癌との共存を目指しています。
少し難しく長い記事ですが、たまには、頭を使って書いてみました。

肺がんだって 今は元気!!http://textex.blog4.fc2.com/の2月27日の記事を読んだ。目指せ! マスターズチャンプhttp://ucchi-skio.cocolog-nifty.com/blog/についての記事であった。肺がんについては、僕は知識が少ないので、きちんとしたことは書けないと思うが、僕なりに思うところを書いてみたい。

1月28日(水)に散歩についての記事があり、2月2日(月)早朝、自宅で就寝中になくなられた、とのことである。年齢は分からないが、写真などから50歳代か60歳代と察する。少なくとも74歳以下だと思う。正直、非常に経過が早いので、驚いた。(75歳以上と74歳以下では、扱いを分けて考えるのが良いと思う。)

僕は内科系の研修を2年間、受けただけで、後はずっと精神科をしているので、癌についての知識も少なければ、経験も乏しい。ただ、医療に携わっていて、いつも思うのは、「よく分からないことだらけ」であり、正しいこと、ベストなことは、本当に分からないことが多い。転移を伴う直腸癌であったので、抗がん剤治療を9ヶ月受けた。自分で分かる限り、あれこれと調べてみたりもしたが、よく分からないことばかりであった。
CT,PET上、癌が見えなくなったら、どれくらいの期間、どの薬を用いるのがベストか、についても、きちんとした答えはないようだし、「6ヶ月が良い。」という説も、なぜ6ヶ月が良いのか、という問いに対し、きちんとした答えは見当たらなかった。
一応、仮説を挙げておくと、僕の場合、FOLFOXを6ヶ月続けるのが良いようだ、また、6ヶ月以上、続けるメリットがない理由としては、
①もう体内に癌細胞がないかも知れない。
②抗癌剤を長く続けると、効かなくなるかも知れない(耐性が生じる)。
③抗癌剤は、ある程度、体にダメージを与えるので、6ヶ月以上、続けることは、体が受けるダメージ>癌を小さくする効果、であるかも知れない。
が考えられる。

以上のように、一つの意思決定をするのにも、これだけ分からないことがある。

よく分からないことがたくさんある場合、どう判断するか、ということだが、患者としての11ヶ月間を振り返って思うことは、「自分の体の言うことに耳を傾けるのは、悪くないな。」ということである。エビデンスはゼロだが、そんな気がする。

話を戻すと、10分~25分歩けていた方が5日間で亡くなってしまう、というのは、かなり早い経過だと思う。肺癌や治療とは関係がない可能性が高いイベント(急性心筋梗塞、致死的な不整脈、脳出血、広範囲な脳梗塞、脳幹部の梗塞など)が起きたのかも知れない。また、肺癌や治療と、もしかすると関係があるかも知れないイベント(肺梗塞など)が起きたのかも知れない。僕が全然、思いつかないような出来事が体の中で起きて亡くなられたのかも知れない。なお、上に挙げた病名は、急な経過をたどり得るものである。
お亡くなりになった、直接の原因となる病名を同定すること、そして、それが癌そのものや治療と関係していたかどうかを調べること、労力を要し、実現には非常にハードルが高いと思われるが、少しでもアプローチが進めばいいのになあ、と思わずにはいられなかった。

また、生活の質を保ちながら、長生きをするには、どれ位の治療が適切なのか、深く考えさせられた。癌治療を担当する先生の多くは、長生きをすることについては関心を持たれていると思うが、生活の質を保ちながら、という点については、関心を持たれている先生とあまりお持ちでない先生がいらっしゃる、というのが現状だと思う。生活の質を含めたベストの治療については、現時点では、患者主体で模索せざるを得ないと思う。(エビデンスの基となっている論文の多くは、生存期間については取り扱っているようだが、生活の質については取り扱っているものは多くなさそうだ。そもそも生活の質を指標として取り扱うなら、就労状況あたりを調べる必要があると思う。しかし就労状況を取り扱った論文もしくは論文のまとめを、僕は寡聞にして見たことがない。)

FC2blog テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

【2009/02/28 11:54】 | 思ったこと
トラックバック(0) |

癌に対してのエビデンス
ダイスケ
癌に対してのエビデンスはたしかに万能ではないですよね。

これだけ多くの方が癌になるにもかかわらず、まだまだだと思います。

のっぽ先生のおっしゃるとおり癌に限った事ではないのかもしれませんけど。

自分も今後どこまで抗がん剤治療を続けるか迷っています。
腫瘍マーカーの値が正常値になるまでは止めれませんよね~。

今は体調もいいですが、今後は分かりませんものね。
弱音ではないですが、抗がん剤治療を続けていく不安はかなりあります。

のっぽ先生の書かれている、

③抗癌剤は、ある程度、体にダメージを与えるので、6ヶ月以上、続けることは、体が受けるダメージ>癌を小さくする効果、であるかも知れない。

この③は、まさしく今の自分の感情です。
エビデンスで100%を示してくれていないのですから、誰もわからないですよね~
自分で選ぶ選択がこれから大事になってくると思っています。

管理人のみ閲覧できます
-


はじめまして(^-^)
ガーネット
しろさんのブログからお邪魔しました。
覗いて見たらブログ友のダイスケさんがいた!
不思議とブログって繋がっていきますよね。

未だ今日の記事と6月分しか読んでませんので、またお邪魔したいと思っています。
お仕事復帰おめでとうございます。v-22

僕の場合は
のっぽ187
ダイスケさん

>癌に対してのエビデンスはたしかに万能ではないですよね。これだけ多くの方が癌になるにもかかわらず、まだまだだと思います。

そうですね。それに、「今の自分に適用できるエビデンスはないか。」と思って、論文を探した場合、あまりいいのがなかったりして、「きっと、まだまだ、これからなんだろうな。」と思ってしまいますね。

>のっぽ先生のおっしゃるとおり癌に限った事ではないのかもしれませんけど。

僕が本業としている精神科領域でも「まだまだ」です。

6ヶ月間というのは、stage 2,3の方が手術を受けた後、再発予防目的に抗癌剤の投与を受けるとしたら、どれくらいの期間が良いのか、という論文の結果です。(1月下旬に記事として書いたと思います。)
なので、stage 4の我々が、この6ヶ月間というのをそのまま適用して良いかどうか、というと、「?」ですね。ただ、主治医の提案、僕を手術してくれた先生の意見を聞き、僕は抗癌剤を(一旦)止めることにしました。

>自分で選ぶ選択がこれから大事になってくると思っています。

そうですね。少なくとも、それは間違いがないと思います。

初めまして
のっぽ187
ガーネットさん

初めまして。拙ブログへ、ようこそ。

>不思議とブログって繋がっていきますよね。

そうですね。全く同感です。

>未だ今日の記事と6月分しか読んでませんので、またお邪魔したいと思っています。 お仕事復帰おめでとうございます。

有難うございます。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
癌に対してのエビデンス
癌に対してのエビデンスはたしかに万能ではないですよね。

これだけ多くの方が癌になるにもかかわらず、まだまだだと思います。

のっぽ先生のおっしゃるとおり癌に限った事ではないのかもしれませんけど。

自分も今後どこまで抗がん剤治療を続けるか迷っています。
腫瘍マーカーの値が正常値になるまでは止めれませんよね~。

今は体調もいいですが、今後は分かりませんものね。
弱音ではないですが、抗がん剤治療を続けていく不安はかなりあります。

のっぽ先生の書かれている、

③抗癌剤は、ある程度、体にダメージを与えるので、6ヶ月以上、続けることは、体が受けるダメージ>癌を小さくする効果、であるかも知れない。

この③は、まさしく今の自分の感情です。
エビデンスで100%を示してくれていないのですから、誰もわからないですよね~
自分で選ぶ選択がこれから大事になってくると思っています。
2009/02/28(Sat) 23:49 | URL  | ダイスケ #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/02/28(Sat) 23:55 |   |  #[ 編集]
はじめまして(^-^)
しろさんのブログからお邪魔しました。
覗いて見たらブログ友のダイスケさんがいた!
不思議とブログって繋がっていきますよね。

未だ今日の記事と6月分しか読んでませんので、またお邪魔したいと思っています。
お仕事復帰おめでとうございます。v-22
2009/03/01(Sun) 00:02 | URL  | ガーネット #0ll.HrS2[ 編集]
僕の場合は
ダイスケさん

>癌に対してのエビデンスはたしかに万能ではないですよね。これだけ多くの方が癌になるにもかかわらず、まだまだだと思います。

そうですね。それに、「今の自分に適用できるエビデンスはないか。」と思って、論文を探した場合、あまりいいのがなかったりして、「きっと、まだまだ、これからなんだろうな。」と思ってしまいますね。

>のっぽ先生のおっしゃるとおり癌に限った事ではないのかもしれませんけど。

僕が本業としている精神科領域でも「まだまだ」です。

6ヶ月間というのは、stage 2,3の方が手術を受けた後、再発予防目的に抗癌剤の投与を受けるとしたら、どれくらいの期間が良いのか、という論文の結果です。(1月下旬に記事として書いたと思います。)
なので、stage 4の我々が、この6ヶ月間というのをそのまま適用して良いかどうか、というと、「?」ですね。ただ、主治医の提案、僕を手術してくれた先生の意見を聞き、僕は抗癌剤を(一旦)止めることにしました。

>自分で選ぶ選択がこれから大事になってくると思っています。

そうですね。少なくとも、それは間違いがないと思います。
2009/03/01(Sun) 10:08 | URL  | のっぽ187 #-[ 編集]
初めまして
ガーネットさん

初めまして。拙ブログへ、ようこそ。

>不思議とブログって繋がっていきますよね。

そうですね。全く同感です。

>未だ今日の記事と6月分しか読んでませんので、またお邪魔したいと思っています。 お仕事復帰おめでとうございます。

有難うございます。
2009/03/01(Sun) 10:19 | URL  | のっぽ187 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック