癌との共存を目指しています。
午後1時30分から45分まで日光浴。

1時間程、ネットをしていたら、急に眠くなって来た。

どうなっているんだろう。

【2016/04/26 14:58】 | 日記
トラックバック(0) |
この5ヶ月位は、2,3日に一度、シャワーを浴びるだけという生活をしている。

5日に一度という事も、ざらにあった。

なお、石鹸もシャンプーも使っていない。もちろん、リンスも。

特段の問題なく、過ごせている。

よく考えてみると、御先祖様は、身体を洗うなんて事は、していなかっただろうから、きっと、これで問題ないんだ、と思う。

【2016/04/13 22:59】 | 日記
トラックバック(0) |


しろ
のっぽ187 さん

こんばんは
ご先祖さま、臨機応変になさってたと思います。

はじめまして
アクアマリン
のっぽ187先生

はじめまして

のっぽ187先生のブログにひょんなことからアクセスしました。それは、かなり昔の山梨大学の大量留年についてネットサーフィンで見ていた時です。

理知的な文章と内に秘めたファイティングスピリットに感銘を受けて、最初から毎日読み進めました。8年前からですので、話題もその時代のもので、8000円台の株価だったり、野田総理だったり、途中で東北大震災にも遭遇しました。私も株式投資をしておりますので、その時の記憶が政治状況とともによみがえります。何かタイムマシンに戻ったような感じでした。淡々と食べたもののことを書いてある部分も読み続けると、その時を一緒に生きているような気がします。CTで転移が判明した時は強いショックを受けて目の前が暗くなりました。そのあと、祈るような気持ちで読み進んできて、4/13にたどり着けました。

よかった!!! のっぽ187先生は、今、生きている!

過去のトンネルをくぐり抜けて光溢れる今日の日の関西でのっぽ187先生が生きておられることがとても嬉しかったのです。戸塚 洋二先生の闘病ブログが文藝春秋に掲載された時には氏は亡くなっておられました。

これからも東京からのっぽ187先生を応援しております。

一気に8年文通通読して感じたことを一つ。のっぽ187先生の透明度が高くなっていると感じました。世俗の塵芥を身に纏わないせいでしょうか。でも、このままどんどん透き通っていって透明になるのはずっと先にしてくださいね。

ハナミズキの溢れる窓辺より。




のっぽ187
しろさん

私も、そうしていた(臨機応変にしていた)、と思います。

こちらこそ、初めまして
のっぽ187
アクアマリンさん

初めまして。

コメントを読んで、「ああ、嬉しいな。」と感じました。

今まで、多くの方から、コメントを頂き、「嬉しいな。」「有難いな。」と感じる事は、何度もあったのですが、それとは少し違った感じです。

応援と同時に、「理解してくれているな。」と感じたからかも知れません。

進行癌の患者として、文章を書く事が多かったのですが、医者をそれなりの年数していた事もあり、山梨大学の件については、正直、「何をやっているんだ。」と思いましたし、株式投資をしている以上、政治、経済の事は気になります。

2008年は、抗癌剤で、ふらふらでしたので、「このままの状態が続くなら、きちんと働けないかも知れない。この先、どうやって、食べて行こうか。」と考えていました。

「私の試行錯誤が、後から来る人の参考になれば。」と思い、記事を書いて来ました。

有難い事に、当初の予定(予想)を上回り、8年経った今も、こうして生きているのですが、この1,2年は、我ながら、「世俗を離れたな。」と感じています。

あと最近は、「生物の本能に、割と忠実に。」と思って生きているのですが、生きる事に関しては、割と貪欲ではないか、と思っています。

生きていればこそ(^^)/
アクアマリン
8年間分読むのに2週間かかりました.電車の中や寝る前に読みました.寝る前も背筋を伸ばして読みました.覚え書きが続く時期はなにか叙事詩(ホメーロスか!)を読んでいるようでした.
どん欲に生きてください.生きていればこそ、日光浴ができますし、風の香りも嗅げます.
今日品川駅のエキナカの花屋でスズランを一束買いました.5/1はフランスではスズランを贈りあうのだそうです.可憐な花と目にも鮮やかな緑の葉。そして清純な香り.
のっぽ先生にとどいたらなあ。免疫力もきっとアップします!

スズランの香り
のっぽ187
アクアマリンさん

とても、嬉しいです。(8年間分、読んでくれた事です。)

とにかく、行けるところまで行こう、と思っています。

スズランですか。

最近は、大きなお店にも、あまり行かないので、スズランも見掛けないのですが、いい匂いしますよね。

アクアマリンさんが買ったスズランの香り、こちらに、きっと届く、と思います。

コメントを閉じる▲
日が高い時に(午前10時から午後2時位にかけて)、外を歩くと、目が覚める感じがする。

私達の御先祖様は、アフリカのサバンナ(木のあるステップ)にいた、というが、その名残が、私の身体にも残っているのだろう。

40分、50分位、歩いても、息は切れない。

肺機能に関しては、これで十分だろう。

駅の階段は、一息で上れない(2階までは上れるが、3階は駄目)ので、元に戻ったとは言えないが、元の62%なら、こんなものだろう(残っている左肺と右上葉を併せると、肺活量は、全肺の62%との事)。

【2016/04/13 22:53】 | 日記
トラックバック(0) |
お腹が、クルクル鳴る。すぐトイレに行きたくなる。行った後、お尻が痒い。

こういった状態が長く続く(食後5時間位、続く)ので、外出をしなくなった。

この状態になってから、8年。

何とか日中だけでも、まともに動けるように、と思い、一日一食(夕食のみ)にしてから、2年半。

人から離れた生活は、人によって、向き不向きがあると思うが、私にとっては、割と快適だ。

【2016/04/06 04:27】 | 大腸全摘術後の生活
トラックバック(0) |
夕食を午後9時に終え、就寝。午前0時50分に目が覚める。そこから寝付けず、ネット。

午前0時50分、排便。午前2時にも排便。2時に便を出した後、肛門の辺りが少し痒かった。

2時の排便の後、お腹の状態(小腸の蠕動)は、治まっている。

一日一食(夕方に摂取)、その後、就寝というスタイルが、私の身体(大腸を全摘し、回腸と肛門を吻合している)にとっては良い様だ。

たまに、「二食、摂りたいな。」とか、「間食を少し摂りたいな。」と思うので。

【2016/04/06 03:58】 | 日記
トラックバック(0) |
このブログは、最近、自分のCTの結果と身体の具合をメモするだけの物となっています。

いらしてくれている方には、少々、心苦しく思っています。

最善の選択が出来ているとは、とても思えないのですが、とりあえず生きています、という事で、引き続き、経過(CTなどの検査の結果と自分の身体の具合)を書いていこうと考えています。

一人の男性が、自分の経過を書いている、というだけのブログですが、今後とも、よろしく、お願い致します。

【2016/04/06 03:56】 | 拙ブログの方針
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-



のっぽ187
匿名の方へ

そう言って頂けると、有難いです。


コメントを閉じる▲