癌との共存を目指しています。
中村天風先生の本を読んでいると、病にあることを忘れろ、という趣旨の言葉、文章が出て来る。
僕自身、昨日、今日のように体調の良い日は、まさしくもって、病にあることを忘れている。今日も、家族とあれこれ話をしているうちに一日が過ぎてしまった。幸せなことである。

明日(7月8日)は化学療法を受けに病院に行く。僕の受けている化学療法は、48時間持続の経静脈的投与である。病院で点滴を受けるのは、初めの3時間だけで、残りの45時間は家でポンプからの静注を受ける。しかし、全身倦怠感など体の不調は投与開始から72~96時間続く。

「中村天風 心を鍛える言葉」(岬龍一郎著 PHP文庫)という本がある。その本に出て来る話で「野原を歩いていたら、後ろから虎が現れた。そこで安全な場所を求めて、大きな松の木に登った。ところが松の木の下は底知れない谷。まあ、仕方がない、虎があきらめるまで待とうとしたら、頭の上から大きな蛇が口を開けて近寄ってくる。そこで困ってヒョイと足下を見ると谷底に蔦カズラがぶら下がっていた。これだと思って、その蔦カズラに飛び移った。そうしたら、今度は何と、リスがその蔦カズラの根をポリポリと食べ始めた。お前ならこの後どうする?」
という問いがある。答えは「落ちるまでは生きているので、そのまま安住を楽しむ。」である、とのことである。

後、13時間ぐらいは元気なので(その間、7時間位は眠っているが)、残りの13時間を精一杯、楽しもうと思う。

FC2blog テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

【2008/07/07 23:48】 | 自分の体
トラックバック(0) |

こんばんは
うさみみ
どんなことでも「心」とつながっていると最近思うようになりました。
入院してみて、1つ1つのことを大事に考えてみると、いろんなことがつながっていたり、かなり無理してきたなって反省したり。

今は、そうして見つめなおしていく時期なんだなと、のんびり考えています。
これは次へステップアップするための重要なことかなって(笑)



こんにちは
のっぽ187
僕が師と仰ぐ中村天風先生は、積極的精神を勧めると同時に、どんなことでも「心」とつながっているんだということを本の中で話されています。

それに入院生活は物事を考え直すいい機会ですよね。しーんとして、何もすることがない状況で、2時間くらい朝ごはんが来るのを待ったり。

私達は、きっと走り続けるだけではなくて、時々休むことが必要なのだと思います。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
こんばんは
どんなことでも「心」とつながっていると最近思うようになりました。
入院してみて、1つ1つのことを大事に考えてみると、いろんなことがつながっていたり、かなり無理してきたなって反省したり。

今は、そうして見つめなおしていく時期なんだなと、のんびり考えています。
これは次へステップアップするための重要なことかなって(笑)

2008/07/08(Tue) 21:45 | URL  | うさみみ #-[ 編集]
こんにちは
僕が師と仰ぐ中村天風先生は、積極的精神を勧めると同時に、どんなことでも「心」とつながっているんだということを本の中で話されています。

それに入院生活は物事を考え直すいい機会ですよね。しーんとして、何もすることがない状況で、2時間くらい朝ごはんが来るのを待ったり。

私達は、きっと走り続けるだけではなくて、時々休むことが必要なのだと思います。
2008/07/09(Wed) 15:26 | URL  | のっぽ187 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック