癌との共存を目指しています。
これまでの、僕の経過が良いのは、僕の対応が良かったからだとか、僕の判断が良かったからだ、と時々考えることがあるが、冷静に考えると、「たまたま」だと思う。

「たまたま」FOLFOXが効いたんだと思うし(本当に効いたのかどうかさえ、はっきりしない)、「たまたま」CTで見える程の再発がないだけだ。

経過が良いと、自分の判断が良かったからだとか、自分の○○が良かったからだとか、考えてしまいがちだが(そう考える方が気持ちいい)、そうではないと思う。

時間を大切にしよう、と改めて思った。

FC2blog テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

【2011/02/28 22:00】 | 自分の体
トラックバック(0) |

たまたま
としお
たまたま、なのかもしれないけど1人でも多くの方に、たまたまになって欲しいと思います。主人の事を思う時には羨ましいというのが本音ですが、これも又私の人生で受入れていけるようにと思ってます。

受け容れて行く。
のっぽ187
としおさん

いい結果を出している人が(あくまで現時点で、ですが)、「たまたま」などと書くと「感じが悪いのではないか。」と考えたのですが、やはり「たまたま」の部分が多いのではないか、と思い、記事にしました。

ただ、最終的には、としおさんが仰るように「受け容れて行く」ことが一番、大事だ、と思っています。

コメントを閉じる▲
がん治療費.comというサイトを読者の方に教えてもらいました。

「こんなサイトがあるんだ。」と僕も感心しました。

FC2blog テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

【2011/02/27 20:59】 | 医療全般
トラックバック(0) |
株式投資の話です。
最近、手持ちの株式を一部、売った。売ったお金で、何か買おうと思い、自分の持ち株をチェックした。製薬会社のウエイトが低いので、製薬会社の株式を買おうかと思ったが、どうも気が進まない。

製薬会社は、全般に割高である(株価収益率、PERが高い)と思う。

予想される利益成長率が高いと、現在のPERが高くてもいい、とされている。

しかし、利益成長率は本当に高いのか。この業界は、今後も成長を続けるのか。

そんな気はしない。

個人的には、最近の薬価(精神科では、エビリファイの液剤、リスパダールコンスタ辺り)は高過ぎると考えているのだが、それでも、更に成長を続けるのだろうか。

ちなみに、僕は最近、患者さんに歩くことをよく勧めるようになった。


追記を閉じる▲

FC2blog テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

【2011/02/26 21:29】 | 株式投資
トラックバック(0) |
明日は、お休み。とにかく、ぼーっとして過ごそう。

FC2blog テーマ:つぶやき - ジャンル:日記

【2011/02/22 20:48】 | 日記
トラックバック(0) |

のんびりは大切!
yama0806
こんにちは。のっぽ先生。

今日(23日)の関東地方は、暖かく感じました。
季節が変わりつつありますね。
お日さまが、キラキラしてくると気分も軽くなります。
お仕事がお休みとのこと、のんびりするのは大切です。ぼーっとできましたか?
この一ヶ月、腰痛で苦しみましたが、暖かくなり、のんびりできたらなぁ、とつくづく思うお天気のよさでした。

のんびりしていました。
のっぽ187
yama0806さん

今日は、一日、ゆっくりしていました。

午前中、日光浴をしていたのですが、日差しが少し強くなっていると感じました。

春が近付いて来ていると感じました。

コメントを閉じる▲
ブログを巡回していると、情報がいかに大事か、ということが、しばしば強調されている。

僕がよく薦めている「がんに効く生活」(ダヴィド・S・シュレベール著)や米国統合医療ノートには、癌についての素晴らしい情報が一杯、書かれている。

しかし、一通り理解すると、後は、ただ、それを実践するだけだ。

人が生きて行くのに、どれ程の情報が必要なのだろうか。

僕が、株式投資を行うに当たって、教科書としている「新しい株式投資論」(山崎元著)p196には、「情報の勝負ではない」という項が設けられている。ちなみに、最後の項で「株式投資は不美人投票である」と述べられている。

何も知らないと、それは問題だと思うが、ある程度、知れば、あとは、ただ実践のみかな、と思う。

テレビも新聞も見ない僕にとって、インターネットは唯一の情報源だが、何となく、情報が偏重されている気がした。

少し疲れているのかも知れない。

FC2blog テーマ:思いのままに - ジャンル:その他

【2011/02/21 22:25】 | 思ったこと
トラックバック(0) |

私も
カブ太郎
のっぽ187先生

私も先生の推薦される米国統合医療ノートを見させて頂いてます。

米国統合医療ノート
のっぽ187
カブ太郎さん

米国統合医療ノートの内容は、本当に素晴らしいと思います。

コメントを閉じる▲
入院している患者さんが幻覚妄想状態にあったので、17日(木)から、リスパダール2mg/日を投与。「ちょっと、これでは(量は)足らないだろうな。」と思いながら、19日(土)の朝、詰所に行くと、「(患者さんが)良くなっていますよ。」とのこと。(副作用が気になり、少な目の量で処方をした。)

読みを外すが、結果は良し。そして、結果が良かったことだけ記憶に残る。

自分が思うほど、自分の読みは正しくない。そう思わせる出来事だった。

けれど、多少、自信過剰気味じゃないと、異性に声は掛けられないと思うし、そういう個体だからこそ、生き残って来れたのかも知れない。

診療の場面では、自分を過信しないようにし、異性と接する場面では、少し自信過剰気味で・・・。こんな感じでいいのかな。

FC2blog テーマ:日記 - ジャンル:日記

【2011/02/19 23:56】 | 思ったこと
トラックバック(0) |


うさぎ
少し自信過剰でありながら謙虚であればOK~ですよね(*^-^)ノ
謙虚は大切です(*^^*)

管理人のみ閲覧できます
-



のっぽ187
うさぎさん

謙虚は大切だと、僕も思います。

謙虚であれば、失敗の頻度を抑える事が出来るのでは、と僕は考えています。


のっぽ187
匿名の方へ

承知しました。

俳句シリーズ
Whitekite
のっぽ先生、こんばんは!

俳句?川柳?でコメントに挑戦してみます。

「意図しない 所作にこそある 真の意味」


俳句でのコメント、大歓迎です。
のっぽ187
whitekiteさん

昨日、ふと思い立ち、俳句or川柳を作ってみました。

「俳句での コメントもまた 大歓迎」

僕も、俳句or川柳で返事をしてみました。
のっぽ187
whitekiteさん

診療に関しては、「実力は 多忙なときに 見て取れる」だと思っています。

男女の付き合いに関しては、「状況の 厳しいときが 試金石」かなと思っています。

コメントを閉じる▲
youtube、聴きながら指す、将棋かな

FC2blog テーマ:日記 - ジャンル:日記

【2011/02/19 22:41】 | 俳句&川柳
トラックバック(0) |
気が抜けて、ぼーっと過ごす、土曜の晩

おみかんを、二つ食べると、喉渇く

眠いので、俳句で、ブログの代わりとす

その俳句、季語がないので、川柳じゃ

FC2blog テーマ:日記 - ジャンル:日記

【2011/02/19 22:08】 | 俳句&川柳
トラックバック(0) |
今日は、朝から確定申告に行って来た。僕が住んでいる自治体が建てた○○センターなるところで、相談会をやっていて、そこで申告書を受け付けてくれるので、出して来た。

提出そのものは、至って、スムーズだった。

前もって、準備をした甲斐があったと思う。

なお、僕は、国税庁のホームページ内にある確定申告書等作成コーナーで申告書を作成し、プリントアウトして、手渡しで提出をした。

その後、洗濯、日光浴(30分)、お昼御飯、お昼寝といった「休日」を楽しんだ。

上半身裸、下半身は短パンといういでたちで、窓を開けて、日光浴をしたが、今日は日差しが暖かく、春が近いことを感じた。

なお、相談会の会場には、年配の方が多く、「ああ、そういうところなんだな。」と思った。同世代の男性は皆無だった。相談を受ける税理士の方(男性)が、僕と同世代であるように見えた。

FC2blog テーマ:日記 - ジャンル:日記

【2011/02/16 21:43】 | 日記
トラックバック(0) |

相談会場あれこれ
カノン
そうなんです。相談会場とは、そういうところなのです。
年配者が多いのは、年金を受給している方が主体であることと、事業所得者の場合ですと、所得制限があるせいだ、と思います。つまり、ある程度の収入のある人にまで、無料の公的サービスを提供するのは、いかがなものか、という趣旨で、ある金額以下の方の相談を受け付けています。

ただ、年配の相談者を迎える税理士の高齢化も、負けてはいません。所属している支部には、250名以上の会員が在籍しているのですが、5年ごとに刻んだ年代別会員数を見ますと、20代は1人です。35歳から39歳までは15名、一方、80歳から84歳は47名で、この年代が一番多いという驚愕の事実を目にすることになります。相談会場には、登場しないと思いますが。

相談会場では、いろいろな体験をします。さすがに数は少ないですが、女ごときに指導されたりするのは、男の沽券にかかわるとばかりに、最初から攻撃的な態度を取る人もいますし、反対に、お礼にと、目の前でドイツ語の歌を歌ってくれた人もいました。

以前にお話したかもしれませんが、一番印象的だったのは、ビルの清掃などの源泉徴収票を2枚と、ユニセフの領収書を3枚持っていらした方でした。寄附について、「すごいですね!」と申し上げると、「ちょっと余裕がある時だけです」と恥ずかしそうに仰っていました。終始うつむいて話していらしたのですが、作成が終わって、ホッとしたように顔を上げて、私をご覧になった目には、うっすらと白い膜がかかっていました。
それ以来、余裕ってなんだろう、とよく考えます。

では、相談会場での感想から、私も一句

夫婦づれ ここぞとばかり けんかする

お互いに心細くて、一緒に来る割には、目の前でよく喧嘩してますね。仲裁するのが大変です(笑)。

相談会場に見る人間模様
のっぽ187
カノンさん

>つまり、ある程度の収入のある人にまで、無料の公的サービスを提供するのは、いかがなものか、という趣旨で、ある金額以下の方の相談を受け付けています。

そうなんですね。サービスなんですね。

>所属している支部には、250名以上の会員が在籍しているのですが、5年ごとに刻んだ年代別会員数を見ますと、20代は1人です。35歳から39歳までは15名、一方、80歳から84歳は47名で、この年代が一番多いという驚愕の事実を目にすることになります。相談会場には、登場しないと思いますが。

産婦人科医の構成みたいですね。

税理士は、産婦人科医に比べると、格段にリスクの少ない仕事だと思いますが。

>さすがに数は少ないですが、女ごときに指導されたりするのは、男の沽券にかかわるとばかりに、最初から攻撃的な態度を取る人もいますし

学生時代を振り返ると、男性より女性の方が優秀だったと思います。女性に指導されると、男の沽券にかかわる、と考えるような人は、一定以上の層に属したことがないのか、属したことがあっても、それを認めることが出来ないか、のいずれかでしょう。現実をきちんと認識出来ないと・・・いろんな場面で厳しいでしょうね。

>お礼にと、目の前でドイツ語の歌を歌ってくれた人もいました。

素敵ですね。そして、時代を感じさせますね。一点読みなのですが、ドイツ語の歌、エーデルワイスではないですか。

>「ちょっと余裕がある時だけです」と恥ずかしそうに仰っていました。

開腹手術を受けた後、仕事をしないで過ごすことが多くなりました。世の中のことを知るに従い、「寄付をすることは、焼け石に水なのでは。」と思うようになりました。

ただ、寄付をすることによって、もたらされる経済的な効果とは、また別に何かがあるんだろう、とは思っています。

この部分については、時間を掛けて、考えて行きたいな、と思っています。

>夫婦づれ ここぞとばかり けんかする

いいですね。

僕は、小さい頃から、しょっちゅう両親が喧嘩をしていたので、「夫婦」というものを、どこか冷めた目線で見ているのですが、相談会場でも、そんな感じなのですね。

コメントを閉じる▲
12日(土)は、電動自転車の充電器が壊れたこともあり、電動でない自転車で、勤務先の病院に行って来た。帰りは、アップダウンの多い道を30分余り、立ち漕ぎして、帰って来た。大学に入る前の年、浪人時代以来の、長時間の立ち漕ぎであったが、気合で乗り切ることが出来た。小雨がぱらついていたので、自転車を置いて、バスと電車を乗り継いで帰ろうか、と思ったが、何となく、「自転車で走る方がいいな。」と思い、雨の中、自転車で帰って来た。

お蔭様で、体力は、90~95%、戻っていると思う。緩い坂道なら、立ち漕ぎで乗り切ることが出来るし、走行そのものも全く問題なかったと思う。立ち漕ぎをしている間、全く便意を感じなかったことも、とても良かったと思う。

仕事中もそうだが、交感神経が優位になっていると、便意を感じないのだろう。

10台に戻った感じで、とても良かった。

FC2blog テーマ:日記 - ジャンル:日記

【2011/02/14 00:16】 | 日記
トラックバック(0) |

体力の回復
kinkon1223
体力が90~95%戻っている。また10代に戻った感じと、自身でそう思われるということは、本当に違いが実感できているのでしょう。
素晴らしいことで、私も嬉しく思います。

私のように40代、いや50の足音が近づいてくるとやはりだめです。少しの運動がこたえます。

のっぽ先生の日ごろの体力づくりが効を奏したのでしょうね。

是非見習って適度な運動からでも始めないととは思うのですが・・・


有難うございます。 
のっぽ187
kinkon1223さん

>素晴らしいことで、私も嬉しく思います。

有難うございます。

「私も嬉しく思います。」とは、なかなか思えないと思うのですが、kinkon1223さんの素晴らしい人間性に今、触れた気がしました。

今回の復職後は、仕事をかなり減らしてもらっているので、帰る時点でも体力が十分、残っているというのが大きいと思います。

大腸にポリープが90~100個あったりする一方、肺での酸素交換能は、結構、保たれているようで、自分でも、どうなっているのか良く分からないです。


モリダク
>10台に戻った感じ

すばらしい!
私も気分だけは いつも10代なんですが・・・(^^ゞ

術後2週間では まだ便意のペースがつかめず
突然急を要する場合がほとんどで
担当医から「働いて 治療費を稼いでください」
と言われている身としては 少々焦り気味です(^_^;)


のっぽ187
モリダクさん

便意のペースをつかむのには、時間が掛かりますよね。

抗癌剤、特に分子標的薬は、値段が高い(高過ぎる)と思います。

何とかならないかな、と思います。

コメントを閉じる▲
2月1日から、少し離れた総合病院から研修医の先生が見えられている。可愛らしい女性の先生で、僕もつい「○○さん。」と名前で呼んでしまったりする。今日は、時間があったので、その女医さんと少し雑談をした。

小児科を目指されているという。3年次から大学病院の小児科の医局に入るか、市中病院で勤めるか、迷っているという。殆ど意味がないと思ったが、とりあえずアドバイスをした。身体に負担の少ない所で勤めるのがいいと思うよ、とアドバイスをした。多分、そんなことを言うDr.は、他にはいないだろう。

可愛らしい女医さんと雑談するのは、とても楽しいが、精神科が臨床研修で必修である必要はないと思う。精神科で研修している時間があれば、家で身体を休めるか(この女医さんは、初日からずっと咳をしている)、小児科のトレーニングに時間を割くべきだろう。

若くて体力があって、いろんなことを吸収することが出来る期間というのは、長いようで短いと思うから。

FC2blog テーマ:日記 - ジャンル:日記

【2011/02/08 23:12】 | 日記
トラックバック(0) |


癌ダム4G
食事療法の<INDEX記事>作ったので
閲覧しに来てください。

アメリカの医師会の「対ガン委員会」のレポートや
合衆国議会の、ガン対策調査委員会のレポートなど
普通の人が余り読んでない本ですが
ちょっと納得の話が沢山出てきます。

よろしければご参考に。




のっぽ187
癌ダム4Gさん

有難うございます。

拝読致します。


mana
久々にのっぽさんのページを訪ねました。
話題が春っぽくなっていて、うれしくなります。
私も雪が溶けたら、自転車乗ろっと・・・
素敵な研修医さんも現れればいいな~

もうすぐ春ですね。
のっぽ187
manaさん

そうですね。

癌になってから、季節をより感じるようになりました。

そちらは、雪なんですね。

>素敵な研修医さんも現れればいいな~

とても素敵な研修医さんでした。

最終的に家庭に入るにしろ、仕事メインでやって行くにしろ、この数年は、小児科医として修練を積むんだと思います。また、したいことがあるなら、当面は、それに時間を割くべきかな、と思います。

なお、僕は、かなり世捨て人モードに入っています。

世捨て人
mana
病気でいる時は、少々、世捨て人っぽくなってた方がいいかもしれませんね。あきらめではなく、
静かに自分の状況を受け入れる…感じかな。

世捨て人
のっぽ187
manaさん

もともと、そういう要素を持っていたと思うのですが、最近、その傾向が強くなって来ました。

なお、自分としては、今の状態は、とても心地良いです。

コメントを閉じる▲
頂いたコメントの返事は、追って致します。

今回は、株式投資ネタです。
2010年12月期の決算発表をチェックしていた。所有していた株式を一部、売却したため、売って得たお金でまた別の株式を買おうと物色していた。

2010年12月中旬に発刊された四季報に載っている2011年12月期の予想に比べると、この数日、会社が発表している2011年12月期の予想利益の数字は悪い。2011年度の一般会計予算は、かなり緊縮したものであると聞いていたのだが、企業は、既にそのことを織り込んで今期の予想をしているのだろう。

という話をする相手がいないので、自分のブログに書きました。


追記を閉じる▲

FC2blog テーマ:つぶやき - ジャンル:株式・投資・マネー

【2011/02/08 21:52】 | 株式投資
トラックバック(1) |

株式投資の話
Jun
株式投資の話、したいなぁ(笑)

来期に市場の予想より良い決算を実現したいので、為替や景気動向(国内と国外)に左右されることを織り込んで低めに予想しているんでしょうね。

トヨタは今期、海外で良かったので予想以上の好決算を発表していますね。

スマートフォンで稼いでいる電子部品メーカーなどは来期も良さそうですよ。

相手してくれて、嬉しいです(笑)。
のっぽ187
Junさん

保守的に予想しているということですね。

僕は、出来高の少ない2部やJASDAQに上場している会社のみをチェックしているのですが、トヨタや電子部品メーカーの一部はそうなのですね。

この世代にしては、スマートフォンなど新しい電子機器に完全に乗り遅れているので、スマートフォンの普及については、全然、考えが及ばなかったです。

また、相手して下さい(笑)。

コメントを閉じる▲
今日は仕事。久しぶりにフル稼動した。

ただ仕事は、あくまで仕事である、といった感覚が以前より強くなっている。

幸い、物欲があまりないので、今の稼ぎで十分やって行ける。

たくさん寝ることと、一つの物事を深く理解することが、最近の愉しみである。

確定申告も、ただ申告書を作成するだけでなく、その背景を理解しながら作成出来るという環境にある。本当に有難い。

FC2blog テーマ:日記 - ジャンル:日記

【2011/02/05 23:09】 | 日記
トラックバック(0) |

仕事は、仕事。わたしは、わたし。
whitekite
のっぽ先生こんにちは!

ちょうど、会社で、もう少し責任のある立場にならないかと打診をされて、少し困って、のっぽ先生のブログにやってきたところ、「仕事は、あくまでも仕事」という言葉があり、助かりました!!ありがとうございます!
ものすごいタイミングでびっくりです。

今まで(正確に言うと、2度目の手術を受ける前まで)の私だったら、「いやだな」とか「できないよ」とか思っても「うれしそうなふり」をして「できるようになるまでがんばる」を繰り返してきました。でもそれは当然相当無理をしてきたわけで、もうやめよう、本当にやめよう、と思っていたことなはずなのに、そういう場面に対面すると、それまでに培ってきた自分の行動の癖にひっぱられそうになってしまっていました。

そんなときに、この記事に出会えてよかったです。そして、これまでも、何度も何度も、大切な気付きを与えてくださってありがとうございます。

私の最近の愉しみは、たくさん寝ることと、丁寧にお料理すること、です。愉しみを味わいながら暮らすのは、とっても素敵ですね!

私も同じです!
うさぎ
今回2度目の手術をします。

今できる事を精一杯精一杯と病気を告知され手術してから走ってきました☆

前よりなるべく引き出しをあけていたつもりが…やっぱり最近またいっぱいになってきた様に思えて…でも、頼まれたり認めてもらえる事が嬉しくて…今の私ができる事があれば!とつい頑張ってしまう…
でも、身体はきっとしんどいはず…でも、やれる事はやりたい気持ちは…自分の性分…この性格とうまく付き合って行く事が課題…自分を大切にできない様では他の方々を大切になんてできない事も十二分にわかっているはずなのに…
今やるべき事…揺らがない心…本当に課題です!
笑って過ごしたい☆
笑って過ごしているけど…私の心は少し泣いている…他の方々はきっとまさかそんな風には思っていないと思う…でも、出来る限り!やって行きたい…でも、そんな自分の心をのっぽさんのブログをみる度に…『まっ!いっか』だよな~☆と思わされるんです!

次の手術が終わったら…何だか今より動けない気がして…焦っている気持ちもたくさんで…でも、日々やらなくてはならない事に追われ…
入院中には私の勉強もしながら気持ちを落ち着けたいな~☆と思う今日この頃なんです(*^_^*)
揺るがない心…シンプルに生きる事…

お役に立てて、とても嬉しいです。 
のっぽ187
whitekiteさん

お役に立てて、とても嬉しいです。

以前は、「仕事で自己実現を」と考えていたのですが、最近は、食べるため、人と接する機会を持つため、そして、機会があれば、自分の学んだことを生かす位に考えています。

>私の最近の愉しみは、たくさん寝ることと、丁寧にお料理すること、です。

復職してから、料理をあまりしなくなってしまいました。この点に関しては、whitekiteさんは、ほんと、偉いと思います。

仕事は仕事ですね
otak2010
毎々お世話になっております。いつも貴重なご意見を参考にさせていただいております。

・僕は'10/4に管理職になって、'10/7にがんが見つかりました。

・そして実はこの間、腸閉塞でプチ入院していました。

・プチ入院のとき、昼も夜も寝られない状態で夜中の1時頃から病棟を歩き回って、打ち合わせ場所どこ?って聞いてたそうです。病院のエレベータが会社につながってる妄想もありました。

・自分でも少々異常だと思います。仕事は仕事と割り切ってしまわないと、と強く自分に言い聞かせてたところです。

・それにしても病室を会議室だと完全に勘違いしている夜もあったようで、退院の日に看護師さんに合わす顔がなかったです。


返事というよりアセスメントとなってしまい、恐縮なのですが。
のっぽ187
otak2010さん

貴ブログの記事も併せて拝見致しました。

>それにしても病室を会議室だと完全に勘違いしている夜もあったようで

そのことを憶えていなかったら、夜間せん妄ということになるか、と思います。

とは言え、僕は開腹手術後、うつ状態になったり(訳もなく涙が出る。涙が止まらない。)、眠れなくなったりして、かなり辛い思いをしました。

夜間せん妄は、僕の経験では、ご年配の方に多いです。また、認知症の方が、アルツハイマー型か血管性(脳梗塞が多発している)かを鑑別するのに、夜間せん妄を伴うと、血管性認知症寄りと考える、と書いた本もあります。

なお、十分、分かっていらっしゃるか、と思うのですが、otak2010さんが認知症であると言っている訳ではないです。

なお、入院中の精神状態については、脱水が、そこそこあったことが原因の一つとして挙げられるか、と思います。すごく大雑把ですが、脱水→循環血液量の減少→脳虚血と考えました。

無味乾燥な内容になってしまい、恐縮です。明確に書いた方が、otak2010さんには良いのでは、と思い、そう致しました。

ご気分を害されたのであれば、ご容赦下さい。

大変ありがとうございます。
otak2010
ちょっと内容が内容でしたのでコメントに投稿してよいものやら、逡巡したのですが、素直にお聞きしてよかったです。

ご回答頂き大変ありがとうございました。

>脱水→循環血液量の減少→脳虚血と考えました。

確かにせん妄が起こる前段階でふらふらとして頭で考えることもよくまとまらない状態でした。水のみならず節食も止められていましたし。

>ご気分を害されたのであれば、ご容赦下さい。

いいえ、とんでもございません。むしろ、このような話題なのに、仕事に近い話をふってしまってかえって申し訳ございませんでした。


「頑張るのも良し、頑張らないのも良し。」だと思います。
のっぽ187
うさぎさん

僕は、2008年3月26日に開腹手術を受けました。2010年4月13日に胸腔鏡下での手術を受けました。

2008年は、3月5日の晩に当直をしてから、仕事を休んでいました。放心状態でした。ちなみに3月6日に直腸癌を指摘されています。

一方、2010年は、勤務先の病院で医者が全然、足りていなかったこともあり、4月10日(土)まで仕事をしていました。思えば、12日(月)に入院し、13日に手術を受け、といったスケジュールで、我ながら、「良くやった。」と思っています。

2008年と2010年は、癌に対する理解度が全然、違うので、単純に比較出来ませんが、時間の過ごし方としては、2010年の方が圧倒的に良かったです。

自分のことをあれこれ心配するより(心配しても、自分で手術する訳ではないので、何も解決出来ない)、診ている患者さんに「少しでも、いい事を。」と思い、仕事をする方が、少なくとも精神衛生上は、ずっと良かったと思います。

一方、2008年3月まで勤めていた病院の上司が、よく「先生。先生がいなくても、誰かが代わりをしてくれる。先生がいなくても、それなりに(業務は)回って行く。」と言っていました。(とても素晴らしい上司でした。)

なので、「頑張るのも良し、頑張らないのも良し。」だと思います。

いえいえ、どう致しまして。 
のっぽ187
otak2010さん

医者モードで話していいものなのかどうか少し迷ったのですが、バシッと書いて良かったです。

今の仕事は、「空気は読むけど、頭はあまり使わない」仕事なので、たまに頭を使うのは心地良いです。

絶飲食での水分量、電解質(Na,Kなど)の管理は、結構、手間で(研修医時代、よくしました)、脱水傾向になってしまったり、低Na血症になってしまったり、いろいろしました。

ただ、腸閉塞の時は、小腸から、かなり水分が出る(体の中から小腸の管の中、すなわち体の外に、水分が出る)ので、その分、多く輸液(点滴)をする必要があったと思います。(10年以上前に教わったことなので、今は、どうなのか分からないのですが。)

輸液の制御
otak2010
・より詳しくありがとうございます。

・入院当初は病棟が重症者で非常にこみあっていて、僕のような腸閉塞患者にはあまり手が回っていなかったかもしれないです。

・そのため、最初の2日くらいはルーチンワーク的輸液でした(500ml/6hr)。自分でも水がほしくて仕方ありませんでした。

・3日目くらいでお医者さんが、鼻管からの排出液が多いことを気にして急遽、輸液の量を増やしてくれましたが、この前ころから精神的にちょっとおかしくなってしまいました。

・輸液の制御ってむずかしいんですね。



マイペースで。
Whitekite
のっぽ先生、みなさん、こんにちは。

仕事は仕事と割り切ることが、なかなかむつかしいな、と思っていたら、同じように悩んだり、いろいろ工夫していらっしゃる方も多いのかな、とみなさんのコメントを読んで思いました。

何が自分にとって大切かは、人によっても、状況によっても違うと思うので、マイペースを守れるようになりたいな、と思いました。

うさぎさんへ
私も、二度目の手術の時は、いろいろ心配でしたが、今はなんとかなっています。
手術、ご無事におわることをいのってます。

コメントを閉じる▲
ブログをして良かったと思うことは、主には

①大事なこと、大切なことを教えてもらえる。
②コメントしてくれる方とコミュニケーションを図ることが出来る。
③実際に、その人と会い、仲良くなる。

である。

①は、ターメリックに黒胡椒を入れないと駄目だ、といった話から、確定申告の話まで、本当に幅広く教えてもらっている。これ以上なく、有難く思っている。

②については、両親との関係も、職場の人達との関係も、少し距離を置いた関係なので、いい話し相手になってくれて、これまた、とても有難く思う。

③については、これこそ、「有難い。」の一言だが、2009年4月までに比べると、自分の中に占める仕事のウエイトが少なくなっているので、その分、ネットで知り合った人との人間関係を大事にしたいな、と思っている。

最近、世捨て人っぽくなっているが、本来の自分に近付いている気がして、なかなか、いい感じだな、と思う。

FC2blog テーマ:ひとりごと - ジャンル:その他

【2011/02/04 18:48】 | 思ったこと
トラックバック(0) |


しろ
のっぽ187先生

「仕事の久しぶりにフル稼動したと、仕事は別、」
とても充実をされた、生活をされてるなって思いました、
自分の場合、夜間せん妄は、痛み止め薬でおきる場合も、あったような。
以前妄想と書き込んでたら、せん妄と訂正されました。
③、とてもうれしくありがたいです、今後ともよろしくお願いします。

人対人
うさぎ
やっぱり人間1人では生きられないと思っています☆

助け合いながら生きて行ける☆
だからこそ人付き合いも大切☆
そこでストレスが出たなら…また自分なりに無理なく付き合って行ける様な付き合い方をしていけば良いと…

のっぽさんと…ブログを通して出逢えた事も私にとって宝物です(*^_^*)

ありがとうございます☆


のっぽ187
しろさん

お蔭様で、結構、楽しく日々送っています。

せん妄を鑑別する場合(原因は何かと考える場合)、原因が明らかなもの(侵襲の大きな手術を受けたとか)は、そうとして、それ以外の場合、まず薬剤性を考慮します。

痛み止めで起きることもあったかと思うのですが、すみません、忘れました(少し恥ずかしいですが)。

>以前妄想と書き込んでたら、せん妄と訂正されました。

せん妄という概念があって、せん妄を起こしている時に被害妄想とかの妄想が出現することがあるということで良いかと思います。

すごく大雑把に言うと、妄想は、内科の領域で言えば、「発熱」みたいなものです。症状の一つということですね。

こちらこそ、今後とも、よろしくお願い致します。

これからも、よろしくお願い致します。
のっぽ187
うさぎさん

>やっぱり人間1人では生きられないと思っています☆

僕も、そうだと思います。

これからも、よろしくお願い致します。

コメントを閉じる▲
今回、風邪を引いて思ったことだが、僕は、上手く行っていると、調子に乗る傾向があるようだ。そして、いいと思うものをし過ぎるようだ。

人の身体については、今更ながら、程ほどがいいようだ。

アルコール依存症は、「お酒を程ほどに飲むことが出来ない。」とか「お酒をコントロールして飲むことが出来ない。」と定義されるが、僕も、そういった傾向があるようだ。

再発に対する恐れが、僕をより強迫的にするのだろう。

更なる受け容れが、きっと必要とされているのだろう。

FC2blog テーマ:健康で元気に暮らすために - ジャンル:心と身体

【2011/02/04 01:10】 | 思ったこと
トラックバック(0) |
今朝から風邪を引いている。とりあえず、仕事には行って来た。お腹一杯、晩御飯を食べたので、今からお風呂に入って寝る。

窓を開けて日光浴をしたのが良くなかったのかどうかは分からないが、とにかく、風邪を引いてしまった。

FC2blog テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

【2011/02/01 19:31】 | 自分の体
トラックバック(0) |


しろ
    のっぽ187先生

うがいは、ほとんど意味がないと去年のインフルエンザのとき、コメンテーターの医師が言っていて、理由づけで、なるほどな~と思ったものですが、
コホートみたいな統計で出ると、やっぱり有効が確実だと思いました。

風邪、たいへん心配です、
温かくしてくださいよ !


あんぱん父さん
風邪が元で母さん正月入院しちゃいました、今だに抗生剤飲まされてますよ。
無理せず、治して下さいね、って母さんは全然無理してなかったのに ?


のっぽ187
しろさん

水うがいは、恐らく予防効果はあると思います。

あえて考えると、うがいの仕方が不十分だったかな、と思いました。

温かくします。


のっぽ187
あんぱん父さん

どうして風邪を引いたのか、ネット上でいろいろ調べたのですが、要は「抵抗力が落ちていた」らしいですね。

ただ、抵抗力が何によって規定されるのか、と考えると、う~ん、分かりません。

抗癌剤治療中で、白血球の数が減っていたのであれば、これは、抵抗力が落ちていたと見做すことが出来ると思いますが。

無理せず治します。


yuma
のっぽ先生 お加減はいかがですか?
私は以前は よく風邪を引いていましたが ガン治療を始めてから二年 何故か風邪を引いていません。
まだ治療中なので 白血球は2000位しかない時もあるのですが。
まぁ 仕事もしていないのでウイルスに触れるリスクも低いですもんね。
以前は保育士をしていたので 次々と子供たちの病気を拾っていました(笑)
うがいはやっぱり効果あると感じます。
私は水うがいではなくて うがい薬(アズノール)を使っていますが。
それとマスクは喉の乾燥を防ぐ効果はあると感じているので 散歩の時なんかも使うようにしています。
今日は暖かい一日でしたね♪
公園の梅の蕾もぼちぼちほころんできましたよ。
早く風邪が良くなりますように。



のっぽ187
yumaさん

お蔭様で、すごく調子が悪くなることなく、過ごせています。

僕も、FOLFOXを受けていた2008年~2009年の冬は、全く風邪を引きませんでした。今回も、1月30日までは、問題なく過ごせていました。

風邪を引く要素としては、抗癌剤治療による白血球の減少よりは、風邪のウィルスに触れる機会が増えることの方が大きいみたいですね。(あくまで、yumaさんのお話をお伺いして、そして、自分の経験から、そう考えただけですが。)

今日は、暖かかったですね。仕事を抜け出し、10分ほど、日向ぼっこをしていました。

コメントを閉じる▲