癌との共存を目指しています。
夕方4時半に外来診察が終わり、デイケアに来ていた患者さんのカルテ記載を、と思っていたら、相談室の方(若い女性)から電話。某保健所に幻覚妄想状態の方が来ている。入院を受けて欲しい、と。

無理をしたら、一床、空けられるのだが、時間も遅く、お断りしようとしたら、「取って欲しい。」とのこと。保健所で診察に当たっていた医者が、今、勤めている病院にゆかりがある先生なので、取って欲しい、とのこと。訳ありだな、と思ったが、「これは、取った方がいいだろうな。」と直感し(空気を読み)、入院を受けることにした。

ベッドコントロールをしてもらい、横のパン屋さんで買ったチーズクロワッサンを頬張りながら、患者さんが来るのを待っていた。午後5時40分、警察の車(バン)が到着。骸骨のようにやせ衰えた患者さんは、空や病院の窓を指差しながら、独り言を言っている。同伴している男性の方(行政の方)に訊くと、家族、親族と連絡が取れない、とのこと。本人は、「もう6時だから帰る。タバコ!」とか言っているので、同意は得られない。家族と連絡がついてから入院などと悠長なことを言ってられないので(僕も早く帰りたい!)、応急入院とした。応急入院とは、入院について本人の同意が得られず、また家族、親族と連絡が取れない場合に採る入院形態であるが(精神科の病院のみ)、精神科を8年(実質7年強)して、今回が2度目の経験である。

入院の指示、採血、食事の指示を行い、同伴していた男性の方にこれまでの経緯を伺い、その場でカルテ記載をし、薬の処方、身体拘束の指示などをしていたら、7時半。入院診療計画書も書かず、本人とのやり取りもカルテ記載せず、逃げるようにして病院を出た。検査、処置は本人に益することだから、その日のうちにきちんとしないといけないが、書類作成は明日で良し、と勝手に判断し、帰ることにした。ちなみに当院は残業代は一切出ず。サービス残業である。

いろいろあるが、たまにこういうフレッシュな(精神科治療歴がない、もしくは、はっきりしない)患者さんを診ることも大事かな、と思う一方、こんなことを繰り返していたら体が持たないな、何か手立てを考えよう、などと思いながら、病院を後にした。

FC2blog テーマ:日記 - ジャンル:日記

【2009/04/25 04:52】 | 仕事
トラックバック(0) |

忙中閑なし
カノン
GW前に、薬(テルネリン、ロキソニン、ムコスタ)をもらっておこう、と軽い気持ちで、形成外科に行って驚きました。患者さんがワンサカいて、いつもは30分弱の待ち時間が、2時間以上掛かりそうで、即、撤退してきました。皆、考えることは同じなんですね。

患者さんも大変ですけれど、お医者さんは、文字通り忙殺されて、お気の毒です。診察室で、つい話し込んだりしていると、横に立つ看護師さんの殺気(先生、次の患者さんが待っているから、早くして!)をフト感じたりして、三者ともにきつい状況かもしれません。

先日、産業医さんが書いた「企業に求められるメンタルヘルス対策」という冊子を読んでいて、とても興味深い記述がありました。おもしろいなあ、と思ったところを、書いてみます。

精神科医は、病名をつけることには、あまり関心がありません。もし内科医が、胃潰瘍と胃がんを間違えたら、どんなにか恥ずかしいと考えることでしょう。しかし、精神科医というのは、基本的に患者の症状を改善すればいい、病名を突き止めることが仕事ではない、という考えを持っています。精神科医は、病名をつけるということを、症状を改善するための一つの方便だと考えているのです。

上記を証明する良い例として、横綱朝青龍のことが挙げられていました。朝青龍が心の病になった時、3人の専門医が次々に診察しましたが、病名は三者三様でした。
でも、3人の医師は「モンゴルに帰ればよくなる」という治療方針では、完全に一致していましたし、実際、朝青龍はモンゴルで療養して、元気になって戻ってきました。

確か、病名がマチマチだったので、大丈夫か、精神科医!?という空気が流れたように、記憶しています(笑)。

何はともあれ、目の前の患者さんが悩まされている症状を取ることが最優先というのは、嬉しいことですし、有難いことだなあ、と思います。

少し真面目なお話を
のっぽ187
カノンさん

ゴールデンウィーク前後は、無茶苦茶、混んでいると思います。10年間、変わらない傾向です。

この混雑に対し、一勤務医として、打つ手はないですね。外来業務をしなくて良い病院に替わる位かな。

>精神科医は、病名をつけることには、あまり関心がありません。もし内科医が、胃潰瘍と胃がんを間違えたら、どんなにか恥ずかしいと考えることでしょう。しかし、精神科医というのは、基本的に患者の症状を改善すればいい、病名を突き止めることが仕事ではない、という考えを持っています。精神科医は、病名をつけるということを、症状を改善するための一つの方便だと考えているのです。

その通りだと思います。
胃潰瘍と胃癌を間違えると、どうまずいか、を考えてみます。
①胃潰瘍なら、抗潰瘍薬(ガスターなど)を処方する、H.ピロリ菌を除菌する、といった手順になるか、と思います。しかし、胃癌なら、手術が出来るかどうか考慮しますよね。
②その後の経過が大きく異なる。胃潰瘍で命を落とすことは、そうありませんが、胃癌は、進行度によっては、その可能性は十分ありますよね。
もっというと、治療方針を間違うと致命的なのは、胃潰瘍と胃癌では、その後の経過が大きく異なるからですよね。

精神科は、胃潰瘍と胃癌の違いほど、明確ではありませんが、治療方針の違い、予想される経過の違いは、疾患(精神科では正確に言うと障害)によって違います。正しい(といっても結構、大雑把ですが)治療方針を選ぶために、ある程度、正しい診断が必要ではないか、と個人的には考えています。
ただ、朝青龍の場合は、あんな感じでいいんじゃないでしょうか。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
忙中閑なし
GW前に、薬(テルネリン、ロキソニン、ムコスタ)をもらっておこう、と軽い気持ちで、形成外科に行って驚きました。患者さんがワンサカいて、いつもは30分弱の待ち時間が、2時間以上掛かりそうで、即、撤退してきました。皆、考えることは同じなんですね。

患者さんも大変ですけれど、お医者さんは、文字通り忙殺されて、お気の毒です。診察室で、つい話し込んだりしていると、横に立つ看護師さんの殺気(先生、次の患者さんが待っているから、早くして!)をフト感じたりして、三者ともにきつい状況かもしれません。

先日、産業医さんが書いた「企業に求められるメンタルヘルス対策」という冊子を読んでいて、とても興味深い記述がありました。おもしろいなあ、と思ったところを、書いてみます。

精神科医は、病名をつけることには、あまり関心がありません。もし内科医が、胃潰瘍と胃がんを間違えたら、どんなにか恥ずかしいと考えることでしょう。しかし、精神科医というのは、基本的に患者の症状を改善すればいい、病名を突き止めることが仕事ではない、という考えを持っています。精神科医は、病名をつけるということを、症状を改善するための一つの方便だと考えているのです。

上記を証明する良い例として、横綱朝青龍のことが挙げられていました。朝青龍が心の病になった時、3人の専門医が次々に診察しましたが、病名は三者三様でした。
でも、3人の医師は「モンゴルに帰ればよくなる」という治療方針では、完全に一致していましたし、実際、朝青龍はモンゴルで療養して、元気になって戻ってきました。

確か、病名がマチマチだったので、大丈夫か、精神科医!?という空気が流れたように、記憶しています(笑)。

何はともあれ、目の前の患者さんが悩まされている症状を取ることが最優先というのは、嬉しいことですし、有難いことだなあ、と思います。
2009/04/29(Wed) 00:34 | URL  | カノン #-[ 編集]
少し真面目なお話を
カノンさん

ゴールデンウィーク前後は、無茶苦茶、混んでいると思います。10年間、変わらない傾向です。

この混雑に対し、一勤務医として、打つ手はないですね。外来業務をしなくて良い病院に替わる位かな。

>精神科医は、病名をつけることには、あまり関心がありません。もし内科医が、胃潰瘍と胃がんを間違えたら、どんなにか恥ずかしいと考えることでしょう。しかし、精神科医というのは、基本的に患者の症状を改善すればいい、病名を突き止めることが仕事ではない、という考えを持っています。精神科医は、病名をつけるということを、症状を改善するための一つの方便だと考えているのです。

その通りだと思います。
胃潰瘍と胃癌を間違えると、どうまずいか、を考えてみます。
①胃潰瘍なら、抗潰瘍薬(ガスターなど)を処方する、H.ピロリ菌を除菌する、といった手順になるか、と思います。しかし、胃癌なら、手術が出来るかどうか考慮しますよね。
②その後の経過が大きく異なる。胃潰瘍で命を落とすことは、そうありませんが、胃癌は、進行度によっては、その可能性は十分ありますよね。
もっというと、治療方針を間違うと致命的なのは、胃潰瘍と胃癌では、その後の経過が大きく異なるからですよね。

精神科は、胃潰瘍と胃癌の違いほど、明確ではありませんが、治療方針の違い、予想される経過の違いは、疾患(精神科では正確に言うと障害)によって違います。正しい(といっても結構、大雑把ですが)治療方針を選ぶために、ある程度、正しい診断が必要ではないか、と個人的には考えています。
ただ、朝青龍の場合は、あんな感じでいいんじゃないでしょうか。
2009/04/29(Wed) 11:22 | URL  | のっぽ187 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック