癌との共存を目指しています。
昨夜、なんば駅の近くで、同業者と会い、一緒に夕食を摂った。それは、それで良かったのだが、大阪市営地下鉄に乗った際、気になったことを一つ。

「この人、痴漢!」と言われたら、のカスタマーレビューより

「日本の裁判所は、有罪か無罪かを決めるところではなく、罪の量刑を決める所です」と言われています。(河岸宏和さんのレビューより抜粋)

→なるほど、そう考えると、分かりやすい。もはや、日本の司法は、機能していないのだろう。また、そう考えておくと、何かあった時、失望しないで済む。

痴漢に間違われたら。。。 女性とはそのままホームで話し合い、けっして駅事務室へ行ってはいけない。 駅事務室へ行くことは、すなわち「逮捕された」ことを意味する。 名刺交換などで正々堂々と振舞い、立ち去るのが良い。 (hjfyx771さんのレビューより抜粋)

→僕は、名刺を持ち歩いていないのだが、持っておいた方がいいかな。

改めて、僕もいつ「犯罪者」にされてもおかしくないんだ、と思った。

買い物は、インターネットで済ますなど、電車に乗る機会を少なくする一方、万一「犯罪者」にされても悲観しないようにしよう、と思った。

中国で「犯罪者」とされている人が必ずしも犯罪者でないように、日本で「犯罪者」とされた人も、かなりの率で、そうでない人がいるのだろう。

少し活動範囲が狭くなるが(僕は車を持っていない)、法治国家でない以上、それなりの対応が必要ということだろう。

FC2blog テーマ:政治・時事問題 - ジャンル:政治・経済

【2011/03/27 22:39】 | 司法について
トラックバック(0) |


aki
痴漢冤罪のデッチ上げ組織は「目撃者」「取り押さえ」「被害女性」と役割分担。警察に突き出されたら有罪確実。
・・・ということを書かれてたフリーのジャーナリストの方があったそうです。(聞いた話です)


のっぽ187
akiさん

都市部に住む男性には、結構、切実な問題です。

僕に出来る事は、混んだ電車は、なるべく避けることと、外で余り飲み過ぎないようにする位ですね。

コメントを閉じる▲
新ベンチャー革命、第3段落を抜粋。

3号機にMOX燃料を使用する問題は2000年代初頭から議論されており、2002年、福島県民の安全性を危惧した当時の佐藤栄佐久・福島県知事は国・東電に反対意思表示していたようです(注1)。その後、説得されて、2003年、しぶしぶ容認させられています。ちなみに、同知事は2006年、悪名高い東京地検特捜部に微罪で国策逮捕されて失脚しています(注2)。小沢氏同様に、佐藤氏は悪徳ペンタゴン官僚から失脚工作のターゲットとされたことがもうミエミエです。(抜粋終わり)

福島県民の安全性を危惧した、すなわち、「MOX(Mixed OXide、混合酸化物)燃料を使うのは、放射性物質が漏れた場合、大丈夫か。」ということを考えたということだろう。

そして、佐藤栄佐久知事が微罪で逮捕され失脚している、ということは、

①佐藤氏の言い分は、正しい可能性が高い。(間違っていたら、微罪で逮捕されず、正攻法で攻められるだろう。)
②佐藤氏の言い分は、政府にとって不都合だった。(好都合なら、逮捕しないだろう。)

そう考えると、MOX燃料を使う事は、周囲に住む人達にとって、危険であるが、政府にとっては、大きなメリットがあるということだろう。

僕は、新ベンチャー革命の上記記事を読んで、3号機から漏れ出た放射性物質が鍵であると思った。

FC2blog テーマ:健康で元気に暮らすために - ジャンル:心と身体

【2011/03/20 23:14】 | 思ったこと
トラックバック(0) |

ウィキリークスかく語りき
カノン
とても興味深い記事を、ご紹介くださって、ありがとうございます。
記事を拝見した後、今まででしたら読み飛ばしていたであろう、小さな新聞記事に、目を止めるようになりました。

次の2つの記事は、3月23日と29日の毎日新聞で、読んだものです。

22日発行の仏紙ルモンドは、内部告発サイト「ウィキリークス」が入手した米外交公電をもとに、在日アメリカ大使館の外交官が、2006年の時点で、日本の原発について、コスト削減を優先し、安全性をおろそかにしているのではないか、また、日本政府が原発の安全性に関してルーズなのではないか、という疑念を抱いていた、と報じています。

2006年といえば、佐藤前知事が逮捕された年ですね。
その佐藤栄佐久前知事は、29日付フランス紙ルモンドのインタビューに応じ、「(今回の事故で)恐れていたことが現実になってしまった」とし、「日本は民主国家だが、浸透していない分野がある。正体不明の利益に応じて、数々の決定がなされている」と原子力行政の不透明性を暴露した、とのことです。

国と東電の利害関係に翻弄されたであろう、当時の現役知事の認識が、もっと重く受け止められるべきであった、と思うと同時に、佐藤前知事の自分自身の危機管理の甘さも露呈した結果かと思います。
前原氏の辞任の時も感じましたが、ある権力を持った人間が、より大きな権力組織に、自分の考えを主張し、押し通そうとする場合は、身辺を徹底的にクリーンにしておく事が求められる、ということではないでしょうか。

すみません。本筋と離れてしまいましたが、そう思いました。

日本が、どういう国なのか、を垣間見る。
のっぽ187
カノンさん

コメント、有難うございます。

>2006年の時点で、日本の原発について、コスト削減を優先し、安全性をおろそかにしているのではないか、また、日本政府が原発の安全性に関してルーズなのではないか

今回の事故が起こるまで、このことを僕は知らなかったのですが、日本の原発について、コスト削減を優先し、安全性を疎かにしていたことは明らかだと思います。

>日本は民主国家だが、浸透していない分野がある。正体不明の利益に応じて、数々の決定がなされている

これも、そうだと思います。

この点に関しても、僕は、これまで、あまり知識が無かったのですが、今回の事故を契機に、ある特定の人達にとってのみ利益となることが、次々となされていた、ということを知りました。

少し話が飛ぶのですが、日本の検察は、自分達が「この人を黒にしよう。」と考えたら、誰でも黒にするし、出来るんだ、と思います。

古くは、田中角栄氏、新しいところでは、小沢一郎氏が、そうだ、と思います。佐藤栄佐久元知事も、そうだ、と思います。

余談ですが、次の記事である「思ったこと、メモ」を書いた背景には、こういった僕の司法や検察に対する不信があります。

コメントを閉じる▲
あまりに色々な事があり過ぎて(地震、原発)、頭が付いて行かないです。

なお、僕自身は、変わりなく、「がんに効く生活」をし、仕事に行っています。

夕食を摂り、用を足した後、体重を量ったら、67.5kgでした。0.5kg、増えました。

FC2blog テーマ:つぶやき - ジャンル:日記

【2011/03/18 21:42】 | 日記
トラックバック(0) |

生きる力
カノン
なかなか、コメントを書き込ませていただく余裕のない日々を送っておりますが、この1ヶ月、のっぽ先生が、元気に過ごしていらっしゃるご様子を記事で拝見して、嬉しく安心していました。

特に今、のっぽ先生に課せられた最大の任務は、変わらずに元気でいてくださることだ、と思います。
思えば、がん患者の皆さまは、告知という激震に遭い、それから生きる力を振り絞って、立ち直ってこられたのだ、と思います。壊滅的な被害を被られた被災地の方々も、どうか生きる力をかき集めて、生き抜いてくださいますように、と祈るばかりです。

3月11日、私の住む街は、震度5から6の地震に見舞われました。車で税務署に行った帰り、ボーッと信号待ちをしている時に、揺れ始めました。
最初は、めまいか車の故障かと思ったのですが、その内、車がひっくり返りそうに揺れ、歩行者がガードレールに摑まって身体を支えている姿を見て、大きな地震とわかりました。

関東地方は、5つのグループに分けられ、連日、計画停電が実施されています。今日は暖かい一日なので、電力需要が少ないと見込まれ、実施されない見通しですが、最高気温が10度に届かない日など、午前と午後、3時間ずつの停電(順番によって1日1回の日と2回の日があります)は、仕事においても日常生活においても、日頃ヤワに暮らしてきた私には、かなりこたえました。

これからますます、不便なことが増えていくことと思いますが、そのことで不平不満を言わない人間でありたい、被災地の方々に何ができるか考え行動する人間でいたい、頼むからそういう自分であってくれ、と半ば祈る思いです。

関西地方も兵庫県を中心に、数万人規模で、被災者の方々の受入れ準備をしているそうです。
のっぽ先生のもとにも、心に傷を負った方々が、受診に訪れるかもしれません。
どうぞ、よろしくお願い致します。

ご無事で何よりです。
のっぽ187
カノンさん

車を運転している時に、揺れたのですね。ご無事で何よりです。(文面から、そう察しました。)

関東地方にまで、影響が及んだ(計画停電)のは、僕にとっても、驚きでした。

現在は、長期入院している患者さんだけを診ているのですが(院長の配慮で、そういった患者さんだけ振り分けてもらいました)、今後また外来も担当するようになるかも知れないです。

色んな事があり過ぎて、頭が付いて行っていない今日この頃ですが、今のところは、一つひとつ、するべき事をこなして行くだけだ、と考えています。

カノンさんも、ご自愛下さい。

コメントを閉じる▲
http://twitter.com/fukanjuより

放射線科医より。被曝する総線量が同じと仮定するならば、ゆっくり被曝するほうが短時間で被曝するよりも被害は少ない。放射線による細胞の損傷は、DNA分子の損傷であり、人体にはその損傷を修復する機構が備わっている。ゆっくりの被曝のほうが、その機構が働く余地が大きいぶん、細胞死は減る。 (抜粋終わり)

そうか。すごく勉強になった。

FC2blog テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

【2011/03/12 22:16】 | メモ
トラックバック(0) |


キノシタ
更にいえば、同じ被ばく線量でも体外被曝(放射線による)と体内被曝(放射性物質による)でも違います。

一般の方は、放射線と放射能(放射性物質)を混同して、同じように受け取っていますが、体内被曝は長期に続きますから、影響が深刻です。


のっぽ187
キノシタさん

体外被曝と体内被曝が別のものであるとは知っていたのですが、どちらがどう、ということは、僕も知らなかったです。

お教え頂き、有難うございます。

体内被曝
otak2010
のっぽ187さん、キノシタさん

お世話になりますです。

僕は国内でも濃度最大級をうたう某放射能泉に行くつもりで、それが地震でキャンセルになってしまいました。

きっと、肺からたっぷり体内被曝しそうで、やっぱりやめてよかったかもしれません(宿はたっぷり吸うことをおすすめのようでした)。

またお世話になりますです。


ニュースでは
aki
放射線の話ばかり引き合いに出して「問題ない」と言いますが、放射性物質の話はしないんですよね。
パニックにならないようにかもですが、わかりにくくわかりにくくしているような意図を感じます。

コメントの下のURLの所にちょっといいニュースを入れましたが、まだ言うの~とちょっと笑ってしまいました。

少し学びました。
のっぽ187
otak2010さん

今回の地震は、地震そのものの規模も然ることながら、原発の問題が非常に大きいですよね。

これまで、放射性物質について深く考えずに過ごして来たのですが、今回の出来事で少し学びました。

本質に触れない。
のっぽ187
akiさん

僕は、テレビを見ないので、どんなことを言っているのか知らないのですが、そんなことを言っているのですね。

この数年、スポーツの中継以外、テレビを殆ど見ていないので、最近の事は知らないのですが、テレビの番組は、本質に触れないですよね。

コメントの下のURL、クリックして読みました。

人の考えは、なかなか変わらない、ということですね。


コメントを閉じる▲
昨日の地震は、大変な事になっているようだ。被害が少しでも小さいことを祈ります。

膵臓がんサバイバーへの挑戦、やはりイレッサは「薬害」だ、を読んだ。

下から2つ目の段落より抜粋。

しかし、判決の要旨では「医療現場においてこれを使用することが想定される平均的な医師等が理解することができる程度に提供(指示・警告)しなければならない。」と述べています。(抜粋終わり)

この「平均的な・・・」を読むと、自分がする医療行為は、平均的でないといけないのだな、と痛感する。平均的でない医療行為を行った場合、うまく行くと、「有難うございます。」「良かったですね。」という会話がなされるが、上手く行かなかった場合、「なんで、そんなことをしたんや。」「・・・。」となってしまう。

ちなみに、自分が患者の場合は、「上手く行くといいけど、行かない場合は・・・。」みたいな選択肢を選びたいと思うこともあると思う。

ただ、医療を施す側は、平均的な治療をしたいと考えるだろうから(失敗して、訴訟になった場合、その方が安全と考えるだろうから)、患者サイドは、「○○して欲しい。」「○○を希望する。」と言わないといけない。

やはりイレッサは「薬害」だ、の趣旨とは、全然、違うところだが、一医師として、それが一番、気になった。

FC2blog テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

【2011/03/12 20:14】 | 仕事
トラックバック(0) |
来年度の予算は、厳しいようで、かなりの歳出の削減がなされるようだ。出処は、こちら

僕は、増税には反対なのだが、政府や官僚は、あの手この手を使って、増税キャンペーンを繰り広げるだろうと思われる。なお、僕が増税に反対する理由は、「集めた税金を、ちゃんとした用途で使ってくれるかどうか分からないから。」である。

ただ、僕自身としては、打つべき手は打っているつもりだ(車を手放す、携帯電話を解約する、復職する)。

あとは、無理しないようにする位だろう。心と体に対する配慮は、どんな局面においても、最善手であると僕は考えている。

FC2blog テーマ:つぶやき - ジャンル:日記

【2011/03/09 19:23】 | 政治経済地理
トラックバック(0) |

多分、消費税を上げるのでしょうね
otak2010
お世話になっています。

おっしゃるとおり、僕もこのままの調子だと消費税増税の方向だと思います。

消費税を上げるからには生活必需品の非課税とか、課税最低年収の引き上げが必要なはずですがそうはしないでしょう。これでは現状の生活に不安がないはずの人でも、将来何かあったらどうしよう、と不安に駆られてしまいます。

北欧みたいに何かあったら政府にお世話になれる安心感があれば税が高くてもいいかもしれません。でも、日本はそうならないでしょう。なので、僕も増税には反対です。

>心と体に対する配慮は、どんな局面においても、最善手であると僕は考えている。

おっしゃる通りです。


「偽者」
のっぽ187
otak2010さん

こんばんは。

>消費税を上げるからには生活必需品の非課税とか、

これは、本来、絶対するべきだと思います。これをすると言わない時点で信用がおけません。

>課税最低年収の引き上げが必要なはずですが

これも本来なら、絶対するべきだと思います。これをしないのは、政治の本来の目的であると思われる、富の再配分を放棄していると、僕は考えます。

「消費税は公平な税だ。」という意見は、僕も分かるのですが、それなら、生活必需品を非課税にするとか、負の所得税を導入するべきだと思います。

それをしない時点で、「偽者」だと、僕は思っています。

コメントを閉じる▲
2月中旬以降、電動でない、普通の自転車で、勤務先の病院までの5.5kmを往復している。最近は、体が慣れて来て、自然な感じで行き来出来るようになった。有難い。

排便、排尿に関しては、ダメージが残っているが、それ以外は、全く普通に戻っている。

受けた手術の規模、もともとの癌の拡がり具合から考えると、ほんと、よく元に戻ったな、と思う。まあ、体の調子がいいことと、体内に癌細胞が残っているかどうかは、別の問題だが。

とにかく、共存して行こうと思う。

FC2blog テーマ:つぶやき - ジャンル:日記

【2011/03/08 22:05】 | 自分の体
トラックバック(0) |


のらくろ0521
私もダイエット目的で少し前から自転車通勤を始めてみました。
最近は段々と体が慣れてきて、心地よさを感じるようになってきました。
春が少しづつ近づいてきていますね。


のっぽ187
のらくろ0521さん

お久しぶりです。

自転車通勤、気持ちいいですよね。

日差しは、春の日差しになって来ましたね。

コメントを閉じる▲
毎日が本番、3月6日の記事は、僕の関心事でもある。

①バナナ・・・2009年後半から2010年4月までは、勤務先の病院で、午後4時代に、よくバナナを1本、買って食べていた。これは、美味しいが、40分か50分位しか、パワーが持たない。なお、毎日が本番の上記記事でも書いてあるが、2本は、僕も多い気がする。2本ずつ食べていたら、半月もすれば、飽きてしまうだろう。

②カカオを沢山、含んでいるチョコレート・・・今日、3ヶ月検診で、歯科に行ったら、虫歯を指摘された。もしかすると、チョコレートが原因かも知れない。77%や85%、カカオを含有しているものを食べていたのだが、それでも良くなかったようだ。(頂けたことは、とても有難く思っています!)

残念ながら、チョコレートも駄目だ。なお、チョコレートを食べながら、インターネットをするのは、とても楽しいのだが、食べた後に診療をするのは少し苦しい印象を持っている。パワーが足りない気がする。

③みかん・・・先週の土曜日に、事務の方から、みかんを1つ頂き、それを午後7時に食べた。これは、とても美味しかった。みかんを食べた後、勤務先の病院を後にし、自転車(電動でない、普通の自転車)で家路に着いた。この時は、家まで何とか持った。一応、みかんは、候補として残っている。

④いちご・・・職場では食べたことはない。自宅で食べる分には、「まあ、それなり。」という印象だ。

⑤緑茶・・・これは、20分か30分位なら、持たせてくれる。簡単な書類を書いたりする時には、よく緑茶で間を持たせる。1時間以上、経つと、完全に効果が切れてしまう。

現時点では、お昼御飯に、腹持ちの良い玄米御飯をしっかり食べておき、お腹が減ったら、緑茶+みかん or バナナで、しのぐというのが現実的か。

FC2blog テーマ:健康で元気に暮らすために - ジャンル:心と身体

【2011/03/07 23:29】 | 自分の体
トラックバック(0) |

りんごも効きます
whitekite
のっぽ先生、こんにちは!

私のブログ記事をご紹介いただいてありがとうございます。
バナナ2本はやっぱり多いですよね!

いちごはよくお弁当のデザートにしますが、おなかにたまるものではないかな、という感じです。

りんごは結構おなかにたまりつつ、脳に効いているようなので、機会があればお試しください。
豆乳も一緒に飲んだら、私の場合はちょっともてあましました。

忙しすぎると、味も何も考えず、ばくばく食べてしまい、とかく菓子パンとかナッツ入りミルクチョコとか、即効性あるものに頼りがちだったので、いろいろ自分の身体に聞きながら試してみることをはじめてみました。


りんごですか。
のっぽ187
whitekiteさん、こんばんは。

りんごですか。

了解です。

とは言え、ナイフを持って行かないと、いけないですね。

豆乳は、下痢が酷くなるので、この数ヶ月は、飲んでいないです。大腸がないのが原因かな、と考えています。

思えば、りんごは、家で一回、食べると、結構、持ちますね。

また、いいものがあれば、教えて下さい。

コメントを閉じる▲
2月1日から3日か4日まで、風邪を引いていた。ただ、一つ収穫だったのが、風邪をこじらせなかったことである。今回も、これまでと同様、風邪薬や解熱剤は全く服用しなかった。他のファクターは同じだが、何かいいところがあったので、風邪が短い期間で治ったのではないか、と思う。

思い当たるのは、日光浴すなわちビタミンD。ビタミンDが体内に多くあったので、速やかに治ったのではないか、ということだ。

この仮説が正しいかどうかは、将来、比較試験などで確認されるだろう。

FC2blog テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

【2011/03/07 00:33】 | 自分の体
トラックバック(0) |


yuma
のっぽ先生こんにちは。
風邪が悪化しなくて良かったですね。
春の足音が聴こえてきたかと思ったら また真冬に逆戻りしたり この時期は体調を崩しやすいですよね。
私は先日 能勢温泉の裏手の山を散策してきました。
今年は新たに花粉症を発症する危険が高いと聞いたので 黄色い実をたっぷり付けている杉の木を見ると 思わず息を止めたくなりましたが やっぱり山歩きは気持ち良いです♪

私は三日坊主な生活で 食事の管理ものっぽ先生のようにきちんと続けられません。
続けなければ!と思うとストレスになるので「出来るだけ」実行するようにしています(笑)

炭水化物を減らすと 私もフラフラして体に力が入りません。
低血糖状態になるのかな?
私の場合肉やケーキは要らないけど 炭水化物は外せません。


のっぽ187
yumaさん

>炭水化物を減らすと 私もフラフラして体に力が入りません。低血糖状態になるのかな?

低血糖になるんだと思います。

「がんに効く生活」p111に次のような記載があります。

つまり、欧米人の体は、祖先が狩猟や採集によって手に入れていた食物によって得ていたのと同じような栄養を求めているのだ。当時の食事は、山菜・木の実・果実を中心に、野生動物の肉や卵はときどき食べる程度だった。そのような食事をしていれば、必須脂肪酸(オメガ6とオメガ3)のバランスは完璧だろう。砂糖や小麦のようなものを食することはほとんどなかったという(当時の人々が手に入れることができた糖分はハチミツだけで、穀物は食べなかった)。(抜粋終わり)

この記載を読むと、「穀物を摂らない生活は出来るはず。少なくとも、一食位、減らしても問題ないはず。」と思うのですが、僕も、炭水化物をある程度の量、摂らないと頭が働かないです。

>やっぱり山歩きは気持ち良いです♪

山歩きは、気持ちいいですね。

歩くと、気持ちの良い季節になりましたね。

コメントを閉じる▲
前の記事を書いた後、「やはり、食べよう。」と思い、実家に行った。

冷凍庫で凍らせていた全粒粉のパンを5切れ、解凍して、食べた。

とても美味しかった。

食事の際は、ちゃんと炭水化物をある程度の量、摂ろう、そして、摂った分は、身体を動かすことでカバーしようと思った。

FC2blog テーマ:健康で元気に暮らすために - ジャンル:心と身体

【2011/03/04 23:21】 | 自分の体
トラックバック(0) |

自分のバランス
whitekite
のっぽ先生、こんにちは。

私の場合は、炭水化物が足りないと、脳が働かないどころか、目が回ったり、道を間違えたり、いろんなことを忘れてしまったり、手の先がしびれてきたりすることさえあります。
昔からそうだったので、体質的なものもあるのだと思いますが、油や脂や肉や、ニンニクなどの強い(?)食べ物を多めに食べると、おなか(胃だけでなくて腸も)くたびれた感じになったり、おなかをこわしたりよくしていました。炭水化物を食べていないと、たんぱく質の消化もうまくいかないような感じも自分では感じます。

以前は糖分を取る量もだいぶ多く、最近は減らそうとしていますが、全くナシにすると、まだ体調が逆に保てない時もあるので、できる範囲で減らしたり、血糖値を急激にあげないと言われているものに変えたり、ちょとずつ、ちょっとずつ、自分の身体に聞きながらマイベストを模索しています。
こういうのって、どうなんでしょうね?本当は、癌細胞もちょっと喜んだりしちゃっているかもしれないのですが、以前の生活よりかは絶対よいと思うし、心の平穏と運動とあわせて、バランスよく暮らせれば、今のところいいかな、って思っています。

血糖と神経細胞
のっぽ187
whitekiteさん

こんばんは。

>昔からそうだったので、体質的なものもあるのだと思いますが

僕も、同じような体質(脳の神経細胞の性質か?)です。とにかく、食べないと、身体が持たない感じです。少なくとも、仕事にならないです。

同業者(医者)の中には、そうでない人もいて、自分の神経細胞は、いまいちだな、と思うことがあります。

例えば、午後2時を過ぎても、いらいらすることなく、外来診療が出来る人というのは、神経細胞の出来が良いのかな(ブドウ糖だけでなく、ケトン体をエネルギー源として使うことが出来るとか)、などと(大して調べもせずに)勝手に考えています。

>血糖値を急激にあげないと言われているものに変えたり、

多分、これが答えだと、僕も思います。

自分の祖先は、それなりに生き延びて来た訳なので、「頭が働かない程の、空腹」が答えであるとは考えにくいですよね。

それこそ、癌が大きくなることはなくても、不注意で蛇にでも咬まれてしまいそうですから。

「血糖の急激な上昇が良くない。」とすれば、「玄米や全粒粉の小麦を摂る。」で良いのでしょうし、「血糖が低過ぎても良くない。」のであれば、ある程度の炭水化物の摂取は必要ということなのでしょうね。

コメントを閉じる▲
今日の晩御飯は、蒸したさつまいもを7切れ、椎茸を4つ(半分に切ったものが8切れ)、玉ねぎを半個、それに、昆布とぶりの入った澄まし汁2杯、玄米の御飯を半膳、炊いたかぼちゃを3切れ、ハマチをオリーブオイルを引いて焼いたものを3切れ、海老を5匹、きゅうりとハマチの酢の物を一皿、大豆を6つ、それに緑茶2杯と、グリセミックインデックスが低そうなものを、結構、沢山、食べたと思う。

しかし、実家を後にし、500m程、歩き、自宅に着くと、既にお腹が空いて来た。仕方がないので、カカオ86%のチョコレートを40g、みかんを2つ食べ、ほうじ茶を1杯、飲んだ。空腹感は少しましになったが、依然、脳に力が入らない感じである。

「がんに効く生活」(ダヴィド・S・シュレベール著)p151から抜粋。

私は一日の終わりに、その日いちばんうれしかったことを日記に書き留めている。だいたいがとても単純なことだ。そしてしばしば、野菜と豆と果物(と少々の混合穀物のパン)しか食べなかった喜びを無意識に書き留めている自分に気づく。(抜粋終わり)

この文章に倣って、「行けるかな。」と思った時は、玄米や全粒粉のパンを食べる量を減らすのだが、大体は失敗に終わる。

脳は、ブドウ糖しかエネルギー源として用いることが出来ないと学生時代、習った記憶があるのだが、やはり、ある程度、炭水化物を摂らないと、脳は十分、働かないのかも知れない。

急速に血糖値が上がると、インスリンやIGFs(insulin-like growth factors、インスリン様成長因子)が沢山、分泌されるので、良くない、かと言って、炭水化物の摂る量が少ないと、頭が働かない。う~ん、難しいところだ。

FC2blog テーマ:健康で元気に暮らすために - ジャンル:心と身体

【2011/03/04 22:16】 | 自分の体
トラックバック(0) |
僕は、高校1年生の頃から、かなり酷い花粉症で、現在も、そうである。色んな薬を試した結果、そして、自分で調べた結果、点鼻薬のみで行くという結論にたどり着いた。

点鼻薬の一般名は、ベクロメタゾンプロピオン酸エステル。今、勤めている病院では、ナイスピー点鼻液50μgが採用されているので、それを同僚に処方してもらっている。

飲み薬の抗ヒスタミン薬は、眠くなったり、胃に来たりする一方、僕にとっては、効き目が今一つで、この6,7年は飲んでいない。

また、アレルギーを予防「ペクチン」が効果という記述がある。この記述が、どの程度、信頼出来るものなのか、僕には分からないが、僕は、今年、りんごをよく食べている。

FC2blog テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

【2011/03/02 22:02】 | 自分の体
トラックバック(0) |


しろ
    のっぽ187先生

花粉症は、鬱陶しいですね、
自分は、微妙な花粉症患者かな、
たまに、目が痒くなったり、水みたいな鼻水がでたり、
果物は、リンゴとバナナは欠かさず+αを毎日、食べてます。


のっぽ187
しろさん

花粉症は、参りますね。

りんごは、ビフィズス菌を増やすという記載がhttp://www.fruit-ishii.co.jp/fruit/apple/a/news1.htmの中段左にあります。

また、バナナについても、「がんに効く生活」p222に「バナナ、小麦などの食物にはプロバイオティクスの増殖を刺激する果糖重合体が含まれている。」と書かれています。(プロバイテティクスの中に、ビフィズス菌があります。)

また、「がんに効く生活」p221に「プロバイオティクスは、結腸がんのがん細胞の成長を抑制することが証明されている。」と書かれています。

りんごとバナナを毎日、食べるのは、ビフィズス菌を増やすという点において、とても理に適っていると思います。


em
>飲み薬の抗ヒスタミン薬は、眠くなったり、胃に来たりする一方

昨日、ポララミン飲んだら、仕事中ずっと眠くて辛くて、今日は胃が痛かったのですよ。
ポララミンの所為か!と読んで納得です。

私は花粉症+ハウスダストアレルギーが酷い結果、鼻血が出る子でした。大量に出血、一時間くらい止まらなかったです。治療をしたら、鼻血は出なくなりましたが。この時期は体調は心身ともに弱くなります。


のっぽ187
emさん

ポララミンは、眠くなったと思います。僕自身は、飲んだことはないですが、そう聞いたことがあります。

胃にも来るのですね。

アレグラを飲んだ時、胃に来た記憶があります。

職場でも花粉症の人が多いです。

花粉症については、それなりに調べたので、記事にしました。

コメントを閉じる▲