癌との共存を目指しています。
排便後、少し痒い、といったところ。(それでも、結構、痒い。)

とは言え、排便のタイミングには、十分、気を遣うし(小腸内に水分が溜まっているな、と感じられる時は、しないようにしている)、それなりに不便。(というか、それを中心に生活しているって感じ。)

生活の質という点では、まだまだ、だろう。

FC2blog テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

午前6時半、泥状便。

午前9時半、水様便、泥が飛び跳ねたような便。排便後、わずかに痒い。

前日の晩に食べ過ぎると(充填豆腐400g、納豆40g、他もよく食べた)、下痢をする。

要は、仕事(水分の吸収)をこなせない、という事だ。

未だ回復過程。気長に待とう。

FC2blog テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

割と深刻な状況にあると思うのだが(客観的に見ると)、あまり深刻な気分にならない(何故だか分からないが)。

この十数年の間に届いた年賀状も、ちり紙交換に出す予定だし(ちり紙交換用の箱に詰めた)、テレビも処分した。(見ていなかったが。)

少しずつ、要らない物を処分して行っているのだが(僕が死んでから、母親にしてもらう位なら、自分でする方がいい)、あまり感傷的にもならない。

心の在り様が、癌の進展に影響するのであれば、割と(自分は)いい線、行っているのではないか、と思う。

FC2blog テーマ:思うことをつれづれに - ジャンル:心と身体

一日一食(夕食)を継続中。(朝、昼は、緑茶に塩を入れた物。)

昨晩は、何となく、大豆製品が欲しくなって、納豆2パック(1パック40g)と、充填豆腐4パック(1パック100g、1パック当たりのカロリーから計算すると、1パックに6.4g、蛋白質が含まれている)を摂った。(日頃は、納豆と充填豆腐を併せて、2,3パック位)

「がんに効く生活」(シュレベール著)は、蛋白質の摂取に大豆製品を勧めている。

そう思いながら、がつがつと納豆を食べたのだが(あと豆腐も)、明け方(午前5時半頃)と、さっき(午前10時20分)は、モロ水様便。

2008年に、身体にいい、と思い、豆乳を飲んだら、猛烈に下痢をして(こうして、大腸全摘術後に何を摂れば良いかを学んで行った)、「ああ、豆乳は、駄目なんだ。」と学んだのだが、残念ながら、あまりたくさん、大豆(製品)を摂る事が出来ない様だ。

大腸全摘術+イリノテカンは、なかなか厳しい。

FC2blog テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

今朝(先ほど、10時20分)の排便は、水様便。排便時、痛かったり、痒かったりはしなかったが、電気座布団(電源は入れていない)の上に座ると、しばらくして、痒みが出現。

「一体、どうせいって、言うんじゃい。」と大阪弁(?)で思ってしまった。

FC2blog テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

今日は、朝の10時40分に横になったら(調べ物をした後で横になったら)、途中、目が覚める事もあったのだが、午後3時40分まで寝ていた。

5時間、寝ていた。

イリノテカン、下痢も然る事ながら、全身へのダメージ(全身倦怠感、疲れ)は、かなりの物がある、と思う。

11月、12月の投薬のダメージが今(1月中旬以降)、出ているのかも。

===

朝の排便。食物繊維の塊が出て来た。塊が肛門管を通る時、すごく痛かった。

FC2blog テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

朝、起きて、便を出したら、その後、お尻が痒くなった。

裏の神社まで歩いたところ、痒いのが、だいぶ、ましになった。

西洋医学に対する信頼(西洋医学は、自分にとって、益するだろう、という考え)が、また揺らいだ(西洋医学ベースのアプローチより、自分の身体に合う事をした方が、いいのではないか、と、また思った)。

FC2blog テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

13日(木)は、CTを撮ってもらいに、通院先の病院に行って来た。

17日(月)は、明け方から、かなりひどい下痢(水様便)が続いていたため、受診せず。

今朝も、水様便、排便後の痒みが著しく、電気カーペットの上にずっと座っていた。(午前中は、実家で過ごした。)

抗癌剤疲れも著しく、お茶を汲みに立つのと、トイレに行く以外は、寝ているか座っているかしている状態。(とは言え、午後からは、自宅へ移動。流石に少し身体を動かした方がいいかな、と思い。)

一応、3月3日(月)が受診日だが、行けるかどうか、怪しいな、と思う。

FC2blog テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

排便後、痒み(肛門部)が残る。

未だ、本調子とは言えず。

FC2blog テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

今朝からは、下痢傾向。1月下旬と同じ状態。もしくは、12月26日頃と同じ状態。外出は困難。(何とか、明日は、CTを撮ってもらえるように病院まで…。)

小腸粘膜のダメージは、明らかで、僕の場合、大腸が無く、クッションが無いので、小腸粘膜のダメージが直接、肛門管への痛みへと繋がる。

イリノテカンの継続は、困難だろう。

なお、排便時のみならず、横になって、おならをした時も、激痛が走る。

食べたい物を食べて…というところまでは、まだ割り切れないが、それ程、ストイックにならなくてもいいかも、と最近は、時々思う。

100%、そう思っている訳でもないし、完全に勝負を投げた訳ではないが、「勝負、あったな。」と時々思う。

FC2blog テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

排便後、お尻が痛い。

未だ、本調子とは言えず。

FC2blog テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

硬い便が、肛門管の上にあって、詰まっている(出口を塞いでいる)様だ。

昨晩は、青梗菜、人参、キャベツ、納豆(2パック)、ゆず(小さいのを1個、実も皮も食べた)と、割と食物繊維を多く摂っているので、それが詰まっているのかも知れない。

ただ、この程度の量で、詰まる様では、駄目(イリノテカン 40mg は、駄目)だろう。

3日に、化学療法室の看護師さんに、「イリノテカンって、下痢する人、多いのですか。」と尋ねたら、便秘するって言う人、結構、いますよ、との事だった。

本質的には、この薬、便秘(腸管の運動を抑制)する方に働くのではないか。(下痢は、イリノテカンの代謝産物が、胆汁と共に十二指腸に排泄され、それが腸管の内側を傷付けるから。「チャートでわかるがん治療マニュアル、平岩正樹著、p130)

横になって、おならを出す事で、小腸内のガスを排泄し、小腸が、ある程度、蠕動する様に努めている。

ちなみに、うんこをすると、無茶苦茶、痛い。(硬い便がわずかに出る。)

FC2blog テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

まだ疲れやすい感じが残る。

少なくとも、仕事は出来ないだろう。(昨年の11月から休職しています。)

FC2blog テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

少しムカムカが残る。

うんこをすると、無茶苦茶、痛い。

雪がちらつく中、ゴミ(緑茶のカス)を捨てに行った。

FC2blog テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

冷静に考えてみると、2月13日にCTを撮ってから(その結果を見てから)、イリノテカンの投与を受けた方が良かったかも知れない。

この2,3日の回復具合を見て、「これなら、行けるかも。」と思い(直感的に思い)、昨日は行って来たのだが。

イリノテカン、効いている、に賭けた博打的な行為だった、と思う。

なお、僕の場合、腫瘍マーカーは、ずっと正常範囲内なので、腫瘍マーカーの上がり下がりで、抗癌剤の効きを評価する事は出来ない。

FC2blog テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

昨日は、行く直前まで、通院先の病院へ行くべきかどうか迷っていたのだが、直前になって行く事に決めた。

血液検査では、白血球数 2600、好中球数 1500で、白血球数が少ない目だが、もともとが少ない、という事で、go となった。

下痢が酷かったことを伝え、イリノテカンは、60→40mgとなった。(正確には、僕から、「40mgにして下さい。」と言った。本当は、30mgの方が良かったが、主治医は、当初、60mgで行くつもりだったみたいなので、中を取って、40mgと言った。急な変化は、誰しも受け容れにくいだろう、と考え、3分の2を提案した。)

副作用止めの吐き気止めとステロイドも、減らして欲しい or 無しにして欲しい、と伝えたところ、無しになった。

昨日の帰宅途中、軽いムカムカがあった。

流石に、昨日の晩は、これまで(1~4回目の投与初日)に比べると、食欲が無かったが、それでも、それなりに食べられた。昨日の晩と同じ位、食べられた。

午後10時半頃、食事を終えた。この頃から、少し気分が悪くなった。すぐ横になり、そのまま、眠りに就いた。

今朝は、午前7時50分に起床。

イリノテカンの害作用で、お腹が動いていない様に感じられたので、すぐさま、散歩に出掛ける。裏の神社まで歩く。(正確には、山道を上がる。)

自宅に戻り(夕食と、夜、寝ている間のみ実家に滞在)、今に至る。

少しムカムカする。

40mgは、僕にとっては、多いのだろう。

更なる減量を希望する。

FC2blog テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

夜、目が覚めて、うんこがしたくなって、トイレに行ったら、水様の便が出て、すごく、肛門部が痛くて、寝床に何とか戻り、気を失う(寝入ってしまう)、というのを、一晩に、2回位、している。

ただ、気分の方は、我ながら安定しているな、という感じで、かなりいい評価を与えられると思う。

とにかく、悪くない状態だ、と思う。

FC2blog テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体