癌との共存を目指しています。
大きな手術を受けると、身体のバランスがおかしくなる。そう感じる。

2014年に、右中下葉切除術を受けてから、足先に血が行かなくなった。

足先の霜焼けなんて、40数年間、なった事、なかったのに、この1,2年は、冬場、それで悩まされた。

大腸がない。水分の吸収が不十分。循環血液量が少ない。

抗癌剤の使用で、赤血球の製造が不十分(骨髄抑制)。

そこへ持って来て、右肺を大きく切ったものだから、こういう事になったんだ、と思う。

何をなすべきなのかは、分からないが、とにかく、行けるところまで行こう。

追記。冬場は、靴下を2枚履く事で、凌いでいます。

【2017/05/14 23:56】 | 大腸全摘術
トラックバック(0) |
さっき、水分を摂ったのも、「石(尿路結石)が出来ないように。」と考えて、摂ったのだった。

しかし、ピーピーの便が出てしまった。

大腸全摘術を受けた状態で、尿路結石予防のために、水分を多めに摂る。

なかなか、困難なミッションであるようだ。

【2017/05/14 23:40】 | 大腸全摘術
トラックバック(0) |
思えば、一日一食を採用するようになったのも、食後、トイレに行きまくるのを少しでも緩和したい、と考えて、採用したのだった。

食後10時間、12時間と経つと、小腸の蠕動は少なくなり、割と、まともに生活出来る。

ただ、食後14時間位、経つと、お腹が空いて来る。(肝臓に貯めてあるグリコーゲンが枯渇するのではないか、と考えている。)

まともに、物が考えられるのは、1日に2~4時間位。

時間がない、位に考えていると、時間を大事に出来るのではないか。そう考えている。

なお、歩いたり、身体を動かしたり、といった事は、お腹が空いてから(14時間以上経ってから)、するようにしている。

【2017/05/14 23:32】 | 大腸全摘術
トラックバック(0) |
食後4時間で、おむつをした状態で、横になって、お腹の中のガスを出そうとしたところ、ガスと一緒に、便が出てしまった。

握りこぶし2個分の便。

その後、コップ1杯の水と、半つまみの塩を摂る。

40分程したら、下腹部が痛くなった。

トイレに駆け込むと、ピーピーの下痢(水様便)が出た。

大腸全摘術の、生活の質(QOL)への影響は、かなり大きい、と思っていたが、改めて、その事を実感。

取ってから、その大事さが分かる。そんな感じだ。

正直言って、QOLは、ガタガタになっているが、限られた時間(小腸の蠕動が少なく、自由に身体を動かせる時間)を大事に使おう。

【2017/05/14 23:16】 | 大腸全摘術
トラックバック(0) |