難うございます。「頭、いいですね。」と褒められるのも嬉しいのですが、人間性を褒めてくれたり、聡明さを褒めてくれるのが一番、嬉しいですね。(60歳代の長期入院している女性の患者さんに投げキスをされるのも、結構、嬉しいものですが。)

>脳の働きは、自分を追いつめたりもしますが、上手に使うと、今より一段高い所へ、連れて行ってくれるものなのかもしれませんね。

これまでは、追い詰められることが多かったです。時間を守る、試験に通る、などなど。ただ、最近は、「幸せに生きることが一番。」と考えているので、「時間を守る」以外のことは、程ほどでいいかな、と思っています。

>私たちも、のっぽ先生が、いい体調で長く仕事を続けていらっしゃるお姿を、イメージすることにします。

有難うございます!

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
想像力は神の仕事場である
のっぽ先生が、書きたいと思われることを書くことが、私たちを勇気づけることになります。
今回も、偏差値の高さが証明するような頭の良さという部分的なものではなく、全人的なバランスの良さや聡明さが感じられる、素敵な文章だと思います。

「なりたい自分」をイメージすることは、とても大事なことだと思うのですが、日常に流されて、つい忘れてしまいがちです。
イメージが具体的であればあるほど、実現する可能性が高い、と言われています。

國分康孝さんは、その著書(「頼れる自分」になる心理学)の中で、『“なったつもり”で人生を生きていく。“なったつもり”の方が、実際にそうなる率は高いし、生きている瞬間瞬間も、そうならなかったらどうしようという不安がない。』と述べています。
脳の働きは、自分を追いつめたりもしますが、上手に使うと、今より一段高い所へ、連れて行ってくれるものなのかもしれませんね。

私たちも、のっぽ先生が、いい体調で長く仕事を続けていらっしゃるお姿を、イメージすることにします。
2009/07/16(Thu) 00:37 | URL  | カノン #-[ 編集]
有難うございます!
カノンさん

>のっぽ先生が、書きたいと思われることを書くことが、私たちを勇気づけることになります。

有難うございます。書きたいと思うことを書くようにします。ついつい、読んでくれる人の層を気にしてしまいます。

>今回も、偏差値の高さが証明するような頭の良さという部分的なものではなく、全人的なバランスの良さや聡明さが感じられる、素敵な文章だと思います。

有難うございます。「頭、いいですね。」と褒められるのも嬉しいのですが、人間性を褒めてくれたり、聡明さを褒めてくれるのが一番、嬉しいですね。(60歳代の長期入院している女性の患者さんに投げキスをされるのも、結構、嬉しいものですが。)

>脳の働きは、自分を追いつめたりもしますが、上手に使うと、今より一段高い所へ、連れて行ってくれるものなのかもしれませんね。

これまでは、追い詰められることが多かったです。時間を守る、試験に通る、などなど。ただ、最近は、「幸せに生きることが一番。」と考えているので、「時間を守る」以外のことは、程ほどでいいかな、と思っています。

>私たちも、のっぽ先生が、いい体調で長く仕事を続けていらっしゃるお姿を、イメージすることにします。

有難うございます!
2009/07/19(Sun) 15:40 | URL  | のっぽ187 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック