癌との共存を目指しています。
2,3日前から、まとまった文章が書けなくなっている。

あと不眠。というより、日内リズムが少し変になっている。

頂いたコメント、頂いたメールに対する返事が滞り勝ちになるか、と思います。また、返事の内容が簡単なものになるか、と思います。

ご理解の程、よろしくお願い致します。

10月31日、午前2時、追記。3km程、歩いて来たところ、少し気分が良くなった。便意の感じ方も、多少、ましになった。頭も多少、すっきりした感じがする。帰って来て食べたバナナが美味しかった。


FC2blog テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ

【2010/10/30 23:22】 | その他
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


大丈夫
うさぎ
のっぽさん…ゆっくりのんびり行きましょ~ね(*^^*)


管理人のみ閲覧できます
-


コメント、有難うございます。
のっぽ187
一番、初めにコメントされた方へ

睡眠覚醒のリズムがおかしくなっています。

>クロノテラピーは睡眠が大事だと聞いてるのですが、

そうですね。

昨夜は、午後10時に寝て、今朝は、午前5時に目が覚めました。

夜更かししないように気を付けます。

そうですね。
のっぽ187
うさぎさん

お返事が大変、遅くなってしまいました。すみません。

> のっぽさん…ゆっくりのんびり行きましょ~ね(*^^*)

そうですね。そうします。

ゼローダの影響
のっぽ187
三番目にコメントされた方へ

ゼローダが直接、脳に影響したのか、ゼローダで惹き起こされる下痢を避けるため、不規則な時間帯に睡眠を摂ったところ、睡眠覚醒リズムが崩れ、その結果として、頭が働かなくなったのか、分からないのですが、ゼローダ内服が今回の状態を惹き起こした可能性が高いと考えています。

>ゆっくり、のんびり参りましょう。

そうですね。そう致します。

>急に寒くなりましたが、お風邪などひかれませんように。

11月8日の晩は、少し寒気がして、「まずいな。」と思ったのですが、一晩、眠ったら、元の体調に戻っていたので、ほっとしています。

コメントを閉じる▲
10月25日までと27日は、ゼローダ3錠 分1(1日1回) 寝る前の内服。26日と28日は、ゼローダ2錠 分1 寝る前の内服とした。

26日は、翌27日にスーパーへ買い物に行く予定があったので、2錠/日とした。

28日は、一日、身体が重い感じだったので、28日の晩は、2錠しか飲まずに済ました。

なお、27日は、これまでに比べると、明らかに体調が良いように感じた。

10月29日、午後11時、追記。今日も、体は、とても軽かった。下痢の程度も軽かった。ゼローダ3錠 分1 寝る前と2錠 分1 寝る前の副作用の差は明らかである。

(無味乾燥な内容ですが、ご容赦下さい。)

FC2blog テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

【2010/10/29 05:18】 | 思ったこと
トラックバック(0) |
がんは近代が作り出した病は、僕にとって、非常に興味深い記事だった。

1950年頃までは、日本でも結核が猛威を振るっていたらしく、ライフスタイルを古い時代の物にするとなると、恐らく感染症をどうコントロールするかが問題となるであろう。

感染症を予防するには、栄養をきちんと摂ることが大事であると、僕は理解しているのだが、その中でも、たん白質をどう摂るのかが問題になるだろうと考えている。

「がんに効く生活」(ダヴィド・S・シュレベール著)に書いていることを実践しようとすると、意外と、たん白質を摂るのが大変だ。かと言って、たん白質の摂取が少ないと、感染症になり易くなるだろう。

豆も魚も美味しいと思うので、今の食生活は、それ程、苦痛ではないのだが、上手にたん白質を摂ることが、今後の課題だと改めて思った。

FC2blog テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

【2010/10/21 03:27】 | 自分の体
トラックバック(0) |

近代の病
うさぎ
癌も近代の病と言えるのと同じく…今の豊かな国が作り出す病気なんでしょうね!私もとても興味深く思います!癌に関わらず色々な依存症…鬱病…パニック障害等も現代の豊かな社会が作り出してしまったのではないか?と…生きるか死ぬかの戦争の時代には鬱病だの依存症等も言ってられない状況にあり…国が違えばまた問題も変わり…アフリカ等の国ではワクチンすら打てずに子供たちをも死に至り…食べ物すら口にできない国もあり…人付き合い?等のストレス何て話も…どの時代にもあったとは思いますが…豊かな社会ならではの病気ではないかと思います!癌に関しても…同じ事が言えるのではないかと…

癌になってしまった今…いかにホルモンをドーパミンをたくさん出せる毎日を送れるかが今後の癌の治療にも左右するかと…
いかに美味しく食べて…いかに楽しく笑って…1日の始まりを朝から『おはよう!』と言い…自分も元気に周りをも元気に…
幸せ連載は必ず起こると思っています(*^_^*)

笑顔でいる事…周りも笑顔になり…周りからも笑顔をもらえる…幸せ連載!

時間の許す範囲で…会いたい方に会う!(昔のお友達や今の自分が会いたい人に会う!)後悔しない様に~

これも、心が幸せになり…エネルギーを充電でき…きっとみんなで幸せを分け合う事ができると思っています(*^_^*)


近代の病に負けないで行きましょうね~\(^o^)/


追伸…ドーパミンが多くなるのも良くないみたいです!幻覚やバラノイア(精神分裂病の陽性症状)が起こったり、発言や運動をコントロールできなくなって、変な恥ずかしいことを思わずやったり口走ったりするみたいです!覚醒剤や煙草もドーパミンを増やす効果ある為、精神依存を作り出し!やめたくてもやめられないそうです。


まだまだ知らない事がたくさんあります!もっと勉強しなくては!人は日々学べる事が生きる楽しみを深く味わえる事になる様な気がしています!
何か間違い発言があればすみません…m(__)m

勉強になります
カブ太郎
のっぽ187さん

生活習慣病と云われる証明のような事ですね。先の記事に記してあるように長生きの時代だからとは限らないのですね。勉強になりました。

私も食生活に興味があります が、一般的に
栄養素或いはその他の補助食品など摂るに際して 規律正しく続けられるかどうかと云う疑問は残ります。

引用先の記事の抜粋ですが
のっぽ187
うさぎさん

引用先の記事の抜粋となりますが、「食べ物や環境や運動によく気を配れば、がんはもっとコントロール可能なのかも知れません。」なのではないか、と僕も考えています。(そう期待しています。)

ありがとうございます
うさぎ
そうですね!
食べ物は自分で作る事ができ…食材もチョイスできますね…運動も自ら体調に合わせてできる…環境は…これは難しいですか?でも…ある程度自分で選ぶ事は可能ですよね!きっと…。この3点セットが簡単な様で難しいのかもしれませんね!でも…今の生活が10年後の自分を作っているんですもんね!(よく本に書かれてあります)だからこそ…今…日々の生活が大切なんですよね!私たちにも訪れる10年後の為に…

たんぱく質
うさぎ
書き忘れ(*^_^*)…

私は納豆が大好きで…よく食べます!ある雑誌に納豆を1日2パック食べるとダイエットに効果があると…妊婦の時には塩分と体重を(産婦人科の先生に怒られるんです)気にして納豆2パックを忠実に毎日食べてました!
妊婦さんは便秘がちですが…
今…納豆2パック食べるとかなりお通じが良くなります!
2パックがみそです(*^_^*)
今はダイエットしたい訳ではありませんが(笑)身体には良いかも!と2パック食べる事もあります(笑)2パックは分けて食べても…いつ食べてもいいと思いますが…昼。夜。とか…朝。夜。とか…夜食べると効果あり!と思っています!きっと癌にも効いてくれると(*^_^*)まっ!バランス良くが大切ですけど…ちょっと納豆の事が書きたくなり…書かせて頂きました~。

お魚
のっぽ187
カブ太郎さん

お魚を上手に食べることが、一つのポイントではないか、と今のところは、考えています。



納豆は
のっぽ187
うさぎさん

たびたび書いているので、御存知かと思いますが、「がんに効く生活」(ダヴィド・S・シュレベール著)が勧めるたん白質は、大豆、魚(いわし、さば、さけ)なので、納豆はvery goodだと思います。


自然にそった生活
カノン
本当に、とっても興味深い記事をご紹介くださって、ありがとうございます。

ミイラを検査する現在の科学もすごいですが、ミイラを作った古代のエジプト人もすごいです。
どんな研究が待っているかわからないので、後世のためにも、なんでも作って残しておくもんだなあ、と思いました。

食べ物と環境と運動の中では、自分でコントロールできるのは、確かに食事と運動ですね。
環境というのが、人工的な発がん物質のことを指しているのか、よくわからなかったので、解説というのを読んでみました。
マンチェスター大学の教授は、次のように述べています。
“There is nothing in the nature environment that can cause cancer.So it has to be a man-made disease,down to pollution and changes to our diet and lifestyle.”
なるべく自然に反するようなことをしない、ということなのだと思いました。

先週読んだ産経新聞の記事で、大豆機能研究会が主体となって、「大豆で栄養プロジェクト」が発足した、とありました。大豆は完全栄養食であり、健康や美容にも良く、お手ごろ価格であることをアピールしていくようです。
みそ、豆腐、納豆、豆乳、きな粉・・・。豆腐の味噌汁と納豆、それに豆乳ヨーグルトを食べれば、結構いい線いくのではないでしょうか。

糖尿病の話
のっぽ187
カノンさん

大昔は、殆ど、もしくは、全く無かったけど、現在では、よく見られる病気に、糖尿病があります。

人類は、ずっと飢えを凌ぎながら生き延びて来ました。なので、人類は飢餓には強いです(空腹時に血糖を上げるホルモンは、糖質コルチコイド、グルカゴン、アドレナリン、成長ホルモンと何種類もある)。

しかし一方、人類にとって、「食べ過ぎる」ということは、この100年、200年位のことで、ヒトは「食べ過ぎ」に対し、あまり上手に対処出来ません。その証拠に、食べ過ぎて、血糖が高くなった時に、血糖を下げる作用があるホルモンは、インスリンだけです。

糖尿病は、インスリンの作用不足と定義されますが、もともと、ヒトは、高血糖(ニアリーイコール食べ過ぎ)に上手に対処出来るように創られていないというところが大きいと思います。

こういった予備知識があったので、シュレベール先生の仰ることは、自分で言うのもなんですが、スッと理解出来ました。

恐らく、ヒトは、そうは創られていない、と。

日本に住む日本人で、糖尿病の有病率は、10%とされていますので(10数年前の知識ですが)、残りの90%の人は、インスリンがしっかり分泌されて、そして、インスリンがちゃんと働いているのですが、10%の人は、インスリンの分泌が不十分もしくはインスリンがちゃんと働いてくれない(インスリン抵抗性と言います)結果、高血糖状態が続き、糖尿病と診断されます。

ここまで書くと、賢いカノンさんなら、十分、察しが付くと思います。

今朝は、ライ麦パンとスモークサーモン、玉ねぎ、トマトを食べ、豆乳を飲んだのですが、昨日の朝と一昨日の朝は、豆腐としめじ、わかめが入ったお味噌汁に納豆、玄米の御飯、お野菜(ほうれん草、モロヘイヤ)を食べました。

そう言えば、きな粉は、大豆から作られていますね。忘れていました。

自分のチカラ
whitekite
のっぽ先生、こんにちは。

「がんは近代が作り出した病」の記事を読んで、私の場合は、私自身ががんを作りだしたような気がしました。
「がんに効く生活」に出てくる、「心の平穏」を上手に保つのが、どうもなかなかうまくいかなくて、そこが私のウィークポイントなのかな、それで自分で癌を作っちゃったのかな、と思いました。
以前、のっぽ先生がおっしゃっていた「まあ、いいか」という言葉を自分のお守りの言葉としてつぶやくと、ちょっと気持ちが楽になるのですけど、もっとぜーんぜん気楽になりたいなあーとも思ったり。
と、こんな感じでなかなか思うようにはいかないところもありますが、がんに効く食べ物の方はだいぶいろいろ覚えてきて、今年はいわしの刺身も手早くできるようになりました!効きそうだと思って食べるのもよいのかもしれませんね。

コメントを閉じる▲
18日は、午後から通院先の病院へ。血液検査の結果は、白血球数は、4900、Hbは、13.5で、他のデータも問題なし。診察では、今後の方針を確認。

次回診察日は、11月8日。その時点で、もう1クール(もう後2週間)、ゼローダを飲み続けるかどうか判断する予定。12月10日、CT。


FC2blog テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

【2010/10/18 22:27】 | 自分の体
トラックバック(0) |

免疫
うさぎ
のっぽさんはインフルエンザのワクチンしますか?

癌患者は免疫が下がってる事で13歳未満の子供と同様2回接種するらしい事を聞きました。

新型インフルエンザ予防接種(季節性インフルエンザを含む)は1回目3600円…
2回目2550円…
接種を見合わせた場合1790円を上限に、各医療機関が定めた額だと書いてありました…


高い(*_*)


今度の検診で先生に相談しないと!と思っています。


のっぽさんは毎年インフルエンザ予防接種受けられていますか?

ゼローダ飲んで…アービタックス等の点滴して…

しかも点滴のコメント欄に(毒)と書かれてある(-_-#)

取り扱いの事で書かれてある事はわかっていますが…

いつまで続くの~?

いつまで毒が入ってくるの~?
でも…薬を飲まない勇気はなく…点滴を拒む勇気もなく…

たまに…何でこんな薬飲んでるんだろう?とか嫌にもなってきます。

前向きに行こうと思って頑張ったり…凹んで落ち込んだり…また頑張ってみたり…

その繰り返し…

やってあげたい気持ちがたくさんあるものの…身体はついてこない(T_T)

気持ちばかり…

まぁ!それが生きている!って事なんでしょうね!

インフルエンザのお話かか

インフルエンザワクチン接種など
のっぽ187
うさぎさん

僕は、今年は、インフルエンザワクチンの接種は受けないと思います。理由は、年内は、あまり出掛けないだろうからです。(それに受けに行くのも、面倒臭い。)

ちなみに昨年は、勤務先の病院で接種を受けました。

人の多い所にしょっちゅう出掛ける人は、受けた方がいいのかな、と思うのですが、今の僕は、そんな生活をしていないので、今のところ、受けない予定です。

ゼローダを飲んでいて、アバスチンを受けている状況で、インフルエンザウィルスのワクチンを打ってもらって大丈夫か、ということについては、主治医の先生にご相談下さい。率直に言って、僕は、大丈夫なのかどうか分からないです。(要は、知識がないので、知らない、ということです。)

気持ちの持ち方については、正直に言うと、いいアドバイスが思い浮かばないです。

ゼローダの副作用で体が重い、一方、ゼローダやアバスチンを今のところ、中止する予定がない、というのであれば、僕なら、ゼローダを飲む量を減らすことを考えますが(僕の価値観から、そうすることを考える、と言っているだけで、生きている期間を短くする可能性があります)、そこの判断は、人それぞれだと思います。

副作用が、それ程でもない、のであれば、今の治療は続けて、気の持ち方を変える、という路線になるか、と思います。

どうするのが良いかは、人それぞれだと思うのですが、「小さなことに喜びを見出す。」「まあ、いいか、と思う。」辺りが普遍的ではないか、と思います。

僕は、「あまり、しんどい思いをせずに、いい結果を出す(一日でも長く生きる)。」ことに専心するのが、性に合っているので、苦痛のない範囲で、食事に気を付けたり(玄米菜食、魚食、豆食、果物食)、歩いたり(歩くのは、かなり好きです)しています。

貧乏性丸出しで恐縮なのですが、あまり人の多い所へ出掛けない生活をされているのであれば、インフルエンザワクチン代を、美味しい食べ物(僕は果物が好きなので、いい果物を買うかな)を買うのに充てる、でいいかな、なんて思いました。また、患者として、あまり病院や医院に行くのが好きでないので、その点でも、インフルエンザワクチンを受けに行くのは、億劫であると感じています。

http://www.cyzo.com/2010/10/post_5655.htmlによると、水でのうがいは、エビデンスがあるようですね。僕は、この冬は、この線で(水でのうがいで)行こうかな、と思っています。

最後に。僕の場合、インフルエンザワクチンの接種を受けるかどうかは、復職をするタイミングによると思います。今、書いている内容は、現時点での僕の考えです。


うさぎ
のっぽさん…うがいのお話…とても参考になりました!
私は声楽をしているので…喉ヌールやらイソジン…この季節になるとかなり愛用していました。傷にも水が1番の消毒薬だ!と外科のお医者さんが言っていました。水で流して、後はラップでバイ菌入らない様にしたらいい!と…もちろん大した傷でなければ自然乾燥もOK~!身体には自ら毒や異物を外に出そうとする働きが備わっているから…余計な事をしなくてもいい!と町の外科のお医者さん!私は大げさにしないお医者さんのこの考え…大好きです!
そして、とても丁寧にお返事頂いて!本当にありがとうございます(*^_^*)
私…前に匿名で書かせてもらいながら、昨日は何となくそのままコメントしてしまい…しかも、何回も書き直しては…長い文面で消えてしまい…やっぱり短くコメントするのが難しいです。結局変な終わり方になってしまった事…気になって…すみません(^^;)

『まぁ、いいか、と思う事』その考えをもつだけでかなり気持ちがゆったりできると思います!そうだよね~!って改めて思い直しました。
忙しい毎日に(病気になる前より引き出しはかなり空けてるつもりです!)やっぱり少し逃げ場所を求めてしまいます。
同じお金を使うなら!楽しい事に!美味しいものに!本当にそう思います!私も歩く事大好きです!色んな事…沢山書きたいのですが…また文面が切れてしまうかと不安で…この辺りで止めといた方が無難かしら(*^_^*)

何度もすみません
うさぎ
うさぎって何者??と皆さんに思われるかと思い…少し私の事を書かせてもらおうかと…私事ですみませんf^_^;

私はこの前のお誕生日で35歳になりました!170cm主婦です!子供は中学3年生…中学1年生…小学1年生…幼稚園年中さんの子がいます!S状結腸進行癌で卵巣子宮転移…肝臓転移…7月に大腸と卵巣等の手術しました。今は肝臓腫瘍の治療の為に抗がん剤治療中です!年齢が近いのっぽさんのブログで納得する事が多く…とても勉強になり…コメントさせてもらっています!大阪に住んでいる私ですが…のっぽさんも大阪だとか…何だかその辺りも嬉しいんです!何だか頑張ろう~!って…歌う事大好きで…舞台で歌う事も大好きです!家事も歌も子育ても常に向上心を持ち頑張っています!少し動ける様になるとフルカイテンしたくなります。でも私って病気?って思うと…たまに凹みます!
『人間として生きる意味』『願いがかなう喜び』『思い通りにならない事』私はとても共感させて頂いていて…何回も読み返しては!自分の考えや行動を見直す事をさせて頂いています!
改めてありがとうございます(*^_^*)



管理人のみ閲覧できます
-



のっぽ187
うさぎさん

コメント、拝読致しました。

>水で流して、後はラップでバイ菌入らない様にしたらいい!と…もちろん大した傷でなければ自然乾燥もOK~!身体には自ら毒や異物を外に出そうとする働きが備わっているから…余計な事をしなくてもいい!

この考えは、僕も聞いたことがあります。

>同じお金を使うなら!楽しい事に!美味しいものに!本当にそう思います!

持っているお金の量は、人それぞれだと思うのですが、使える額が限られているのであれば(僕を含め、殆どの人がそうでしょう)、「使う価値のある物に使う。」でいいのではないか、と僕も考えています。

>改めてありがとうございます(*^_^*)

どう致しまして。


のっぽ187
匿名の方へ

分かりました。

コメントを閉じる▲
いずれにせよ、もし過ちを犯すとしたら、愛が原因で間違った方が素敵ね。(マザー・テレサ)

間違うこと、失敗することをどう捉えるかは、僕にとって、大きなテーマの一つである。それについて、解答とまでは行かないが、いいアドバイスを得ることが出来た。



FC2blog テーマ:名言・格言 - ジャンル:その他

【2010/10/15 13:59】 | 思ったこと
トラックバック(0) |

お言葉
カブ太郎
マザーテレサさんのお言葉には感慨深いものがありますね。間違いも愛が関わってれば美なのでしょうね。

先人達の名言
のっぽ187
カブ太郎さん

先人達の名言からは、本当に学ぶところが多いです。

コメントを閉じる▲
今日の晩(午後7時半か8時頃)から、風邪の症状は、殆ど治まっている。わずかに咳を残す程度。

今晩も、ゼローダは飲まない予定。

10月15日、追記。リンクに、僕が最近よく聞いている曲を加えました。2人、中国人の奏者が弾いています。改めて、21世紀は中国の世紀になるかも知れないと思いました。


FC2blog テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

【2010/10/14 22:59】 | 自分の体
トラックバック(0) |

こんにちは
カブ太郎
のっぽ187さん
私もそう思いますね。もう経済は勿論のことその他の国際社会問題等で抜きでは語れないでしょうね。

少し驚きました。
のっぽ187
カブ太郎さん

「21世紀は中国の世紀になる。」といった話は、至るところで聞かれますが、クラッシックや映画音楽を奏でる人達においても、中国人に評価の高い人がいて、少し驚きました。

癒し系カノン。。。
モリダク
かなり前 ドラゴンアッシュがメジャーになって間もない頃の曲(名忘れましたが)裏で大好きなカノンのコード進行が流れていたので 知り合いの音楽関係者たちに報告したのを覚えています。
最近では モロに癒し系クラシックにラップを重ねた曲が流行ってますね。

私の一番身近な中国の人は 二胡の先生なのですが 中国の曲はもちろん クラシックでも 日本の歌謡曲でも 先生が歌うと中国の曲っぽく聞こえてしまうのが 不思議です(^_^;) 

二胡、いいですね。
のっぽ187
モリダクさん

率直に言うと、ラップが何なのか知らなかったので、今、wikipedia で調べたところです。

>最近では モロに癒し系クラシックにラップを重ねた曲が流行ってますね。

そうなんですね。

実は、二胡も、どんな楽器か知らなかったので、今、wikipedia で調べました。弦が2本なんですね。http://www.youtube.com/watch?v=9I5inHBJ2Zo を聞いてみました。何だか、長江を船で渡っているような気分になりました。


しろ
    のっぽ187先生

二胡は、某NH放送が女子十二楽坊の特集してたことがあり知ってました、
妖しげな音色の印象をうけました。
中国との、ストの応酬 など心配しています、
自分が心配してもどうなることでもないですが。

音色はギターの方が自分としては好み 笑
フォルクローレの 花祭り は良く聞いてました。
弾くのはアルハブラ宮殿のトレモロが出来ずに断念、もう35年前の話です。

音楽話。。。
モリダク
余談ですが こちらで私の音楽傾向を語っています(^^ゞ
http://nekotyann.exblog.jp/i5/

ユーミンの「水の影」や坂本龍一の「ラストエンペラー」でも
二胡が効果的に使われています。

ギターでは押尾さんに似た感じですが
松井くんのが 聴いてて癒されます(^^)
http://nekotyann.exblog.jp/12599085/



のっぽ187
しろさん

中長期的に見れば、僕は、日本は中国と仲良くする路線の方がいいのでは、と考えています。

しろさん、ギターを弾かれていたのですね。

フォルクローレの花祭り、今、youtube で聞きました。どこか懐かしい感じのする曲、音色でした。

聴きました。
のっぽ187
モリダクさん

http://nekotyann.exblog.jp/12599085/、拝聴しました。上手ですね!

http://nekotyann.exblog.jp/i5/、時々、お伺い致します。

坂本龍一氏の「ラストエンペラー」、久しぶりに聴きました。懐かしいです。そして、二胡の音だったのですね。知らなかったです。

中国の脅威
カノン
最近、少し風邪をひきやすくなられたかなあ、と心配ですが、良くなられたご様子で何よりです。

21世紀は中国の世紀、本当にそうですね。
今年4-6月期の名目GDP(国内総生産)は、内閣府の試算によりますと、中国が1兆3369億ドル、日本は1兆2883億ドルで、4半期ベースで、日本は中国に初めて抜かれました。

ただ、中国の人口は日本の10倍以上なので、GDP一人当たりでは10分の1ということになり、物質的な豊かさという点では、まだまだ日本に及ばないということになります。
ですから、中国は二酸化炭素の排出規制などでは、発展途上国の立場で主張し、一方では、世界第2位の経済大国として、近隣諸国に圧力をかけます。
21世紀は、中国のこの2つの顔に、私たちは振り回されるのだろうなあ、と思います。

経済が発展してきますと、経済規模はその国の人口に大きく影響されます。その意味では、中国はやがてアメリカを抜き、もっと遠い将来には、今度はインドに抜かれる可能性が高い、とも言われています。
ということは、今からインドと対等で良好な関係を構築しておくことが、ひいては日中関係に役立つのではないか、などと考えます。

思えば、のっぽ先生のブログに、最初に書き込ませていただいた時、BGMに流れていたのが、パッヘルベルのカノンで、それが私のHNになりました。バロック音楽は、どれも素敵ですね。バッハの「G線上のアリア」、機会がありましたら、お聴きになってみてください。

日本の対応
のっぽ187
カノンさん

直腸癌を指摘される前は、1年に1度、風邪を引くか引かないか、位だったのですが、今年は、1月、3月、8月と今回で4回目です。個人的には、癌を指摘される前は、頻繁に水分を摂っていたのですが、大腸を取ってからは、下痢しないようにするため、水分の摂取を抑えているのが良くないのではないか、と踏んでいます。

水分の摂取が少ないと、喉に付いたウィルスを十分、洗い流すことが出来ず、よく風邪を引いてしまうという結果に至ってしまうのではないか、と考えています。

もしかすると、脱水傾向にあると、ウィルス感染が起きやすくなるのかも知れません。(この説は、医学生をしていた頃に聞いた訳でも、医者になってから、教わった訳でもなく、最近、自分で、「もしかすると、こうかも。」と考えているだけです。)

対応としては、こまめに水分を摂る、ということになるか、と思います。別な言い方をすると、「(便を)漏らしても、洗濯すれば、いい訳だから、気にせず飲もう。」と割り切りましょう、ということですね。

>今からインドと対等で良好な関係を構築しておくことが、ひいては日中関係に役立つのではないか、などと考えます。

全く同感です。遠交近攻ですね。

日本経済は、中国の成長のおこぼれに預かる、といった状況になると、僕は考えています。単純に計算すると、中国は、日本の10倍の経済規模にまで拡大すると考えられます。(国民1人当たりのGDPが同じになるまで拡大するとして)

企業レベルでは、その辺の切り替えは出来ていると思うのですが、政治レベルでは、どうなのかな、と時々思います。

>思えば、のっぽ先生のブログに、最初に書き込ませていただいた時、BGMに流れていたのが、パッヘルベルのカノンで、それが私のHNになりました。

そうだったのですね。

バッハの「G線上のアリア」、聴きました。とても静かな気持ちになれました。

コメントを閉じる▲
昨夜、夜更かしをした(午前2時半就寝)。今朝から風邪を引いている。現時点では、痰、鼻水は透明で、風邪のみ(ウイルス感染のみ)だろう。

今晩は、ゼローダは飲まずに寝る予定。

「ゼローダを服薬しない。→好中球(白血球のうち細菌をやっつけるもの)の減少を抑える。→二次感染(ウイルス感染の後の細菌感染)を抑える。」というシナリオを一応、想定。

FC2blog テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

【2010/10/12 22:18】 | 自分の体
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


こちらこそ、初めまして。
のっぽ187
匿名の方へ

こちらこそ、初めまして。

お蔭様で、今日の夕方位から、風邪の症状は、殆ど取れました。

ゼローダを止めていたのが良かったのかどうか定かではないのですが、今回の風邪は、二次感染(風邪のウィルスが感染した後に細菌感染を起こす)を起こすことなく、治りそうです。

管理人のみ閲覧できます
-


有難うございます。
のっぽ187
匿名の方へ

ご心配頂き、有難うございます。

お蔭様で、今回の風邪は、軽く済みました。

女性用の○○については、ちらっと考えたことがあるのですが、何となく抵抗があって、実行には移しませんでした。「amazonで買う。」というのは、ナイスアイデアですね。ちょっとスーパーで買うのは、気が引けるな、とも思っていました。

今のところ、寒天が、便を固めるのに、思いのほか、役に立っていること、今、履いている、綿100%のパンツ(正確には、猿股)が、結構、履き心地が良いこともあって、当面は、現行のスタイルで行こうかな、と考えています。

とは言え、猿股と、綿製のトランクスを重ねて履くのは(お腹の調子が悪いな、と思う時は、2枚重ねて、履きます)、秋、冬は、いいのですが、夏の暑い時は、「ちょっと、どうかなあ。」と思うことがありました。なので、この話、よく憶えておきます。

最後になりましたが、親切にお教え頂き、本当に有難うございます。

コメントを閉じる▲
小沢一郎議員の民主党議員としての地位保全を求める署名をした。以下のようにコメントをした。

有罪であることが決まっていない時点で、あたかも罪を犯したか、のように報道するマスコミに、うんざりしています。有罪であることが確定した時点で(私は無罪であると考えていますが)、その後の処遇について考えればいいのではないか、と私は考えています。

FC2blog テーマ:政治・時事問題 - ジャンル:政治・経済

【2010/10/11 12:23】 | 思ったこと
トラックバック(0) |
膵臓がんサバイバーへの挑戦、【緊急】パブリックコメントのお願いで、厚生労働省にパブリックコメントをした。全部、アを選び、下記のように意見を述べた。メモ代わりに記載する。

良い点

癌患者の数、癌で亡くなる人の数から見て、少なくとも、この内容は実施するべきだと思います。

現行の抗癌剤治療の問題点の一つは、副作用が強過ぎて、働くことが出来なくなるケースが多いことだと思います。癌患者が仕事と癌治療を両立させることが、癌ワクチン療法の普及によって出来るようになるのであれば、癌患者自身としても、国としても、得られる恩恵は大きいと考えます。

一つ一つの癌を取ってみると、依然、使える抗癌剤の種類は多いとは言えないと思います。その点から見ても、ドラッグ・ラグの解消や革新的新薬・医療機器の創出のために予算を計上していることは評価出来ると思います。

悪い点

要望額、事業規模は、少なくとも、要望概要に書かれた額、規模であるべきだと思います。むしろ額については、少ないと思います。

デフレ脱却・経済成長を、その目的とするならば、仕事と癌治療が両立出来るような治療法(癌ワクチン療法、分子標的薬による治療、癌をピンポイントに狙った放射線治療など)を早期に普及させるべきだと考えます。導入のみならず普及(多くの施設で当該治療が受けられるようになる)についても、言及ならびに予算の計上があれば良いのになあ、と思いました。

その他意見

上述の通りなのですが、導入のみならず普及についての事業も、して頂けると有難いな、と思います。

普及については、ある程度、民間の施設に委託しては、どうかな、と思いました。

また、癌ワクチン療法の臨床試験も、ある程度、民間の施設、病院に委託した方が、より早く症例数を確保出来るのではないか、と思いました。(意見は、ここまで。)

ずれたことを書いたかも知れないが、自分の言葉で意見を述べてみた。

FC2blog テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

【2010/10/09 18:34】 | 医療全般
トラックバック(1) |

ご協力感謝
キノシタ
のっぽ187さん。ご協力感謝します。早いですね。
私も準備はしているのですが、ブログの連載も忙しくて・・・
精神科医でもあらせられるようですから、ぜひ精神腫瘍免疫学に関してもご意見を伺いたいです。
187は身長でしょうか?

正直なところ
のっぽ187
キノシタさん

ようこそ、拙ブログへ。

ちゃんとした文章を書くのは、意外と時間が掛かるなあ、と改めて思いました。

休職期間を除くと、8年間、精神科医をしたのですが、そのうち、大学病院でない総合病院に1年強、大学病院に2年弱、精神科だけの病院に5年間、勤めました。

このうち、緩和ケアの仕事をしたのは、大学病院でない総合病院に勤めていた1年強の間だけでした。ただ、この1年強の間も、「術後のせん妄を診て下さい。」といった依頼や、精神科に入院したり通院したりしている患者さんが入院して来た場合、主治医と一緒に、その患者さんを診る(精神科領域でのフォローを行う)といった業務が多く、緩和ケアの仕事は「片手間」にしていたという感じでした。

なので、精神腫瘍免疫学について聞かれても、何も答えられないというのが、正直なところです。

1年強、勤めていた総合病院は、とにかく平均在院日数を少なくすることを第一としていた病院でした。そのこともあって、癌で手術を受けても、経過の良い人は、すぐに帰ってしまうし(いいことですが)、来るのは、かなり悪くなってから(よく鎮静を掛ける時期について話をしていました)だったので、心の状態が、予後に、どう影響するのか、どれ位、影響するのか、について、全く学ぶ機会がなかったです。

187は、ご指摘の通り、身長です。(そのままですね。)

コメントを閉じる▲
最近は、仕事を休んでいることもあり、ぼちぼち炊事をしている。今朝、起きてみると、右第2指の表皮が一部、剥がれている。痛みはない。手足症候群だろう。ゼローダの血中濃度がある程度の域に達していると考えていいだろう。言い換えると、飲んでいる量が極端に少ないという訳ではないということだろう。

FC2blog テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

【2010/10/08 10:51】 | 自分の体
トラックバック(0) |

副作用
カブ太郎
のっぽ187さん

私はゼローダという薬は知らないのですが、副作用が大きければそれだけ効き目も成果を成し 小さければ効果も小さいので服用するのも考えものでしょうね!と安易に考えました。

ゼローダについて
ネガティブ
こんにちわ。

私もゼローダ服用しています。
手の色の変化 薄黒くなってきています。

その他 ひどい副作用はありません。



用量反応曲線
のっぽ187
カブ太郎さん

僕の理解も十分とは言えないのですが、理解している限りでお答えします。

薬の血中濃度が高くなるに従い、副作用が出る率が高くなります。例えば、1という濃度の時は、10人に1人しか副作用が出ない薬であっても、2という濃度の時は、10人のうち5人が副作用が出るといった具合です。

用量反応曲線http://home.hiroshima-u.ac.jp/kyh/res/dose.htmlの説明が正確であると思います。

効果については、当該薬が、その個体の癌に効くかどうかという問題が入って来るので、少し話は複雑になるのですが、基本的には、用量反応曲線で説明できるとされています。wikipediaの用量反応関係http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%A8%E9%87%8F%E5%8F%8D%E5%BF%9C%E9%96%A2%E4%BF%82の記載を元にお答えしました。(僕の理解も、十分とは言えないので。)

反応(グラフのy軸に取る。ここでは副作用。)があるということは、用量(グラフのx軸。僕は血中濃度で考えました。)は、それなりに足りているのではないか(厳密に言うと、他の人が到達している位の血中濃度に、僕もあるのではないか)と考えました。

なお、高橋豊著「決定版 がん休眠療法」の p121~122に、「休眠療法では、毒性のグレード1あるいは2という客観的な指標をおいて治療を行います。」とあります。

副作用
のっぽ187
ネガティブさん

基本的には、本人が「不快だ。」と感じるものでなければ、可なのではないでしょうか。

少なくとも、僕は、そう考えています。

管理人のみ閲覧できます
-


コメントを閉じる▲
膵臓がんサバイバーへの挑戦の2010年10月7日のエントリーを読んだ。一部、抜粋する。

しかし公開されたPDFファイルを詳細に見ると、すべての臨床試験がヒトのがん細胞を使った試験管内での試験、あるいはマウスでの試験である。ヒトに対しての臨床試験はひとつもない。もちろん腫瘍毎の生存率のデータなどは見あたらない。(抜粋終わり)

ヒトに対しての臨床試験がなされていないものを、推奨するのは、はっきり言って、まずいと思う。

10月8日、追記。ライブラリの一部を入れ替えました。

FC2blog テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

【2010/10/08 00:12】 | 医療全般
トラックバック(0) |

冷静な視点を持つことの難しさ
カノン
そうだったのですか・・・。
私は、のっぽ先生のコメント欄に、たぶん2回、帯津先生の患者さんに向き合う姿勢や考え方について、書き込ませていただきました。

NHKの教育TV「こころの時代」で放送された、帯津先生の「いのちの旅路」を観て、感想を述べたものです。

西洋医学のみの治療に限界を感じて、東洋医学との融合を図ったり、患者さんの話をじっくり聴いて、病気だけを診るのではなく、人間まるごと看る姿勢や、良い場を持つことの重要性、養生することの必要性を説く姿に、感銘を受けました。

ただ、思い返してみますと、帯津先生の経歴や肩書から、胡散臭い商法とは無縁であろうという先入観にとらわれていたことは、確かです。
学歴や経歴や肩書に、簡単に惑わされることからは、もう卒業したと思っていたのに、まだまだ権威主義にとらわれていた自分自身に、情けない思いもしています。

帯津先生のように影響力のある方の言動を、さまざまな面から捉えて、冷静に観ることの難しさを、改めて感じています。

のっぽ先生は、個人的なブログとはいえ、医師であるがゆえに、エントリーに責任を感じたり、神経を使われることも多いかと思います。
いつも細やかなお心配りに、感謝しています。

薬の効果、害
のっぽ187
カノンさん

こちらこそ、そういった配慮を汲んで頂き、とても有難く思っています。

プロフィールに自分の職業を書いている以上、一臨床医として、看過出来ないことは、こうして書かないといけないな、と思っています。(もちろん、「おかしいな。」と思ったことを全てエントリーに書くことは時間的、労力的に見て、不可能なのですが。)

もしかすると、プロフィールを見て、「この人は医者だから、この人が薦めている本の著者が言っていることも、きっと正しいだろう。」と考える人も居るかも知れないと思い、このエントリーを書き、ライブラリの一部を入れ替えました。

僕も、帯津先生の経歴、肩書から、「まあ、大丈夫だろう。」と思っていました。

しかし、帯津先生も、お年を召されたのでしょう。(お年を召されても、しっかりされた方は、たくさんいらっしゃいますが。)

薬の効果、害について、改めて、考えさせられました。


職務経歴書の書き方
とても魅力的な記事でした。
また遊びにきます。
ありがとうございます。


のっぽ187
職務経歴書の書き方さん

そう言って頂けると、とても嬉しいです。

コメントを閉じる▲
9月30日は、当ブログと相互リンクしているノラしろと、重複ガンの、しろさんに福山駅まで迎えに来て頂き、一日、尾道市内を観光した。

福山市から尾道市へ、車で移動。しろさんに車を出して頂き、しろさんの運転で尾道市内へ向かう。

初めは浄土寺。本堂、多宝堂が国宝に指定されている。なかなか趣のあるお寺だった。

車で少し移動し、千光寺公園へ。山のふもとに車を止め、ロープウェイで山頂へ向かう。山頂に千光寺公園がある。以下が千光寺公園からの眺望である。

P1060848_convert_20101004212733.jpg

海沿いに比較的、高い山があり、山頂からの見晴らしは、とても良い。

山を降り、車で移動。道中のパーキングエリアで昼食を摂る。しまなみ海道は、しろさんが運転を代わってくれた。ほぼ2年ぶりに車を運転した。意外と、普通に運転出来るものだな、と少しほっとした。

生口島という島で、しまなみ海道を降り、平山郁夫美術館へ。

絵が上手だったのと(当たり前か)、奥さんが東京芸大の同期で、卒業時の作品は、本人が二席だったのに対し、奥さんが首席だったのが印象的だった。なお、本人が25の時(恐らく、奥さんも同い年だろう)、結婚し、その時に奥さんは筆を折ったと書いてあった。昭和30年とは、きっとそんな時代だったんだろう。

平山郁夫美術館を出て、すぐ裏手にある耕三寺へ。

P1060850_convert_20101004212833.jpg

大理石で作られた丘の上からの見晴らしは良く、眼下に広がる町並みも、とてもきれいだった。なお、この寺の多角経営振りには少し驚いた。しろさんが、この寺のことを「テーマパーク」と仰っていたが、言い得て妙だと思った。

耕三寺を出て、同じ島の中にある向上寺へ。

P1060853_convert_20101005102552.jpg

三重塔は、国宝に指定されているが、人影がなく、寂しい。お寺の運営も、marketing が大切なんだろう。

向上寺を出て、因島に渡り、白滝山に登る。

P1060856_convert_20101004212903.jpg

この日は、雨のち曇りという天気であったが、それでも、白滝山頂上からの見晴らしは素晴らしく、日本の、どの観光地と比べても、決して見劣りするものではないと思う。

白滝山を後にし、しまなみ海道で本州に戻り、福山市内へ移動。福山駅前で、しろさんと一緒に夕食を摂り、同駅で別れた。

しろさん、有難うございました!

FC2blog テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

【2010/10/05 11:00】 | 日記
トラックバック(1) |


ネガティブ
しまなみ海道素敵ですね。
平山郁夫美術館もとても善かった記憶が有ります。
ジェラート食べましたか?近くに美味しいお店が在ります。

旅行は 現実逃避出来るのでストレス解消には
最適ですね。

すてきな景色
whitekite
のっぽ先生、こんにちは。

さわやかな日本の秋に、素敵な景色を堪能されてよかったですね!
四季の移ろいのある日本できれいな景色を見れるのは本当に素晴らしいことだと思います。

のっぽ先生としろさんが楽しんでいる様子が伝わってきて、わたしもなんか嬉しく楽しくなりました!ありがとうございます☆


しろ
    のっぽ187先生

話しに夢中になり、インターチェンジを通り越し、慌てました。笑

6月の京都 南禅寺に続き、とても楽しく一日を過ごさせていただきました。
こちらこそ、ありがとうございました。

ご迷惑でなければ、またいつか、よろしくお願いします!


のっぽ187
ネガティブさん

しまなみ海道は、素晴らしいです。

平山郁夫美術館も良かったです。中1位から、「これは上手いな。」と唸らせる絵を描かれていました。

>ジェラート食べましたか?

食べていないです。観光地を次々と回る一日でした。

旅行は、いいですね。また、出掛けたいな、と思いました。



本当に、きれいでした。
のっぽ187
whitekiteさん

瀬戸内海は、本当に、きれいでした。

日本国内でも、十分、景色を楽しめることを、改めて知ることが出来ました。

>のっぽ先生としろさんが楽しんでいる様子が伝わってきて、わたしもなんか嬉しく楽しくなりました!ありがとうございます☆

whitekiteさんの人柄の良さが感じられて、僕も幸せな気分になれました。


のっぽ187
しろさん

また、行きましょう。(というか、連れて行って下さい、ですね。)


金木犀の香り
カノン
金木犀の優しい香りが漂う季節になりました。

のっぽ先生の記事からも、しろさんのブログからも、おふたりが味わった楽しさの余韻が、こちらにしっかり伝わってきて、本当に充実した一日を過ごされてよかったなあ、と思います。

尾道は憧れの街です。
数々の名作の舞台となり、映画のロケ地としても有名です。大林宣彦監督の「ふたり」は、急な坂道と眼下に広がる景色が効果的な、とても素敵な作品でした。
でも、現実問題としては、足腰が丈夫じゃないと、高台には住めない街ですね(笑)。

以前、TVで平山先生の奥様が、「彼の才能を見抜いて、彼が描き続けることをサポートするために、私は自分が描くことをやめた」といったようなことを、話していました。
その覚悟を、終生貫いたということは、それだけ平山画伯の才能が、本物だったということかもしれませんね。

歴史好きなのっぽ先生が、ご覧になったシルクロードの絵は、やはりロマンを掻き立てられるものでしたか?

旅行いいですね(^^)
モリダク
お世話になっています。
福山は2か月前まで主人の単身赴任先だったので
馴染みがあります。

が 主人がインフルエンザになったときや 急用が発生したときだけ
深夜に高速を飛ばして行っては 夜通しに帰って翌日仕事・・・と
もったいないことに せっかくの街を
観光地として 意識していなかった気がします。

近く 元同僚たちと飲むらしいので
強引に ついて行こうかしら(^_^;)

尾道観光
カブ太郎
のっぽ187さん

しろさんにも書いたことがあるのですが、私は東海の者なので広島に観光に来た時に尾道を外したのが惜しいです。

こんなに眺めの良い景色が広がるのならまた機会があれば行きたい所です。
大理石の建物の広場はまるで地中海の地域の風景みたいですね!

急な坂は覚悟をしないと登れないですよね(笑)

尾道観光の感想
のっぽ187
カノンさん

僕も、尾道ほどではないのですが、ちょっとした高台の上に住んでいます。

見晴らしは、いいのですが、住むには平地の方が便利です。買い物のたびに下に降りて行かないといけないですから。

平山郁夫氏は、本当に絵が上手だと思いました。(そもそも、素人である僕が、どれ位、上手かを評価することは不可能ですが。)

ただ、一線で長く描き続けて来られた理由の一つには、奥さんのサポートがあるように思いました。

シルクロードを取り扱った風景画の評価が高いようでしたが、僕は、人物画(アフガニスタンの年老いた男性を描いたものとか)に心奪われました。

コメントを閉じる▲
この1週間で、2回、出掛けている。体調は良好。便意が時々して、それが気になる位。急に秋らしくなった。外国に住んだことがないので、比較は出来ないが、四季を明確に感じ取ることが出来るという点で、日本は、住むのに適した国だと思う。

FC2blog テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ

【2010/10/04 22:05】 | 思ったこと
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-



のっぽ187
匿名の方へ

お教え頂き、有難うございます。

コメントを閉じる▲