癌との共存を目指しています。
もう1ヶ月程、前になるのだが、車を手放した。四国で勤務をすることになり、中古車屋さんでトヨタのマークⅡを買ったのが今から7年半前。大学病院に勤めていた頃は、月に10日は、外の病院で当直をしていたので、車は、まさしくもって、僕の「足」だった。

大阪に戻って来て、しばらくは、抗がん剤の害作用が強く、長い距離を歩くことが出来なかったので、「車は手放せないな。」と思っていたのだが、9月中旬から500m位、歩けるようになり、10月、11月と更に歩ける距離が増えたので、「もういいかな。」と思い、手放した。具体的には、中古車屋さんに二束三文で売った。

僕は、癌が根治する見込みは殆ど無いので、今後ずっと抗がん剤とお付き合いということになるだろう。TS-1辺りなら、常勤しながら、飲み続けることも可能かな、と思うのだが、FOLFOXやFOLFILIでは、常勤は、ちょっときついかな、と思う。体調の良い時に当直をしたり、パート勤務をすることで食いつないで行くと考えると、それ程、生活に余裕は持てないかも知れない。そう考えて、車を手放すことを決意した。

書類にサインをし、営業マンに車の鍵を渡す。営業マンが僕の車に乗り込み、エンジンをかける。程なく、車は動き出し、遠くへ走り去って行った。愛着のある車だったので、正直、寂しかったが、多分、これで良かったんだと思う。何となくだが、身の丈にあったことをするのが、長い目で見て、正しいような気がした。

この1年間で、随分、「身軽」になったと思う。

FC2blog テーマ:雑記 - ジャンル:日記

【2008/12/20 00:01】 | 日記
トラックバック(1) |

No title
つる つるこ
前の記事へのコメントですが、手術の話が出てきたのですね。
嬉しいことですよね。

ゼローダ服用中の患者としては、「やはり経口薬の副作用は軽い」と実感しています。TS-1とゼローダとでは、同じ5FUでも副作用の出具合が違うかもしれませんので、一概には言えないかもしれませんが…。

一時「求めない」とかいう本が流行りましたね。
私は読んでいないので、こんなことをコメントするべきでもないかと思いますが、癌になって「期待しない、求めない」ことが上手になった気がします。生活や考え方がシンプルになりました。

シンプルになる。
のっぽ187
つる つるこさん

>前の記事へのコメントですが、手術の話が出てきたのですね。
嬉しいことですよね。

嬉しかったです。診察前は、抗がん剤の量のことばかり考えていたので、手術の話が出た時は、正直、驚きましたが、とにかく嬉しかったです。

>ゼローダ服用中の患者としては、「やはり経口薬の副作用は軽い」と実感しています。

つる つるこさんのブログは、「ゼローダを服用しながら、仕事は出来るか。どんな仕事なら、出来るか。」と思いながら読んでいます。なお、同業者で、TS-1を服用しながら、仕事を続けていた人がいたので、「TS-1なら、行けるかも。」と思っています。

>癌になって「期待しない、求めない」ことが上手になった気がします。

僕も「期待しなく」なりました。

>生活や考え方がシンプルになりました。

僕も、なりました。仕事を休んでいることが大きいと思うのですが、診ている患者さんに対する責任、同業者同士の付き合いから、所有する物に至るまで、かなり「身軽」になりました。

How to find freedom
カノン
のっぽ先生が、本当に必要なものだけで、生きていこうとされている清々しい姿勢に、感動しました。

普段の生活をしていたら、当然必要な物との別れは、また一つ、前の生活に、別れを告げるようなお気持ちだったかもしれません。運転することが好きだ、と書いていらしたと思うので、愛車を見送られた時の記述は、ちょっと胸が痛くなりました。

マークⅡ、懐かしいです。うちの車(父の車)も、買い換えながら、24年間マークⅡでした。安定感があって、ちょうどいい車という感じがしていました。私も、2年くらい乗っていました。
どんな車を選ぶかで、少し性格がわかるような気がします(笑)。マークⅡの中古は、お金持ちの開業医のおぼっちゃまが乗り回すBMWの新車より、ずっと好感が持てます。

「求めない」(加島祥造著 小学館)は、とても良い本です。のっぽ先生は、もう実践しておられるので、必要のない本ですが、欲張りな私には、喫緊な課題なので、昨年買ってみました。
    求めない―  すると  自由を感じる
    その自由から  エナジーが湧く

前回は、派遣社員さんについて、精神科医さんとしての貴重なアドバイスを、本当にありがとうございました。ここぞという時に、必ず彼女に言いますね。
今回のことで、人材派遣会社の中間搾取の実態と、結構あくどい手口を知る事ができました。今後の方針を考える上で、経験できてよかったなあ、と思っています。ハケンさんのことは、絶対壊したりしませんから、ご安心ください(笑)。重ねて、お礼申し上げます。
     


色んなことから自由になる。
のっぽ187
カノンさん

>運転することが好きだ、と書いていらしたと思うので

車の運転は好きです。なので、正直、判断に迷ったのですが、「身軽になりたい(支払いの義務や契約事から自由になりたい)。」という直感とコスト削減の必要性を考えて、手放すことを決めました。

>愛車を見送られた時の記述は、ちょっと胸が痛くなりました。

久しぶりに、強く「寂しいな。」と感じました。

>安定感があって、ちょうどいい車という感じがしていました。

非常に乗り心地の良い車でした。僕は車庫入れがあまり上手でないので、「もう少し小さい車の方がいいかな。」と思うことは何度かありましたが、車そのものについては非常に満足していました。

>どんな車を選ぶかで、少し性格がわかるような気がします(笑)。

そうかも知れませんね。「のっぽ先生は、あまり車に頓着しないのですね。」と言われたことがあります。

>マークⅡの中古は、お金持ちの開業医のおぼっちゃまが乗り回すBMWの新車より、ずっと好感が持てます。

有難うございます。外国産の車に乗っている先生が多く(BMWなど)、勧められたこともあったのですが、マークⅡ以上の車は僕には必要ないな、と思っていました。

 >求めない―  すると  自由を感じる
   その自由から  エナジーが湧く

物欲は少ない方みたいですので、その点、自由が得られていると思います。(有難いことです。)ただ、先行きの不安については、まだまだ感じることがあるので、「求めない」ようにしたいと思います。先行きの不安(あと、どれくらい生きられるだろう。食いっぱぐれることはないか。)から今後は自由になりたいですね。

>派遣社員さんについて、精神科医さんとしての貴重なアドバイスを、本当にありがとうございました。

いえいえ、どう致しまして。たまには、それらしいことをしたいな、と思っているので、そう言って頂けて、本当に嬉しいです。

>今回のことで、人材派遣会社の中間搾取の実態と、結構あくどい手口を知る事ができました。

人材派遣会社は、かなり悪いことをやっていると、僕も考えています。この問題は、個人的には、関心のあるテーマです。全ての国民に最低限の生活をどうやって確保するのか、ということですね。

>ハケンさんのことは、絶対壊したりしませんから、ご安心ください(笑)。

カノンさんは、そんなことは120%されないと思います(笑)。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
No title
前の記事へのコメントですが、手術の話が出てきたのですね。
嬉しいことですよね。

ゼローダ服用中の患者としては、「やはり経口薬の副作用は軽い」と実感しています。TS-1とゼローダとでは、同じ5FUでも副作用の出具合が違うかもしれませんので、一概には言えないかもしれませんが…。

一時「求めない」とかいう本が流行りましたね。
私は読んでいないので、こんなことをコメントするべきでもないかと思いますが、癌になって「期待しない、求めない」ことが上手になった気がします。生活や考え方がシンプルになりました。
2008/12/20(Sat) 10:11 | URL  | つる つるこ #JalddpaA[ 編集]
シンプルになる。
つる つるこさん

>前の記事へのコメントですが、手術の話が出てきたのですね。
嬉しいことですよね。

嬉しかったです。診察前は、抗がん剤の量のことばかり考えていたので、手術の話が出た時は、正直、驚きましたが、とにかく嬉しかったです。

>ゼローダ服用中の患者としては、「やはり経口薬の副作用は軽い」と実感しています。

つる つるこさんのブログは、「ゼローダを服用しながら、仕事は出来るか。どんな仕事なら、出来るか。」と思いながら読んでいます。なお、同業者で、TS-1を服用しながら、仕事を続けていた人がいたので、「TS-1なら、行けるかも。」と思っています。

>癌になって「期待しない、求めない」ことが上手になった気がします。

僕も「期待しなく」なりました。

>生活や考え方がシンプルになりました。

僕も、なりました。仕事を休んでいることが大きいと思うのですが、診ている患者さんに対する責任、同業者同士の付き合いから、所有する物に至るまで、かなり「身軽」になりました。
2008/12/20(Sat) 13:18 | URL  | のっぽ187 #-[ 編集]
How to find freedom
のっぽ先生が、本当に必要なものだけで、生きていこうとされている清々しい姿勢に、感動しました。

普段の生活をしていたら、当然必要な物との別れは、また一つ、前の生活に、別れを告げるようなお気持ちだったかもしれません。運転することが好きだ、と書いていらしたと思うので、愛車を見送られた時の記述は、ちょっと胸が痛くなりました。

マークⅡ、懐かしいです。うちの車(父の車)も、買い換えながら、24年間マークⅡでした。安定感があって、ちょうどいい車という感じがしていました。私も、2年くらい乗っていました。
どんな車を選ぶかで、少し性格がわかるような気がします(笑)。マークⅡの中古は、お金持ちの開業医のおぼっちゃまが乗り回すBMWの新車より、ずっと好感が持てます。

「求めない」(加島祥造著 小学館)は、とても良い本です。のっぽ先生は、もう実践しておられるので、必要のない本ですが、欲張りな私には、喫緊な課題なので、昨年買ってみました。
    求めない―  すると  自由を感じる
    その自由から  エナジーが湧く

前回は、派遣社員さんについて、精神科医さんとしての貴重なアドバイスを、本当にありがとうございました。ここぞという時に、必ず彼女に言いますね。
今回のことで、人材派遣会社の中間搾取の実態と、結構あくどい手口を知る事ができました。今後の方針を考える上で、経験できてよかったなあ、と思っています。ハケンさんのことは、絶対壊したりしませんから、ご安心ください(笑)。重ねて、お礼申し上げます。
     
2008/12/20(Sat) 22:53 | URL  | カノン #-[ 編集]
色んなことから自由になる。
カノンさん

>運転することが好きだ、と書いていらしたと思うので

車の運転は好きです。なので、正直、判断に迷ったのですが、「身軽になりたい(支払いの義務や契約事から自由になりたい)。」という直感とコスト削減の必要性を考えて、手放すことを決めました。

>愛車を見送られた時の記述は、ちょっと胸が痛くなりました。

久しぶりに、強く「寂しいな。」と感じました。

>安定感があって、ちょうどいい車という感じがしていました。

非常に乗り心地の良い車でした。僕は車庫入れがあまり上手でないので、「もう少し小さい車の方がいいかな。」と思うことは何度かありましたが、車そのものについては非常に満足していました。

>どんな車を選ぶかで、少し性格がわかるような気がします(笑)。

そうかも知れませんね。「のっぽ先生は、あまり車に頓着しないのですね。」と言われたことがあります。

>マークⅡの中古は、お金持ちの開業医のおぼっちゃまが乗り回すBMWの新車より、ずっと好感が持てます。

有難うございます。外国産の車に乗っている先生が多く(BMWなど)、勧められたこともあったのですが、マークⅡ以上の車は僕には必要ないな、と思っていました。

 >求めない―  すると  自由を感じる
   その自由から  エナジーが湧く

物欲は少ない方みたいですので、その点、自由が得られていると思います。(有難いことです。)ただ、先行きの不安については、まだまだ感じることがあるので、「求めない」ようにしたいと思います。先行きの不安(あと、どれくらい生きられるだろう。食いっぱぐれることはないか。)から今後は自由になりたいですね。

>派遣社員さんについて、精神科医さんとしての貴重なアドバイスを、本当にありがとうございました。

いえいえ、どう致しまして。たまには、それらしいことをしたいな、と思っているので、そう言って頂けて、本当に嬉しいです。

>今回のことで、人材派遣会社の中間搾取の実態と、結構あくどい手口を知る事ができました。

人材派遣会社は、かなり悪いことをやっていると、僕も考えています。この問題は、個人的には、関心のあるテーマです。全ての国民に最低限の生活をどうやって確保するのか、ということですね。

>ハケンさんのことは、絶対壊したりしませんから、ご安心ください(笑)。

カノンさんは、そんなことは120%されないと思います(笑)。
2008/12/23(Tue) 11:48 | URL  | のっぽ187 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
車を売りました。愛車のスカイラインGTR。スカイラインGTRというと、無類の車好きかと思われるかも知れませんが、そんなことはなく、あまり深い意味はなく、選びました。売値は結局30万。まあまあ納得でした。お金ないですからね!
2008/12/29(Mon) 02:13:49 |  車を売りました