癌との共存を目指しています。
死んだら、何も残らない、そんな生き方をしたい。

【2014/09/28 11:47】 | 思ったこと
トラックバック(0) |


しろ
のっぽ187 さん

ん~~っ そう なんか?
そうか そうかも 知れない
自分も  ・・・

        しろ

後に残るもの
カノン
のっぽ先生

何事にも、何ものにも、とらわれない清々しい一生に幕が下りる時、その生き方から、多くの気づきを受け取る人々がいるはずです。

のっぽ先生は、そういう清々しい生き方ができる方だ、と思います。

生きる意味
先生のブログにたどりついて夢中で読みました。だんだん先生がブログのタイトルから外れてしまい、辛いです。
先生の生きる意味とは私の勝手な解釈は医療関係者として私達が医者に聞けない事、わからない事に立ち向かって下さい。
私達は何も知らない、知り得た情報を前にだすと砕かれます。


オリーブ
以前コメントさせていただいたいい歳をした女です。

>死んだら、何も残らない、そんな生き方をしたい。

まさに同感です!
私が、若い頃から「死」について色々考えてきた結果行き着いた結論のようなものです。

これには色んな意味がありますが、人間いつ死ぬかわからないし、突然余命宣告される場合もあります。
いろんな死があたとしても、あと100年もすれば、今生きている人間はすべていなくなるわけです。

まだ生きているうちに、生への執着を絶つことができるなら落ち着いて死を迎えることができるような気が致します。
ちなみに私の場合は無宗教で、死んだら無になる、、と思っています。






あんぱん父さん
私、みんなが忘れないようにスゲェ~嫌な奴になってやろうと思ってます !


のっぽ187
しろさん

僕は、そんな生き方がしたいです。

最近、ふと思う様になりました。
のっぽ187
カノンさん

そんな風に生きたい、と最近、ふと思う様になりました。

価値観の変化
のっぽ187
京さん

この6年数か月の間に、少しずつですが、価値観が変わって行きました。

今でも、「迷った時は、積極的に。」と思うのですが、以前ほど、強く思わなくなりました。

自宅で「患者」として過ごす時間が長くなればなる程、「医療者」としての自分は何処かへ行ってしまう、というところは多分にありますね。


のっぽ187
オリーブさん

お久しぶりです。

同感というコメントは、無いだろうな、と思っていたので、意外でした。

>いろんな死があったとしても、あと100年もすれば、今生きている人間はすべていなくなるわけです。

これは、時々思いますね。

>まだ生きているうちに、生への執着を絶つことができるなら落ち着いて死を迎えることができるような気が致します。

あと、痛くなければ、言う事ないですね。

>ちなみに私の場合は無宗教で、死んだら無になる、、と思っています。

自分は無になると思っています。(他の物は、変わりなく存在し続ける一方で。)

時々、「自分は、こういった課題を持って(宿命を背負って)、この世に降り立って来たのだ。」と思う事があるのですが、どちらかと言うと、「死んだら、何も残らない。」の方が支配的です。


のっぽ187
あんぱん父さんさん

素晴らしいですね。

コメントを閉じる▲
右肺門部

「これ位の大きさなら、PETで光って来るはず(集積が見られるはず)。でも光っていない(集積は見られない)から。」との事。

経過を観察しましょう、との事。

肝臓の右下部

これもPETでは光らず。

8月15日の造影CTでは、肋骨の横に、低濃度域(周りに比べると、黒いところ)があった。その部分に、PETでの集積は見られず。

あと、右肺門部については、「(CTで見られた斑模様は、)術後の変化かな。」と言っていた。(ぼそっと言っていた。)

という事で、経過を観察する(CTで経過を追う)事になった。

ゼローダは継続。

9月30日(火)、午後から診察。

10月30日、CT

【2014/09/03 12:59】 | 診察
トラックバック(0) |

クリアですね!
アリス
肺にも肝臓にも集積なし。
よかった、少し安心してもよいのでは。
のっぽ先生の、生命力と忍耐力・突破力など胆力のような精神力が、今も『この方は大丈夫』と感じる所以です。
ゼローダに負けないよう、体力維持してください。
応援しています。

少しほっとしました。
のっぽ187
アリスさん

早速のコメント、有難うございます。

安心とまでは行かないのですが、少しほっとした、というのが正直なところです。

「(再発が確定したとしても、)ゼローダは、増やせないな。」とか、「最後は、家がいいな。」とか、あれこれ、待合で考えていました。

そうですね。僕も、体力の維持をかなり重視しています。

応援してくれる事、とても有難く、そして、嬉しく思います。

よかったです。
mimi
のっぽ先生

ほんとうによかったです。
私も、同時期にばたばたしたので、ほっとしました。
PETとCTを組み合わせて考えるのがベターなのですね。

今回の経緯は、多くの患者にとって有意義なことだと思います。
まだまだこれからもいろいろな情報を発信してください。

ドキドキしました
カノン
のっぽ先生

本当によかったです!

のっぽ先生は、これまで結果が悪い時ほど、即、ブログを更新してくださることが多かったので、比較的ゆっくりの更新なのは、大丈夫だったのではないか、と期待していました。

そう思いながらも、研修の休憩時間ごとにブログをチェックして、経過観察の記事を拝見した時は、本当に嬉しかったです。

前回の記事で、良くない結果も視野に入れながら、なるべくニュートラルな状態で、そのままを受け入れようとしていらした姿勢は、さすがだなあ、と思いました。



良かったです。
パセリ
私は、それほど悪い結果ではないのではないかと思いながらも、何が起こるかはわかりませんので、良い結果で良かったです。

別の内容ですが、先日コメント欄で、「主要3剤を使い切ってしまった。」と書かれていらっしゃいましたが、以前、胃がんの方のブログを読んだ時に、その方が、主治医の先生から、「治療には3本柱がある。シスプラチンを限界量まで使ってから、イリノテカン、タキソテールと進んでゆく。」と説明されたと書かれていました。「主要3剤」と同じような事だと思いました。そして、それに対して、ゼローダというお薬はどのような位置づけなのかしら、などと考えました。

副作用に、めげられずに、減量されながら、頑張って下さい。

管理人のみ閲覧できます
-


患者としては、ドキドキでした。
のっぽ187
mimiさん

有難うございます。

CTで普通でない箇所がある(通常は造影される箇所がある、血流が豊富な箇所がある)。それが本当に癌かどうかを確認するために、PETでブドウ糖の取り込みを見る。(癌細胞は、ブドウ糖をよく取り込む。)

といった事でいいのではないか、と考えています。

患者としては、ドキドキだったのですが、今回のケースは、僕としても、学ぶところが多かったです。

いい時間を長く持つ。
のっぽ187
カノンさん

さすがですね。

どうも、僕は、結果が悪いと、興奮するみたいで、早くブログを更新するようです。

一方、結果が良いと(悪くないと)、ほっとして、一息ついてから、更新するようです。

>研修の休憩時間ごとにブログをチェックして

研修、御苦労様です。

そして、そんな短い時間毎にチェックをしてくれている事、本当に嬉しく思います。

>経過観察の記事を拝見した時は、本当に嬉しかったです。

有難うございます。

>前回の記事で、良くない結果も視野に入れながら、なるべくニュートラルな状態で、そのままを受け入れようとしていらした姿勢は、さすがだなあ、と思いました。

そうする事が、いい時間を一番、長く持てる、という事を、最近、心の底から分かったので(そう気付いたので)、割と、そう出来ているのではないか、と考えています。

とは言え、褒めてくれて、すごく嬉しいです。

有難うございます。
のっぽ187
パセリさん

有難うございます。

ゼローダは、5-FU系のお薬なので、3本の柱の一つです。

僕は、2008年に、5-FU、2010年に、ゼローダ、そして、今回(2014年3月から)も、ゼローダを身体の中に入れているのですが、実質的には、5-FU系の薬は、「使い切った」のではないか、と思っています。

>副作用に、めげられずに、減量されながら、頑張って下さい。

有難うございます。


のっぽ187
匿名の方へ

最近は、自分の身体の状態を記事にする事が多く、また、それに特化した状態で、ブログを更新しています。

なので、今回のコメントについては、返事を差し控えたい、と思います。


コメントを閉じる▲