癌との共存を目指しています。
午後5時40分現在の体調。
気分は、それ程、悪くない。胃のムカムカも、あまりない。少し体が思い感じ。頭は、まあまあ働く感じ。大便がすっきり出ない。

オキサリプラチンを今回67mgから50mgに減らした。効果は明らかである。主治医は、67mgを「かなり少ない量」と言い、67mg未満を「行っていないのと同じ。」と言っていた。しかし、実際のところ、67mgは僕にとっては「多過ぎた」し、50mgは「まあ、何とか許容できるところまで来たな。」という感じである。適量に関しては、主治医との間で、かなり温度差があるようだ。

僕のような患者がいる限り、「全ての患者さんに対し、標準的な投与量で開始するのが良い。」という考えは間違えていると言わざるを得ない。僕は、肝臓に転移こそあるが(それさえも、本当は、はっきりしないが)、現在36歳、これといった合併症(糖尿病、高血圧など)も持っていない。僕にとって、標準的な投与量が多過ぎる、ということであれば、60歳代や70歳代の方は、どうなのであろうか。
一人ひとりの患者さんにとって、適量が投与され、生活の質(QOL)が保たれることを僕は願って止まない。

FC2blog テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

【2008/11/21 17:56】 | 自分の体
トラックバック(0) |

専門以外は?
大智
先生の専門は精神科のようですが
御自分で自分の抗がん剤治療をすることは
できないのでしょうか?
というのも、関西にも梅沢先生のような
副作用を伴わないで延命できる抗がん剤の
治療をなさる先生になっていただけないか
とおもったしだいで
宜しくお願いします。


今のところ、無理しない予定です。
のっぽ187
大智さん

僕が、自分自身に対し、薬を処方をすることは、法律上、出来ません。

>というのも、関西にも梅沢先生のような
副作用を伴わないで延命できる抗がん剤の
治療をなさる先生になっていただけないか
とおもったしだいで宜しくお願いします。

こういったコメントを頂けて、とても嬉しく思います。
しかし、癌が根治しないうちは、もしくは、コントロールの目処が立たないうちは、なるべく無理しないように、と考えています。進行癌の患者さんを診るのは、きっと大変なストレスになるでしょうから、今のところ、そういったトレーニングを受けるつもりは無いです。

しつれいしました
大智
のっぽ187さま

法律上の制約があったとは
初めて知りました。

副作用など処方と自覚症状が
一番わかる、つまり自身で調節なさるのが
いちばんよいように単純に
思いましたもので
失礼しました。


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
専門以外は?
先生の専門は精神科のようですが
御自分で自分の抗がん剤治療をすることは
できないのでしょうか?
というのも、関西にも梅沢先生のような
副作用を伴わないで延命できる抗がん剤の
治療をなさる先生になっていただけないか
とおもったしだいで
宜しくお願いします。
2008/11/22(Sat) 00:18 | URL  | 大智 #-[ 編集]
今のところ、無理しない予定です。
大智さん

僕が、自分自身に対し、薬を処方をすることは、法律上、出来ません。

>というのも、関西にも梅沢先生のような
副作用を伴わないで延命できる抗がん剤の
治療をなさる先生になっていただけないか
とおもったしだいで宜しくお願いします。

こういったコメントを頂けて、とても嬉しく思います。
しかし、癌が根治しないうちは、もしくは、コントロールの目処が立たないうちは、なるべく無理しないように、と考えています。進行癌の患者さんを診るのは、きっと大変なストレスになるでしょうから、今のところ、そういったトレーニングを受けるつもりは無いです。
2008/11/22(Sat) 17:41 | URL  | のっぽ187 #-[ 編集]
しつれいしました
のっぽ187さま

法律上の制約があったとは
初めて知りました。

副作用など処方と自覚症状が
一番わかる、つまり自身で調節なさるのが
いちばんよいように単純に
思いましたもので
失礼しました。
2008/11/22(Sat) 19:14 | URL  | 大智 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック