癌との共存を目指しています。
久しぶりに大腸がんの方のブログを巡回した。いつも行っている方以外のブログを巡回した。気付いたことを一つ二つ。

stage 4でも、肝転移のみで、肝転移を切除出来たケースは、5-FUの内服をされているケースが多い。また、5-FUの内服をしていて、副作用が出たら、抗がん剤そのものを中止している。恐らく、外科医のコンセンサスとしては、stage 4にも、2種類あって、肝転移のみで、その肝転移を切除できたケースと、それ以外という風に分けているのではないか。
なお、僕が受けているFOLFOXは、後者だろう。
抗がん剤がQOLに及ぼす影響は大きい。抗がん剤治療で、外科医と患者の間に齟齬がある(と僕が考えている)のは、どうもstage 4の、ある部分だけであるようだ。外科の先生から見ると、stage 4でかつ肝転移のみのケースを除いたものというのは、全体のごく一部という認識だろう。

自分の望むことについては今後とも、短い診察時間の中で、はっきりと伝えて行かないといけないな、と再認識した。

【2008/10/31 22:57】 | 自分の体
トラックバック(0) |

No title
ran
同じ思いですね
転移と言っても単発のみの場合(切除可能)と散らばった場合はその後の治療に大きな差が出てきますね
私の場合は後者なので全身治療ですわ
痛みどめが処方されてる今は「治療+緩和」(はっきり言われちゃったよ)へと移行していますが、一年前に、自分の希望は伝えてありますよ
アバスチンの治療が一段落したらもう一度言うつもりです
「延命よりより良い生活」ってね

延命より、より良い生活を
のっぽ187
ranさん

>「延命よりより良い生活」ってね

僕も心からそう思います。
度ある毎に、「普通に生活がしたい。」ということを強調するのは、少し面倒臭いのですが、仕方がないですよね。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
No title
同じ思いですね
転移と言っても単発のみの場合(切除可能)と散らばった場合はその後の治療に大きな差が出てきますね
私の場合は後者なので全身治療ですわ
痛みどめが処方されてる今は「治療+緩和」(はっきり言われちゃったよ)へと移行していますが、一年前に、自分の希望は伝えてありますよ
アバスチンの治療が一段落したらもう一度言うつもりです
「延命よりより良い生活」ってね
2008/11/02(Sun) 21:50 | URL  | ran #LA1CAGAE[ 編集]
延命より、より良い生活を
ranさん

>「延命よりより良い生活」ってね

僕も心からそう思います。
度ある毎に、「普通に生活がしたい。」ということを強調するのは、少し面倒臭いのですが、仕方がないですよね。
2008/11/03(Mon) 16:32 | URL  | のっぽ187 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック