癌との共存を目指しています。
映画「チェ 39歳 別れの手紙」を見て来た。留美子さんのアドバイスに従い、今回は障害者手帳を提示して来た。割引があった。有難い。

映画の方は、チェ・ゲバラもしくは中南米に関心がないと、少し退屈するかな、といった内容だった。僕は、双方に強い関心を抱いているので、2時間余り集中して観ることが出来た。

あらすじ: 1959年にキューバ革命に成功した後、国際的な名声を得たチェ・ゲバラ(ベニチオ・デル・トロ)。しかし、チェ・ゲバラは変装した姿で家族と会い、最後の食事を済ませると、急に姿を消してしまう。そしてラテン・アメリカの革命を目指し、ボリビアを訪れるが……。(シネマトゥデイ)

あらすじの続きを簡単に書くと、革命はうまく行かず、政府軍に捕らえられ、処刑される。かなり、史実に忠実な内容だと思われる。映画によると、革命がキューバでうまく行ったのに、ボリビアでうまく行かなかったのは、ボリビア政府がキューバの二の舞になることを警戒し、CIAの協力を得ていたこと、加えて、インディオ(原住民、農民の多くはインディオであった)が革命軍に協力しなかったことが挙げられる。インディオの密告で、革命軍が殲滅されて行くシーンが非常に印象的だった。

インカ帝国が滅んでから、インディオは白人の支配下に長らく甘んじている。これまで、インディオのそういった状況に僕は同情していたのだが、この映画を見て、「被支配者層に甘んじているのは、ある意味、当然かな。」と思った。

それにしても、「一番近い病院が100km離れている。」だとか、「その病院には、アスピリン(解熱鎮痛剤、ロキソニンと同系統の薬)しかない。」だとか、「鉱夫の50%は、30歳までに死ぬ。」だとか、1967年当時のボリビアは、もう無茶苦茶である。「(ボリビア)政府は、国民のことなど何も考えていない。」と言う、ゲバラの発言は、その通りだと思う。

政府が国民のことをあまり考えないのが、グローバル・スタンダードなのかな、と思ったのと同時に、政府サイドに立った場合、国民をあまりきちんと教育しない方がきっと統治しやすいのだろうな、と思った。

処刑される前に、守衛が「共産主義者は、神を信じるのか。」と尋ねた際、ゲバラが「(共産主義者でも)信じる人と信じない人がいる。私は、人を信じる。」と答えたのがとても印象的だった。

FC2blog テーマ:今日見た映画 - ジャンル:映画

【2009/02/14 22:31】 | 映画
トラックバック(0) |


留美子
割引になりましたか
良かった(^^)

因みに私は直腸機能障害で
4級なんですよ(^_-)

お教え頂き、有難うございました。
のっぽ187
留美子さん

僕は、ぼうこう又は直腸機能障害で身体障害者手帳の3級です。

割引があると、「時々は、映画でも行こうかな。」という気になりますね。

人を信じるということ
カノン
いえいえ(笑)、歴史オンチの私でさえ、チェ・ゲバラの名前を知っているので、国内での知名度は高いのではないか、と思います。
私は歴史が苦手で、世界史・日本史の知識が、すっぽり抜けています。

今回のエントリーで、のっぽ先生が、チェ・ゲバラに魅せられる理由が、少しわかったような気がしました。
彼は、目を覆うばかりのボリビアの惨状から、国民を救いたいと、本心から思って、革命を企てます。しかし、インディオの密告により、処刑される運命をたどるのですが、彼は最期の時に、それでも「人を信じる」と言います。

その「人」というのは、自分の志を継いでくれる「人」はもちろんのこと、自分を裏切った「人」も含む、全ての「人」ということなのかもしれません。
長い間、被支配者層として虐げられたきた人々が、目先の手柄に目がくらんで、権力者におもねり、ほんの少し自分の立場が良くなるというだけで、自分たちのことを、本気で考えてくれる人を売るということは、よく起こる事だ、と思います。他の人に対する嫉妬もあるかもしれません。

当時のインディオの人たちの無知もずるさも、受け入れて許した、チェ・ゲバラは、魅力的な男性だったのだなあ、と思いました。

この映画を観ていない上に、史実も知らないので、あくまでも、私の偏った解釈(特にインディオさんについて)ですので、トンチンカンな部分は、どうぞ訂正してください。

さて、いよいよ明日から、お仕事ですね。
多少の不安や戸惑いも、おありかと思いますが、のっぽ先生でしたら、きっと大丈夫!
チェ・ゲバラのように、熱い志と誇りを持って(でも、決して命を賭けないように、十分気をつけて)

いってらっしゃい!!

行って来ます。
のっぽ187
カノンさん

100点満点です。全く訂正する箇所が見当たりません。「私は、人を信じる。」とチェ・ゲバラが言ったシーンには、心打たれました。

wikipediaには、<今日でもゲバラは、中南米を始めとした第三世界では絶大な人気を誇るカリスマである。特にボリビアでは「イゲラの聖エルネスト」と呼ばれ聖人同然の扱いである。>と書かれています。肝心なところで、政府軍に密告したりして、何が「イゲラ(イゲラ村で処刑されている)の聖エルネスト」だと思うのですが、そんなものなのかも知れません。

>さて、いよいよ明日から、お仕事ですね。 多少の不安や戸惑いも、おありかと思いますが、のっぽ先生でしたら、きっと大丈夫!

有難うございます。

>チェ・ゲバラのように、熱い志と誇りを持って(でも、決して命を賭けないように、十分気をつけて)

カストロへの別れの手紙の中で「私を必要とする人が(世界にはたくさん)いる。ささやかながら、そういった人達の力になりたい。」(正確な表現は忘れましたが、大体、そんな感じでした。)という一節がありました。ささやかながら、自分の学んだことや経験が役に立てばいいな、と思っています。ただ、ゲバラと違い、命は掛けるつもりはないです。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
割引になりましたか
良かった(^^)

因みに私は直腸機能障害で
4級なんですよ(^_-)
2009/02/15(Sun) 02:16 | URL  | 留美子 #-[ 編集]
お教え頂き、有難うございました。
留美子さん

僕は、ぼうこう又は直腸機能障害で身体障害者手帳の3級です。

割引があると、「時々は、映画でも行こうかな。」という気になりますね。
2009/02/15(Sun) 11:18 | URL  | のっぽ187 #-[ 編集]
人を信じるということ
いえいえ(笑)、歴史オンチの私でさえ、チェ・ゲバラの名前を知っているので、国内での知名度は高いのではないか、と思います。
私は歴史が苦手で、世界史・日本史の知識が、すっぽり抜けています。

今回のエントリーで、のっぽ先生が、チェ・ゲバラに魅せられる理由が、少しわかったような気がしました。
彼は、目を覆うばかりのボリビアの惨状から、国民を救いたいと、本心から思って、革命を企てます。しかし、インディオの密告により、処刑される運命をたどるのですが、彼は最期の時に、それでも「人を信じる」と言います。

その「人」というのは、自分の志を継いでくれる「人」はもちろんのこと、自分を裏切った「人」も含む、全ての「人」ということなのかもしれません。
長い間、被支配者層として虐げられたきた人々が、目先の手柄に目がくらんで、権力者におもねり、ほんの少し自分の立場が良くなるというだけで、自分たちのことを、本気で考えてくれる人を売るということは、よく起こる事だ、と思います。他の人に対する嫉妬もあるかもしれません。

当時のインディオの人たちの無知もずるさも、受け入れて許した、チェ・ゲバラは、魅力的な男性だったのだなあ、と思いました。

この映画を観ていない上に、史実も知らないので、あくまでも、私の偏った解釈(特にインディオさんについて)ですので、トンチンカンな部分は、どうぞ訂正してください。

さて、いよいよ明日から、お仕事ですね。
多少の不安や戸惑いも、おありかと思いますが、のっぽ先生でしたら、きっと大丈夫!
チェ・ゲバラのように、熱い志と誇りを持って(でも、決して命を賭けないように、十分気をつけて)

いってらっしゃい!!
2009/02/15(Sun) 21:19 | URL  | カノン #-[ 編集]
行って来ます。
カノンさん

100点満点です。全く訂正する箇所が見当たりません。「私は、人を信じる。」とチェ・ゲバラが言ったシーンには、心打たれました。

wikipediaには、<今日でもゲバラは、中南米を始めとした第三世界では絶大な人気を誇るカリスマである。特にボリビアでは「イゲラの聖エルネスト」と呼ばれ聖人同然の扱いである。>と書かれています。肝心なところで、政府軍に密告したりして、何が「イゲラ(イゲラ村で処刑されている)の聖エルネスト」だと思うのですが、そんなものなのかも知れません。

>さて、いよいよ明日から、お仕事ですね。 多少の不安や戸惑いも、おありかと思いますが、のっぽ先生でしたら、きっと大丈夫!

有難うございます。

>チェ・ゲバラのように、熱い志と誇りを持って(でも、決して命を賭けないように、十分気をつけて)

カストロへの別れの手紙の中で「私を必要とする人が(世界にはたくさん)いる。ささやかながら、そういった人達の力になりたい。」(正確な表現は忘れましたが、大体、そんな感じでした。)という一節がありました。ささやかながら、自分の学んだことや経験が役に立てばいいな、と思っています。ただ、ゲバラと違い、命は掛けるつもりはないです。
2009/02/15(Sun) 22:46 | URL  | のっぽ187 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック