癌との共存を目指しています。
現代語訳は、「徒然草(二)全訳注」(三木紀人著、講談社学術文庫)をベースにして、僕が自分の解釈を加え、訳しました。

徒然草、第七十四段 蟻のごとくに集まりて

蟻の如くに集まりて、東西に急ぎ、南北に走る。高きあり、賤しきあり。老いたるあり、若きあり。行く所あり、帰る家あり。夕に寝ねて、朝に起く。いとなむ所何事ぞや。生を貪り、利を求めて、止む時なし。

身を養ひて、何事をか待つ。期する処、ただ、老と死とにあり。その来る事速かにして、念々の間に止まらず。これを待つ間、何の楽しびかあらん。惑へる者は、これを恐れず。名利に溺れて、先途の近き事を顧みねばなり。愚かなる人は、また、これを悲しぶ。常住ならんことを思ひて、変化の理(ことわり)を知らねばなり。

(現代語訳)蟻の如く集まって、東西に急ぎ、南北に走る。身分の高い人もいる、低い人もいる。年を取った人もいる、若い人もいる。それぞれ、行く所と帰る家を持っている。日が暮れれば寝、朝になると起きる。このような生の営みは何事だろうか。長く生きられる事を願い、利益を求め、それらは留まるところを知らない。

身体を大事にして、何を待つというのか。待ち受けるのは、ただ、老いと死のみだ。その来る事は速やかで、一時も留まる事がない。これを待つ間、何の楽しみがあるのだろうか。惑える者は、これを恐れない。彼らは名誉や利益に溺れて、死が近い事をかえりみないからである。愚かな人は、これ(死が近い事)を悲しむ。この世にずっと居たいと思って(この世にずっと居られると思って、の方がしっくり来る)、変化の理(どんな生き物もこの世にずっと居ることは出来ないという事)を知らないからだ。(現代語訳終わり)

最近、徒然草を読んでいる(もちろん、現代語訳と併せて)。この段の最後の一文「常住ならんことを思ひて、変化の理を知らねばなり。」を読んで、はっとした。この世にずっと居たいと思って、もしくは居られると思って、だけど、自分は、いずれ居なくなる・・・そうなんだ、と改めて思った。

FC2blog テーマ:感想 - ジャンル:本・雑誌

【2011/10/31 20:28】 | 読書
トラックバック(0) |

はじめまして。
rena
はじめてコメントさせていただきます。

のっぽさんのお人柄が伝わってくるような文章がとても好きです。私の勤務先の病院にものっぽさんのようなDr.がいたらいいのになぁと思います。

徒然草ですが、高校生の時以来読んでいません。今読むと当時より学ぶことがたくさんあるのでしょうね。

確かに、自分はいずれ居なくなります。ただ死を待つのではなく毎日を淡々と、でも着実に生きていきたいです。
現実は仕事に追われストレスの溜まる日々ですが。いいストレス解消法を模索中です。


こちらこそ、初めまして。
のっぽ187
rena さん

こちらこそ、初めまして。

文章、ほめて頂けて、とても嬉しいです。

僕も職場では効率よく仕事をすることを第一に考えているので、ブログを書いている時と職場では、別な精神状態にあるのではないか、と思います。それでも、そう言って頂けると、とても嬉しいです。

高校生の頃、古文は、ちんぷんかんぷんでした。ただ、最近、現代語訳とあわせて読むと、はっとする箇所がところどころあって、「こんな内容だったんだ。」と思うことが結構あります。

この段を読んで、色んなことが頭をよぎりましたが、一つには、今の職場や以前、勤めていた職場の人のこと(経営する側の人のことや地位を得た人のこと)が頭をよぎりました。

>現実は仕事に追われストレスの溜まる日々ですが。

仕事を一所懸命することは、とても価値があることだ、と思います。ただ、徒然草を読んでいると、著者の吉田兼好は、「自分の時間は限られている。だから、自分を大事にした方がいいよ。」と言っているのではないか、と思います。(自分を大事にする、イコール、世をのがれる、という感覚には、ある程度、年を重ねないと、ならないかな、と思いますが。それに、僕らは、食べて行くために働かないといけないですし。)

灯火親しむべし
カノン
のっぽ先生は、「ひとりともしびのもとに」(第十三段)のご心境だったのですね。

ひとりともしびのもとに文を広げて、見ぬ世の人を友とするぞ、こよなう慰むわざなる。

今の時代は、楽しく場を盛り上げたり、(広く浅く)友達をたくさん作るといったコミュニケーション能力が、過大に評価されることが多いように感じます。
でも、兼好法師は、ひとりで深く考えることの価値を、いろいろな段で説いていますね。

のっぽ先生がご紹介くださいました第七十四段に続く、第七十五段「つれづれわぶる人は」にも、俗世を離れて心を安らかにすることの大切さが書かれています。

いまだまことの道を知らずとも、縁を離れて身を静かにし、事にあづからずして心を安くせんこそ、しばらく楽しぶとも言ひつべけれ。
(まだ仏の道を知らなくても、俗界の環境から脱して身を静かにし、世事に関係しないで心を安らかにすることこそ、まず楽しむともいうことができよう。)

『ただひとりある』、ここに兼好の理想があります。
俗事を離れて、心を安定させれば、その状態から、他にとらわれない自己本来の心に基づいた判断や行動や生き方が可能になってくる、ということだそうです。

今日は、依頼された相続税申告の提出期限で、やっと提出が終わりました。でも、土壇場で揉めて、「もっともらえる財産があったはずなのに、騙し討ちにあったみたい」(by 院長夫人)といった言葉まで聞かされて、最近凹んでいました。
そんな中で読んだ、第百四十段「身死して財残ることは」は、なんだか現状にドンピシャで、おもしろくて笑ってしまいました。

「われこそ得め。」など言ふものどもありて、跡に争ひたる、さま悪し。
(「(それは)当然私がもらうべきだ。」などという人々がいて、死後に争っているのは、みっともない。)

日常生活に必要な品以外はなにも持たないで暮らしたいものだ、という兼好法師の好む生き方は、徒然草を読む前にもかかわらず、のっぽ先生の身の処し方と合致していて、すごいなあ、と思います。

久々に、高校と時の古文の参考書を繙き、あちこち読むうちに、長い書き込みになってしまいました。
のっぽ先生は、なぜ急に徒然草を読んでみようと思われたのでしょうか。

そうですね、のっぽ先生に申し上げたいことと言いますと、「もうちょっと、俗世に戻っておいでよ。」でしょうか(笑)。

最近の自分
のっぽ187
カノンさん

最近、読んだ本の中では、「人生を〈半分〉降りる、哲学的生き方のすすめ」(中島義道著、筑摩書房)が当たりでした。この本には、徒然草からの引用が幾つかあり、それを読んで、「ああ、徒然草って、こんな事が書いてあったんだ。」と思いました。それで、徒然草(一)~(四)全訳注を買いました。(古本で、ですが。)

もともと、自分がいなくなった後には、何も残らないのが良い、という考えだったので、兼好法師の言っている事は、僕にとって、とてもしっくり来るものでした。

●●●

最近、僕は、自分がとても感情的である事に気付きました。ほぼ毎日、どちらかの親に対して腹を立てています。少なくとも、現行の生活では、一人でいる時間が、僕には必要です。(親と一緒にいるのは、食事の時だけで、それ以外の時は、一人で自宅にいるのですが。)

●●●  

ブログを書くに当たって、勤務先の事は、なかなか書きにくいですし(自分がどこの誰であるか知られる可能性は十分あると考えています)、意見が分かれるような事も書きにくいなあ、と考えています。(株式投資の事とか。)

ある事にとても詳しいので、それについて、ブログに記事を書いて、皆に知らせる、といった事も僕には出来ないですし、「気楽に書ける事が、なかなか、ないな。」というのが正直なところです。

あと、職場にいるか、自宅もしくは実家にいるか、といった生活をしているので、どこどこへ行った、といった記事も書けないです。(そういう生活を望んで、しているのですが。)

●●●

もともと、一つひとつの事を(一人で)じっくり考えるのが好きなので、こういったライフスタイルになりました。

●●●

自分のブログを読み返しますと、昨年は、10月下旬に、うつ的(depressive)になっています。日照時間が短くなる事で、気分に何らかの影響が出ているのかも知れません。

●●●

相続の話で、いつも思うのは、「もともと、自分のお金でないのだから、それに対して、腹を立てるのは、どうかなあ。」という事です。

そう考えると、親が子に残すべきものは、教育なのでしょう。個人的には、学歴や資格といった狭い範囲のものだけではなく、世間知を伝える事が出来れば理想的だと思うのですが。

管理人のみ閲覧できます
-


コメントを閉じる▲
ブログの更新が途絶えていました。僕は、変わりなく、暮らしています。

今日は、久しぶりにプロ野球を見た。justin tv というサイトで、クライマックスシリーズを観られたので、観た。

今年は、戦力的には劣るが、ヤクルトを応援している。

2010年5月に小川淳司氏が監督代行に就任し、好成績を残しているのを見て、応援するようになった。

小川氏の現役時代は、僕がよくプロ野球を観ていた頃なので、それなりに憶えているのだが、それでも、代打で出て来て凡退したシーンしか憶えていない。控えの外野手だった。

話が戻るが、ヤクルトの戦力から考えると、去年、今年の成績は驚異的だと思う。そして、それは、小川監督(今年から監督になった)の力量によるところが大きいと思う。

小川監督は、父親が保護司だった影響があるのかも知れない。選手が付いて来ている、と感じた。采配も的確で、現有戦力の下でベストを尽くしていると思った。特に、無闇にピッチャーを替えないのが素晴らしいと思った。

日本のプロ野球は、球団がどれだけお金を掛けるか、で概ね戦力が決まってしまう。なので、それ程、監督の優劣は、勝敗に影響しないと僕は考えているのだが(戦力のそろったチームなら、選手の足を引っ張らなければ、それで十分)、選手達の様子を見て、人を動かす事が、いかに素晴らしい事か、を改めて感じた。

最近、「これは価値がある。」と感じられるものが見当たらなかったので(むしろ、あらゆるものに価値がないのではないか、と感じていただけに)、今日は、新たな発見があった。

FC2blog テーマ:日記 - ジャンル:日記

【2011/10/30 22:54】 | 日記
トラックバック(0) |
最近、「あと2年しか時間がないとすれば、どうするか。」と自分に問い、行動を決める事がある。「これは、なかなか、いい方法だ。」と自分では思っている。

Steve Jobs 氏が、先日、亡くなられている。

Jobs 氏のスピーチ和訳

和訳の下の方から抜粋。

自分が間もなく死ぬことを覚えておくことは人生の重要な決断を助けてくれる私が知る限り最も重要な道具だ。なぜならほとんどすべてのこと、つまり、他の人からの期待や、あらゆる種類のプライド、恥や失敗に対するいろいろな恐れ、これらのことは死を前にしては消えてしまい、真に重要なことだけが残るからだ。いつかは死ぬということを覚えておくことは落とし穴を避けるための私が知る最善の方法である。何かを失うと考えてしまう落とし穴を。あなたはもう丸裸だ。自分の心のままに行動しない理由はない。(抜粋終わり)

「周りの人は、僕の事を、どう思っているのだろうか。」といった、本質的でない事は、「あと○年しか時間がないとすれば・・・。」と考えると、どこかへ飛んで行く。

●●●

以前も、拙ブログで、このスピーチについての記事を載せた。もともと、このスピーチは、スタンフォード大学の卒業式でされた物だが、20歳代の前半や半ばで、この内容を、心の底から、理解する事は難しいのではないか、と思う。少なくとも、僕なら軽く聞き流していただろう。

●●●

幸か不幸か、僕は、30歳代で、このスピーチの内容の一部を、実感するようになった。「自分に与えられている時間は限られているので・・・。」などと言うと、相手は、驚くかも知れないが、率直にそう思うし、口には出さないが、そういった基準で物を考えるようになった。

FC2blog テーマ:思うこと感じること - ジャンル:ライフ

【2011/10/16 01:51】 | 思ったこと
トラックバック(0) |


モリダク
昨夏 余命宣告された直後は 意識してやることの優先順位をつけていたように思いますが 今はダラダラですね。決して 状況が変わったわけではないのですが そのモチベーションを維持し続けることも 少々難しい(^_^;)
結局 元々の自分じゃん?てな感じになってしまって。。。

ここらで 気を引き締め直さねば(^^ゞ


のっぽ187
モリダクさん

悪い事じゃないと思うのですが、だれてしまいますよね。僕も、そうです。

ただ、新しい仕事は引き受けないようにしていますし、引き受けないようになりました。


管理人のみ閲覧できます
-


コメントを閉じる▲
大腸を全部、取ってからは、抗癌剤治療を受けていない時でも、便は、いつも水様である。そのためだと思うのが、便意が、ずっと続く。また、排便の回数が、1日に10回を超すと、肛門の所が痒くなる。

それでは困るので、寒天を食べると、便が泥状になる。その結果だと思うが、便意の持続も見られなくなる。排便の回数も減り(6~8回/日)、肛門部の痒みも治まる。

じゃあ、これで全てが解決したか、というと、そうではなくて、小腸内に(恐らく回腸の終わり方辺りに)水と便が溜まった状態が続くため、お腹の張った感じがずっと続く。

どちらも、余りよろしくないのだが、まだ後者がましかな、と思う。

お腹が張っている状態が続いているので(現在もそう)、余り間食を摂りたいと思わなくなった。それで、余り体重が増えないのだろう。(64kg位)

大腸は、水分の吸収と便の貯蔵を司る臓器だが、これを小腸で代用しようとすると、それなりに問題が生じるという事だ。

人の身体は、本当によく出来ている。

FC2blog テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

【2011/10/16 01:15】 | 自分の体
トラックバック(0) |
大湯ファームというサイトで、先ほど、林檎を10kg、注文した。僕と両親が食べる予定。

農薬を減らして、林檎を作っているというサイトを探し、その中から、良さそうな所を選び、頼む重量を選択する。疲れた。

同じ職場の方には、「段取りがいい。」と言われる事もあるが、本当は、段取りなんて、全然、良くなくて、少し調べたり、決断を下したりすると、すぐ疲れてしまう。

余り出来が良くない、と改めて思ったが、そんな事、言っても始まらないので、身の回りの事(自分が食べる物とか)について、また、コツコツと学んで行こうと思った。

FC2blog テーマ:食品・食べ物・食生活 - ジャンル:ライフ

【2011/10/09 23:09】 | 買い物
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


コツコツと学ぶ
カノン
のっぽ先生、身体に良い林檎選び、お疲れ様でした。
私は、『青森りんごの会』というところから、昨年9月から今年の3月まで、月替わりで色々な品種のりんごを送ってもらいました。でも今年は、自分の好みの品種を、選んで買ったほうがいいかなあ、と思っています。やってみないと、わからないことが、多いですね。

林檎といえばアップル、アップルといえばジョブズ氏。彼の訃報に接して、のっぽ先生にご紹介いただいたジョブズ氏のスタンフォード大での感動的なスピーチを、また読み直してみました。
ジョブズ氏は学生に、“Stay hungry.Stay foolish.”という言葉を、最後の結びとして贈っています。いろいろな訳があるようですが、私には「貪欲であれ。愚直であれ。」という訳が、しっくりきました。

「貪欲」の方は、縁がなさそうですが、のっぽ先生が書いていらっしゃるように、身の回りの知らないことを、コツコツ学んでいく姿勢が、「愚直」に生きることであるならば、私自身もそうやって生きていくしか術がない、と思っています。

かつては
のっぽ187
カノンさん

最近、今後の身の振りについて考えているのですが、「ブログに書く事でもないし・・・。」などと考えていたら、だいぶ長い事、ちゃんとした内容の記事が書けていませんでした。少し心苦しく思っています。

カノンさんも、林檎、送ってもらっていたのですね。

僕もかつては、hungry だったのですが(お金に対しても、hungry だったし、女性に対しても、hungry だった)、「食べて行けて、住む所があればいい。」と思うようになり、女性に対しても、「お腹が減ったので、何か食べたい。」みたいな感覚は無くなりました。

朝、起きて、実家に朝御飯を食べに行くのですが、その道すがらでも、「お腹が空いた。」と、最近は、あまり思わなくなり、「ほとほと、hungry という感覚からは、縁遠くなったな。」と感じています。

foolish は、「愚直」ですか。確かに、「愚か者になれ。」では、可笑しいですよね。

女性にアプローチする時は、ある程度、馬鹿にならないと、アプローチ出来ないと思うので、その点から、Stay foolish. かな、と思っていたのですが(起業も、Stay foolish. かな)、物事一般に当てはめて考えてみると、「愚直」がいいかな、と僕も思います。


aki
ネットだと色々選べますが、結構時間かかったりして、便利だけど疲れちゃうことありますね。
でも美味しそう。

ジョブズさんのお話が出てたので。
トイ・ストーリーなどでお馴染みピクサー社を買収し、多くのヒット作品が生みました。
ピクサー社のロゴにある卓上電気スタンド、大好きな作品です。(約2分)お暇な時にどうぞ。

http://www.youtube.com/watch?v=_joADCAFxEk&feature=related




のっぽ187
aki さん

幾つかの物を比較して選ぶというのは、結構、労力を要しますね。

もっと、ぱっぱと選べると、いいんでしょうけど、こればかりは、なかなか、そうは、ならないですね。

コメントを閉じる▲