癌との共存を目指しています。
11月26日(だったと思う)に電話を掛け、29日診察の予約を取っていた。

29日、受診。

抗癌剤(恐らく、5-FU)の副作用(ムカムカした、しんどかった、食事を摂る量が減った)を伝えた。

次回(12月3日)からは、30分程で静脈内に入れる5-FU(400mg)が無しになった。

また、46時間掛けて入れる5-FUも、量を減らしてくれる、との事。

FC2blog テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

今朝、もしくは、昨晩から、元の状態(本来の状態)に戻っている。

短期的には、しっかり食べる事がいいのだろう。(蛋白質をしっかり摂るのがいいと思う。)

水様便(下痢)は、まだ続いているが(いつもより水に近い、イリノテカンの害作用か)、これは、水分と食塩を補う、で行こう、と思う。

===

25日(月)にポートを入れ替えてもらった。その時、耳たぶを切ってもらい、出血時間を測ってもらった。

1回目は、9分、2回目は、5分。

少なくとも、1回目は、長い。

アバスチンの副作用(害作用という事になるかな。ちなみに、副作用は、side effect, 害作用は、adverse effect の訳語だと思う。)だと思う。

なお、25日に血圧を測ってもらったところ、109/76だった。こちらの方には、まだ影響は無いようだ。(アバスチンの副作用で、代表的なものに高血圧がある。)

FC2blog テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

左鎖骨下静脈に入っているポートに点滴を繋いだ際、落ちが悪かったので、昨日(25日)、入れ替えてもらった。

具体的には、左鎖骨下に入っているポートを抜いて、右鎖骨下静脈にポートを入れてもらった。

病院への往復を含め、昨日は、5km程、歩いたのだが、まだ、結構、疲れが残っている。

頭は、よく働いている、と思うが、疲れが残るのは、抗癌剤の害作用だろう。

FC2blog テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

頭の働きは、概ね戻っているが、集中力が持続しない。

FC2blog テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

割と回復が早い感じ。入れた5-FUの量からすると。

もちろん、ぼーっとするし、身体は重いのですが。

ムカムカが軽減しているのが大きい。

肩こりも、昨日の夕方に比べると、軽い。

FC2blog テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

やっと、物事を少し客観的に考えられるようになって来た。

ステロイドによる精神症状であったと推察される。

とにかく、化学療法の1日目と2日目は、注意を要する、という事が分かった。

FC2blog テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

予想されていた事だが、なかなか、きつい。

むかむか、後頭部の頭重感。

3日に、その旨、主治医に伝えよう。

2日目にきついという事は、持続静注で投与している5-FUの副作用(害作用)だろう。

午後4時20分、追記。

肩こりも出現。5年前を思い出した。

午後4時半、追記。

しゃあないなあ。

長生きへの道標と思い、ここは耐えよう。

マイブームであるプチ絶食(1日1食)とβ-ヒドロキシ酪酸は、1,2割、抗癌剤の害作用を軽減しているかも知れないが、著明な効果は無い様だ。

β-ヒドロキシ酪酸の説明は、こちら。

FC2blog テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

悪心が出現。

昨日の晩も少し食べたが、今晩も生姜を食べるか。

本来は、クロノセラピーをするべきなのだろうけど。

追記(午後3時40分)。1時間ほど前に、残っていたカイトリル(吐き気止め)を一包、飲んだ。

現在、吐き気は無いが、上腹部に不快感がある。

何か、吐き気止めは、上手く効かない、という印象がある。

FC2blog テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

緑茶を入れ、計量スプーンで塩を測り取り、コップの中に入れようとしたら、コップのふちに計量スプーンを当ててしまった。当然、塩はお盆の上にこぼれた。

dysmetria(測定障害、推尺異常)か。

困った物だ。

5-FUは、過去2回の抗癌剤治療の経緯から考えると、効いていた可能性は高いので、なるべくなら、続けたいところ。

量が多過ぎるのかな。

FC2blog テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

朝7時に目が覚めた。

起きて、布団を上げて、実家から自宅へ。

500mの歩行。歩く事自体は、全く問題ない。

ただ、文章を書いた後、読み直すという事が出来ない。(頭が働かない。)

一通、来たメールに対し、返事を書いたのだが、送った後、読み返すと、何箇所か、おかしいところがあった。

気分は安定しているので(糖質制限の効果か)、抗癌剤の害作用(恐らく、5-FUの害作用だろう)と考える。

(ちなみに、気分が落ち込んでいて、頭が働かない、注意力が散漫だ、という事であれば、鬱を疑う。)

余計な事はせずに、今日は一日、ぼーっと過ごそう。

FC2blog テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

今朝も目覚めは良く、体調は、とても良かった。

緑茶を2杯、飲んで、通院先の病院へ。

自宅から駅まで、2km。下り坂だが、21分でたどり着く。(時速6km弱。)今までで一番早くたどり着いた。

採血の結果。

アルブミン 4.3(基準値は3.8以上)
白血球数 3400(基準値は3500以上)
血色素量 13.2(基準値は、男性で、13.5以上)
CRP 0.04(基準値は、0.3未満だったと思う)
クレアチニン 0.56だったと思う。

かなりタンパク質を摂っている割には、割と真ん中の正常値だった。もっと高いかも、と思っていた。糖新生が行われているのだろう。

白血球数、血色素量は、大学生の頃は、正常範囲内の真ん中か少し高い目のところにあったと思う。骨髄が、これまで2回の抗がん剤治療で(FOLFOX,XELOX)で、かなりダメージを受け、現在も、それから、あまり回復していない、という事だろう。ウィルス感染で、白血球数が少し少なくなる事があるが、今の体調から考えて、それは考えにくい。

クレアチニンは、基準値内だったと思うが(手元にデータなし)、これまで化学療法を受けていた頃に比べると、値が低くなっている。

筋肉の量が減っているとは考えにくいので(むしろ、よく歩くようになっているので、逆に増えたのではないかと思う)、腎臓での排泄が、現在、十分、行われていると考える。初めのころは、脱水があったのではないか、と考える。(脱水→尿量が少なくなる。→クレアチニンを十分、排泄出来ず、血液検査をすると、少し高い数値が出る。)

ポイントは、骨髄へのダメージが、現在でも、かなりある、という事だろう。

採尿の結果。

朝9時半に採った。

比重 1.026(基準値 1.030以下)
ケトン体 +(基準値は、-のみだったと思う。)

これでも、割と濃縮された尿が出ている。
月曜日の晩は、みかんを3個程、食べたので、恐らく、インスリンが分泌され、ケトン体は、朝の時点では、それ程、産生されていないのではないか、と考えていたが、おしっこには、降りていた。個人的には、「良し。」と思える結果だった。

午後3時頃に受けた副作用止めの中にステロイドが入っていた。恐らく、そのせいだろう。この時刻でも目が冴えている。

午後8時に帰宅し(病院から直接、実家へ戻り)、夕食を摂り、入浴。午後11時半に寝たのだが、午後2時半に目が覚め、そこから、全く眠れない。

ちなみに、午後8時に帰宅してから、入浴するまでの3時間は、この3年間の間で、もっともハイだった。ひっきりなしに喋り続け、「ああ、これは、ステロイドによる精神症状だな。」と自覚する事も出来た。

ステロイドは、食欲を亢進させるために点滴の中に入っているのだと思うが、僕の場合、かなり脳に来る様だ。

なお、午後7時半に最寄りの駅にたどり着き、普通に考えると、バスで帰りそうなところを、2.5km(駅から実家まで2.5km)、歩いて帰った。

何となく、そうする方がいいように思えた。

俗に言う「上がっていた」のだろう。

食事は、ささみ4切れ(210g)と、みかんを4,5個。あと、小松菜を何束か頬張った。(一束は、小さい小松菜だった。)主だったところは、そんなところ。

午後11時半と午前3時の排便は、水に近い軟便で、過去の化学療法時にも見られた形状の便。すでに、5-FUは、小腸の粘膜を障害しているのだろう。

夜中にPCを立ち上げると、目に光が入り、メラトニンの分泌が抑えられるかも、と思ったが、全く眠れそうな様子がない事、ステロイドによる精神症状は、今のうちに書いておかないと、忘れるかも、と思い、書いた。

あと、帰りの電車で、降車するに当たって、席から立つ際、2回ほど、横の女性に当たりそうになった。あと、着席する際、席に端にある金具に激突したりした。

chemobrain(ケモブレイン)だろう。

5-FU投与時に見られると書いてあったが、まさしくもって、それだろう。(僕が見た記載では、記憶力が落ちる、と書いてあったが、まさしくもって、化学療法で「頭に来た」のだろう。)

ちなみに、2008年も、2010年も同じ症状を経験したと記憶している。

通院での化学療法である以上、急速静注の量は(急速静注400mg+持続静注2250mg)、この量もしくは、これより少ない量であるべきだろう。

===

full condition(十分な体調)とは、程遠い状況なので、コメント欄は閉めます。ご容赦下さい。

FC2blog テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

明日から化学療法。

体調について。

今朝も実家から自宅まで、500m、歩く。

息は、もちろん上がらないし、呼吸のペースも変わらず。

β-ヒドロキシ酪酸を使って、代謝が行われていると、自分では、感じている。

皮膚の状態も良い。

昨晩は、夜中に1回、トイレに行った。(いつも、2回位、行っている。排便のため。)

ただ、眠りは深かったようで、目覚めは、とても良かった。

FC2blog テーマ:日記 - ジャンル:日記

11月12日(火)に、PETの結果を伺った。

再発は、左肺ではなくて、右肺との事。

もともと、右肺にあった1つ(末梢部。どちらかと言えば、肋骨に近い所)に加え、新たに1つ(2つかも知れないが、少なくとも1つ)、転移巣が出現。

(なお、もともと、転移はしていたけれど、小さくてCTでは見えなかった物が大きくなって、CTで見えるようになる事を再発と言います。みんな、ご存知かとは思いますが。)

という事で、現在、右肺に転移巣(直腸癌が転移した物)は、2つある。

ただ、新たに見えるようになった転移巣の場所が悪く、手術出来ないとの事。

具体的には、右の肺門部で(中枢部。真ん中寄り)、右の気管支が2つに枝分かれしているところの間に、腫瘍はある。

近くに肺動脈と肺静脈も走っている。

という事で、抗癌剤となった。

メニューは、アバスチン+FOLFIRI(イリノテカン+5-FU+ロイコボリン)。

これを2週間に1度、行う。

量は、標準投与量の64%(8掛けの8掛け)で始める事になった。

11月19日が、初回投与日。

ポート(左の鎖骨下に入れているもの)の通りが良くないので、もしかすると、19日は、アバスチン+イリノテカンだけになるかも知れない、との事。

(5-FU+ロイコボリンを48時間掛けて入れる際にポートが必要との事。)

ポートが使えれば、21日の朝に、自分で針を抜いて終わり。

その次は、12月3日、その次は、12月17日との事。

===

今しばらく忙しい状態が続きます。

心苦しいのですが、コメント欄を閉じます。

FC2blog テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

少し忙しいので、コメントに対する返事が遅くなるか、と思います。

ご理解の程、よろしく、お願い致します。

FC2blog テーマ:お知らせ、その他。 - ジャンル:その他

【2013/11/05 17:09】 | その他
トラックバック(0) |
今朝は、7時前に起きて、散歩(計2.5km)、調べ物、買い物(鳥のささ身、すだち、アボガドを購入)、日光浴(午前11時45分~午後0時20分)と割と精力的に動いた。

買い物に行く時、自転車を漕いで行ったのだが、二十歳代の頃より元気な感じがした。

「癌の大きさと自分の元気さって、全く関係ないな。」と、ふと思った。

今回も、CTを撮らなければ、気付く事は無かっただろうし、一体、どうなっているのだろう。

FC2blog テーマ:日記 - ジャンル:日記

【2013/11/04 13:24】 | 日記
トラックバック(0) |


たんこ
体感ほど当てにならないものはないと思っています。まったく健康で元気いっぱいだった私でも4期でしたから。

食事はとにかく大事だと感じています。回復をお祈りしています。http://blogs.yahoo.co.jp/tankodebu4/32281565.html


のっぽ187
たんこさん

有難うございます。

管理人のみ閲覧できます
-



しろ
のっぽ187 先生


近いうちになんか 少し


のっぽ187
しろさん

有難うございます。

本当に、助かります。


しろ
のっぽ187 先生

たぶん? 明日 夕 に・・・
よろしく。


のっぽ187
しろさん

今日の午後2時半頃に届きました。

本当に有難うございます。

管理人のみ閲覧できます
-



しろ
のっぽ187 先生

たぶん? 明日 夕方 に・・・
よろしく。



のっぽ187
しろさん

いつも、本当に、有難うございます。

多分、今日の夕方、という事で承知しました。

コメントを閉じる▲
食べ物については、「多分、これではないか。」と思うものがあるので、それを外し、別なものを組み入れて行く事にした。

何を組み入れるかは、現在、検討中。

ちなみに、今晩は、卵、鶏のささみ、鶏のレバー、(チーズ)、すだち、アボガド、ほうれん草 and/or 小松菜、豆腐を予定している。

なお、卵は、インターネットで買っている。

FC2blog テーマ:健康で過ごすために - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2013/11/04 13:08】 | 食べ物、料理
トラックバック(0) |
2013年6月17日~10月21日(前回CTを撮った日から今回撮った日まで)で。

日には、よく当たっていた、と思う。

よく歩いていた、と思う。

年々精神的に安定して来ているように思う。

そう考えると、やはり食事か。

FC2blog テーマ:心と身体 - ジャンル:心と身体

【2013/11/03 14:46】 | 自分の体
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


こちらこそ、初めまして。
のっぽ187
匿名の方へ

コメント、そして、アドバイス、有難うございます。

人間の身体は、夜に作り変えられていると、どこかで読んだ事があるので、それなら、夜に食事を摂るのが、理にかなっているかな、と思っていました。

少し、考えて見ます。

あと、朝か昼に食事を摂ると、その後、仕事にならないので(頻繁にトイレに行きたくなる、これについては、5年前に大腸全摘術を選んだのが裏目に出たと言えますが)、夜1食としています。

えごま油の件、承知しました。

学生時代、不勉強だった事もあり、生理学については、ほんと、「分かっていないな。」と思います。

食材の事は、はっきり言って、素人以下だと思います。

自分で調べて、実践する、というスタイルなので、抜けているところは、沢山、ある、と思います。

今回のようなコメントは、大変、有難いです。

管理人のみ閲覧できます
-


コメントを閉じる▲