癌との共存を目指しています。
昨晩は、同じ職場の人とお酒を飲み、現在(午後0時45分)も、まだ少しぼーっとする。二日酔いである。リキュール1杯で、そんなに酔うのか、と我ながら感心してしまうのだが、とにかく僕は長時間、お酒が身体に残るようだ。化学療法が終わっても、しんどいのが抜けないのに、ほんの少し似ている。

昨晩、一つ指摘されたことがある。どうも僕は他の先生方に比べ、診察時間が長いらしい。僕が強迫的な性分である(仕事については何でも、きっちりしないと気が済まない)のと、僕がまだ引き継いだ患者さんについて十分把握できていないのが、その主たる原因であると思われる。後者は時間が経てば解決することだと思うが、前者は性分なので、完全にこれを解決することは出来ないと考えている。

とは言え、現在の日本の医療制度下では、とにかく数をこなさないといけない。(患者さんを一人診て病院が得られる収入が少ないことが、その主たる原因だろう。)僕も、自分なりに策は講じていて、安定している患者さんについては、あまり手を掛けていない。きっと、どの科の先生方も、それなりに強弱をつけながら、仕事をされていらっしゃると思う。

もし強弱の基準に「治る見込みのある、ない」が入っているとすれば、進行癌を持っている私達とすれば、それは大きな問題である。(治る見込みがないと、判断されると手を抜かれてしまう。)具体的な解決案は、現在の与党以外の党に投票すること位であるが(それさえ、真の解決案かどうか疑わしいが)、民主党も自民党とあまり政策に変わりはなく(きちんと見ると、それなりに違うが)、正直、どの党に投票したものか、と困ってしまう。今回も各党の公約を読んだ上での判断となるが、これまで同様、共産党に入れることになるだろう。判断の基準になるかどうか分からないが、僕が勤務している地域では民医連の病院が良心的な対応を患者さんや家族にしているようである。(民医連に勤めたことがある先生からも話を伺ったことがあるのだが、それこそ、お酒の席で位しか話せない。)

一個人投資家としては、共産党が政権を取ってしまうと、どうなるのだろうか(そんなこと、百に一つもないだろうが)、と思わないでもないが、一医師として、一患者として、医療費を増やす政策を掲げる党に与党を取ってもらいたい。

FC2blog テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

【2009/06/14 13:37】 | 思ったこと
トラックバック(0) |

無理難題
カノン
二日酔い、お疲れ様です(笑)。

今日は、名ばかり監事をしている精神科病院の理事会に行ってきました。
いやあ、厳しいですね。その病院は、入院患者さんも減っていますし、辺鄙な場所にあるので、のっぽ先生の病院と異なり、外来患者さんも少ない状況です。併設している歯科も、あまり利益が出ていないといった具合で、問題が山積しています。

新しく院長になるドクターのお話も伺ったのですが、のっぽ先生同様、点数を上げること(数をこなすことや一人ずつの単価を上げる)と、良心的な診療をすることの狭間で、悩んでいらっしゃるのだろうなあ、と思いました。
その先生は、統合失調症の患者さんの再発予防を、生活面から支援する研究を続けてきました。その患者さんが、異性関係、経済問題、プライドのどれに強いこだわりを持っているか、また、能動的なタイプか受動的なタイプかといった、それぞれの組み合わせによって、躓きやすい課題を医師が事前に把握することが予防に繋がる、ということだったように思います(すみません!素人解釈で間違っているかもしれませんが・・・)

のっぽ先生を始めとして、良いお医者さんに、ますます良いお医者さんであり続けることを求め続けなければならない社会、臨床と経営が乖離する社会、変革の第一歩は、やはり政権交代だと思います。

政権交代以外、手はないと思います。
のっぽ187
カノンさん

>いやあ、厳しいですね。その病院は、入院患者さんも減っていますし、辺鄙な場所にあるので、のっぽ先生の病院と異なり、外来患者さんも少ない状況です。併設している歯科も、あまり利益が出ていないといった具合で、問題が山積しています。

長期入院されている患者さんは、高齢化し、亡くなる方もいるので、新たな入院が少なければ、入院患者さんは減って行きますよね。
外来患者さんの多い少ないは、立地に依存しますよね。
歯科は、どこの施設でも、あまり利益が出ていないのではないか、と思います。

>点数を上げること(数をこなすことや一人ずつの単価を上げる)と、良心的な診療をすることの狭間で、悩んでいらっしゃるのだろうなあ、と思いました。

収益を上げようとすると、良心的な診療が出来なくなる、これが日本の医療の最大の問題点です。

>その患者さんが、異性関係、経済問題、プライドのどれに強いこだわりを持っているか、また、能動的なタイプか受動的なタイプかといった、それぞれの組み合わせによって、躓きやすい課題を医師が事前に把握することが予防に繋がる、ということだったように思います

少なくとも僕は、そんな肌理細やかな診療は出来ていないです。

>変革の第一歩は、やはり政権交代だと思います。

正直言って、これ以外、手はないと思います。このままでは、ジリ貧です。

No title
TT
GDPあたりの医療費は日本は先進国中最低水準とのことです。
ちなみに、最も医療にお金をかけている国は米国なのだそうです。意外ですね。


各国の医療費
のっぽ187
TTさん

>GDPあたりの医療費は日本は先進国中最低水準とのことです。

そうですか。イギリスが低かったのですが、ブレア政権になって医療費を増やしたので、日本が先進国の中では最低水準となってしまったのかも知れませんね。

>ちなみに、最も医療にお金をかけている国は米国なのだそうです。意外ですね。

限られたお金の使い方で、結構、大事なのは効率ではないか、と思います。はっきり言ってしまうと、アメリカは、医療に関して、お金の使い方が悪いと思います。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
無理難題
二日酔い、お疲れ様です(笑)。

今日は、名ばかり監事をしている精神科病院の理事会に行ってきました。
いやあ、厳しいですね。その病院は、入院患者さんも減っていますし、辺鄙な場所にあるので、のっぽ先生の病院と異なり、外来患者さんも少ない状況です。併設している歯科も、あまり利益が出ていないといった具合で、問題が山積しています。

新しく院長になるドクターのお話も伺ったのですが、のっぽ先生同様、点数を上げること(数をこなすことや一人ずつの単価を上げる)と、良心的な診療をすることの狭間で、悩んでいらっしゃるのだろうなあ、と思いました。
その先生は、統合失調症の患者さんの再発予防を、生活面から支援する研究を続けてきました。その患者さんが、異性関係、経済問題、プライドのどれに強いこだわりを持っているか、また、能動的なタイプか受動的なタイプかといった、それぞれの組み合わせによって、躓きやすい課題を医師が事前に把握することが予防に繋がる、ということだったように思います(すみません!素人解釈で間違っているかもしれませんが・・・)

のっぽ先生を始めとして、良いお医者さんに、ますます良いお医者さんであり続けることを求め続けなければならない社会、臨床と経営が乖離する社会、変革の第一歩は、やはり政権交代だと思います。
2009/06/14(Sun) 23:18 | URL  | カノン #-[ 編集]
政権交代以外、手はないと思います。
カノンさん

>いやあ、厳しいですね。その病院は、入院患者さんも減っていますし、辺鄙な場所にあるので、のっぽ先生の病院と異なり、外来患者さんも少ない状況です。併設している歯科も、あまり利益が出ていないといった具合で、問題が山積しています。

長期入院されている患者さんは、高齢化し、亡くなる方もいるので、新たな入院が少なければ、入院患者さんは減って行きますよね。
外来患者さんの多い少ないは、立地に依存しますよね。
歯科は、どこの施設でも、あまり利益が出ていないのではないか、と思います。

>点数を上げること(数をこなすことや一人ずつの単価を上げる)と、良心的な診療をすることの狭間で、悩んでいらっしゃるのだろうなあ、と思いました。

収益を上げようとすると、良心的な診療が出来なくなる、これが日本の医療の最大の問題点です。

>その患者さんが、異性関係、経済問題、プライドのどれに強いこだわりを持っているか、また、能動的なタイプか受動的なタイプかといった、それぞれの組み合わせによって、躓きやすい課題を医師が事前に把握することが予防に繋がる、ということだったように思います

少なくとも僕は、そんな肌理細やかな診療は出来ていないです。

>変革の第一歩は、やはり政権交代だと思います。

正直言って、これ以外、手はないと思います。このままでは、ジリ貧です。
2009/06/16(Tue) 23:54 | URL  | のっぽ187 #-[ 編集]
No title
GDPあたりの医療費は日本は先進国中最低水準とのことです。
ちなみに、最も医療にお金をかけている国は米国なのだそうです。意外ですね。
2009/06/18(Thu) 00:54 | URL  | TT #O24v7Kjk[ 編集]
各国の医療費
TTさん

>GDPあたりの医療費は日本は先進国中最低水準とのことです。

そうですか。イギリスが低かったのですが、ブレア政権になって医療費を増やしたので、日本が先進国の中では最低水準となってしまったのかも知れませんね。

>ちなみに、最も医療にお金をかけている国は米国なのだそうです。意外ですね。

限られたお金の使い方で、結構、大事なのは効率ではないか、と思います。はっきり言ってしまうと、アメリカは、医療に関して、お金の使い方が悪いと思います。
2009/06/21(Sun) 11:03 | URL  | のっぽ187 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック