癌との共存を目指しています。
前の記事で、たくさんのコメントを頂き、大変、嬉しく思っている。意図した転職ではなかったのだが、転職は転職であり、今回の就職活動の前後に以下の本を読んでいる。

転職哲学―気分良くはたらくための考え方転職哲学―気分良くはたらくための考え方
山崎 元

かんき出版 2004-12
売り上げランキング : 163156
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


今回の転職も完璧とは程遠く、いろいろと課題が残るやり取りであった。週4日でこなせる仕事内容なのか(やってみないと分からない)、年俸は少し安くなかったか、といったところである。もちろん、別の選択肢を選べば、「遠い。通勤に時間を掛けるのは、果たして妥当なことなのか。」と、それはそれでまた悩むだろう。

上記本から、何箇所か抜粋をする。
p25~26より
2 「時間」・「お金」・「自由」は転職で交換できる。
(中略)出勤のために使う時間は自由にならないのだから、この時間もコストとして払っているのだという感覚がぜひ必要だからだ。(中略)たとえば、時間にして片道30分会社に近い所に住むということは、合計1時間の「時間」を、たとえば自分の「自由」な楽しみのために使うことができる(中略)筆者は職住近接派だ。

p213~217より
9 はたらくを楽しむための5ヶ条
第1条 価値観(感)に反する仕事はしない
第2条 自分のお金にはこだわるが、他人のお金は気にしない
(中略)しかし、そこで肝心なのは、他人の報酬の額を気にしないことだ。世の中はそんなにフェアにできているわけではないし、「フェア」ということに関して、自分が完全な判断を下せるわけでもない。他人の報酬を気にすると、物事の判断に際してバランスがくるうことが多い。
第4条 会社を取引先、同僚をお客様と思う
第5条 「学ぶ楽しみ」「教える楽しみ」を感じる
(中略)仕事の喜びの多くの部分は、仕事を通じて自分の向上を味わうことにある。仕事のために何かを学び続けることができると仕事を楽しむことができる。

2chの医者・病院版を見ると、年俸主体の書き込みが多くなされている。先日、数年振りに、このサイトを見たところ、依然、年俸についての記載が多かったが、「お金も大事だけど、時間も大切」といった趣旨のスレッドも立っていた。
僕は、人より多く稼ぐことには、あまり関心はないのだが、人より極端に稼ぎが少ないと、それはそれで「悲しいな。」と思ってしまう。なので、人並みの稼ぎでありながら、家から近い職場で、価値観に反さない仕事がしたいと考えている。これは進行癌を指摘される前から、そうであった。このたびの就職活動では、前記条件に加えて(あえて言うと、稼ぎは少し減ってもいいので)、「時間」を得たいと思っていた。なので、「週4日勤務、当直なし」で探そうと考えていた。実際、稼ぎが少し減って、その分、勤務する日数が一日減ったわけなのだが、週4日勤務で満足の行く仕事が果たしてできるだろうか、と考えてしまった。(雇う側は、僕に1人前の仕事をすることを要求しているようだった。)

いい職場を選ぶこと自体、難しいと思うのだが、進行癌を抱えた患者が「体への負担を少なくしながら、満足の行く水準の仕事をする」のは更に難しいな、と思った。しかし、全く可能性の無い話ではないと思うので、できることはやって行きたい、と思っている。

FC2blog テーマ:■就職活動 - ジャンル:就職・お仕事

【2009/02/07 02:06】 | 思ったこと
トラックバック(0) |

No title
あんず
私は片道15分の会社に就職したのに、転勤でとんでもなく遠くなりました。転勤を断ることはもちろん可能ですが、やっぱりそんなに甘くはないです。また我社は派遣切りもレイオフもしない代わりに、インセンティブや昇給がフリーズしました。人並み以上の年俸をもらっているので恵まれていますが、何をやっても変わらないのでは、ラクなほうがいいなと思ってしまいます。

このご時世で、有効求人倍率が最高に高いのが医師ですから、”進行癌を抱えた患者が「体への負担を少なくしながら、満足の行く水準の仕事をする」”ことにもチャレンジできると思います。無理しすぎず、がんばってくださいね。

有難うございます!
のっぽ187
あんずさん

>また我社は派遣切りもレイオフもしない代わりに、インセンティブや昇給がフリーズしました。

民間の病院は、長く勤めても給料が上がらない、ということがあるようです。
あと、インセンティブのある病院は、少数だと思います。少なくとも、公的病院や公的な色彩の強い病院(準公立病院)は、僕が知る限りでは、インセンティブはないです。
ということで、院内で「やる気のある先生」と「やる気が少ない目の先生」に分かれるのは、仕方が無いかな、と思います。

>このご時世で、有効求人倍率が最高に高いのが医師ですから

ほんと、有難いことです。僕が高校生や浪人生をしていた頃は、バブル景気に湧いていた時期でした。経済の動向など、殆ど考えることなく、医学部に進んだのですが、本当に幸運でした。

>”進行癌を抱えた患者が「体への負担を少なくしながら、満足の行く水準の仕事をする」”ことにもチャレンジできると思います。無理しすぎず、がんばってくださいね。

有難うございます!
無理はしないように、とは思うのですが、ある程度の水準の診療はしたいな、と強く思います。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
No title
私は片道15分の会社に就職したのに、転勤でとんでもなく遠くなりました。転勤を断ることはもちろん可能ですが、やっぱりそんなに甘くはないです。また我社は派遣切りもレイオフもしない代わりに、インセンティブや昇給がフリーズしました。人並み以上の年俸をもらっているので恵まれていますが、何をやっても変わらないのでは、ラクなほうがいいなと思ってしまいます。

このご時世で、有効求人倍率が最高に高いのが医師ですから、”進行癌を抱えた患者が「体への負担を少なくしながら、満足の行く水準の仕事をする」”ことにもチャレンジできると思います。無理しすぎず、がんばってくださいね。
2009/02/09(Mon) 18:30 | URL  | あんず #bWZdFEcQ[ 編集]
有難うございます!
あんずさん

>また我社は派遣切りもレイオフもしない代わりに、インセンティブや昇給がフリーズしました。

民間の病院は、長く勤めても給料が上がらない、ということがあるようです。
あと、インセンティブのある病院は、少数だと思います。少なくとも、公的病院や公的な色彩の強い病院(準公立病院)は、僕が知る限りでは、インセンティブはないです。
ということで、院内で「やる気のある先生」と「やる気が少ない目の先生」に分かれるのは、仕方が無いかな、と思います。

>このご時世で、有効求人倍率が最高に高いのが医師ですから

ほんと、有難いことです。僕が高校生や浪人生をしていた頃は、バブル景気に湧いていた時期でした。経済の動向など、殆ど考えることなく、医学部に進んだのですが、本当に幸運でした。

>”進行癌を抱えた患者が「体への負担を少なくしながら、満足の行く水準の仕事をする」”ことにもチャレンジできると思います。無理しすぎず、がんばってくださいね。

有難うございます!
無理はしないように、とは思うのですが、ある程度の水準の診療はしたいな、と強く思います。
2009/02/09(Mon) 22:04 | URL  | のっぽ187 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック