癌との共存を目指しています。
ヒトは、かつては、コンスタントに食事にありつけていた訳ではないので、食い溜めが出来るのではないか、と考えている。

1食で、本当に大丈夫なのかについては、断言は出来ないのだが(どうなるのかは、神のみぞ知る、だと思う)、ヒトが、かつて、狩猟採取をしていた事を考えると、「行けるのではないか。」と考えている。

肺に転移した物を胸腔鏡下で取ってもらう前に胃カメラを受けた。その時、「大きな胃だねえ。」と検査をしてくれた先生がつぶやいていた。

その事もあって、「行けるのではないか。」と考えている。

FC2blog テーマ:健康で過ごすために - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2013/09/27 17:14】 | 自分の体
トラックバック(0) |

涼しくなって
mimi
クーラーから解放されて、良い風にほっとしています。

外に出て、歩くようになりました。気持ちよいです。
一食でも、先生のメニューは豊かですね。
きのう、ほんとうに久しぶりに牛肉のステーキ食べました。先生の記事で美味しそうだったので。あまり久しぶりで、火を通しすぎてかなり固くなってしまいました。
つい調子に乗って、アイスクリームなど口にしてしまいました。あんなに好物だったのに、それが美味しくなかったのです。好みが変わってきたのでしょう。選んで食べる・・まだまだスタートラインです。
ところで、本日のグーグル15周年ゲーム・・・面白いです。私は、結構ゲーマーなので高得点です。



管理人のみ閲覧できます
-


各人のオーダーメイド
アグリ
こんにちは,のっぽ先生
 何かの本で江戸時代は1日2食だったと読んだ覚えが?

栄養学とか医学の学者さんは1日の活動エネルギーの必要カロリーを何らかのエビデンスに基づき数字化してるんですよね!

必要カロリーを1回と3回に分けて摂取してある期間例えば1週間or1ヶ月後の健康度をチェックした学者さんていないのかな?

自分はお米大好きっこなので先生の糖質minの生活習慣にいつもビックリと自分には出来ないと思ってます。

ガンになりガンが各人のオーダーメイドを知りました。
 糖質min食と同様に先生が食事も1日1食で充分と体感されるなら
先生個人にとって一番の食事法のような気がします




1日3食に至るまでの歴史
カノン
のっぽ先生

のっぽ先生の思考と実践を辿っていきますと、がん再発の予防と、大腸全摘出の後遺症の緩和との間の、ぎりぎりのバランスを取っていらっしゃることがわかります。

どちらか一つでしたら、またやり方が違ってくるのかもしれません。QOLを考えますと、日常生活において、結構大変な思いをされていることと思います。

1日1食に関する論文というものは、なかなか見つからないものですね。アンチエイジングでは、結構出てくるのですが。

そんな中で、一つ、1日1食から3食への推移が、簡単に記述されている記事を見つけました。
ただ、農林中金総合研究所が出しているレポートなので、農業に偏った内容なのですが、p13の「3食に至るまでの歴史」という箇所は、興味深く読みました。
もし、気が向かれましたら、お目通しください。

http://www.nochuri.co.jp/report/pdf/n0409re1.pdf




しろ
のっぽ187 先生

日本人は、農耕民族 ?
が、先か
アフリカ の 食肉 が? 先か

遺伝子は「 日本人には どう組み込まれ

メビウスの輪
タマゴが先か? 親が先か?+



しろ
のっぽ187 先生

何回も コメント すみません

便意が、ままならんが 日々・・
それ・・・ 感じ・・塩梅 感じが 一番 



otak2010
・娘とよくキャンプをします。

・キャンプすると、だいたいごはんは一食です。火を焚いているから、あるだけの食品をノロノロと焼いて食べてぐったりしてるわけです。

・文明以前もそんな感じだったと思います。時により食事をとらない日もあったでしょう。

(皆様の興味の多いテーマで、コメントが多いようですね。お忙しいでしょうし、ご回答は不要です。)




のっぽ187
otak2010さん

ノロノロ焼いて食べてぐったりしている、まさにそんな感じです、僕も。

文明以前は、僕も、そんな感じだったと思います。

獲物が見つからず、食べられない、という日も、多分、あっただろう、と思います。


のっぽ187
しろさん

いつ、僕らを形作る遺伝子が形成されたか、ですよね。

今の食生活、少なくとも、僕には、合っているみたいです。

涼しくなりましたね。
のっぽ187
mimiさん

食事の内容、褒めてくれて、大変、嬉しいです。

久しぶりに焼くと、そうなってしまいますよね。

最近は、甘い物を食べていないのですが、多分、僕が食べても、そんな感じではないかな、と思います。

mimiさんは、ゲーマーなんですね。

学生時代は、ある程度、した記憶があるのですが、仕事をし始めてからは、時間が取れなくなり、しなくなりました。

コメントを閉じる▲
食べても太らない! 「糖質ゼロ」の健康法 (新書y)食べても太らない! 「糖質ゼロ」の健康法 (新書y)
釜池 豊秋

洋泉社 2011-04-06
売り上げランキング : 7210

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

を読んだ。

9月23日から、1日1食、夕食のみとしている。

また、23日から、1回の食事で摂る糖質の量を5g以下にしている。(大体ですが。)

24日は、普通に仕事が出来た。

今日も、ここまで、普通に過ごせている。

これで行けそうな感じ。

昨日(24日)は、朝、ほうじ茶+塩、職場に着いて、緑茶+塩、昼も、緑茶+塩。

晩は、枝豆100g(豆そのものは50g位か)、牛肉レバー60g、目玉焼き1つ、牛肉肩ロース125g、牛肉肩切り落とし310g(大体)、牛肉はらみ150g、卵の殻1個分、ゴーダチーズ45g、春菊、三つ葉、大葉(紫蘇の葉)8枚。なお、牛肉と卵は、エゴマ油をひいて焼いた。

その後、すぐ寝て、朝、起きて、今に至る。

現時点(午後2時)で、空腹感は全く無い。

===

本について。理論面では、今のところ、98%位、同意している。

2%は、僕の理解力と知識が足りていないので、ついて行けないところがある。(インスリンのところ)

3-ヒドロキシ酪酸についての記載は、本当に勉強になった。

FC2blog テーマ:健康で過ごすために - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2013/09/25 14:41】 | 読んで良かった本
トラックバック(0) |


しろ
のっぽ187 先生

朝 昼 晩
自分は、こだわり なく 普通に 食べたいなぁ~

普通の ええ塩梅 の 法則は?だけど

普通に、食うは、 人類過去未来 夕食だけ?になる?



のっぽ187
しろさん

食事を摂ると、その後、頻繁にトイレに行く事になり、僕の場合、かなり活動が制限されます。

なので、1日1食を取り入れました。

どれ位が程々なのか、僕も時々考えるのですが。

自分のお腹の状態を第一に考えました。

過去、何食だったのかは、色々なところで書かれていますね。http://koujiebe.blog95.fc2.com/blog-entry-1158.html

将来は、どうなるのでしょうか。

個人的には、夕食だけには、ならないのではないか、と考えています。

コメントを閉じる▲
かつては、youtubeで、サッカー観戦。

最近は、それもしなくなり、大河ドラマのオープニングを聴いたり。(youtubeで)

大河ドラマそのものは、もう20年以上、視ていないが、曲そのものの出来は、大変、良い、と思う。

FC2blog テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

【2013/09/23 14:13】 | 音楽、動画
トラックバック(0) |
ブロッコリーを蒸した物(御弁当の残り)
晩柑の内皮(1個分、果実は両親が食べた)
枝豆50g
牛肉肩300gをエゴマ油で炒めた。
小松菜の葉2束分(フライパンに残った脂を、葉で拭き取った。)
モロヘイヤ葉30枚位
茄子と胡瓜の浅漬け

食後1時間位で、ほぼ消化された感じ。

牛肉と葉は、僕にとっては、消化が良いようだ。

FC2blog テーマ:健康で過ごすために - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2013/09/15 10:57】 | 食べ物、料理
トラックバック(0) |
9月5日で41歳になりました。(おめでとう、とコメントしてくれた方、有難うございます。)

自分の事を知っている人が、このブログを読んでいる可能性があるので、以前のように、思った事を書く、という事は少なくなるか、と思います。

自分の身体についての備忘録という立ち位置で、続けて行きたい、と思います。

FC2blog テーマ:ブログ - ジャンル:ブログ

【2013/09/15 09:42】 | 拙ブログの方針
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


コメントを閉じる▲
そらまめ君で、大阪府の微小粒子状物質(PM2.5)を見ると、今日は真っ赤。(午前10時現在)

天気は、いいのだが、寝巻きの洗濯は、せず。布団も干さず。

戸を閉めて、自室(和室6畳)のみエアコン(除湿)をかけている。

仕方ないですね。

FC2blog テーマ:日記 - ジャンル:日記

【2013/09/13 11:38】 | 日記
トラックバック(0) |

こんにちは
白ねこ
「そらまめ君」知りませんでした。
早速ブックマークしました。


のっぽ187 
白ねこさん

僕も、「そらまめ君」の存在を知ったのは、この半年です。

とは言え、最近は、ほぼ毎日チェックしています。

コメントを閉じる▲
低アルブミン血症と患者予後についてという論文を見つけた。

低アルブミン血症が良くない、というのは、仕事柄、感じていたのだが、3ページ目のグラフを見て、改めて、「そうか。」と思った。

FC2blog テーマ:健康で過ごすために - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2013/09/02 22:56】 | 自分の体
トラックバック(0) |

予後栄養指数
カノン
のっぽ先生

血中アルブミン値は、手術といった、いざという時に、思いの外、重要であることがわかりました。
のっぽ先生が紹介してくださった論文の中に記述してある、小野寺の予後栄養指数(PNI)が興味深かったので、検索してみました。

手術前に、栄養状態が良い事が、手術の成功に繋がったり、術後の順調な回復に効果があったりするであろうことは、特に研究を俟たなくても、自明の理のように思っていました。

でも、それを数値で表すと、PNI40以下は切除・吻合禁忌域になっていて、手術できるかどうかは、病気そのものだけではなく、栄養状態とも密接に関わっていることがわかります。

術後合併症発生の予測にも有用であることが、「小野寺らのprognostic nutritional indexの再評価―特に高齢者胃・大腸癌に対する手術患者での検討―」という論文でも報告されています(すみません。論文の貼り付け方がわかりません)。

日頃から、血中アルブミン値を上げる食生活を続けることで、栄養・免疫状態を良く保つことが大切なのですね。

さて、今年も、夏と秋の間を行ったり来たりしながら、徐々に秋が深まる繊細な季節が始まりました。
今年もお元気なのっぽ先生に、心からのお祝いを申し上げられることを、とっても嬉しく思います。

お誕生日、おめでとうございます。

栄養と予後
のっぽ187 
カノンさん

こんな論文を載せて読む人、いるのかな、と思っていたので、読んでくれて嬉しいです。

http://journal.jsgs.or.jp/pdf/037050472.pdf

黒枠の中だけ読みました。

高齢者の方が、栄養やリンパ球数については、緩くてもいい、という事ですね。

あと、fig.4 を見ると、若い人も高齢の人も、合併症を起こしていない群の方が、合併症を起こしている群より、PNIが高く見えるので、アルブミンは多い方がいい、リンパ球も多い方がいい、という事ですね。

Fig.5 を見ると、40以下は、切除、吻合禁忌域だ、というのも妥当だ、と思います。

===

分かり切った事を、論文で確認するのが、実は、結構、好きなのですが、「低アルブミン血症と患者予後について」は、自分の臨床経験に結構、合致するので、「そうなんだ。」と思いながら、ブログに載せました。

===

手術は、その人の身体にとって、侵襲となるので、ある程度の予備能が必要だ、という事ですよね。

予後との相関関係が明確なものというのは、意外と少ないと思うので、血中アルブミン濃度は、結構、大事だ、と思っています。

そうですね。

誕生日でしたね。

有難うございます。

40歳までは、ある程度、イメージがあったのですが、41から後は、あまりイメージがありませんでした。

一日一日が、いい一日であるように、と思っています。

おめでとうございます
白ねこ
お誕生日だったのですね。
お誕生日おめでとうございます。

漢方の先生が血液検査の結果をチェックする際に
アルブミン値が重要だと教えてくれましたが、のっぽ先生のブログをみて、そうか!と思いました。
食事ががらっと変わってびっくりしましたが、
自分の考えに徹底している所は変わりませんね。
いつも参考にさせて貰っています。


しろ
のっぽ 187 先生

同じ 月の 誕生日  でした。。。 汗


otak2010
のっぽ先生

読みました。僕は低アルブミン血症で手術の前にかなりの栄養食投与、輸液を受けました。執刀医はアルブミン濃度が上がらない限り手術はしないと宣言していました。

論文も参考になりましたし、最近の記事にも書きました。

大変に良い記事です。





のっぽ187 
otak2010さん

褒めてくれて、すごく嬉しいです。

開腹手術では、縫った所がうまくくっ付くか、というのが、結構、大事か、と思うので、執刀医の先生がそう言うのも無理ないかな、と思います。




のっぽ187 
しろさん

僕もそうですが、男性は、あまり誕生日に頓着しないですよね。

有難うございます。
のっぽ187 
白ねこさん

有難うございます。

役に立ったのであれば、これ以上の喜びは無いです。

若くして、こんな進行した状態で見つかっているので、何か原因があるのでは、と比較的早い時期から考えていました。

インスリンやインスリン様成長因子が、その原因なのか、どうかは分からないのですが、原因の一つかも、と思って、今の食事(糖質制限食)に切り替えました。

あと、http://noppo187.blog39.fc2.com/blog-entry-610.html
にも書きましたが、「親指はなぜ太いのか」は、自分の考え方に大きな影響を及ぼしました。(食事についての考え方です。)

この1年位、「自分で判断して失敗したのであれば、後悔は無い(少なくとも少ないだろう)が、人に言われた通りにして失敗したのであれば、悔いを残すだろう。」と思うようになりました。

なので、あまり一般的ではないようですが、自分が「こうかな。」と思う事をしています。

白ねこさんの参考になれば、幸いです。

栄養状態の大切さ
ちろ612
のっぽ先生

いつも参考にさせていただいています。
今回は論文も引用いただき、なるほど!と思いました。

私はステージ3のS状結腸がんの手術をした後、3年後腸閉塞を発症し、手術で閉塞解除をしました。その際、絶飲食しながら自然に解除するのを待つ期間が長かったためか、(なるべく手術回避したかったからですが)、手術時間が長く出血が多かったためか、低アルブミンで術後3日間くらい生きた心地がしなかったです。

結局、術中から術後も含めて、3パックのアルブミンを入れて、なんとか復活しました。

術前に点滴はしていましたが、やはり、血液の栄養状態は重要なんだと思いました。





蛋白質は大事。
のっぽ187
ちろ612さん

初めまして。

傷がくっつくのに、蛋白質は必要です。きっと、アルブミンも必要だ、と思います。

この論文、生存群と死亡群がクリアカットに現れていて、見つけた時、結構、驚きました。

===

>いつも参考にさせていただいています。

そう言って頂けると、すごく嬉しいです。

コメントを閉じる▲
2011年1月からは、長期入院(年単位で入院している患者さん)を診ている。

それが、負担が少ないだろう、という院長の配慮からだ。

この数か月、「どんな患者さんが、元気で、長生きするのだろう。」と思いながら、診ていた。(具体的には、80歳を超えて、元気な患者さん。)

①食い意地の張った患者さん。

②外へよく出る患者さん。これは、よく歩く、という事か。

これが将来、どう変わるかは、分からないが、2011年1月から2013年8月までの観察では、そうだった。

FC2blog テーマ:健康 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2013/09/01 23:33】 | 仕事
トラックバック(0) |


オリーブ
おはようございます、二回目の投稿です。一回目は数年前ですが…。私も色々あり久々にまた読ませていただいて、思わず同意したもので。
それは元気で長生きする人の①と②です。
特に①がよくわかります、私の人生での観察でもそう思います。
食べることぐらいですよね、最後まで続く楽しみがあるとしたら…。だからそれに執着するほど生きる意欲が増すのかな?なんて思います。
ちなみに私は若い頃から食べることにそんなに興味がある方ではないので、あれが食べたいこれが食べたいという欲もなく、なんか損している感じがしていましたが、ただ歳とってからは逆にそれを善い方に用いて、健康の為に食べ物を選んで食べることが容易にできているような気がしています。

食べ物に執着している場合それが健康を害することもあるでしょうけど、賢ければ、楽しみながら健康に良い物を食べる…という風になればそりゃぁ長生きできるでしょうね。。
なんせ、生きるということは喜びという良薬がないとダメですからね!


のっぽ187 
オリーブさん

お久しぶりです。

コメントを頂いた記憶、あります。

食べる事に執着する。それで、生きる意欲が増す、ですか。

そうですね。それは、あると思います。

生きるということは喜びという良薬がないとダメ。そうですよね。

喜んだり楽しんだりする事が、身体にいい影響を及ぼしている、その可能性も十分あると思います。

僕は、シンプルに低栄養(特に身体の中の蛋白質が足らなくなる事)が良くないのではないか、と考えていました。

こんばんは
tomoko
 のっぽ187様
こんばんは

 昨年まで同居していた夫の祖母がこんな人でした。若い子の食べ物を好み(ハンバーグやオムライスを作ってあげると喜んでくれました)近所や家族とのおしゃべりが大好き。
パワーのあるおばあちゃんです。

今は足が悪くて施設に入っているのですが、体も頭も元気な99歳です

何事にも前向きで、今でもみなぎるパワーを感じます。ちょっと見習ってみようと思います



こんばんは 
のっぽ187 
tomokoさん

絵に描いたような「元気なおばあちゃん」ですね。

また一つ、知識が増えました。

お教え頂き、有難うございます。

コメントを閉じる▲
昨日の朝から、便が固くて、出す時に、かなり痛かった。

今日、昼食を食べて、一休みした後、便を出そうとしたら、気を失いそうになる位、痛かった。

最後の排便から、1時間位、経つが、まだ、肛門部は熱を持った感じ。

他、特段、困る事はないのだが、便のコントロールには、5年経った今でも困っている。

元気で、仕事も出来ているので、所期の目的は果たしているのだが、痛かったり、トイレを出たり入ったりするのは、やはり辛い。

調子がいいと、忘れてしまうが、大きな手術を受け、便を溜めたり、発酵させたりという点では十分でない、という事を改めて思った。

===

大腸全摘術は、自然肛門になっても、術後5年で、こんな感じです。

あと、通常は、軟便ないし水様便なのですが、牛肉を食べると、僕の場合、便が固まるようです。食後すぐ横になって、トイレに行かないようにしているのも、便を固くしているのかも知れません。

FC2blog テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

【2013/09/01 18:37】 | 大腸全摘術
トラックバック(0) |

直腸欠損族より
アグリ
はじめまして のっぽ187様

2011年春に直腸ガンの手術を行い
直腸全摘,自己肛門で頻便後遺症と楽しく共存しています。

2011年の秋頃から御ブログを読ませてもらっています

大腸全摘術がどれほど大変なものか,S字結腸上半分ある自分には想像も出来ません。

 単純な質問なのですがのっぽ187様の場合は
小腸の終わりの回腸部と自己肛門を縫合されたのでしょうか・・・?


同じく頻便です。
のっぽ187 
アグリ様

初めまして。

僕は、回腸末端と肛門(もともと自分が持っていた肛門)を吻合してもらっています。

2011年秋頃から読んで頂いているのですね。

大変、嬉しいです。

時々「直腸だけ取ってもらったとしたら、どうだっただろうか。便の具合やお腹の具合は、どうだっただろうか。」と思う事があります。

ただ、こちらを選んだ以上、その状況下でベストを尽くそう、と日々思っています。


Whitekite
のっぽ先生、みなさま こんにちは。

私は直腸だけとってもらって、術後一瞬ストーマでしたが、自己肛門で4年半を迎えます。(今年12月で5年!)

毎日、マグラックス 2錠と、アローゼン(漢方系便秘薬)1包を寝る前に飲んでいます。これがないと、腸の動きがにぶくなって、お腹がガスでまんまるになって、排便困難になります。飲んでいても、仕事で忙しかったりなどすると、たちまちお腹がパンパンになります。
排便困難が続くと、下血することもありますが、排便困難でなくても突然下血になってしまったりもします。これも原因不明ですが、たぶん会社で椅子に長時間座っているからかと。。。検査結果は問題なしです。

そうかと思うと、突然1日に10回くらいトイレにいくほどお腹を壊したり。どうしてそうなるかはハッキリとは傾向がわかりません。大腸はそんなもの、と主治医に言われていましたが、まさにそんなものだったので、あまり気にしないで共に暮らしている感じです。




のっぽ187 
whitekiteさん

とても参考になりました。

あと3ヶ月で、5年なのですね。

自分の小腸も未だによく分からない事が多いです。

術前は、考えた事もなかったのですが、お腹がガスで真ん丸になるのは、特に仕事中、結構、辛いですよね。

逆に、排便が続くと、トイレットペーパーに血が付いたりするのですが、「本来、切るべきでないところを切って縫い合わせているのだから、仕方ないだろう。」と思って、そのままにしています。(この辺は、我ながら、いい加減だな、と思いますが。)

コメントを閉じる▲