癌との共存を目指しています。
菜種油で、野菜とお魚を素揚げしてもらい、食べた。(小麦粉を塗さずに揚げてもらった。)

茄子、玉ねぎ、ピーマンの素揚げが、特に、美味しかった。

人参は、2本、食べた。ほんのり甘くて、とても美味しかった。

(素揚げが)美味し過ぎて、少し食べ過ぎてしまった。

ただ、食事中に(晩御飯を食べている時、食べ終わってからしばらくは)、便意をもよおす事は無かった。

「菜種油とは相性がいいんだな。」と感じた。

FC2blog テーマ:日記 - ジャンル:日記

【2012/06/30 22:31】 | 日記
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


管理人のみ閲覧できます
-


管理人のみ閲覧できます
-


コメントを閉じる▲
今日は、仕事が休みだった。

午前11時18分から51分まで、33分間、日光浴。パンツ一枚になって、ベランダに出て、日に当たった。今年一番の日差しであるように感じた。

糖質制限食実践中。食塩無添加のカシューナッツが甘く感じられる。

落花生をよく食べている。とにかく、美味しい。

糖質制限食を実践していると(日によく当たっていると、かも知れないが)、この時刻(午前0時過ぎ)になっても、「あ~、眠た。」という感じにならない。

素敵な動画を見つけました。良かったら、どうぞ。

FC2blog テーマ:日記 - ジャンル:日記

【2012/06/30 00:21】 | 日記
トラックバック(0) |

ダンス ダンス ダンス
カノン
のっぽ先生、本当に素敵な動画を紹介してくださって、ありがとうございます。
マットさんは世界遺産の前で踊り、東京のメイド喫茶で踊り、韓国の非武装地帯でも楽しそうに踊っています。
あのダンス、単純そうに見えて、結構難しいです。自分でやってみて、そう思いました(笑)。

のっぽ先生は、6月も元気にお過ごしになられて、しみじみ良かったなあ、と思います。
私の方は、6月の最後の1週間で、従妹が舌がんの手術をしたこと、叔母ががんの告知を受けたことを、矢継ぎ早に知らされました。
従妹には、私の持っていた「がんに効く生活」を貸して、今日買った1冊を携えて、今週叔母に会いに行くつもりです。この本が、何かしら、ふたりの支えになってくれることを、祈るばかりです。

親戚の話を、お父様ががんに罹っている友達にしましたら、彼女から早速、活性水素水を勧められました。丁重にお断りしましたが、なんだかなあ、という気分です。

タゴールの詩“Stream of Life”(いのちの流れ)も、生命の讃歌として、心に沁みました。
高良とみ氏訳の詩の中で、「そして私の誇りは、いまこの瞬間に私の血のなかに踊っている」という文章が素敵だ、と思いました。

なんだか、しろさんに呼びかけていただいているようなのですが、しろさんの何かお役に立てることはありますでしょうか。


とにかく踊る。
のっぽ187
カノンさん

ダンスなんて、20年位した事がないので、僕も、すぐには出来ない、と思います。

韓国の非武装地帯で踊っているところが、僕にとっては、とても印象的でした。

個人的には、マドリッドとサヌア(イエメン)の映像が特に素敵だな、と思っています。

僕は、未だに、「がんに効く生活」をたびたび読み返すのですが、ほんと、良く書けた本だと思います。

何を食べたらいいのか(安西先生の米国統合医療ノートの内容と、概ね、齟齬が無い)、といった事から、どう生きるべきか、といった事まで、本当に良く書けている、と思います。

●●●

僕は、高校で理系を選択し、大学の6年間(入るのに一浪、医師国家試験に通るのに一浪しているので、計8年)、その後も、一応、科学に属する学問をベースとした仕事をしているので、30年以上にわたって(とりあえず、小学校1年生から数えています)、科学について考える機会がありました。

しかし、早い時期から、そういった機会がなくなるという人もいるのかも知れませんね。

●●●

タゴールの詩、実は、なかなか素敵ですよね。(というか、カノンさん、流石にちゃんとチェックが入っていますね。)

次の記事のしろさんのコメントは、僕も、カノンさんが何なのか、よく分からないです。

コメントを閉じる▲
胸部~骨盤CTは、再発の所見は、なく、異常は、なし。腫瘍マーカー(CEA,CA19-9)も、正常範囲内。

次回は、12月17日(月)で、午前中にCT、血液検査(血を採ってもらう)。午後から、診察を受ける予定。

FC2blog テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

【2012/06/18 16:08】 | 診察
トラックバック(0) |


kinkon1223
良好な検査結果、嬉しく思います。

今日はのっぽ先生の検査の日と記憶しておりました。
実は私と同じ検査日だったんです。

いよいよ半年の検査間隔ですね。

是非この調子で進んでください。

明菜さん、懐かしいですね。私は確か高校、大学時代でしょうか、結構聴いてました。



おめでとうございます!
Ruru
 検査、無事通過おめでとうございます。


 明菜ちゃんは懐かしい~。。。
私は当時、車で聴くためにカセットテープ版を買ってました・・・。
当時はレコードだったか、CDだったか、、もう思い出せません(汗、、)




のっぽ187
kinkon1223さん

お蔭様で、これ以上ない結果を得る事が出来ました。

kinkon1223さんの、今日の記事、今、読んだのですが、どうするべきか、難しいですね。少なくとも、(僕は、)即答出来ないです。

>明菜さん、懐かしいですね。私は確か高校、大学時代でしょうか、結構聴いてました。

僕は、当時、ローティーンだったので(そして、年齢の割りに子供だったので)、歌詞の意味を殆ど分かっていなかったです。(それは、大人になってから気付きました。)

有難うございます。 
のっぽ187
Ruruさん

有難うございます。

>当時はレコードだったか、CDだったか、、もう思い出せません(汗、、)

レコードだったと思います。(僕も記憶が不確かですが。)

当時、街には、「レコード屋さん」なるものがありましたね。

超然と歩いて行ってください
カノン
ただただ、ひたすら、よかったです。

もう、のっぽ先生の結果が良い事は、当たり前のように思えるのですが、決して当たり前の事ではないのですね。

皆様、真剣に治療に臨んでいらしても、その努力が報われる方も報われない方もいらっしゃいます。同じ方でも、報われる場合と報われない場合があります。そういった事を考えると、つくづく素晴らしい結果なのだ、と思えます。

将来、のっぽ先生のどういうところ(遺伝子も含めて)が、良い結果に結びついたのか、科学的に明らかになる日も来るかもしれませんが、今はただ、のっぽ先生がご自身の信じる道を、足取りも軽く清々しく歩いていかれる姿を、嬉しく拝見していきたい、と思います。

有難うございます。 
のっぽ187
カノンさん

有難うございます。

その時点で、ベストだ、と思う事をする、ただ、それだけを考えて、日々、養生に努めているのですが、ここまでは、とても良い結果が得られている、有難い、と思っています。

今の自分にとって、何がいいのかは、全然、分からないのですが(それこそ、神のみぞ知る、ですが)、「いい。」と思う事は、行き過ぎない程度に(ここが大事なのかも知れませんが)、やって行きたい、と考えています。

あれこれ、書きましたが、正直なところ、ほっとしています。

コメントを閉じる▲