癌との共存を目指しています。
今日(2月6日)、とある精神科の病院に面接に行って来た。業者を介さず、自分で病院に電話を掛け、面接の日取りを決め、行って来た。とりあえず、採用された。有難いことである。

僕は、週4日勤務と当直なしを条件として提示。病院側は、土曜日に来てくれることを条件にしていたようだ。土曜日を含む週4日勤務、当直なしで商談は成立。なお、土曜日の外来(午前中だけだが)をすることになった。あまり患者さんがたくさん来ると困るのだが、まあ、なるようになるかな、と思う。

仕事の量は、週5日勤務でも週4日勤務でも殆ど差はないようなので(担当する入院患者さんの数、外来患者さんの数によって仕事量は決まる)、年俸が週5日勤務の8掛け(80%)ということを考えると、少し損をしている気がする。本来は、週5日勤務で契約するべきなのだろう。ただ、無理しないと決めたので、週4日勤務で契約とした。

再発した場合、昨年11月、12月の抗癌剤の量では、週4日勤務は困難だろう。今後は、そのことを念頭において行動したい。

FC2blog テーマ:日記 - ジャンル:日記

【2009/02/06 15:22】 | 精神科
トラックバック(1) |

嬉しいです
しろ
 のっぽ187先生
 
よかったですね、おめでとうございます。 
お身体、自愛のほどおねがいします。
               しろ


職場復帰おめでとうございます。
ななこ
のっぽさんの本業である、精神科医の職場復帰、おめでとうございます。
精神科の先生は、ストレスの多い、お仕事だと思います。
出来るだけ、ストレスの少ない、お体に負担が掛からない職場であるように、祈っています。
でも、本業である、お仕事の復帰が出来て、本当に良かったですね。

おめでとうございます
anjazz
採用決定おめでとうございます。
はじめは週4で。そして無理しないよう実力80%で余力を残して仕事に頑張ってください。


ご就職おめでとう
MRB
若く有能な方はできるだけ早く社会復帰することが大切だと思っていました。
健康に留意してのご活躍、祈っています。

有難うございます。
のっぽ187
しろさん

有難うございます。
無理しないように気を付けたいと思います。


有難うございます。
のっぽ187
ななこさん

有難うございます。
本当は、もう少しのんびりしたところでも良かったのかなと思うのですが(急性期病棟を一つ持っている病院です)、家から近いところに勤める方が大事かな、と思い、選びました。
ただ、僕が勉強してきたことを生かせるという点では、ほぼベストの職場であると思います。

有難うございます。
のっぽ187
anjazzさん

>採用決定おめでとうございます。

有難うございます。
正直、採用は5分5分かな、と思っていました。(病状は、きちんと説明するべき、と思っていましたので。)

>はじめは週4で。そして無理しないよう実力80%で余力を残して仕事に頑張ってください。

ある程度、行けそうなら(CT上で腫瘍が見えるようにならないことが前提ですが)、週5にしたいな、とも思っています。anjazzさんが仰るように、余力を残して、今回は臨むべきかな、と思っています。

有難うございます。
のっぽ187
MRBさん

有難うございます。

>若く有能な方はできるだけ早く社会復帰することが大切だと思っていました。

有能と言われるのは、やっぱり嬉しいですね。向こうの院長には「大丈夫?」と言われましたが、早く仕事がしたいのが一番ですね。無理しないように気を付けながら、ある程度の水準の診療が出来たらいいな、と思っています。

いよいよですね
kinkon1223
やりましたね!
いよいよ職場復帰されるとのことで本当に嬉しく思います。
ストレスなく、できれば楽しく仕事ができること、また本業でのご活躍を心よりお祈り申し上げます。
私も邪魔な肝臓のがんをとっととやっつけて、4月からの復帰を目指します。
春はもうすぐですよ!


No title
うさみみ
採用、おめでとうございます(^^♪
何事もそうですが、前向きさって大事(カラダにいい影響と言う意味で)だと思うし、お体を大切にしながら、がんばってくださいね。

有難うございます。
のっぽ187
kinkon1223さん

有難うございます。

>ストレスなく、できれば楽しく仕事ができること、また本業でのご活躍を心よりお祈り申し上げます。

そうですね。ストレスなく、できれば楽しく仕事ができること、これが一番大切だと思います。その結果として、「活躍」ができるのではないか、と考えています。

>私も邪魔な肝臓のがんをとっととやっつけて、4月からの復帰を目指します。

手術、うまく行くといいですね。今回の転職で感じたことですが、手術は理解されやすいが、抗癌剤は(あまり知らない人にとっては)ピンと来にくいようです。手術適応があるというのは、その点でも幸運なことだと思います。もちろん、予後の改善が一番ですが。

有難うございます。
のっぽ187
うさみみさん

有難うございます。

>何事もそうですが、前向きさって大事(カラダにいい影響と言う意味で)だと思うし

そうですね。程よい労働は、体にプラスに働くかな、と思い、早期の(決めるのが早過ぎるかなとも思いましたが)決断をしました。
無理しないように、それでいて、そこそこの水準の診療(自分がある程度、満足できる水準の診療)をしたいな、と思っています。


RainBow
おめでとうございます!!ついに復帰されるのですね。素晴らしいです。

新しい職場だと何かと慣れるまでに大変かと思いますが、気持ち良く仕事が出来ると良いですね(^-^)

仕事をすることが、のっぽさんにとってプラスに働くことを祈っております。

有難うございます。
のっぽ187
RainBowさん

有難うございます。

>素晴らしいです。

ここまでの経過は、本当に「素晴らしい」ものでした。

>新しい職場だと何かと慣れるまでに大変かと思いますが、

そうですね。今度が7つ目の病院なのですが、いつも慣れるのに少し時間が掛かってしまいます。

>気持ち良く仕事が出来ると良いですね(^-^)

それが一番です。

>仕事をすることが、のっぽさんにとってプラスに働くことを祈っております。

そうですね。それが一番大切なことだと思います。
これからも、時々(頻繁に、であれば、なお嬉しいですが)、こうして、コメントを頂けると、とっても嬉しいです。

Calling
カノン
おめでとうございます!!
考えて、納得したら、行動に移す。行動しながら、考える。のっぽ先生の、面目躍如ですね。
病院との電話では、就職が難しそうな気配も感じられましたが、のっぽ先生でしたら、面接で実力が認められるのも、当然のことです。

また、患者さんと向き合う日々が始まります。
「また、ここに戻ってきた」という感慨と、「でも、昨日もこうしていたみたいだ」という連続性を、ともに味わっていただけたら嬉しいなあ、と思います。

ただ、正直に申し上げて、ちょっと心配です。
病院の要求水準は、どんどん高くなると思いますし、のっぽ先生も、患者さんのために、つい無理をしてしまわれると思いますので。

第一に、お疲れが溜まりませんように、そのことを念じています。

前回は、たくさんの事を教えてくださって、本当にありがとうございます。いつも感謝です。
「ふ~ん、そうなんだあ」と、言いながら読んだのは、私の方でした(笑)。

NHKスタッフと出演者の話は、こう続いていました。
「医者の裁量」⇒「一人ひとりに向き合う」⇒「センター方式」⇒「施設」⇒「オーストラリアのクリスティーンさん」(若年性認知症の患者さんです)
ですから、のっぽ先生のご専門とは、違う分野での番組内容かもしれません。
精神科病院では、認知症の入院患者さんも、今は多いのでしょうか。

行動しながら考える。
のっぽ187
カノンさん

有難うございます。

>考えて、納得したら、行動に移す。行動しながら、考える。

よく言えば、「納得が行けば、迅速に行動に移す」のですが、悪く言うと、「慎重さに欠く」ところが多少あるかな、と思います。
「行動しながら考える」はアメリカ人を例えた言葉だったと思います。(イギリス人かドイツ人が「考えてから行動する」だったと思います。)
どうも元々の性分がせっかちなので、ある程度、結論が出たら、待てないようです。

>病院との電話では、就職が難しそうな気配も感じられましたが、のっぽ先生でしたら、面接で実力が認められるのも、当然のことです。

有難いことです。

>「また、ここに戻ってきた」という感慨と、「でも、昨日もこうしていたみたいだ」という連続性を、ともに味わっていただけたら嬉しいなあ、と思います。

是非、味わいたいものです。

ただ、正直に申し上げて、ちょっと心配です。

>病院の要求水準は、どんどん高くなると思いますし、

その可能性は大ですね。

>のっぽ先生も、患者さんのために、つい無理をしてしまわれると思いますので。

これは、気を付けたいと思います。自分の良心、価値観と矛盾するところなので難しいところなのですが。
扱いは一人前の扱いなので(年俸もそうですし、何より仕事の内容がそう)、無理なくこなせるかどうかが今後の課題となりそうです。
新しい職場で適応する努力も当然、必要なのですが、出来ない場合は「出来ない」と言い、場合によっては、非常勤勤務にシフトすることも念頭においておきたいと思っています。

>第一に、お疲れが溜まりませんように、そのことを念じています。

ほんと、そうですね。
当直なしは願ったり叶ったりなのですが、週4日勤務については、果たして、これが妥当なスタイルなのかしばらく様子を見る必要がありそうです。(とは言え、週3日の勤務で外来をしないのであれば、雇われたかどうか疑問ですが。)

>「医者の裁量」⇒「一人ひとりに向き合う」⇒「センター方式」⇒「施設」⇒「オーストラリアのクリスティーンさん」(若年性認知症の患者さんです)

クリスティーンさんは有名な方ですね。僕が知る限り、若年性認知症については、あまり臨床レベルでは有用なトピックスな無かったと思います。(もう1年近く離れているので、また何か新しいことが見つかったのかも知れませんが。)

>精神科病院では、認知症の入院患者さんも、今は多いのでしょうか。

勤務予定の病院は、介護療養病棟という病棟を一つ持っています。それとは別に老人保健施設も持っています。どこもこんな感じかな、と思います。

復帰
Ito
再就職おめでとうございます!
でも、これで自由な時間とはお別れですね・・・。

私が9ヶ月間の休職明けで復職したときは、やっていけるのかどうかという不安と自由な時間がなくなることの憂鬱であまり前向きな気持ちでは仕事ができなかったのですが、仕事を始めてしばらく経つと心身ともに適度な緊張感がでてきて毎日の生活に張りが出てきました。

昔はバリバリ働いてたくさん稼ぐことがいいことだと思っていましたが、今は身体に支障が出ないように適度に働くことが大切なのかなと思っています。

のっぽさんの無理なさらず余裕を持って働くという選択はよい判断ではないかと思います。

有難うございます。
のっぽ187
Itoさん

有難うございます。

>でも、これで自由な時間とはお別れですね・・・。

少し寂しい気はしますが、働きながら考える、働きながら学ぶ、があるべき姿かな、と最近は思います。

>私が9ヶ月間の休職明けで復職したときは、やっていけるのかどうかという不安と自由な時間がなくなることの憂鬱であまり前向きな気持ちでは仕事ができなかったのですが

やっていけるかな、という不安は大きいですね。

>仕事を始めてしばらく経つと心身ともに適度な緊張感がでてきて毎日の生活に張りが出てきました。

すごく参考になります。そんなものなのですね。

>昔はバリバリ働いてたくさん稼ぐことがいいことだと思っていましたが、今は身体に支障が出ないように適度に働くことが大切なのかなと思っています。

そうですね。本当に、そう思います。

>のっぽさんの無理なさらず余裕を持って働くという選択はよい判断ではないかと思います。

有難うございます。無理しないということと、仕事の質を保つことを両立できたらいいな、と考えています。

難しくも楽しい日々に乾杯♪
おぉ。復帰されるんですね!
おめでとうございます。
一般生活ができる喜びも味わいつつ、体を気遣いつつの難しくも楽しい時期になりますね。
本当におめでとうございます!



有難うございます。
のっぽ187
朗さん

復帰することにしました。有難うございます。

>一般生活ができる喜びも味わいつつ、体を気遣いつつの難しくも楽しい時期になりますね。

もともとは、仕事中心の生活を送っていたので、それに戻る、ということになります。とは言え、無理はしないように、と考えています。
「難しくも楽しい」というのは、本当にその通りだと思います。

No title
とも
こんばんは。
精神科の病院で働くんですね。
あまり無理はしないようにして下さいね。

私は精神科の薬局で働く予定なので、色々と教えていただけたら嬉しいです。


有難うございます。
のっぽ187
ともさん

こんばんは。

>精神科の病院で働くんですね。

はい、そうです。

>あまり無理はしないようにして下さいね。

有難うございます。気を付けたいと思います。

>私は精神科の薬局で働く予定なので、色々と教えていただけたら嬉しいです。

こちらこそ、いろいろと教えて頂くこともあるか、と思います。よろしくお願い致します。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
嬉しいです
 のっぽ187先生
 
よかったですね、おめでとうございます。 
お身体、自愛のほどおねがいします。
               しろ
2009/02/06(Fri) 16:12 | URL  | しろ #-[ 編集]
職場復帰おめでとうございます。
のっぽさんの本業である、精神科医の職場復帰、おめでとうございます。
精神科の先生は、ストレスの多い、お仕事だと思います。
出来るだけ、ストレスの少ない、お体に負担が掛からない職場であるように、祈っています。
でも、本業である、お仕事の復帰が出来て、本当に良かったですね。
2009/02/06(Fri) 17:06 | URL  | ななこ #-[ 編集]
おめでとうございます
採用決定おめでとうございます。
はじめは週4で。そして無理しないよう実力80%で余力を残して仕事に頑張ってください。
2009/02/06(Fri) 17:23 | URL  | anjazz #AZXm.WLo[ 編集]
ご就職おめでとう
若く有能な方はできるだけ早く社会復帰することが大切だと思っていました。
健康に留意してのご活躍、祈っています。
2009/02/06(Fri) 18:39 | URL  | MRB #-[ 編集]
有難うございます。
しろさん

有難うございます。
無理しないように気を付けたいと思います。
2009/02/06(Fri) 18:55 | URL  | のっぽ187 #-[ 編集]
有難うございます。
ななこさん

有難うございます。
本当は、もう少しのんびりしたところでも良かったのかなと思うのですが(急性期病棟を一つ持っている病院です)、家から近いところに勤める方が大事かな、と思い、選びました。
ただ、僕が勉強してきたことを生かせるという点では、ほぼベストの職場であると思います。
2009/02/06(Fri) 19:00 | URL  | のっぽ187 #-[ 編集]
有難うございます。
anjazzさん

>採用決定おめでとうございます。

有難うございます。
正直、採用は5分5分かな、と思っていました。(病状は、きちんと説明するべき、と思っていましたので。)

>はじめは週4で。そして無理しないよう実力80%で余力を残して仕事に頑張ってください。

ある程度、行けそうなら(CT上で腫瘍が見えるようにならないことが前提ですが)、週5にしたいな、とも思っています。anjazzさんが仰るように、余力を残して、今回は臨むべきかな、と思っています。
2009/02/06(Fri) 19:05 | URL  | のっぽ187 #-[ 編集]
有難うございます。
MRBさん

有難うございます。

>若く有能な方はできるだけ早く社会復帰することが大切だと思っていました。

有能と言われるのは、やっぱり嬉しいですね。向こうの院長には「大丈夫?」と言われましたが、早く仕事がしたいのが一番ですね。無理しないように気を付けながら、ある程度の水準の診療が出来たらいいな、と思っています。
2009/02/06(Fri) 19:13 | URL  | のっぽ187 #-[ 編集]
いよいよですね
やりましたね!
いよいよ職場復帰されるとのことで本当に嬉しく思います。
ストレスなく、できれば楽しく仕事ができること、また本業でのご活躍を心よりお祈り申し上げます。
私も邪魔な肝臓のがんをとっととやっつけて、4月からの復帰を目指します。
春はもうすぐですよ!
2009/02/06(Fri) 20:36 | URL  | kinkon1223 #-[ 編集]
No title
採用、おめでとうございます(^^♪
何事もそうですが、前向きさって大事(カラダにいい影響と言う意味で)だと思うし、お体を大切にしながら、がんばってくださいね。
2009/02/06(Fri) 22:32 | URL  | うさみみ #-[ 編集]
有難うございます。
kinkon1223さん

有難うございます。

>ストレスなく、できれば楽しく仕事ができること、また本業でのご活躍を心よりお祈り申し上げます。

そうですね。ストレスなく、できれば楽しく仕事ができること、これが一番大切だと思います。その結果として、「活躍」ができるのではないか、と考えています。

>私も邪魔な肝臓のがんをとっととやっつけて、4月からの復帰を目指します。

手術、うまく行くといいですね。今回の転職で感じたことですが、手術は理解されやすいが、抗癌剤は(あまり知らない人にとっては)ピンと来にくいようです。手術適応があるというのは、その点でも幸運なことだと思います。もちろん、予後の改善が一番ですが。
2009/02/06(Fri) 23:36 | URL  | のっぽ187 #-[ 編集]
有難うございます。
うさみみさん

有難うございます。

>何事もそうですが、前向きさって大事(カラダにいい影響と言う意味で)だと思うし

そうですね。程よい労働は、体にプラスに働くかな、と思い、早期の(決めるのが早過ぎるかなとも思いましたが)決断をしました。
無理しないように、それでいて、そこそこの水準の診療(自分がある程度、満足できる水準の診療)をしたいな、と思っています。
2009/02/06(Fri) 23:40 | URL  | のっぽ187 #-[ 編集]
おめでとうございます!!ついに復帰されるのですね。素晴らしいです。

新しい職場だと何かと慣れるまでに大変かと思いますが、気持ち良く仕事が出来ると良いですね(^-^)

仕事をすることが、のっぽさんにとってプラスに働くことを祈っております。
2009/02/06(Fri) 23:50 | URL  | RainBow #-[ 編集]
有難うございます。
RainBowさん

有難うございます。

>素晴らしいです。

ここまでの経過は、本当に「素晴らしい」ものでした。

>新しい職場だと何かと慣れるまでに大変かと思いますが、

そうですね。今度が7つ目の病院なのですが、いつも慣れるのに少し時間が掛かってしまいます。

>気持ち良く仕事が出来ると良いですね(^-^)

それが一番です。

>仕事をすることが、のっぽさんにとってプラスに働くことを祈っております。

そうですね。それが一番大切なことだと思います。
これからも、時々(頻繁に、であれば、なお嬉しいですが)、こうして、コメントを頂けると、とっても嬉しいです。
2009/02/07(Sat) 00:11 | URL  | のっぽ187 #-[ 編集]
Calling
おめでとうございます!!
考えて、納得したら、行動に移す。行動しながら、考える。のっぽ先生の、面目躍如ですね。
病院との電話では、就職が難しそうな気配も感じられましたが、のっぽ先生でしたら、面接で実力が認められるのも、当然のことです。

また、患者さんと向き合う日々が始まります。
「また、ここに戻ってきた」という感慨と、「でも、昨日もこうしていたみたいだ」という連続性を、ともに味わっていただけたら嬉しいなあ、と思います。

ただ、正直に申し上げて、ちょっと心配です。
病院の要求水準は、どんどん高くなると思いますし、のっぽ先生も、患者さんのために、つい無理をしてしまわれると思いますので。

第一に、お疲れが溜まりませんように、そのことを念じています。

前回は、たくさんの事を教えてくださって、本当にありがとうございます。いつも感謝です。
「ふ~ん、そうなんだあ」と、言いながら読んだのは、私の方でした(笑)。

NHKスタッフと出演者の話は、こう続いていました。
「医者の裁量」⇒「一人ひとりに向き合う」⇒「センター方式」⇒「施設」⇒「オーストラリアのクリスティーンさん」(若年性認知症の患者さんです)
ですから、のっぽ先生のご専門とは、違う分野での番組内容かもしれません。
精神科病院では、認知症の入院患者さんも、今は多いのでしょうか。
2009/02/07(Sat) 00:25 | URL  | カノン #-[ 編集]
行動しながら考える。
カノンさん

有難うございます。

>考えて、納得したら、行動に移す。行動しながら、考える。

よく言えば、「納得が行けば、迅速に行動に移す」のですが、悪く言うと、「慎重さに欠く」ところが多少あるかな、と思います。
「行動しながら考える」はアメリカ人を例えた言葉だったと思います。(イギリス人かドイツ人が「考えてから行動する」だったと思います。)
どうも元々の性分がせっかちなので、ある程度、結論が出たら、待てないようです。

>病院との電話では、就職が難しそうな気配も感じられましたが、のっぽ先生でしたら、面接で実力が認められるのも、当然のことです。

有難いことです。

>「また、ここに戻ってきた」という感慨と、「でも、昨日もこうしていたみたいだ」という連続性を、ともに味わっていただけたら嬉しいなあ、と思います。

是非、味わいたいものです。

ただ、正直に申し上げて、ちょっと心配です。

>病院の要求水準は、どんどん高くなると思いますし、

その可能性は大ですね。

>のっぽ先生も、患者さんのために、つい無理をしてしまわれると思いますので。

これは、気を付けたいと思います。自分の良心、価値観と矛盾するところなので難しいところなのですが。
扱いは一人前の扱いなので(年俸もそうですし、何より仕事の内容がそう)、無理なくこなせるかどうかが今後の課題となりそうです。
新しい職場で適応する努力も当然、必要なのですが、出来ない場合は「出来ない」と言い、場合によっては、非常勤勤務にシフトすることも念頭においておきたいと思っています。

>第一に、お疲れが溜まりませんように、そのことを念じています。

ほんと、そうですね。
当直なしは願ったり叶ったりなのですが、週4日勤務については、果たして、これが妥当なスタイルなのかしばらく様子を見る必要がありそうです。(とは言え、週3日の勤務で外来をしないのであれば、雇われたかどうか疑問ですが。)

>「医者の裁量」⇒「一人ひとりに向き合う」⇒「センター方式」⇒「施設」⇒「オーストラリアのクリスティーンさん」(若年性認知症の患者さんです)

クリスティーンさんは有名な方ですね。僕が知る限り、若年性認知症については、あまり臨床レベルでは有用なトピックスな無かったと思います。(もう1年近く離れているので、また何か新しいことが見つかったのかも知れませんが。)

>精神科病院では、認知症の入院患者さんも、今は多いのでしょうか。

勤務予定の病院は、介護療養病棟という病棟を一つ持っています。それとは別に老人保健施設も持っています。どこもこんな感じかな、と思います。
2009/02/07(Sat) 01:06 | URL  | のっぽ187 #-[ 編集]
復帰
再就職おめでとうございます!
でも、これで自由な時間とはお別れですね・・・。

私が9ヶ月間の休職明けで復職したときは、やっていけるのかどうかという不安と自由な時間がなくなることの憂鬱であまり前向きな気持ちでは仕事ができなかったのですが、仕事を始めてしばらく経つと心身ともに適度な緊張感がでてきて毎日の生活に張りが出てきました。

昔はバリバリ働いてたくさん稼ぐことがいいことだと思っていましたが、今は身体に支障が出ないように適度に働くことが大切なのかなと思っています。

のっぽさんの無理なさらず余裕を持って働くという選択はよい判断ではないかと思います。
2009/02/07(Sat) 09:28 | URL  | Ito #ch2f7abI[ 編集]
有難うございます。
Itoさん

有難うございます。

>でも、これで自由な時間とはお別れですね・・・。

少し寂しい気はしますが、働きながら考える、働きながら学ぶ、があるべき姿かな、と最近は思います。

>私が9ヶ月間の休職明けで復職したときは、やっていけるのかどうかという不安と自由な時間がなくなることの憂鬱であまり前向きな気持ちでは仕事ができなかったのですが

やっていけるかな、という不安は大きいですね。

>仕事を始めてしばらく経つと心身ともに適度な緊張感がでてきて毎日の生活に張りが出てきました。

すごく参考になります。そんなものなのですね。

>昔はバリバリ働いてたくさん稼ぐことがいいことだと思っていましたが、今は身体に支障が出ないように適度に働くことが大切なのかなと思っています。

そうですね。本当に、そう思います。

>のっぽさんの無理なさらず余裕を持って働くという選択はよい判断ではないかと思います。

有難うございます。無理しないということと、仕事の質を保つことを両立できたらいいな、と考えています。
2009/02/07(Sat) 12:01 | URL  | のっぽ187 #-[ 編集]
難しくも楽しい日々に乾杯♪
おぉ。復帰されるんですね!
おめでとうございます。
一般生活ができる喜びも味わいつつ、体を気遣いつつの難しくも楽しい時期になりますね。
本当におめでとうございます!

2009/02/07(Sat) 15:28 | URL  | 朗 #eY/C.44M[ 編集]
有難うございます。
朗さん

復帰することにしました。有難うございます。

>一般生活ができる喜びも味わいつつ、体を気遣いつつの難しくも楽しい時期になりますね。

もともとは、仕事中心の生活を送っていたので、それに戻る、ということになります。とは言え、無理はしないように、と考えています。
「難しくも楽しい」というのは、本当にその通りだと思います。
2009/02/07(Sat) 20:54 | URL  | のっぽ187 #-[ 編集]
No title
こんばんは。
精神科の病院で働くんですね。
あまり無理はしないようにして下さいね。

私は精神科の薬局で働く予定なので、色々と教えていただけたら嬉しいです。
2009/02/11(Wed) 00:22 | URL  | とも #-[ 編集]
有難うございます。
ともさん

こんばんは。

>精神科の病院で働くんですね。

はい、そうです。

>あまり無理はしないようにして下さいね。

有難うございます。気を付けたいと思います。

>私は精神科の薬局で働く予定なので、色々と教えていただけたら嬉しいです。

こちらこそ、いろいろと教えて頂くこともあるか、と思います。よろしくお願い致します。
2009/02/11(Wed) 00:50 | URL  | のっぽ187 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
仕事というのは資産形成の1つの要素であり、一般人にとって全ての起点となる大切な要素です。このブログでは資産形成について考えていますが、仕事からの収入が安定的にあるからこそ描ける絵であるということから、本来、最も大事なことだと思います。ですが、なかなかブ...
2009/02/08(Sun) 20:32:14 |  30歳代からの資産運用~よちよち投資家のブログ