癌との共存を目指しています。
がんのWeb相談室http://2nd-opinion.eee.ne.jp/で平岩正樹先生に相談をしました。左側の「過去の相談と回答」をクリックし、回答者に「平岩 正樹4先生」を選び、病名は「大腸癌」を選び、「検索する」をクリックすると、一番上に36歳男性、ステージ4と出て来ます。「大腸癌」の箇所をクリックすると、僕が相談した内容と平岩先生がされた回答が出て来ます。

非常に有難い回答でした。とは言え、考慮すべき箇所は多く、しばらくは戦略を練ろうと思います。

FC2blog テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

【2009/01/27 14:03】 | 自分の体
トラックバック(0) |

No title
あおくん
読ませてもらいました。
さすが医者同士の会話だと思いました。
色々な意見があるのは承知していると思うので
後悔の無いような選択をして下さいね。

のっぽさんなら前向きに色々捕らえることができるので
応援してますよ。

No title
ぽみ
こんにちは。
詳しいことは分かりませんが、平岩先生の答え、「良好な経過」、と言っていただけたのは良かったですね。

ranさんのブログで、真摯にアドバイスされているコメントも読みました。
のっぽさん、優しい!

同じ年齢で(上のあおくんさんも同じです)、この病気と向き合っている者として、のっぽさんの考え、判断には注目しているし、応援しています。


こんばんは
うさみみ
読ませていただきました。どんな選択も表と裏があるので、よく考えるしかないのでしょうね。

「顕微鏡的」って言葉がありましたが、妻が血尿がでて原因が不明です。肉眼的に出てない日も顕微鏡では出てるとのこと。。。心配です。


No title
のらくろ0521
「治癒」を目指して今後の治療計画 再手術を検討すべき…って

凄いじゃないですか!!

のっぽ先生 
新しい戦略 じっくり たてなきゃですね♪
博徒のっぽの本領発揮ですよ!

有難うございます。
のっぽ187
あおくん

>色々な意見があるのは承知していると思うので
後悔の無いような選択をして下さいね。

有難うございます。しかし、同じ外科医の間で、これだけ意見が分かれる、というのは、「複雑だな。」と思いました。

>のっぽさんなら前向きに色々捕らえることができるので応援してますよ。

有難うございます。

有難うございます。
のっぽ187
ぽみさん

ようこそ、拙ブログへ。

>詳しいことは分かりませんが、平岩先生の答え、「良好な経過」、と言っていただけたのは良かったですね。

有難うございます。本当に嬉しいです。

>ranさんのブログで、真摯にアドバイスされているコメントも読みました。 のっぽさん、優しい!

いえいえ、とんでもないです。
自分が身の回りのことが出来なくなった時、どうするか、ということは、以前、考えたことがありました。ranさんとは、立場が違うので(ranさんは家族と同居されているが、僕は一人暮らし)、僕にとってベストなこととranさんにとってベストなことは違うかな、とは思ったのですが、やはりコメントしたいな、と思い書き込んだ次第です。

>同じ年齢で(上のあおくんさんも同じです)、

ぽみさんのブログを読んでいて、「あっ、この人、僕と同い年だ(1972年生まれだ)。」と思った記憶があります。やっぱり、そうだったのですね。

>この病気と向き合っている者として、のっぽさんの考え、判断には注目しているし、応援しています。

有難うございます。あの返事に書いてあることを全て実践できるかどうかは分かりませんが、ベストを尽くしたいと思います。

ほんと、1972年生まれの(1972年4月~1973年3月生まれ、というくくりでも良いが)大腸癌の方、多いですね。ぽみさん、あおくん、僕、相互リンクしている「完治を目指して頑張ってみる」のダイスケさんと、僕が知る限りでも4人いますね。自分が30歳代半ばで大腸癌になるなんて、夢にも思っていなかったので・・・ほんと、僕は医学部で何を勉強していたんだろう、と思いますね。

僕の「趣味」
のっぽ187
うさみみさん

>読ませていただきました。どんな選択も表と裏があるので、よく考えるしかないのでしょうね。

外科医の間でも意見が分かれることなので、僕の「趣味」で決めたらいいかな、なんて考えていました。

>「顕微鏡的」って言葉がありましたが、妻が血尿がでて原因が不明です。肉眼的に出てない日も顕微鏡では出てるとのこと。。。心配です。

一応、内科の守備範囲かと思います。とは言え、なかなか腎臓内科を標榜しているところって少ないですよね。循環器内科とか消化器内科といった○○内科の先生よりは、ただの「内科」の先生の方が、腎臓には詳しいかも知れません。(あくまで一般論です。循環器内科や消化器内科の先生の中にも、腎臓のことに詳しい先生は大勢いらっしゃると思います。)

ギャンブル
のっぽ187
のらくろ0521さん

>「治癒」を目指して今後の治療計画 再手術を検討すべき…って 凄いじゃないですか!!

有難うございます。「治癒」を目指して、という言葉を読んだ時は、とても嬉しかったです。

>のっぽ先生  新しい戦略 じっくり たてなきゃですね♪ 博徒のっぽの本領発揮ですよ!

そうですね。ここが勝負所だと考えています。僕が調べた限りでは、判断の助けになるようなエビデンスはないので(あるかも知れませんが、僕は今のところ見つけられていない)、まさに「博打」だと思います。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
No title
読ませてもらいました。
さすが医者同士の会話だと思いました。
色々な意見があるのは承知していると思うので
後悔の無いような選択をして下さいね。

のっぽさんなら前向きに色々捕らえることができるので
応援してますよ。
2009/01/27(Tue) 17:17 | URL  | あおくん #-[ 編集]
No title
こんにちは。
詳しいことは分かりませんが、平岩先生の答え、「良好な経過」、と言っていただけたのは良かったですね。

ranさんのブログで、真摯にアドバイスされているコメントも読みました。
のっぽさん、優しい!

同じ年齢で(上のあおくんさんも同じです)、この病気と向き合っている者として、のっぽさんの考え、判断には注目しているし、応援しています。
2009/01/27(Tue) 18:05 | URL  | ぽみ #e/kOZrm6[ 編集]
こんばんは
読ませていただきました。どんな選択も表と裏があるので、よく考えるしかないのでしょうね。

「顕微鏡的」って言葉がありましたが、妻が血尿がでて原因が不明です。肉眼的に出てない日も顕微鏡では出てるとのこと。。。心配です。
2009/01/27(Tue) 20:58 | URL  | うさみみ #-[ 編集]
No title
「治癒」を目指して今後の治療計画 再手術を検討すべき…って

凄いじゃないですか!!

のっぽ先生 
新しい戦略 じっくり たてなきゃですね♪
博徒のっぽの本領発揮ですよ!
2009/01/27(Tue) 22:27 | URL  | のらくろ0521 #9L.cY0cg[ 編集]
有難うございます。
あおくん

>色々な意見があるのは承知していると思うので
後悔の無いような選択をして下さいね。

有難うございます。しかし、同じ外科医の間で、これだけ意見が分かれる、というのは、「複雑だな。」と思いました。

>のっぽさんなら前向きに色々捕らえることができるので応援してますよ。

有難うございます。
2009/01/28(Wed) 11:57 | URL  | のっぽ187 #-[ 編集]
有難うございます。
ぽみさん

ようこそ、拙ブログへ。

>詳しいことは分かりませんが、平岩先生の答え、「良好な経過」、と言っていただけたのは良かったですね。

有難うございます。本当に嬉しいです。

>ranさんのブログで、真摯にアドバイスされているコメントも読みました。 のっぽさん、優しい!

いえいえ、とんでもないです。
自分が身の回りのことが出来なくなった時、どうするか、ということは、以前、考えたことがありました。ranさんとは、立場が違うので(ranさんは家族と同居されているが、僕は一人暮らし)、僕にとってベストなこととranさんにとってベストなことは違うかな、とは思ったのですが、やはりコメントしたいな、と思い書き込んだ次第です。

>同じ年齢で(上のあおくんさんも同じです)、

ぽみさんのブログを読んでいて、「あっ、この人、僕と同い年だ(1972年生まれだ)。」と思った記憶があります。やっぱり、そうだったのですね。

>この病気と向き合っている者として、のっぽさんの考え、判断には注目しているし、応援しています。

有難うございます。あの返事に書いてあることを全て実践できるかどうかは分かりませんが、ベストを尽くしたいと思います。

ほんと、1972年生まれの(1972年4月~1973年3月生まれ、というくくりでも良いが)大腸癌の方、多いですね。ぽみさん、あおくん、僕、相互リンクしている「完治を目指して頑張ってみる」のダイスケさんと、僕が知る限りでも4人いますね。自分が30歳代半ばで大腸癌になるなんて、夢にも思っていなかったので・・・ほんと、僕は医学部で何を勉強していたんだろう、と思いますね。
2009/01/28(Wed) 12:21 | URL  | のっぽ187 #-[ 編集]
僕の「趣味」
うさみみさん

>読ませていただきました。どんな選択も表と裏があるので、よく考えるしかないのでしょうね。

外科医の間でも意見が分かれることなので、僕の「趣味」で決めたらいいかな、なんて考えていました。

>「顕微鏡的」って言葉がありましたが、妻が血尿がでて原因が不明です。肉眼的に出てない日も顕微鏡では出てるとのこと。。。心配です。

一応、内科の守備範囲かと思います。とは言え、なかなか腎臓内科を標榜しているところって少ないですよね。循環器内科とか消化器内科といった○○内科の先生よりは、ただの「内科」の先生の方が、腎臓には詳しいかも知れません。(あくまで一般論です。循環器内科や消化器内科の先生の中にも、腎臓のことに詳しい先生は大勢いらっしゃると思います。)
2009/01/28(Wed) 12:31 | URL  | のっぽ187 #-[ 編集]
ギャンブル
のらくろ0521さん

>「治癒」を目指して今後の治療計画 再手術を検討すべき…って 凄いじゃないですか!!

有難うございます。「治癒」を目指して、という言葉を読んだ時は、とても嬉しかったです。

>のっぽ先生  新しい戦略 じっくり たてなきゃですね♪ 博徒のっぽの本領発揮ですよ!

そうですね。ここが勝負所だと考えています。僕が調べた限りでは、判断の助けになるようなエビデンスはないので(あるかも知れませんが、僕は今のところ見つけられていない)、まさに「博打」だと思います。
2009/01/28(Wed) 12:54 | URL  | のっぽ187 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック