癌との共存を目指しています。
心は晴れやかに♪http://sickness0to0wanko.blog82.fc2.com/のranさん、肺がんサバイバーhttp://haigannaosuze.blog7.fc2.com/の肺がんサバイバーさんと3月の下旬にリンク先のお二人が相次いで亡くなった。ご冥福をお祈りしたいと思う。

肺がんサバイバーさんのご家族が書いた記事を先ほど、読んだ。深く考えさせられた。肺がんサバイバーさんは2月4日の記事を書いた後、イレッサの副作用である間質性肺炎にかかり、2ヶ月近くの集中治療室での治療を経て、3月29日に亡くなられた、とのことである。

イレッサが優れた薬であることは、間違いがないと思う。がん患者のあきらめない診療室(当ブログからリンクしています)には、再発・手術不可能な大腸がんの化学療法(06年4月15日)という項に

(6)現在、最強の治療法は、FOLFOX+アービタックスもしくは、FOLFOX+イレッサである。手術不能な例に、この強化療法によりDown Stagingを計り、手術を成功させた例もある。

との記載がある。大腸がんの化学療法は日進月歩であり、これ以降、治療法がまた変わったようである(2007年前半の展望 ~スタンダードな治療法が確立した大腸がん 07年4月18日の記載)。しかし、FOLFOX+イレッサが大腸がんに効くことは間違いがないようで、イレッサは使い得る薬であると認識していた。

癌治療に用いる薬は、ある程度の確率で副作用死が起きる、と話には聞いていたが、そのことを今回、痛感した。

FC2blog テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

【2009/04/05 11:08】 | 思ったこと
トラックバック(0) |

本文にある治療法で
手術不可能から
初めまして、後遺症の事を調べていて目に止まりました。アービタックス+FOLFOXを使って大腸癌+転移した肝臓癌を?クール後のCT検査で癌が三分の一以下になり手術が可能の大きさ迄効果出てすぐに手術をと結果、主治医のドクターが見える癌は全て取れたと。助かりました 笑 書かれて内容が自分自身の事ダブりましたので書き込むしました

本当に良かったですね。
のっぽ187
手術不可能からさん

こちらこそ、初めまして。

手術が出来ない状態から、分子標的薬+FOLFOXで、腫瘍を小さくして手術をし、目に見える癌は全部、取り切るといったことが、どれ位の確率で出来るのか僕は知らないのですが、本当に良かったですね。

FOLFOXが優秀であることは、明らかなようですね。

お互い、神様から与えられたチャンスを十分、物にしたいですね。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
本文にある治療法で
初めまして、後遺症の事を調べていて目に止まりました。アービタックス+FOLFOXを使って大腸癌+転移した肝臓癌を?クール後のCT検査で癌が三分の一以下になり手術が可能の大きさ迄効果出てすぐに手術をと結果、主治医のドクターが見える癌は全て取れたと。助かりました 笑 書かれて内容が自分自身の事ダブりましたので書き込むしました
2011/02/01(Tue) 20:51 | URL  | 手術不可能から #-[ 編集]
本当に良かったですね。
手術不可能からさん

こちらこそ、初めまして。

手術が出来ない状態から、分子標的薬+FOLFOXで、腫瘍を小さくして手術をし、目に見える癌は全部、取り切るといったことが、どれ位の確率で出来るのか僕は知らないのですが、本当に良かったですね。

FOLFOXが優秀であることは、明らかなようですね。

お互い、神様から与えられたチャンスを十分、物にしたいですね。
2011/02/02(Wed) 11:23 | URL  | のっぽ187 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック