癌との共存を目指しています。
再発予防については、ある程度、関心はあるのだが(当然だ!)、最近は、殆ど調べていない。調べるのが面倒臭いのと、すごく悪い確率を提示されると凹むだろうから見ないのと、その両方が調べない理由だ。

仕事柄、統合失調症、うつ病の再発予防に関心があるのだが、こちらについては、ただただ単純に数字を見るだけである。統計を見ていると、統合失調症、うつ病は進行癌と感じが似ているのだが、驚くべきことに、どれだけの期間、再発予防目的に薬を飲んだらいいのか、きちんとしたコンセンサスが得られていない。平たく言うと、医者によって、「○○まで薬を続けましょう。」の○○の部分が違うのである。(同業者同士、そんなことを話し合うことは滅多にないのだが、ガイドラインより長い期間、抗うつ薬を飲んだ方がいい、という論文もあるので、意見は分かれているんだと思う。)

再発予防の考え方は、何を、どれくらいの量、どれくらいの期間、飲みますか、ということなのだが、統合失調症、うつ病の場合、何を、の部分はシンプルである。答えは、「効いた薬を」である。どれくらいの量については、統合失調症は、「効いた時の量」とするか、「推奨用量の下限」とするか、もしくは、その間にするか、迷うところである。大雑把だが、きれいに良くなった時は、「推奨用量の下限」でいいと思うが、良くなり切っていない時は、「効いた時の量」もしくは、それに近い量が良いと思う。

前振りが長くなってしまったが、進行大腸癌の場合、何を、どれくらいの量で、どれくらいの期間、続けますか、について考えてみる。
何を、は、FOLFOX(+アバスチン)もしくは5-FU系の飲み薬を、ということになろう。僕の場合は、基本的には、前者だろう。(僕の病状では、前者が後者に勝っている、という論文を見たことがある。)
どれくらいの量で、については、精神科診療の方が柔軟だと思う。そして、個人的には、その方が正しいと思う。多くの場合、標準投与量より少ない量がいいのではないか、と思う。(この件については、患者としての経験から、そう思っている。)
どれくらいの期間、続けるか、については、一番、難しい問題だと思う。進行大腸癌については、「6ヶ月、続けるのと、12ヶ月、続けるのに差はない。」だとか、「6ヶ月、続けるのと、9ヶ月、続けるのに差はない。」だとか、いくつか論文が出ている。個人的には、「本当に、そうだろうか。もし、そうだとすれば、どうして、そうなのだろうか。」と思う。

薬の量について柔軟である精神科領域では、依然、「いつまで薬を続けますか。」ということでは意見が分かれている。進行大腸癌については、「患者に余り負担にならない薬、量で、どれ位、続けたらいいのか。」を判断するに当たって、いい論文が出てくれたらいいな、と思う。

FC2blog テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

【2009/06/27 23:43】 | 自分の体
トラックバック(0) |

No title
Ito
こんばんは。
私も眠れなくてネットで遊んでました。

> 再発予防については、ある程度、関心はあるのだが(当然だ!)、最近は、殆ど調べていない。
理由はともあれ、あまり自分の病気について考えすぎない方が身体に良いような気がします。最近は病気に限らず色々なことで、あることについて考えれば考えるだけ自分が出す結果が無意識に考えた方向へ動かされるように感じています。もっとも、そうは言っても自分の人生を左右することに関心を持たないのは難しいことですが。

ちなみに、うつ病の再発には大変関心があるのですが、チラッと調べただけであまり気分の良くない結果(再発率50%など)を見つけてしまったので、あまり考えないようにして、もう一生付き合うかもしれないと覚悟を決めつつあります。

あれこれ考えないようにしてるのですが、なかなか難しいですね。それが人生なんでしょうけど。

お早うございます。
のっぽ187
Itoさん

おはようございます。

>理由はともあれ、あまり自分の病気について考えすぎない方が身体に良いような気がします。

僕も、根拠は全く無いのですが、その方がいい気がします。

>最近は病気に限らず色々なことで、あることについて考えれば考えるだけ自分が出す結果が無意識に考えた方向へ動かされるように感じています。

全く無関心は、まずいけど(無関心では、居られないけど)、たくさん、考えることでより良い結論が得られるか、と言えば、そうではない気がします。話は、それますが、この部分は株式投資にも通じるな、と思います。

>ちなみに、うつ病の再発には大変関心があるのですが、チラッと調べただけであまり気分の良くない結果(再発率50%など)を見つけてしまったので、あまり考えないようにして、もう一生付き合うかもしれないと覚悟を決めつつあります。

以前は、「再発率50%」と聞くと、「高いなあ。」と思っていたのですが、進行大腸癌になってから、そうは思わなくなりました。一方、抗うつ薬が本当に効く率(抗うつ薬で反応した率-プラセボで反応した率)は、概ね20%とされていますが、こちらの方は、癌になってから、「高い数字だな。」と感じるようになりました。

程よく考えられるようになりたいですね。

大腸がんに限った話として
TT
今度はアスピリンが大腸がんに効くという話が出ました。

http://cancernavi.nikkeibp.co.jp/report/090623_01.html

「アスピリン」って、「バイアスピリン」のことなんでしょうか?
だったら、私の母は5年以上服用していましたが、肺がんになってしまったので、肺がんの予防には効果がないみたいです。

今は何も考えずに
カノン
のっぽ先生が、お休みになれなかった原因が、とても魅力的な女性の旅立ちの報に起因するものだとしましたら、大きなショックを受けられたことと、ご心中お察しいたします。

前回の私の抽象的な質問は、さぞかし答えづらくていらしたと思いますのに、いつも通り、意を尽くし心を尽くして、丁寧にお答えくださり、本当にありがとうございました。

実は、前回書き込んでいる時、ぽみさんの事を考えていました。
温かいお人柄で、包容力があって、聡明で、機知に富んでいらして、のっぽ先生と同い年で・・・。
のっぽ先生も、「自分だったら」という前提で、良かれと思う治療の選択肢を提示して、心を込めて応援していらっしゃいましたね。

前々回の「ためしてガッテン」で、うつ病が取り上げられていました。十数種類ある薬のうち、どの抗うつ薬が効くかについては、3ヶ月くらい(短くて2週間くらい)掛けて、試していくという、医師と患者双方にとって、根気が求められる治療だ、と思いました。効く薬に当たるまで、大変なのですね。

日本において、がんの再発予防の指針となるような公正な論文が、早く発表になるといいなあ、と心から願います。
昨年、タミフルの害作用の調査に端を発して、厚労省の調べで、医学部の教授の90%が、製薬会社から多額の寄附を受けているという結果が発表されました。国の補助金だけで、研究できるような体制でないと、つまり、寄附を禁止しても研究できるほどの補助金を支給しないと、大きな利権がからむ限り、公正な論文は、なかなか出てこないように思います。

情報、有難うございます。
のっぽ187
TTさん

情報、有難うございます。

>「アスピリン」って、「バイアスピリン」のことなんでしょうか?

はい、そうです。
腸溶錠で、約半数に小腸粘膜障害が見られた、というところが少し気になりました。

返事その1
のっぽ187
カノンさん

時々、眠れないことがあるのですが、原因は不明です。2日間、仕事をすると、2日目の晩に眠れないことが多いです。

>実は、前回書き込んでいる時、ぽみさんの事を考えていました。

多分、そうかな、と思っていたのですが、「絶対、そうだ。」とも思えなかったので、返事その2では、一般論を書いてしまいました。

ぽみさんの件は、正直、ショックでした。

「どこまで、コメントするべきか。」と当時、思ったのですが、「言うべきことを言わないと、後悔するな。」と思ったので(そう直感しました)、「差し出がましいかな。」とも思ったのですが、思い切って、自分が思うところを書きました。

親しい友人として(友人のつもりで)、コメントしました。論理的なところは、客観的に見ても、そうおかしなことは書いていないと思うのですが、自分の勘に当たる部分については、どう伝えたらよいか(そもそも伝えるべきなのか)迷いました。

返事その2
のっぽ187
カノンさん

>効く薬に当たるまで、大変なのですね。

そうですね。どの薬から始めるか、どの量から始めるか、効かない薬に対し如何に早く見切りをつけるか、が腕の見せ所だと思います。まだまだ、僕も勉強中です。

>日本において、がんの再発予防の指針となるような公正な論文が、早く発表になるといいなあ、と心から願います。

難しいだろうな、と思う一方、早く、いい論文が出て欲しいな、と切に思います。

>昨年、タミフルの害作用の調査に端を発して、厚労省の調べで、医学部の教授の90%が、製薬会社から多額の寄附を受けているという結果が発表されました。国の補助金だけで、研究できるような体制でないと、つまり、寄附を禁止しても研究できるほどの補助金を支給しないと、大きな利権がからむ限り、公正な論文は、なかなか出てこないように思います。

カノンさん、流石ですね。その指摘、まさに本質を突いています。

タミフルの害作用については、個人的に「どうも臭いな。」と思っていたのですが、やはり、そうでしたか。

製薬会社からお金をもらっている以上、製薬会社寄りの結果になってしまうのは、当然のことだと思います。その薬の長所とされている項目を増やしたり、短所とされている項目を減らしたり、あと、害作用の評価を厳密にしない(緩くする)という手がありますね。

本質的なことに対し、答えを出してくれている論文が多くないことに対し、我々は、どうするべきなのでしょうか。

最後の2段落は、精神科領域のことをイメージしながら、お返事しました。

こんにちは。
ぷー
のっぽさん、こんにちは。
ぽみちゃんのところでお目にかかって、こちらを教えていただいて…
書き込みするのは初めてかもしれません。

私もこの10日ほど、ぬけがらのようですTT
同じ進行虫垂がんとして…薬の使用状態なども共通する部分が多くて…
アービタックスのこととか、これからに期待をかけたい!っておっしゃってた時期でしたよね。
心痛お察しします。。。

抗うつ薬については、私は詳しくありません。
飲んでいるのは、抗不安薬のデパスやメイラックスですが、
効果は今ひとつのような…

一昨日の朝、N〇kのニュースの中で、精神腫瘍科医が、チーム医療に参加して、
どういう症状が精神的なものから来ていて、
あるいは腫瘍から来ているのか、意見を出して会議に参加している、というのがやっていました。
私の病院にも精神腫瘍科はありますが、
常勤でなかったり、連携はイマイチ(っていうかダメ?)です。
そういう面もぜひ発展してほしいですよね。

とにかく、交通事故死より多い、このがんというものについて、
国は何を考えてるんだ~早く統計をとりなさいっ!!って思ってしまいます。

乱筆失礼いたしました。。。

ようこそ、当ブログへ。
のっぽ187
ぷーさん

ようこそ、当ブログへ。

>私もこの10日ほど、ぬけがらのようですTT

ぽみさんの件は、正直、ショックでした。

>アービタックスのこととか、これからに期待をかけたい!っておっしゃってた時期でしたよね。

アービタックスのみで、腫瘍が大きくなるのを抑えられるのか、もっと言うと、小さく出来るのか、ということについては、非常に関心があったので(もちろん、ぽみさんが、いい経過を辿られるのが一番なのですが)、あのようなコメントをしました。

続きです。
のっぽ187
ぷーさん

>私の病院にも精神腫瘍科はありますが、常勤でなかったり、連携はイマイチ(っていうかダメ?)です。

総合病院に勤めたいと思う精神科医自体が少ないと思います。(僕も、精神科だけの病院に現在、勤めています。)
連携は、病院の体質に依存するところが大きいと思います。
例外も多いと思いますが、僕が見聞きする限りでは、大学病院、大学病院以外の国公立病院、大学病院と国公立病院以外の病院の順で、連携が取りにくかったです。(大学病院と国公立病院以外の病院が一番、連携が取りやすかったです。)

>飲んでいるのは、抗不安薬のデパスやメイラックスですが、効果は今ひとつのような…

デパスは、患者さんの間では評判の良い薬ですね。メイラックスは、長時間作用するタイプの薬ですね。
基本的には、抗不安薬は、ある程度の期間、使ったら、減らして行きましょう、というタイプの薬です。

進行癌の患者さんのうつ病に対しては、ガイドラインの記載によると、軽症では、ソラナックス(もしくはコンスタン)という抗不安薬を用いるのが良い、と書いてあります。僕も、術後、うつ状態になっていた時、飲みました(自分で主治医の先生にお願いした)が、効果は明らかでした。ただ、ソラナックスは、抗不安薬の中でも依存性が強いので、精神科医の間でも好き嫌いが分かれると思います。(僕は、10日くらいで、ソラナックスを飲むのを止めました。)

日本国政府は、医療について、もっと言うと、癌医療について、明らかに軽視していると思います。少し前にあった「骨太なんとか」という政策は、「医療費とか無駄なものは削りますよ。」という内容のものでした。
来る総選挙で、自民党以外の政党が与党になることを願ってやみません。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
No title
こんばんは。
私も眠れなくてネットで遊んでました。

> 再発予防については、ある程度、関心はあるのだが(当然だ!)、最近は、殆ど調べていない。
理由はともあれ、あまり自分の病気について考えすぎない方が身体に良いような気がします。最近は病気に限らず色々なことで、あることについて考えれば考えるだけ自分が出す結果が無意識に考えた方向へ動かされるように感じています。もっとも、そうは言っても自分の人生を左右することに関心を持たないのは難しいことですが。

ちなみに、うつ病の再発には大変関心があるのですが、チラッと調べただけであまり気分の良くない結果(再発率50%など)を見つけてしまったので、あまり考えないようにして、もう一生付き合うかもしれないと覚悟を決めつつあります。

あれこれ考えないようにしてるのですが、なかなか難しいですね。それが人生なんでしょうけど。
2009/06/28(Sun) 00:59 | URL  | Ito #ch2f7abI[ 編集]
お早うございます。
Itoさん

おはようございます。

>理由はともあれ、あまり自分の病気について考えすぎない方が身体に良いような気がします。

僕も、根拠は全く無いのですが、その方がいい気がします。

>最近は病気に限らず色々なことで、あることについて考えれば考えるだけ自分が出す結果が無意識に考えた方向へ動かされるように感じています。

全く無関心は、まずいけど(無関心では、居られないけど)、たくさん、考えることでより良い結論が得られるか、と言えば、そうではない気がします。話は、それますが、この部分は株式投資にも通じるな、と思います。

>ちなみに、うつ病の再発には大変関心があるのですが、チラッと調べただけであまり気分の良くない結果(再発率50%など)を見つけてしまったので、あまり考えないようにして、もう一生付き合うかもしれないと覚悟を決めつつあります。

以前は、「再発率50%」と聞くと、「高いなあ。」と思っていたのですが、進行大腸癌になってから、そうは思わなくなりました。一方、抗うつ薬が本当に効く率(抗うつ薬で反応した率-プラセボで反応した率)は、概ね20%とされていますが、こちらの方は、癌になってから、「高い数字だな。」と感じるようになりました。

程よく考えられるようになりたいですね。
2009/06/28(Sun) 11:14 | URL  | のっぽ187 #-[ 編集]
大腸がんに限った話として
今度はアスピリンが大腸がんに効くという話が出ました。

http://cancernavi.nikkeibp.co.jp/report/090623_01.html

「アスピリン」って、「バイアスピリン」のことなんでしょうか?
だったら、私の母は5年以上服用していましたが、肺がんになってしまったので、肺がんの予防には効果がないみたいです。
2009/06/28(Sun) 13:43 | URL  | TT #O24v7Kjk[ 編集]
今は何も考えずに
のっぽ先生が、お休みになれなかった原因が、とても魅力的な女性の旅立ちの報に起因するものだとしましたら、大きなショックを受けられたことと、ご心中お察しいたします。

前回の私の抽象的な質問は、さぞかし答えづらくていらしたと思いますのに、いつも通り、意を尽くし心を尽くして、丁寧にお答えくださり、本当にありがとうございました。

実は、前回書き込んでいる時、ぽみさんの事を考えていました。
温かいお人柄で、包容力があって、聡明で、機知に富んでいらして、のっぽ先生と同い年で・・・。
のっぽ先生も、「自分だったら」という前提で、良かれと思う治療の選択肢を提示して、心を込めて応援していらっしゃいましたね。

前々回の「ためしてガッテン」で、うつ病が取り上げられていました。十数種類ある薬のうち、どの抗うつ薬が効くかについては、3ヶ月くらい(短くて2週間くらい)掛けて、試していくという、医師と患者双方にとって、根気が求められる治療だ、と思いました。効く薬に当たるまで、大変なのですね。

日本において、がんの再発予防の指針となるような公正な論文が、早く発表になるといいなあ、と心から願います。
昨年、タミフルの害作用の調査に端を発して、厚労省の調べで、医学部の教授の90%が、製薬会社から多額の寄附を受けているという結果が発表されました。国の補助金だけで、研究できるような体制でないと、つまり、寄附を禁止しても研究できるほどの補助金を支給しないと、大きな利権がからむ限り、公正な論文は、なかなか出てこないように思います。
2009/06/28(Sun) 23:26 | URL  | カノン #-[ 編集]
情報、有難うございます。
TTさん

情報、有難うございます。

>「アスピリン」って、「バイアスピリン」のことなんでしょうか?

はい、そうです。
腸溶錠で、約半数に小腸粘膜障害が見られた、というところが少し気になりました。
2009/07/01(Wed) 02:19 | URL  | のっぽ187 #-[ 編集]
返事その1
カノンさん

時々、眠れないことがあるのですが、原因は不明です。2日間、仕事をすると、2日目の晩に眠れないことが多いです。

>実は、前回書き込んでいる時、ぽみさんの事を考えていました。

多分、そうかな、と思っていたのですが、「絶対、そうだ。」とも思えなかったので、返事その2では、一般論を書いてしまいました。

ぽみさんの件は、正直、ショックでした。

「どこまで、コメントするべきか。」と当時、思ったのですが、「言うべきことを言わないと、後悔するな。」と思ったので(そう直感しました)、「差し出がましいかな。」とも思ったのですが、思い切って、自分が思うところを書きました。

親しい友人として(友人のつもりで)、コメントしました。論理的なところは、客観的に見ても、そうおかしなことは書いていないと思うのですが、自分の勘に当たる部分については、どう伝えたらよいか(そもそも伝えるべきなのか)迷いました。
2009/07/01(Wed) 02:38 | URL  | のっぽ187 #-[ 編集]
返事その2
カノンさん

>効く薬に当たるまで、大変なのですね。

そうですね。どの薬から始めるか、どの量から始めるか、効かない薬に対し如何に早く見切りをつけるか、が腕の見せ所だと思います。まだまだ、僕も勉強中です。

>日本において、がんの再発予防の指針となるような公正な論文が、早く発表になるといいなあ、と心から願います。

難しいだろうな、と思う一方、早く、いい論文が出て欲しいな、と切に思います。

>昨年、タミフルの害作用の調査に端を発して、厚労省の調べで、医学部の教授の90%が、製薬会社から多額の寄附を受けているという結果が発表されました。国の補助金だけで、研究できるような体制でないと、つまり、寄附を禁止しても研究できるほどの補助金を支給しないと、大きな利権がからむ限り、公正な論文は、なかなか出てこないように思います。

カノンさん、流石ですね。その指摘、まさに本質を突いています。

タミフルの害作用については、個人的に「どうも臭いな。」と思っていたのですが、やはり、そうでしたか。

製薬会社からお金をもらっている以上、製薬会社寄りの結果になってしまうのは、当然のことだと思います。その薬の長所とされている項目を増やしたり、短所とされている項目を減らしたり、あと、害作用の評価を厳密にしない(緩くする)という手がありますね。

本質的なことに対し、答えを出してくれている論文が多くないことに対し、我々は、どうするべきなのでしょうか。

最後の2段落は、精神科領域のことをイメージしながら、お返事しました。
2009/07/01(Wed) 03:03 | URL  | のっぽ187 #-[ 編集]
こんにちは。
のっぽさん、こんにちは。
ぽみちゃんのところでお目にかかって、こちらを教えていただいて…
書き込みするのは初めてかもしれません。

私もこの10日ほど、ぬけがらのようですTT
同じ進行虫垂がんとして…薬の使用状態なども共通する部分が多くて…
アービタックスのこととか、これからに期待をかけたい!っておっしゃってた時期でしたよね。
心痛お察しします。。。

抗うつ薬については、私は詳しくありません。
飲んでいるのは、抗不安薬のデパスやメイラックスですが、
効果は今ひとつのような…

一昨日の朝、N〇kのニュースの中で、精神腫瘍科医が、チーム医療に参加して、
どういう症状が精神的なものから来ていて、
あるいは腫瘍から来ているのか、意見を出して会議に参加している、というのがやっていました。
私の病院にも精神腫瘍科はありますが、
常勤でなかったり、連携はイマイチ(っていうかダメ?)です。
そういう面もぜひ発展してほしいですよね。

とにかく、交通事故死より多い、このがんというものについて、
国は何を考えてるんだ~早く統計をとりなさいっ!!って思ってしまいます。

乱筆失礼いたしました。。。
2009/07/03(Fri) 12:46 | URL  | ぷー #6Y6umJBM[ 編集]
ようこそ、当ブログへ。
ぷーさん

ようこそ、当ブログへ。

>私もこの10日ほど、ぬけがらのようですTT

ぽみさんの件は、正直、ショックでした。

>アービタックスのこととか、これからに期待をかけたい!っておっしゃってた時期でしたよね。

アービタックスのみで、腫瘍が大きくなるのを抑えられるのか、もっと言うと、小さく出来るのか、ということについては、非常に関心があったので(もちろん、ぽみさんが、いい経過を辿られるのが一番なのですが)、あのようなコメントをしました。
2009/07/04(Sat) 00:36 | URL  | のっぽ187 #-[ 編集]
続きです。
ぷーさん

>私の病院にも精神腫瘍科はありますが、常勤でなかったり、連携はイマイチ(っていうかダメ?)です。

総合病院に勤めたいと思う精神科医自体が少ないと思います。(僕も、精神科だけの病院に現在、勤めています。)
連携は、病院の体質に依存するところが大きいと思います。
例外も多いと思いますが、僕が見聞きする限りでは、大学病院、大学病院以外の国公立病院、大学病院と国公立病院以外の病院の順で、連携が取りにくかったです。(大学病院と国公立病院以外の病院が一番、連携が取りやすかったです。)

>飲んでいるのは、抗不安薬のデパスやメイラックスですが、効果は今ひとつのような…

デパスは、患者さんの間では評判の良い薬ですね。メイラックスは、長時間作用するタイプの薬ですね。
基本的には、抗不安薬は、ある程度の期間、使ったら、減らして行きましょう、というタイプの薬です。

進行癌の患者さんのうつ病に対しては、ガイドラインの記載によると、軽症では、ソラナックス(もしくはコンスタン)という抗不安薬を用いるのが良い、と書いてあります。僕も、術後、うつ状態になっていた時、飲みました(自分で主治医の先生にお願いした)が、効果は明らかでした。ただ、ソラナックスは、抗不安薬の中でも依存性が強いので、精神科医の間でも好き嫌いが分かれると思います。(僕は、10日くらいで、ソラナックスを飲むのを止めました。)

日本国政府は、医療について、もっと言うと、癌医療について、明らかに軽視していると思います。少し前にあった「骨太なんとか」という政策は、「医療費とか無駄なものは削りますよ。」という内容のものでした。
来る総選挙で、自民党以外の政党が与党になることを願ってやみません。
2009/07/04(Sat) 01:04 | URL  | のっぽ187 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック