癌との共存を目指しています。
もともと、あまり時間の使い方は上手な方ではないので、何すると無く、時間が過ぎてしまう、ということが多い。この数日は、夜は、プロ野球の日本シリーズを見ていた。小さい頃から、プロ野球はよくテレビで見ていたのだが、ここ10年余りは、大学の勉強が忙しかったり、仕事が忙しかったりして、ゆっくり見る時間がなかった。この数日は体調がとてもいいこともあり、夜はゆっくりテレビを見るという日々だった。

今回の日本シリーズは、接戦が多く、非常に見応えがあった。ケーブルテレビに入っていないので、民放で見ることを余儀なくされたが、それでも競った試合が多く、見ている側としても非常に満足の行く内容であった。

僕は、選手を自分のところで育てるチームが好きなので、今回は西武を応援していた。メディアへの露出度は高くなかったが、個々にいい選手が多く、改めて「いいチームだなあ。」と思った。

マネー・ボール(ランダムハウス講談社文庫 マイケル・ルイス著)を読んで、「素敵だなあ。」と思っていたのだが、今回の西武vs巨人戦は、それを思い出させるものであった。マネーボールは、「貧乏球団であるアスレチックスはなぜ3分の1の選手予算でヤンキースと同等の成績が収められるのか?」ということに対して、僕らが持っていた常識を覆すような結果(得点と相関が強いのは、打率ではなくて、四球、死球を含む出塁率であるだとか)が示され、その通りにアスレチックスは勝ち進む。
西武vs巨人においても、西武の第7戦のスターティング・メンバー(1番~8番)の年俸の総和が巨人の選手一人の年俸に満たない。(推定年俸ではあるが、3.15億vs6億。プロ野球@2ch掲示板より)今年の巨人は、正直、「強いな。」と思っていたので、その分、若手中心の、もっと言うと、低年俸の選手が主体の西武がよく戦ったな、という印象が強い。

プロスポーツを見るポイントは沢山あり、また見るポイントは十人十色だと思うが、僕のような「地味好き」にとっては、今回の日本シリーズは堪えられない内容であった。

FC2blog テーマ:日記 - ジャンル:日記

【2008/11/10 00:54】 | テレビ
トラックバック(0) |

No title
あおくん
おっしゃる通りでございます。
西武も昔の秋山清原デストラーゼという大砲よりも
小粒のぴりりとした選手がシリーズ活躍していたよね。
(ブラゼルやGGが出ていないので...)

いや昨日まさか負けるとは思わなかったけど
シリーズとしてはいい勝負だったなと思う。


一プロ野球ファンとして
のっぽ187
あおくん

巨人ファンのあおくんが、この記事を読んで、どう思うかなあ、と思っていました。とは言え、30年来のプロ野球ファンとして、自分が信じるところを今回は書きました。

西武の背番号の推移を見ると、90年代前半は、1が秋山、3が清原、7が石毛でしたよね。デストラーデは何番か忘れました。今回は、1が栗山、3が中島、7が片岡とチームカラーが如実に出ていますよね。

今回は、勝負として、非常に見応えがあったと思います。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
No title
おっしゃる通りでございます。
西武も昔の秋山清原デストラーゼという大砲よりも
小粒のぴりりとした選手がシリーズ活躍していたよね。
(ブラゼルやGGが出ていないので...)

いや昨日まさか負けるとは思わなかったけど
シリーズとしてはいい勝負だったなと思う。
2008/11/10(Mon) 14:48 | URL  | あおくん #-[ 編集]
一プロ野球ファンとして
あおくん

巨人ファンのあおくんが、この記事を読んで、どう思うかなあ、と思っていました。とは言え、30年来のプロ野球ファンとして、自分が信じるところを今回は書きました。

西武の背番号の推移を見ると、90年代前半は、1が秋山、3が清原、7が石毛でしたよね。デストラーデは何番か忘れました。今回は、1が栗山、3が中島、7が片岡とチームカラーが如実に出ていますよね。

今回は、勝負として、非常に見応えがあったと思います。
2008/11/10(Mon) 22:27 | URL  | のっぽ187 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック