癌との共存を目指しています。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/17704423?ordinalpos=5&itool=EntrezSystem2.PEntrez.Pubmed.Pubmed
_ResultsPanel.Pubmed_DefaultReportPanel.Pubmed_RVDocSumにあるPhase III study comparing a semimonthly with a monthly regimen of fluorouracil and leucovorin as adjuvant treatment for stage II and III colon cancer patients: final results of GERCOR C96.1.の要約を読んだ。僕の英語力は、極めて不十分なので、十分な訳が出来るとは、とても思えないが、何でも、取り掛かってしまうことが大事だと思うので、始めたいと思う。(おかしな訳をしていたら、指摘して頂けると、幸いです。)あと、この論文は、RCT(無作為割付の比較試験)です。

題は「ステージ2,3の大腸ガンの患者さんに対して補助化学療法として5-FU/LV投与を月1回行うレジメと月2回行うレジメを比較するフェーズ3の研究」である。

PURPOSE: This randomized, 2 x 2 factorial study compared a semimonthly regimen (fluorouracil [FU] and leucovorin [LV] semi-monthly is LV5FU2) with a monthly regimen of FU and LV (mFU/LV) as well as 24 weeks versus 36 weeks of each regimen as adjuvant treatment of stage II and III colon cancer.

目的:ステージ2,3の大腸ガンの患者さんに対する補助化学療法を2×2のグループに分けた。月1回投与で24週間の投与を行う群、月2回の投与で24週間の投与を行う群、月1回で36週の投与を行う群、月2回で36週の投与を行う群に分けた。

PATIENTS AND METHODS: LV5FU2 was administered semimonthly for 2 days as racemate (dl) or levogyre (l-; 200 or 100 mg/m(2)) as a 2-hour infusion, followed by 400 mg/m(2) FU bolus and a 600-mg/m(2) FU 22-hour continuous infusion. FU and LV were administered monthly (mFU/LV) for 5 days as dl- or l-LV 15-minute infusion, followed by a 400 mg/m(2) FU 15-minute infusion. The primary end point was disease-free survival (DFS).

(疲れて来たので、緑のところだけ訳すと)
患者と方法:月2回の投与では、5-FU 400mg/m2を(数分で)静脈注射し、600mg/m2を22時間掛けて持続静注する。

RESULTS: Between September 1996 and November 1999, 905 patients with stage II (43%) and III (57%) colon cancer were enrolled. The median follow-up was 6 years. There was no statistically significant difference between mFU/LV and LV5FU2 in terms of DFS (150 v 148 events; hazard ratio [HR],1.01; 95% CI, 0.806 to 1.269; P = .94) and overall survival (OS; 104 v 103 events; HR,1.02; 95% CI, 0.77 to 1.34; P = .91). No statistical difference was observed between 24 or 36 weeks of chemotherapy. Median survival from metastatic relapse was 24 months. The survival of patients with metastatic relapse (n = 243) was significantly longer for patients with a longer time from random assignment to relapse (< 1, 1 to 2, >or= 2 years; log-rank test for trend P, .0497).

結果:1996年9月から1999年11月までの間、ステージ2(43%)、ステージ3(57%)の大腸ガンの患者さん905人で実施された。経過を追う期間の中央値は、6年であった。再発までの期間は、月1回投与群と月2回投与群の間で統計的に有意な差はなかった。24週間、補助化学療法を行った群と36週行った群の間に、統計的な差は見られなかった。

CONCLUSION: DFS and OS were not statistically different between treatment groups and treatment durations. These data confirm the value of LV5FU2 as control arm in the Multicenter International Study of Oxaliplatin/5FU-LV in the Adjuvant Treatment of Colon Cancer and Pan-European Trials in Adjuvant Colon Cancer studies.

結論:再発までの期間と全生存期間は、投与間隔、投与期間の間で統計的な差は、出なかった。

個人的には、補助化学療法は、どれくらい続けたらいいのか、を知りたかったので、この論文の要約を読んだ。5-FUを静注するという方法においては、24週間と36週間の間に差はないという結論であった。また、投与方法は、月1回と月2回では、差がない、という結論であった。(そこのところは、余り関心がなかったので、アバウトに読んだ。)
なお、補助化学療法を行う期間が、24週間というのは、少し少ない気がするので(あくまで僕の直感だが)、また論文をチェックしていきたいな、と考えている。

ということで、第一回一人抄読会は、かなりアバウトなものであったが、とりあえず終了とする。

FC2blog テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

【2009/01/24 14:29】 | 読書
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック