癌との共存を目指しています。
最近は、1日に5,6kmくらい歩いている。体調が良いので、今日も雨降りにもかかわらず、40分ほど歩いて来た。ぼちぼちと、復職先を探しているが、今の生活を大変、気に入っているので、現時点では復職時期は未定である。

医者の私ががんに罹ったら―あきらめない治療最前線とベスト療法 (小学館文庫)医者の私ががんに罹ったら―あきらめない治療最前線とベスト療法 (小学館文庫)
平岩 正樹

小学館 2006-11
売り上げランキング : 192851
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


極めて高い確率で、いずれまた、抗がん剤治療を再開する日が来ると思われる。仕事を続けながら、少なくとも元気な状態を保ちながら、抗がん剤治療を受けたいと、今は考えている。

p82より抜粋

一方、私はまったく違う患者たちに囲まれて、日々、治療している。副作用で吐くようなことはほとんどなく、もりもりと食べて、精力的に仕事を続け、家庭生活を送っている。抗がん剤治療を受けて、痩せていくようなことがあるとしたならば、私はそれはもう治療ではないと言っている。まして嘔吐するなどということは考えられない。嘔吐しながらでは、日常生活などできるわけがないからだ。

p83より抜粋

治療の目的は、がんを治すことと、あるいは元気な時間をできるだけ長くすることである。治癒率の低い進行癌の治療は、長く続くことが多い。たとえ癌の治癒は望めなくても、元気な時間を長くするための治療であるはずなのに、治療することによって副作用でQOL(クオリティー・オブ・ライフ)を損ない、普通に生活することがままならなくなってしまうことがあるとすれば、何のための治療か分からない。

全くもって、同感である。もっと言うと、同じ趣旨のことをこのブログで何度も書いた気がする。最近、強く思うのが、「健康とは、食事が美味しくて、働けて(働ける状態にあって)、これに尽きるのではないか。」ということである。上の本に書かれているような抗がん剤治療を受けたい、と強く思った。

amazonでの評価は悪いですが、この人に「良心」があることは間違いがないと思います。2003年6月に刊行されている単行本を文庫化しているので、アバスチン、アービタックスについての記載はないですが、考え方自体は今も、この本の内容で良い、と僕は考えています。

FC2blog テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

【2009/01/21 21:34】 | 読書
トラックバック(0) |

こんにちは☆
MIKA☆
いい本ですね☆
私も読んでみたいと思います。

私もいつも考えます。
体が弱ってしまうような治療だったとしたら、それは行う意味があるのかなぁ・・って。
癌細胞に殺されるのか、抗がん剤に殺されるのか分からないような治療なら、そんなのはしたくない・・って。

今のところは抗がん剤もとても効果があって、副作用もそれほどなく、元気に毎日を過ごすことができるので嬉しいんですけどね(^^)
こんな日々が少しでも長く送れることを祈るばかりです☆

のっぽさんも復職を考えているんですね。
元気そうでなによりです(^^)
今の毎日を楽しみながら、復職の方もユッタり行って下さいね~☆

こんにちは
のっぽ187
MIKA☆さん

こんにちは

>私もいつも考えます。 体が弱ってしまうような治療だったとしたら、それは行う意味があるのかなぁ・・って。 癌細胞に殺されるのか、抗がん剤に殺されるのか分からないような治療なら、そんなのはしたくない・・って。

そうですよね。本当にそうだと思います。

>今のところは抗がん剤もとても効果があって、副作用もそれほどなく、元気に毎日を過ごすことができるので嬉しいんですけどね(^^) こんな日々が少しでも長く送れることを祈るばかりです☆

そうですよね。MIKA☆さんが、今の状態がずっと続くことを祈るとともに、僕も、この状態がずっと続けばいいのになあ、と思っています。

>のっぽさんも復職を考えているんですね。 元気そうでなによりです(^^)

有難うございます。仕事をしていた頃より元気かも知れません(笑)。

>今の毎日を楽しみながら、復職の方もユッタり行って下さいね~☆

有難うございます。復職の方は、ゆったり行きたいと考えています。

平岩正樹先生
すい臓がん
勉強になりました。応援しています。

有難うございます。
のっぽ187
有難うございます。一患者として、生き抜くことにベストを尽くしたいと思います。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
こんにちは☆
いい本ですね☆
私も読んでみたいと思います。

私もいつも考えます。
体が弱ってしまうような治療だったとしたら、それは行う意味があるのかなぁ・・って。
癌細胞に殺されるのか、抗がん剤に殺されるのか分からないような治療なら、そんなのはしたくない・・って。

今のところは抗がん剤もとても効果があって、副作用もそれほどなく、元気に毎日を過ごすことができるので嬉しいんですけどね(^^)
こんな日々が少しでも長く送れることを祈るばかりです☆

のっぽさんも復職を考えているんですね。
元気そうでなによりです(^^)
今の毎日を楽しみながら、復職の方もユッタり行って下さいね~☆
2009/01/23(Fri) 11:00 | URL  | MIKA☆ #-[ 編集]
こんにちは
MIKA☆さん

こんにちは

>私もいつも考えます。 体が弱ってしまうような治療だったとしたら、それは行う意味があるのかなぁ・・って。 癌細胞に殺されるのか、抗がん剤に殺されるのか分からないような治療なら、そんなのはしたくない・・って。

そうですよね。本当にそうだと思います。

>今のところは抗がん剤もとても効果があって、副作用もそれほどなく、元気に毎日を過ごすことができるので嬉しいんですけどね(^^) こんな日々が少しでも長く送れることを祈るばかりです☆

そうですよね。MIKA☆さんが、今の状態がずっと続くことを祈るとともに、僕も、この状態がずっと続けばいいのになあ、と思っています。

>のっぽさんも復職を考えているんですね。 元気そうでなによりです(^^)

有難うございます。仕事をしていた頃より元気かも知れません(笑)。

>今の毎日を楽しみながら、復職の方もユッタり行って下さいね~☆

有難うございます。復職の方は、ゆったり行きたいと考えています。
2009/01/23(Fri) 14:05 | URL  | のっぽ187 #-[ 編集]
平岩正樹先生
勉強になりました。応援しています。
2009/04/18(Sat) 21:44 | URL  | すい臓がん #iFIc9KEs[ 編集]
有難うございます。
有難うございます。一患者として、生き抜くことにベストを尽くしたいと思います。
2009/04/18(Sat) 23:05 | URL  | のっぽ187 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック