癌との共存を目指しています。
今朝も、ゼローダ3錠を飲んで就寝。先ほど(午後0時過ぎ)、食事を摂って来た。ゼローダ内服後、7時間、経つが、お腹がゴロゴロいっている。大腸を取る前の感覚で言うと、牛乳を飲み過ぎて、お腹がグルグルいっている感じに近い。先ほど食べた食事は、玄米、お味噌汁、モロヘイヤ、卵巻、さばだったので、お腹を下すような内容ではない。

この錠数でも、ゼローダは、「効いている」ようだ。

なお、この副作用は、半日位で取れるので、「効いている」期間の大半を眠って過ごすのは、効果云々はともかくとして(クロノセラピーを行った際の効果という意味です)、理にかなっていると思う。

FC2blog テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

【2010/07/31 13:05】 | 自分の体
トラックバック(0) |
みづきの末期直腸ガンからの復活の記録http://kirin62.blog62.fc2.com/の最後の記事、闘いの終焉より抜粋。

みづきの場合、やはり効果があったのは、毎日1時間以上の散歩、無農薬野菜を中心とした玄米菜食の食事、ガンに負けないという気持ち、この3つだと思います。ガンに効くというサプリメント類は世の中に山のようにありますが、ほとんど使いませんでした。(中略)しかし、実際には運動・食事・精神の三本柱で闘う事ができると思います。(抜粋終わり)

散歩は、1日5,6km歩いている。時速5kmで歩いているとすると、1日当たり1時間強、歩いていることになる。

無農薬野菜ではないけど、野菜をよく食べるようにしているし、主食は玄米か和蕎麦。(玄米だけだと、飽きてしまうだろうから。)

ガンに負けないというか、ベストを尽くす、といった心境だが、大差はないだろう。(その人にとって、ベストなメンタリティを保つのが良いと思う。なお、fighting spiritを持っている群が一番、生存率が高かった、というデータを別の本で読んだことがある。)

サプリメントは、これまで口にしたことはない。(栄養は口から摂りたい。)

みずきさんのブログは、ほぼ2年ぶりに覗いたのだが、書いてあることが、自分がしようとしていること、現在していることと殆ど同じなので、驚いてしまった。彼女達は、「がんに効く生活」の英語版を既に読んでいたか、この本に書かれている内容を別の本やサイトで知っていたのだろう。(知らずに、ここまで一致するのは、少し考えにくい。)

僕は、抗癌剤の効果についても、ある程度、評価をしているのだが(それこそ、比較試験で効果は証明されている)、効果があるとされている量を、どう考えても、摂取し続けることが出来ないので、「2本立て」で行こうと考えている。(高橋豊先生が提唱される、grade 1の副作用が出る量についても、大腸を全摘しているので、もともとの下痢状態からgradeが1つ上がって、漏便となってしまい、厳しい。)

とにかくベストを尽くそうと考えているのだが、同じ事をしていた人がすでにいたことに改めて驚き、記事にした。

FC2blog テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

【2010/07/31 05:20】 | 自分の体
トラックバック(0) |
今日は、朝食後に2回、便を漏らした。初めてのことである。オキサリプラチン+ゼローダの副作用か、緑茶とジュース(100%ぶどうジュース)の飲み過ぎか。しかし、水分を取り過ぎて、便を漏らすようでは、夏場は少し心許ない。大腸を全摘し、自然肛門としている以上、あまりゼローダをたくさん飲むことは出来ないということだろう。なお、水分の摂取を控えるというのは選択肢にはない。(まあ、適度な水分の摂取というのが正解だろうが、この季節、適度というのは難しいと思う。)

大腸を全摘した以上、副作用で下痢を起こす抗癌剤は、あまり多く摂取できないだろう。(標準量の2割位か。)

ということで、以前に増して、食事、運動、心の平穏を保つことに力を入れたいと思う。

今月の初めに、白米から玄米に切り替えた。全然、問題なく食べられている。(母親には、非常に感謝している。)お茶も、24日から熱い緑茶に切り替えた。昨晩も、3km程、歩いた。(中断したとは言え、オキサリプラチンの点滴を受けた日の晩に、散歩をする気になったのには、我ながら少し驚いた。)

先日、拙ブログで取り上げた「がんに効く生活、ダヴィド・S・シュベール著」に、(がんに効く生活を実践することは)ダイエットのようなものだ、という記載があった。これまで、ダイエットらしいダイエットをしたことがないのだが、これからは、癌の成長を抑えるべく、「ダイエット」に励みたいと思う。

FC2blog テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

【2010/07/28 01:58】 | 自分の体
トラックバック(0) |

夏休み読書感想文
カノン
オキサリプラチンへのアレルギー反応が、大事に至らず、本当によかったです。
胸苦しさや全身の痒みなど、深刻な副作用に思えますのに、それがグレード1ということは、グレード4の凄まじさが窺えますし、過度の我慢強さが、文字通り命取りになってしまう怖さを、知ることができたような気がします。

今、ご紹介いただきました「がんに効く生活」を読んでいるところです。すごく勉強になる本ですね。

「Ⅳがんに効く生活―効果のある食物」まできました。がんの進行において、炎症が重要な役割を果たしていること、私たちの体の中の炎症を抑える自然の解決策が、食物・運動・心の平穏に集約されることを学びました。
がんに効く生活を実践できているかどうかは、炎症マーカーを測定することによって、確認できるということなのでしょうか。

抗がん効果のある食物として、緑茶、大豆、ターメリックなどが挙げられています。
のっぽ先生は、大阪の方には珍しく(?)、納豆も召し上がりますし、ほうじ茶も好きだと書いておられました(ほうじ茶も緑茶の一種で、カテキンを豊富に含むそうです)。
あとは、ターメリックと黒こしょうの組み合わせですね。

これから、「Ⅴがんに効く生活―心の力」に突入します。ワクワクする本です。

アレルギー反応の詳細
のっぽ187
カノンさん

26日は、点滴中、胸が少し締め付けられるような感じが初めにしました。「あれっ。」と思ったのですが、眠気が勝って、その後も、うつらうつらしていました。今を思えば、随分、のんびりしていたな、と思います。

その後、頭皮が痒くなり、「あれ、昨日、髪、洗ったかな。洗ったよな。」と思い、次の瞬間に陰部が痒くなり、「これは、おかしい。」と、その時、やっと気付きました。

血圧や脈拍、血中の酸素飽和度は、全て正常だったので、grade 1 ということになると思います。

grade 1 に相当する、アレルギー反応を起こした方は、医者として、これまで十数人、診たことがあります。そのこともあって、今回の痒みに関しては、比較的、冷静に対応できたと思います。(自分で、手首の動脈を触診したりした。)

手元に資料がないので、「多分、こうだろう。」という話で恐縮なのですが、grade 4は、チアノーゼ(顔が血の気を失う)、手首の動脈を触れない(手首の動脈を触れると、血圧は、上が80mmHgあると推測される)辺りだろうと思います。

>過度の我慢強さが、文字通り命取りになってしまう怖さを、知ることができたような気がします。

僕らは、生きて行く上で、ある程度、我慢強くあるべきだと思うのですが、抗癌剤治療に関しては、そうではないのかな、と考えたりしています。

少しずつ実践に移しているところです。
のっぽ187
カノンさん

僕は、本を前から読まないので(よくそれでやって来れたな、と自分でも思う)、読み落としがあるかも知れないのですが、白血球数やCRPもしくは赤沈を調べて、炎症の起こり具合を評価するという記載はなかったと思います。

血液検査に現れる炎症反応(白血球数、CRP、赤沈)は、全身の炎症の程度を現しているのですが(熱の上がり具合と白血球数、CRPは、ある程度、相関があると思います。また、手術後は、CRPが上がります。)、この本で言うところの炎症は、微少な炎症もしくは局所の炎症ということなのでしょう。

血液検査で現れる位の炎症が生じるのであれば、この考え方は、もっと多くの人に(もっと多くの医者に)、現時点で受け入れられているだろうと思います。

納豆は、30歳代前半から、よく食べていましたが、それでも、週2回位の頻度でした。復職してからは、仕事に行く日は、毎日、食べていましたし、現在も、週に4,5日は、食べていますね。

ほうじ茶は好きですね。この本を読んでからは、自宅では、熱い緑茶ばかり飲んでいます。(もともと緑茶も好きなので。)

カレーも好きなのですが、市販のカレーのルーにどれ位、ターメリックが入っているのかな、と思うので、ターメリックと黒コショウは今後の課題です。

あと、現在、100%、ライ麦パンを探しています。(通販ではあるのですが、出来れば、近くのパン屋さんで買いたい。)


whitekite
のっぽ先生、カノンさん、こんにちは。

ようやく「がんに効く生活」を一通り読みました。
まだ、「心の力」が自分にぴったりマッチする感じで読みこめていないのですが、まずは食生活の方でいろいろ実践をはじめています。

今日は、「ターメリックライス」を作ってみました。近所のスーパーでハウスのスパイス「ターメリック」粉末(400円くらい)が売っていたので、買ってみたら、「ターメリックライスやタンドリーチキンに」と書いてあったので、ネットでいろいろ検索して、自分なりに作ってみました。
玄米がまだ手元になかったので白米でしたが、米にターメリックと塩と黒コショウとローリエとオリーブオイルをちょっと入れて炊くだけで簡単です。
(黒コショウはオリジナルで追加、バターの代わりにオリーブオイルにました)

あと、新宿駅周りで100%ライ麦パンを探したところ、紀伊国屋で売っていましたがだいぶずっしり重くてびっくりしました。私はとりあえず、他のパン屋さんでライ麦70%のパンを買いました。

いろいろ研究してみるとおもしろいですね!

食物繊維
カノン
のっぽ先生、whitekiteさん、こんばんは。

【のっぽ先生】

いつもいつも丁寧なご返信をありがとうございます。お気遣いいただいて、感謝しています。
卓越した文章が生まれる背景には、豊富な読書量に支えられている場合と、文章に対する感性が鋭いことや良い文章を自分の中に取り入れる学習能力が高い場合とがあるように思います。
のっぽ先生は、きっと後者のパターンなのだ、と思います。

炎症マーカーについて、わかりにくくて申し訳ありません。
どういう思考回路をたどったかと申しますと、3つの要素(食事・運動・心の平穏)が、バランス良く機能している生活を送ると、炎症を抑えることができます(P81、表3)。ただし、それを具体的な数値で把握することは困難です。それなので、グラスゴー病院の炎症マーカーの測定方法(P77、原注)を用いれば、実践できているかどうか、自分で確かめる目安になるかなあ、と考えました。
ただ、のっぽ先生が書いてくださいましたように、炎症はさまざまな原因で起こりますので、私の考えたことは、かなり論理の飛躍があったかと思います。
時間を割いてくださって、ありがとうございます。

【whitekiteさん】

さすがですね!武道をやっていらっしゃる方は、行動が速いです。
ブログでご紹介くださいましたラタトゥイユとターメリックライス、とってもおいしそうです。作り方も書いてくださって、助かります。
うーん、ベイリーフって、どんなものかわからないのですが、やっぱり入れないと、味が物足りないのでしょうか。
無印良品で、レトルト発芽玄米を買ってみました。いろいろ教えてくださって、ありがとうございます。

【のっぽ先生、whitekiteさん】

実は、私、困ったなあ、と思っていることがあります。玄米もライ麦パンも、試してみたいとは思っているのですが、二つとも食物繊維が多いですよね。
のっぽ先生のお腹ゴロゴロというのは、もしかしたら玄米も影響しているのではないでしょうか。
私は、あまり便秘になったことがないので、食物繊維の多いバナナを食べても、お腹がグルグルいい始めます。それなので、仕事上、朝は食べられません。便秘ではない人が、食物繊維を多く摂ると、腸が活性化しすぎるのではないでしょうか。

おふたりに試していただいて、報告を待ちたいと思います。すみません(笑)。

ターメリックライス
のっぽ187
whitekiteさん

>ようやく「がんに効く生活」を一通り読みました。

素晴らしい!
僕は、まだ一部、読んでいないところがあります。

「心の力」については、抽象的な記載が多く、どこをどう取り入れたらいいか、困りますよね。その点、食事の方は、話が分かりやすいので、実践しやすいですよね。

>近所のスーパーでハウスのスパイス「ターメリック」粉末(400円くらい)が売っていたので

売っているんですね。知らなかった!

>玄米がまだ手元になかったので白米でしたが、米にターメリックと塩と黒コショウとローリエとオリーブオイルをちょっと入れて炊くだけで簡単です。

ローリエも、スーパーで売っているのですか。(自分で調べずに、お伺いするのは、良くないのですが。)

白米もしくは玄米以外にターメリックと塩と黒コショウとローリエとオリーブオイルちょっとを入れて、炊飯器で炊けばいいのですか。

それとも、「炒める」という意味でしょうか。

>あと、新宿駅周りで100%ライ麦パンを探したところ、紀伊国屋で売っていました

新宿の紀伊国屋は、そんなものを売っているのですね。大阪(梅田)の紀伊国屋も、売っているのかな。

>いろいろ研究してみるとおもしろいですね!

えらいですね。僕は、根が面倒臭がりなので、一つ一つ「片付ける」みたいな感じで調べています。

グラスゴー病院の炎症マーカーの測定方法について
のっぽ187
カノンさん

僕の文章を褒めて頂き、大変、嬉しく思います。僕は、読書量は多くないので(インテリ層の中では少ない方に属すると思います)、僕も、文章が上手ということであれば、後者に属すると思います。

p77の原注は、全く読んでいませんでした。お教え頂き、有難うございます。

C反応性タンパクは、日本で行われる血液検査では、CRPと書かれている分です。今年の6月7日の血液検査では、僕は、CRP 0.02mg/dl(0.2mg/l)で、アルブミンは、4.1g/dl(41g/l)でした。日本とアメリカもしくはフランスは単位が違うので、10倍したり、10分の1にしたりしないといけないですが。なお、直近の2回の採血結果は、もらっていないか、失くしました。(相変わらず、いい加減です。)

個人的な見解ですが、細菌感染があると、CRPは上がるので(ウイルス感染では、CRPは少し上がるか、殆ど上がらない)、感染のない状態で評価をする必要があると思います。大雑把に言うと、風邪引いていない時に評価しましょうということですね。

あと、アルブミンは、低栄養の時に低くなります。平たく言うと、食事を摂れていない状態が続くと、低くなります。また、肝硬変の方は、肝臓でたん白を合成する機能が落ちているので、アルブミンが低くなります。あと、ネフローゼ症候群の方も、腎臓で尿をこし取る時、アルブミンが漏れてしまう(アルブミンが尿の方に流れてしまう)ので、血中のアルブミンが低くなります。

従って、食事がそこそこ取れていて、肝機能がある程度、保たれていて、腎臓からたん白がたくさん漏れているという状況でなければ(正確には覚えていませんが、尿検査でたん白±は、問題ないと思います)、その時点で、この評価法を用いることが出来ると思います。

今、拝見しました。
のっぽ187
whitekiteさん

今、貴ブログを拝見致しました。

>材料を全部炊飯器に入れてふつうのごはんと同じように炊くだけ!

有難うございます。それでいいんですね。

いい案が思い付きません。
のっぽ187
カノンさん

>のっぽ先生のお腹ゴロゴロというのは、もしかしたら玄米も影響しているのではないでしょうか。

白米を食べていた頃からゴロゴロ言っていましたが、玄米を食べるようになって、さらに酷くなったかな。分かりません。

実家で食事を摂るようになってから、野菜、果物、きのこ類のウエイトが増えたので、それでゴロゴロ言うようになったのかも知れません。

食物繊維は、消化されないので、腸が運び続けなければならず、ゴロゴロ言うという結果になるのかも知れません。(素人に毛が生えたような類推で心苦しいのですが。)

対処法は、いい案が思い付きません。よく噛んで食べるぐらいでしょうか。


whitekite
のっぽ先生、カノンさん、こんにちは!

ベイリーフは、ローリエと同じ意味で、日本語では月桂樹という名前の
臭み消しに使う葉っぱです。カレーとか、シチューによく使って、スーパーでも一般的に売っていると思います。
ターメリックは、ちょっと土臭い?ような香りがするので、それを軽減するためにターメリックライスに入れるのかと思うのですが、なくても問題ないと思います。

ターメリックパウダーは、スーパーであまり見かけたことがなかったので(興味がなかっただけかもしれませんが)売っていてびっくりしました。

>のっぽ先生
お返事する前にブログを見ていただいて、すみません。
今度炊く時は、材料なども写真にとってブログに掲載してみます!
ほんとに簡単であっけなくできちゃいます。発芽玄米が届いたので、次回は発芽玄米ターメリックライスになる予定です。

>カノンさん
私はおなかがもうちょっとゴロゴロしてほしいのですが、直腸を取ってからは、食べたものによってゴロゴロしなくなってしまいました。以前はバナナとかコーヒーでゴロゴロする時もあったのですが。。。
もしかしたら、腸全体としてははゴロゴロしているのかもしれないのですが、出口のところがうまく機能してない感じです。つなぎ目とかもあるため細くなっていて苦労しているという感じでしょうか。かえって繊維質が多いものを食べると、ガスが溜まっておなかがカエルみたいにパンパンになってきて苦しいので、とにかく良く噛む、ゆっくり食べる、ということには気をつけています。あんまり参考にならなくてごめんなさい!


コメントを閉じる▲
今日は、恐らくオキサリプラチンが30mg位しか体内に入っていないと思う。今までの、オキサリプラチン投与後と比べると、非常に身体が軽い。両側の下腿が少しだるく感じられる以外、殆ど副作用は感じられない。晩御飯も、非常に美味しかった。あえて言うと、頭があまり働いていないように感じるが、それは、ステロイドの副作用かな、と思う。(会計の時、自分の番号が画面に表示されたが、5分くらい気が付かなかった。)

改めて、薬の評価には、量の部分での評価が欠かせないと感じた。

追記。午後9時40分、排便する。切れの悪い便で、排便時に、軽度の痛みを伴った。オキサリプラチンの小腸への影響(小腸の粘膜を障害しているのだろう)は明らかである。標準投与量の1,2割で、これだけ明らかな副作用が出ることに、改めて驚いた。

FC2blog テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

【2010/07/26 21:25】 | 自分の体
トラックバック(0) |
匿名でコメントを頂いた方には、日を改めて、お返事致します。

==========

今日は、オキサリプラチンを30mg、落としたところで(250mlの糖液に50mgのオキサリプラチンを溶き、150ml、体内に入れたところで)、少し胸の所が押さえられるような感じとなり、全身がすごく痒くなった。看護師さんを呼び、そこでオキサリプラチンの点滴は中止となった。なお、オキサリプラチンの点滴を止めたところ、胸が押さえられる感じはすぐ無くなり、痒みも1,2分で治まった。

その後、主治医の診察があった。assessment(アセスメント・評価)としては、アレルギー反応であり、grade 1(一番、軽い分。gradeは、1~4まである。なお、4は命に関わるものに該当する。)とのこと。抗ヒスタミン薬(ポララミン)を事前に内服し、点滴の中に入れるステロイドの量を増やした上で、オキサリプラチンを続けるという選択肢もあるが、risk/benefit(危険性と得られるだろう利益)を評価すると、あまりお勧めできないとのことだった。(よく考えると、主治医の言い分は、もっともだ。)

ということで、主治医の提案に僕も、その場で同意し、オキサリプラチンの点滴は、今日で終了となった。今後は、ゼローダのみ、続けることになった。

次回、8月13日(金)午後から、造影CTと採血。16日(月)午後から主治医の診察の予定。

FC2blog テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

【2010/07/26 20:39】 | 診察
トラックバック(0) |
がんに効く生活―克服した医師の自分でできる「統合医療」がんに効く生活―克服した医師の自分でできる「統合医療」
ダヴィド・S. シュレベール David Servan Schreiber

日本放送出版協会 2009-02
売り上げランキング : 58028
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


僕らの体についての知見は乏しく、分からないことだらけだ。しかし、この本は、「本物」だと思う。数ページを拾い読みして、そう直感した。僕も今、読んでいるところだが、この本は、お金を出して買うに値する、素晴らしい内容の本だ。一読されることを強くお勧めする。

個人的には、癌に対して、心の平穏を保つのが大切ではないか、ある程度、いい体調を維持できている方がいい結果を出せるのではないか、そして、食事が大事なのではないか、と考えていたのだが(直感的に、そう思っていただけで、何の医学的根拠もない)、それを支持する内容だった。(心の平穏と食事について、本書には十分な記載がなされている。)

また、「散歩をすることがかなり身体にいいのではないか。」と感じていたのだが、これについても運動を勧める記載があり、「やっぱり、そうだったんだ。」と思った。

7月27日追記。amazonに書評を書きました。もしよろしければ、ご覧頂けると有難いです。

FC2blog テーマ:オススメの本 - ジャンル:本・雑誌

【2010/07/25 03:59】 | お薦めの本
トラックバック(0) |


whitekite
のっぽ先生、こんにちは。
本のご紹介、ありがとうございます。
「心の平穏と食事と運動」は私も体調にもっとも影響を与える三大要素と思って、気を配るようにしてはいるものの、「これでいいのかな?」という疑問がいつもあるので、じっくり読んでみたいと思います。

さっそくアマゾンで注文しました!ついでに今ドラマを見ている「美丘」と「速水もこみちが作る50のレシピ きみと食べたら、きっと美味しい。」まで注文しちゃいました。だいぶミーハーな内容ですが、速水もこみちは料理をだいぶ研究していると入院時のルームメイトに聞いたので、期待しています。
ちょっと話題がそれたのですが、本を読んだらまた感想コメントしますね。



心の平穏と食事と運動
のっぽ187
whitekiteさん

>「心の平穏と食事と運動」は私も体調にもっとも影響を与える三大要素と思って、気を配るようにしてはいるものの、「これでいいのかな?」という疑問がいつもあるので、じっくり読んでみたいと思います。

僕も、「そうじゃないかな。」と思っていたのですが、そういった話をこれまで正式に学んだことがなかったので(医学部でも、そういう講義はなかったし、医者になってからも聞いたことがなかった。患者になってからも、そういった話は主治医から聞いたことがなかった。)、おおっぴらには出来なかったのですが(部分的には勝手に、そう思っていた)、この本を読んで、確信に変わりました。

>さっそくアマゾンで注文しました!

有難うございます!(でいいのかな。)

また、感想を教えて下さい。出来れば、美味しい調理の仕方を教えて下さい。


めえめえ
今日たまたま他の方のブログhttp://pancreatic.cocolog-nifty.com/oncle/kouryaku.html
にこの本のことが載っていて「読んでみようかな」と思っていたら、のっぽ先生のブログにも出ていたのでビックリしました。本当に読む価値ありそうですね!早速注文します。
心の平穏と言えば、金曜日にママ友たちと食事をしたのですが「すごく元気そうだけど、たまに落ち込むこととかない?」と真顔で聞かれ「全然」と答えたところ驚かれました。その反応に驚いてしまった私はかなり変でしょうか?

お勧めです。
のっぽ187
めえめえさん

http://pancreatic.cocolog-nifty.com/oncle/kouryaku.html は、以前、読んだことがあります。この記事を読んで、僕は、「この人も、歩いているんだな。でも、玄米菜食は、億劫だな。」と思いました。(我ながら、不真面目な読者だと思います。)

ただ、この本のことは、頭に残っていて、ふと思い立って、読むことにしました。

==========

抗癌剤の副作用が強くて、外出できない時は、気が滅入りますが、それ以外は、僕も普通に過ごしています。めえめえさん同様、落ち込むことはないです。

一旦、受け容れてしまうと、日常の生活は、それなりに過ごせるのではないか、と僕は思っています。

職場の看護師さんは、「先生、大丈夫ですか。」と気遣ってくれるのですが、実際のところ、癌患者の体調や心の在り様は、他の人から見て、よく分からないものなのでしょう。

>その反応に驚いてしまった私はかなり変でしょうか?

至って普通だと思います。

コメントを閉じる▲
22日(木)に出勤した際、同僚に半夏瀉心湯を処方してもらった。以前、主治医にロペミン(下痢止め)の処方をお願いした時、渋々処方しているように見受けられたので、今回は同僚に処方してもらった。もし、僕が医療関係者でなかったら、たまにしか行かない泌尿器科のクリニックの先生に処方をお願いしていたと思う。

ところで、この半夏瀉心湯、苦い。正確に言うと、妙な甘みがあるんだけど、苦い。どれ位、苦いか、と言うと、半夏瀉心湯を流し込むために飲むお茶の量が多くなってしまい、それでまた下痢してしまいそうになる位である。

ということで、3つ程前の記事で紹介した半夏瀉心湯について報告をした。なお、効果については、「一応、効いているように感じるけど、気のせいかも知れない。」というレベルであった。

余談だが、薬の味や副作用についての報告は、僕のように、すぐに音を上げてしまう人の方が、読む側としては、参考になるのではないか、と思う。皆、短時間でウォシュレットを設置できたという投稿ばかりだと、読む側としては、「ふ~ん、結構、余裕やん。」ということになってしまう。

FC2blog テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

【2010/07/25 02:45】 | 自分の体
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


こんばんは
のっぽ187
匿名の方へ

こんばんは。

>皆、短時間でウォシュレットを設置できたという投稿ばかりだと、読む側としては、「ふ~ん、結構、余裕やん。」ということになってしまう。

急に、前の記事の話(ウォシュレット取り付けの話)になってしまい、分かりにくい内容の文章になってしまいました。すみません。

今回、ウォシュレットの取り付けをするに当たって、価格comの口コミのところで、皆、どれ位、取り付けるのに時間が掛かっているのかな、と思い、そちらにアクセスしました。似た機種もしくは同一機種で、40分で取り付けたとか、1時間半で取り付けられたとか、書かれていました。それを読んで、僕は、「ああ、それ位やったら、抗癌剤を飲みながらでも、余裕で出来そう。」と思いました。

しかし、僕は4時間半、掛かってしまいました。まあ、僕の理解力に問題があると思うのですが、口コミは、うまく行った人が書くことが多いと思うので(僕も4時間半、掛かった、と書くのは、少し恥ずかしいと感じます)、「付けるのに手間取った人や、うまく取り付けられなかった人の口コミも、本当は、あるといいんだろうな。」と思いました。

それを一言で、上記のように書きました。改めて、読み直してみると、分かりにくい文章ですね。本当に、すみません。

なお、僕は、生活にも、そこそこ余裕がありますし(週1回しか勤務先の病院に行っていない)、体調も良いです。ここのところ、毎日、5,6km、歩いています。(実家まで片道500m×2×3と別に3km位、歩いている。)

>他の人からは体調もお心の在り様も窺い知ることはできないのだと思います。

それでも、こうして、気に掛けて頂けるのは、この上なく、有難いことです。

>治療が少しでも苦痛が少なくて、効果がたくさんあるものでありますように。

私も、そうあって欲しい、と心から願っています。

コメントを閉じる▲
23時50分、ウォシュレット取り付け終了。間で、夕食を実家で摂ったり、用を一度、足したりしたが、取り付けに4時間半位、掛かったことになる。業者に頼んだ方が早かったし、コストパフォーマンスも良かったと思うのだが、何でも自分でするのが基本だと思うので、これで良かったと思う。

とは言え、少し疲れた。


FC2blog テーマ:日記 - ジャンル:日記

【2010/07/23 23:55】 | その他
トラックバック(0) |

こんばんは
ぱぐお
猛暑の中取り付け作業お疲れさまでした^^
ウォシュレットは自分で取り付けられるのですね。知りませんでした。
友は自分で取り外して大洪水を発生させていました。

毎日暑いですね。
夜になっても気温が下がらないし
建物が昼間の熱を溜め込んでいるようで
扇風機を回しても熱風しか流れてきません。

しばらく暑い日が続くようです。
どうぞご自愛くださいませ。


トリセツの怪
カノン
のっぽ先生、ウォシュレットの取り付け、お疲れ様でした。少しお疲れになっても、達成感を味わっていらっしゃるのではないでしょうか。
それに、トイレットペーパーのヒリヒリ感が緩和されることで、少しでも快適なトイレライフを送っていただけるといいなあ、と思います。

私も、4月にホームセンターで買ったハンガー立てを組み立てた時は、取説(取扱説明書)を見てもよくわからず、長時間掛かって苦労しました。

もともと空間認識能力に、著しく欠けるきらいがあるので、例えば、数学では、平面図を頭の中で、立体的にイメージして、それを回転させて解答するような問題は、ものすごく苦手でした。

とりあえず、のっぽ先生が、整形外科医さんでなくてよかったです(笑)。
とは言え、最近、精神科医さんが書かなくてはならない診断書等の種類の多さに、驚きました。
「銃刀砲剣類所持診断書」なんていうのも、書いたりなさるんですね。専門専門で、大変です。

のっぽ先生は、きっと丁寧な診断書や意見書を書かれるのだろうなあ、と思います。取扱説明書も書いていただきたいくらいです!

酷暑の中、26日からの化学療法が、あまりお身体に負担にならずに終わることを、強く願っています。

気合で
のっぽ187
ぱぐおさん

何でも、思い立ったが吉日だと思うので、暑い日が続いていたのですが、気合で取り付けました。

>ウォシュレットは自分で取り付けられるのですね。知りませんでした。

TOTOのホームページには、「私にできる・・・。」という題名の、音声付きの動画があります。

>友は自分で取り外して大洪水を発生させていました。

そういう人はいると思います。ウォシュレットの取り付け、取り外しは、なかなか難易度が高いと思います。

暑さには強いと自負しているのですが、この数日は明らかに暑いと感じます。

昔のように水分を摂りまくると、すぐ下痢してしまうので、少し困るのですが、開き直って、冷たいお茶やジュースを飲みまくっています。

図画工作と空間認知
のっぽ187
カノンさん

作業には時間が掛かるのですが、実は、こういった作業、嫌いではないです。少なくとも、取り付けた後は、達成感と充実感がありました。何だか、嬉しかったですね。

ハンガーは、昔、組み立てたことがあります。大学に入ってすぐのことです。あれも、取扱説明書は分かりにくかったと記憶しています。確か、自分で適当に組み立てたような記憶があります。

>もともと空間認識能力に、著しく欠けるきらいがあるので、例えば、数学では、平面図を頭の中で、立体的にイメージして、それを回転させて解答するような問題は、ものすごく苦手でした。

同じくです。

数学で立体に対し、ベクトルでアプローチする問題が、最後まで、きちんと解けなかったです。(運が良ければ解けるみたいな感じでした。)当時は、そうは考えていませんでしたが、今、思えば、理系としての僕は、今一つでした。

>とりあえず、のっぽ先生が、整形外科医さんでなくてよかったです(笑)。

その辺のことを考えて、外科系は避けました。でも、患者さんの皮膚を縫うのは結構、楽しいと感じます。

>とは言え、最近、精神科医さんが書かなくてはならない診断書等の種類の多さに、驚きました。

ちょっと異常だと、僕も思います。

>のっぽ先生は、きっと丁寧な診断書や意見書を書かれるのだろうなあ、と思います。

大きな声では言えませんが(笑)、警察に提出する書類は、必要最低限のことしか書かないです。(蛇足という言葉もあることですし。)

>取扱説明書も書いていただきたいくらいです!

あれは丁寧に書き出すと、膨大な紙の量になると思います。僕は、のんびり長期入院している患者さんを診るのが性に合っていると思います。

>酷暑の中、26日からの化学療法が、あまりお身体に負担にならずに終わることを、強く願っています。

有難うございます。「行くの、面倒臭いなあ。」と思うのですが、治癒を目指すなら、ここは勝負所なので、取りあえず行って来ます。

コメントを閉じる▲
本日午後、ウォシュレットの便座が届いた。すぐに取り掛かれば良かったのだが、一眠りしてから、取り付けに取り掛かる。午後5時40分から開始して、現在、午後8時。僕の理解力も乏しいのだろうが、TOTOの取扱説明書は分かりにくい。ああでもない、こうでもない、としながら、やっと便座を取り付けるところにたどり着いた。しかし、疲れたので、一休み。昨夜もゼローダを3つ飲んだせいもあるかも知れないが、集中力が持続しない。以前は、もう少し根気があった気がする。

とは言え、水道の元栓を締めて作業しているので、終わらないことにはお風呂に入れない。何とか今日中に終わらせてしまいたい。

なお、価格comの口コミには、1時間半掛かったとか40分掛かったとか書いてあるが、僕は確実に3時間以上掛かる見込み。小学校の頃、図画工作の時間で1人だけ4時半まで残されたことを思い出した。

FC2blog テーマ:日記 - ジャンル:日記

【2010/07/23 20:09】 | その他
トラックバック(0) |


しろ
   のっぽ187先生

背が高い、のっぽ187先生が、
狭いトイレの中で、抗がん剤を服用され、四苦八苦されてるのを想像したら、
心配になりました。早く上手くいきますように。
↓記事の朝型の生活は、人間に優しい気がします、
クロノテラピーにも、よい気がするのですが。

お蔭様で
のっぽ187
しろさん

お蔭様で、先ほど、取り付けを終えました。

朝型にした方がいいですよね。僕も、そう思います。



コメントを閉じる▲
明日、出勤。何だか疲れやすい。不規則な生活を朝型に戻そうとしているからか。

18日のセカンドオピニオン、ビオフェルミン<半夏シャシン湯<ロペミンの順で作用が強いとのことだが、下痢止めについて教わった。XELOXは、基本は8回、僕は、1回当たりの投与量が少ないので、10回か12回位は、どうか、とのこと。オキサリプラチンは、人によって副作用の出方に差があるとのこと。高橋豊先生の一番新しい著書に、オキサリプラチンは個人差が少ない旨、書いてあったので、尋ねてみた。

以上、備忘録。

FC2blog テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

【2010/07/22 01:30】 | 自分の体
トラックバック(0) |
昨日は、朝御飯後に1錠、寝る前に4錠の計5錠を内服。

朝御飯後、2時間で便意が強かったこと、昼御飯後、3時間して、排便をしたところ、肛門部が痛くなり(椅子に座ると、切れているような感じがした)、少し辛かったこと位で、後は問題なかった。

とは言え、便意が持続すると、何をするのも嫌になるので(こんな状態で長い時間、過ごすのは、この治療で治癒する可能性から考えても、ナンセンスだと思うので)、やはり寝る前3~4錠で行くことにした。(真面目にきちんと飲もうと思ったのだが、治療初期と似たような結果となり、少し後悔。)

明日は、がん患者のあきらめない診察室http://2nd-opinion.jp/index2.htmが主催する個別相談会に行き、その後の懇談会にも出るので、今晩は薬を飲まずに寝る予定。

FC2blog テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

【2010/07/18 00:56】 | 自分の体
トラックバック(0) |
昨日、とても体調が良かったので、昨夜はゼローダ4錠を内服。おまけに今日は朝食後にゼローダを1錠、飲んだ。

排便の回数は、4回だが、夕食後に2回、立て続けに行った後、お尻が痛くなったので、一眠りした。(これをすると、昼夜逆転が加速する。)

あと、少し胸がムカムカする。とは言え、こちらは許せる範囲。

枝葉に属することだが、手術を繰り返し受けることになったとして、下痢を繰り返すのは、少し困り物である。まあ、下着を大量に準備して、便を漏らしたら、ナースコールをするまでだが。

きっと何とかなるだろう。

一応、休薬期間中だが、もともと1日当たり飲んでいる錠数が少ないので、ここで少しでも多く飲んでおこうと思い、昨晩と今朝は薬を飲んだ。

FC2blog テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

【2010/07/17 00:43】 | 自分の体
トラックバック(0) |
今朝は、いつもよりだいぶ早く起きて出勤。出勤と言っても、1人、患者さんを診て、あとは、書類に目を通すだけ。

今日、仕事に行くつもりだったので、昨夜は、ゼローダを飲まず。

午前12時に1回、午後2時に1回、午後5時に1回と、ここまで排便は3回のみ。大腸全摘術後、自然肛門としているケースをまとめた論文(兵庫医大の先生が書いている)によると、1日6回までを「優」、7~10回を「良」としている。

午前中は、排便しないようにしていたので、仮にプラス1回とカウントしても、これまで4回。あと寝るまでに2回するとして、6回。

御飯を食べる量を減らすと、「優」となるようだ。

なお、駅の階段を思わず2段ずつ駆け上がってしまう位、体調は良い。

FC2blog テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

【2010/07/15 22:07】 | 自分の体
トラックバック(0) |


yuma
昨日は勘違いコメントしてしまいました。
ごめんなさい(^_^;)
階段を一段飛ばしで昇るなんて 身長144cmの私には立派な筋トレになりそうです(笑)
かなり調子が良いようでホントに良かったです♪

私が今受けている薬は とても副作用が軽くて 同じ治療をしている患者さんは同様に 食欲もあり元気です。
脱毛もありません。
でもその前に受けていたイリノテカン+ドセタキセルでは頻回の下痢にすっかり体力を消耗しました。
副作用の軽いお薬がどんどん開発されて使用出来るといいですね。

副作用が少ない薬
のっぽ187
yumaさん

>昨日は勘違いコメントしてしまいました。ごめんなさい(^_^;)

気にしないで下さい。

身長144cmですか。

女の人で背が低い人は一定の割合でいると思うのですが、みんな底が高い靴を履いているせいか、あまり目に付かないですね。

下痢も回数が多いと、堪えますよね。(僕は、年中、水様便ですが。)

>副作用の軽いお薬がどんどん開発されて使用出来るといいですね。

薬を売る側(製薬会社)は、多い目の量で比較試験を行うことが多いので、なかなか、添付文書通りに治療が行われる分には、「副作用が少ない。」という状況にはならないだろうな、と思います。

とは言え、僕も副作用が少ない薬が出てくれることを心待ちにしています。

コメントを閉じる▲
明日、出勤。軽い便意が続いている以外、特に問題なく過ごせている。昼夜逆転気味の生活をしているので、全然、眠くならない。

FC2blog テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

【2010/07/15 00:11】 | 自分の体
トラックバック(0) |


yuma
のっぽ先生こんばんは。
明日は出勤ですか♪
なんとかお天気が持つとよいですね。
いよいよ梅雨明け目前ですね(^○^)/

昨日抗がん剤を投与したのですが 体調も良くて
今朝は病院のホスピタルパークを少し散歩しました。
そしたら足の裏が靴擦れになってしまって・・(TT)
わずか20分足らずの散歩でこんなことになってしまうなんて 手足症候群恐るべしです。
ちゃんとスニーカーに履き替えたら良かったのに サンダルのまま歩いたのがいけなかったみたいです。

油断は禁物ですね。


こんばんは
のっぽ187
yumaさん

僕の書き方が悪かったですね。

今日、出勤して来ました。仕事自体は、少ししかないので、仕事を終えてからは、同僚の先生とお喋りをしたりしていました。

>昨日抗がん剤を投与したのですが 体調も良くて今朝は病院のホスピタルパークを少し散歩しました。

体調がいい、とのこと、何よりです。抗癌剤投与後2日目の朝に、体調が良くて20分程、歩けるなんて、僕とは大分、違いますね。(ひがんでいるのではなくて、抗癌剤の副作用の出方に個人差があることを改めて感じました。)

サンダルは靴擦れしますね。僕も、散歩に行く時は、靴下を履いて、スニーカーを履いて出掛けます。

とは言え、夏はサンダルですよね。

コメントを閉じる▲
皆さん、ご存知かと思いますが、ブログの記事の右側、FC2カウンターの下側にメールフォームという欄があります。

サイト(例えばブログとかホームページとか)をお持ちの方には、「管理者にだけ表示を許可」というところをクリックしてコメントを投稿すれば、サイトの管理者と非公開でやり取りをすることが出来ます。

しかし、サイトをお持ちでない方には、こちらから非公開のやり取りを持ち掛けることは出来ないです。(僕は、自分のプライバシーを守る意味で、メールアドレスを公開していません。)

上記のメールフォームというところにお名前(ニックネームでも可)とメールアドレスをご記入の上、本文のところに用件を書いて頂けると、サイトをお持ちでない方であっても、非公開でのやり取りが可能です。

殆どの方がご存知かと思いますが、もし「知らなかった。」という方がいたら、と思い、告知致しました。

FC2blog テーマ:お知らせ - ジャンル:その他

【2010/07/14 01:45】 | その他
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


潰瘍性大腸炎+α
のっぽ187
匿名の方へ

今ある症状が潰瘍性大腸炎や他の器質的なもの(例えば悪性腫瘍)によるものか過敏性腸症候群(的なもの)によるものかということですね。

http://www.dokidoki.ne.jp/home2/shiminhp/ibs.htmからの抜粋です。

2.症状と診断方法 

【診断基準 ローマⅡ分類】  一部表現を変更しています
  a)腸管に明らかな病気がない
  b)腹痛、腹部不快感などの腹部症状が1年間のうちの連続とは限らない12週間以上を占める
  c)症状が排便により軽快する
  d)排便頻度の変化で始まる
  e)便性状の変化で始まる
 a)およびb)に、c)、d)、e)のうちの2項目以上があれば過敏性腸症候群と診断されます。排便頻度の変化とは、1日に3回より多い排便や1週間に3回未満の排便などです。便性状の変化とは、硬便、兎糞状便、軟便、水様便などのことです。(抜粋終わり)

過敏性腸症候群は、診断基準にもありますように、a)腸管に明らかな病気がない、を要件とするので、診断基準上は該当しないと思います。(分かっていらっしゃるかと思いますが、一応、確認の意味で。)

便通が整わない原因としては、

①潰瘍性大腸炎による
②他の器質性の疾患による(例えば、悪性腫瘍)
③ストレスにより、腸管運動の異常や脳・腸管の知覚過敏が生じることによる

が挙げられると思います。

なお、③もhttp://www.dokidoki.ne.jp/home2/shiminhp/ibs.htmの「1.過敏性腸症候群とは」から抜粋しています。③は、もって回った言い方をしていますが、一言で言うと、「ストレスで腸が正常に動かなくなった。」ということですね。

現時点では、②はないようですし、①が原因であれば、主治医は、それなりに対応するかと思います。恐らく、今の状態は、潰瘍性大腸炎の程度(内視鏡の所見)に比べると、症状(便通異常)の程度が強いという評価なのでしょう。潰瘍性大腸炎で説明できない部分は、僕も③だと思います。

ちなみに、僕も直腸癌を指摘されるまで、ストレスが強くなると下痢をしていました。

以上のように、僕は考えます。

コメントを閉じる▲
本来は、11日の日曜日の晩でゼローダ内服は終了のはずだが、1日に飲んでいる錠数が少ないので、昨晩も引き続きゼローダを3錠、飲んだ。

昼御飯に焼きそばを食べたのだが、昼食後の排便後から肛門の中(と感じられる)が痛い。仕事をしていた頃も、昼御飯に焼きそばが出て、それを食べた後で、普通に仕事をしていたので、これは、ゼローダの副作用だろう。

他の副作用は殆どなく、朝、起きにくい位だが、小腸への副作用は明確に存在するようだ。飲んでいるゼローダの数が全然、少ないことは十分、分かっているのだが、これだと数を増やすのは少し辛い。今の錠数で行かざるを得ないと考える。

なお、焼きそばは、とても美味しかったので、食欲は十分、保たれているようだ。

FC2blog テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

【2010/07/13 23:08】 | 自分の体
トラックバック(0) |

焼そば食べたくなりました。
れいんぼぅれいん
のっぽさん、こんにちは。

抗がん剤の副作用とは違いますが、肛門痛は、潰瘍性大腸炎で大腸全摘手術をした人も、悩まされていることのようです。

やっぱり、下痢が続くと皮膚が荒れるからでしょうね。それに、小腸からの便は、大腸を通ったものよりも、刺激(?)が強いみたいです・・・。

小腸への副作用は、今のワタシも悩まされていることなので、他人事ではありません。。しんどいですよね。

より少ない副作用で、キチンと効果が表れてくれるとイイのですが。

食欲は保たれているとのことなので、休薬中にたくさん栄養を取ってくださいね。

焼きそばは、美味しいですね。
のっぽ187
れいんぼぅれいんさん

こんばんは。

>肛門痛は、潰瘍性大腸炎で大腸全摘手術をした人も、悩まされていることのようです。

貴重なお話、有難うございます。抗癌剤の投与を受けていない時は、肛門の痛みは、まだ許せる範囲だったのですが、現在は、日によっては、かなり痛いですね。

改めて考えてみると、僕の場合、もともと、大腸全摘術を受けているせいで、肛門が痛いのに加え、ゼローダの副作用で、さらに痛みが増しているのでしょう。(肛門部の痛みは、消化液の吸収が落ちていることで、悪化していると考えています。)

>やっぱり、下痢が続くと皮膚が荒れるからでしょうね。それに、小腸からの便は、大腸を通ったものよりも、刺激(?)が強いみたいです・・・。

回腸末端を通る時点では、まだ便は消化液をある程度、含んでいる状態だと思います。それが大腸を通る過程で吸収されると、排便時、痛みを伴わなくなるんだと思います。(大腸全摘術を受け、自然肛門で排便していると、小腸で十分、吸収し切れていない消化液が肛門部の皮膚を傷めるんだと思います。)

大腸を全部、取ると便が軟らかくなって、トイレに行く回数が増えるだけと思っていたのですが(大腸は水分を吸収するのが主な役目)、消化液が吸収し切れていない結果、肛門部の皮膚を傷害する(恐らくたん白質を溶かしているのでしょう)ということは、思いもよらなかったです。

抗癌剤投与中も体重が維持されているので、ある程度、食べられているんだと思います。

休薬中は、しっかり食べたいと思います。

焼きそばは、僕も結構、好きなのですが、便は、あまり固くならないですよね。

コメントを閉じる▲
昨夜もゼローダ3錠を飲んで寝た。朝が起きられないが、仕事に行っていないので、実害はない。便は、水様であり、少しうんざりするが、全く副作用がない、ということはあり得ないと思うので、目をつむる。

銀行、郵便局へ行く用事があり、雨の中、傘をさして、最寄の駅まで歩く。都合、1時間15分ほど歩いた。最後の15分位は、足に来たが、強い便意に悩まされることもなく、無事、仕事を終えることが出来た。いつも混んでいる郵便局だが、雨が降っていたせいか、殆ど客は居なかった。

FC2blog テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

【2010/07/10 00:02】 | 自分の体
トラックバック(0) |


yuma
のっぽ先生こんばんは♪
副作用 少し落ち着いているようですね。

私は今日から治療のため入院しています。
3クール目なので終わったらCT検査です。
少しでも効果があったらいいのですが なかなか難しそうです(^^;)

この前 丹波篠山方面へドライブしたときに「筱見四十八滝」という滝を見つけました。
四十八滝と言っても実際には8つの滝から成っているのですが 始終水が流れているというところからそう名づけられたとか。
一番上の滝まで登ったら1時間くらいだそうで 行ってみたかったのですが 鎖場などもあり きちんとした装備で登らないと危険だと書いてあったので 一番下の滝だけ見て諦めました。

でも 森林の中を歩くだけでも癒されますね。
今度はちゃんと登山靴を履いてもう少し上まで行ってみたいです。 

滝、いいですね。
のっぽ187
yumaさん

お蔭様で、比較的、快適に過ごせています。(今日は、少し肛門の内側が痛かったですが。)

>私は今日から治療のため入院しています。

ご苦労様です。

>この前 丹波篠山方面へドライブしたときに「筱見四十八滝」という滝を見つけました。

一昨年の11月に車を手放してから、ドライブはしていないのですが、時々したくなることがあります。

丹波篠山ですか。行ったことないです。

滝は僕も好きです。四国に住んでいた頃は、車で、何度か滝を見に行きました。

>でも 森林の中を歩くだけでも癒されますね。

そうですね。それは、僕も明確に感じます。

>今度はちゃんと登山靴を履いてもう少し上まで行ってみたいです。 

そうですね。

僕は、開腹手術を受けてから、トイレが近くなり、行動範囲が狭まったように思います。以前は、そういった山道は、どんどん歩いていたのですが。

歩くことを心掛けようと改めて思いました。

コメントを閉じる▲
http://blog.livedoor.jp/sobata2005/archives/51527119.html#commentsに重要な記載を発見。(少なくとも、僕は重要と思った。)以下、抜粋。

********

いずれにせよ、日本政府の財政は破綻を免れないし、借金を減らすことはほとんど不可能なのだ。

********(抜粋終わり。)

そうであれば、消費税を上げることは、破綻を先送りしているだけということになる。現在のように富が偏在している状況、すなわち多くの人があまりお金を持っていない状況で、消費税を上げるのは反対、というのが、これまでの僕の考えであったが、どうせ破綻するのであれば、なおのこと「反対!」である。

消費税に関する意見の中では、http://agora-web.jp/archives/1051988.htmlが秀逸だと思う。

FC2blog テーマ:その他 - ジャンル:その他

【2010/07/09 23:55】 | 思ったこと
トラックバック(0) |
今日は、夕方から外出の予定があるため、昨晩は、ゼローダを飲まず。体調は、昨日と不変。朝の目覚めが良かった位。排便の回数は、ここまで5回。決して少なくない。

11日(日)の参議院議員選挙は、いい候補者がいなくて、少し困っている。(大阪府在住です。)

①子供手当てを満額で支給することに賛成。
②消費税を増やすことに反対。
を第1条件とし、

③米軍基地を県外に移すことに積極的。
を第2条件として、候補者を探している。

①に反対している候補者は官僚に篭絡されていると考えて間違いない。(子供手当てを配ると、その分、予算を割り振れなくなる。予算を割り振る権限こそが、彼らの権力の源泉であると考えられる。)しかし、子供手当てを満額支給することに賛成している候補者は、僕の情報収集力が乏しいこともあって、見つからない。

①に反対している人を切って、②をチェックして、ということになろうか。

①についての情報、もしあれば、教えて下さい。

FC2blog テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

【2010/07/07 15:01】 | 自分の体
トラックバック(0) |

敵を間違えない!
大和
マスコミに騙されてはいけない!
愚民化政策を行い、子供たちを不登校や引きこもり、ワーキングプア、ネットカフェ難民にした「自民党・官僚政治」を生き返らせてはなりません。国民を不幸にし、国を腐敗させた政治を、今回の選挙で完全に絶滅すべきです。
「『おバカ教育』の構造」(阿吽正望 日新報道)を読みましたか。子供を壊される恐怖と、腹の底から込み上げる怒りを感じませんでしたか。これ以上、だまされ子供を不孝にするのは止めましょう。
この参院選は、官僚に支配され特別会計も教育も問題にしないマスコミに騙されず、「自民党・官僚政治」を滅ぼす日本国民の戦いです。



のっぽ187
大和さん

現在、僕は自民党を支持していないです。また、これまでの選挙で僕は自民党に投票したことはないです。

日本の教育は、いろいろと問題を抱えていると、僕も思います。

選挙は、国民が意思を表示することが出来る唯一の機会だと思っていますので、僕も微力ではありますが、11日に意思を表示して来たいと考えています。


yuma
私も大阪府在住ですが この人なら!と思える候補者がいなくてほんとに悩んでしまいますね。

去年はちょうど入院中に選挙があり 病院内での投票を初体験しました。
病気になって 以前より少しは政治に関心を持つようになりました。



しろ
    のっぽ187先生


化学療法、穏やかに過ぎ去ること願うばかりです。

先生と、選挙区、遠く離れてます。
自分が投票する政党は、第一に無駄使いを追求する党、
党は違います、候補者は、新人ですが、ガンを患ってた人がいるので、その人に、
たちまちの、活躍は出来ないと思いますが。。



少し困っています。
のっぽ187
yumaさん

今回の選挙は、本当に困っています。一応、社民党から出ている人にしようかな、と考えているのですが、別に社民党を積極的に支持している訳ではないので、すっきりしないですね。

勤務医をしている中で、僕は政治に関心を持つようになりました。

癌を指摘され、手術を受け、抗癌剤治療を受ける中で、いかに自民党・公明党が酷い政策を打ち出して来たか、を身をもって知りました。

選挙は、唯一、自分の意思を表示することが出来る機会なので、とりあえず行って来ようかな、と思っています。


のっぽ187
しろさん

乳癌患者友の会の世話人代表の方が出馬されていますね。

僕も、すぐには活躍出来ないと思うのですが、元首相の甥に入れるよりはベターかな、と思います。



コメントを閉じる▲
僕は復職をしても、今、籍を置いている精神科だけの病院に勤め続けるだろうから、直接、診療に当たる可能性は低いだろうが、抗癌剤治療を受けている方がうつ状態となった場合について、一患者の立場から、独断と偏見で意見を述べたい。

第一選択薬は、ソラナックスもしくはコンスタン(同じ物を違う製薬会社が売っている)だろう。眠くなるという副作用が出る以外、目立った副作用はない。ただ、依存性が強いのが問題。僕が処方する立場なら、「この人、止められそうかな。」という観点で、処方するかどうか判断する。ちなみに開腹手術後、うつ状態となった時、唯一、この薬は効いた。抗うつ薬に分類されている薬と違い(ソラナックス、コンスタンは、抗不安薬に分類される)、即効性があるのも、この薬の優れたところだ。(抗うつ薬は、通常、飲み始めてから、効き始めるまで、1~2週間、かかる。)

うつ状態が2週間以上、続いた場合、うつ病と診断し、その上で抗うつ薬を処方するかどうかを判断するが、抗うつ薬を出す出さないの判断基準は、実質的には、希死念慮の有無だろう。要は、「死にたい。」と思うことがあるかどうか、である。

抗うつ薬の選択については、多くの本がオープンな立場を取っている(○○を選ぶと良い、とは書いていない)。患者として、抗癌剤治療を受けて思うのは、使っている抗癌剤の副作用とブッキングしない抗うつ薬を選ぶと良いのではないか、ということである。

具体的には、オキサリプラチンを使っているケースでは、SSRIより別なタイプの抗うつ薬を選ぶと良いだろう。(SSRIは、胃がムカムカするという副作用が結構、よく見られる。)下痢を来たしている患者さんには、三環形の抗うつ薬を選ぶと良いだろう。(三環形の抗うつ薬は、5~10人に1人の確率で便秘を惹き起こす。)

もちろん、薬物相互作用を考えると、他の薬に影響を及ぼすことが少ないとされているトレドミン(SNRI)、ジェイゾロフト(SSRI)を選ぶのが無難と言えば無難だが、抗癌剤の副作用を増強するような副作用を持たない薬を選ぶのが、患者さんにとって親切だと思う。

個人的には、「受け容れてしまう」のがベストだと思うのだが、なかなか、そうは思えないと思うので(僕もまた、パニックになるかも知れない)、自分がこれまで経験して来たことを基に私案を述べた。

FC2blog テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

【2010/07/07 01:15】 | 精神科
トラックバック(0) |

リズム
カノン
とても切実なテーマだと思いますので、のっぽ先生の専門家としての知識を、遺憾なく発揮した記事を掲載してくださって、本当に有難いことです。

興味深い話題が盛りだくさんで、どこの記事でお尋ねしたらよいか、迷ってしまいますが(というか、質問コーナーではありませんので、申し訳ないのですが)、2点ほどご意見を聞かせていただけましたら幸いです。

1.クロノテラピーについて
以前、NHKの番組「プロフェッショナル 仕事の流儀」で、上田泰己さんの回を観ました。上田さんは、体内時計の研究者で、この研究は、うつ病や不眠、がんの治療に役立つ、と述べています。
人間は地球の自転に合わせて、リズムを刻んでいるが、その生体のリズムに合わせて薬を投与すると、副作用を弱め、主作用を高める効果がある、ということでした。
ただ、皆さまのやり取りを拝見しますと、病院の勤務体制のこともあり、効果があるとわかっていても、この治療方法を受けることは、なかなか難しい、ということだったかと思います。
がんサポート情報センターのサイトを見ますと、ポータブル式の自動制御可能な動注ポンプ(クロノポンプ)の説明が出ていました。多くの患者さんが、クロノポンプを使えるようになると、クロノテラピーもより普及すると思います。厚労省がクロノポンプを承認していない、と書いてあったのですが、何がネックになっているのか、わかりません。

2.うつ病治療に「お手玉」
熊本日日新聞を拝見しました。のっぽ先生のご意見に、全面的に賛同します。
新聞の中で、面白かった記事は、心療内科医さんの「うつ病治療に『お手玉』脳のバランスを整える」でした。もちろん、症状の程度によるかと思いますが、記事の先生によりますと、「これまで数百人のうつ病患者さんを、お手玉療法で治療してきた結果、ほとんどが2~6か月で薬をやめられたり、使用量を減らせた」とのことです。
抗癌剤治療中の患者さんに、ジャグリングやお手玉を勧めるのは難しいと思いますが、余計なことを何も考えずに、リズミカルに手を動かして、脳内の血流が増えるのであればいいかなあ、という感想をもちました。

クロノポンプ
のっぽ187
カノンさん

このテーマについては、「一度は書いてみたいな。」と思っていました。のびのびになっていたのですが、仕事を再び休むようになり、「たまには、本業のことについて書いてみたいな。」と思い、書いた次第です。

>厚労省がクロノポンプを承認していない、と書いてあったのですが、何がネックになっているのか、わかりません。

僕も全く分からないです。

承認に至るには、誰かが申請をして、厚生労働省の役人がOKを出して、使えるようになる、というのが手順だと思います。

薬は製薬会社の人が申請をするのでしょうが、クロノポンプは誰が申請をするのでしょうか。クロノポンプを作っている会社の人が申請をするのでしょうか。(多分、そうでしょう。)

クロノポンプが使えるようになると、患者はとても有難いのですが、医者や看護師、薬剤師にとっては、どうでしょうか。率直に言うと、公的病院の看護師さんは、個人としては内心、賛成をしている人が多くても、全体としては(組合としては)「No!」ではないか、と思います。

クロノポンプは、製造会社や医療者にとって、利益の出ないものだったり、仕事を増やすものだったりするのではないか、と僕は考えています。

なお、クロノポンプについての考察は、僕の完全な想像です。

あと、製造会社にとって、多少、利益の出るものであったとしても、役人による審査をクリアするのには、多大なコストを要します。(手間ひま掛かる=お金が掛かる、でしょうから。)

製造会社にとって、審査をクリアするのに掛かるコストの方が、機械を売って得られる利益より大きいのでしょう。

そう考えると、厚生労働省の審査の厳しさは、彼らが言うところの「安全を保障している」という側面よりも、遥かに「受けられるはずの医療が受けられない害」の方が大きいと言えると思います。

作業療法と歩くこと
のっぽ187
カノンさん

>熊本日日新聞を拝見しました。のっぽ先生のご意見に、全面的に賛同します。

有難うございます。

統合失調症の患者さんに対して作業療法が行われるようになって久しいのですが、正直に言うと、効果は微妙です。少なくとも、十分とは言えないです。

手を動かすことが、うつ病の改善にどれ位、効果があるのか、僕には全く分からないのですが、作業療法系のアプローチは、慢性期の統合失調症患者さんを診ている限りでは、「厳しいな。」という印象を持っています。(理論的には、僕も有効そうな気はするのですが。)

自分が抗癌剤治療を受けていて思うのは、「人は歩くように創られている。」ということです。

このところ、寝る前にゼローダを飲んでいるので、結果、一番、体調の良い時間帯である夜中に3kmほど外を歩いているのですが、出掛ける前は「少し身体が重いな。」と感じられる時でも、歩いていると、次第に身体が軽くなり、気分も爽快になります。

何のエビデンスも根拠もないのですが、「歩くこと」は、かなり身体にいいのではないか、と最近、考えています。

そう考えると、抗癌剤の量は、ある程度の距離を歩ける位に調節するべきでしょうし、統合失調症の患者さんには強いパーキンソン症状が出ないように薬を調節するべきなのでしょう。(この文の後半は自戒の意味を込めて。)

コメントを閉じる▲
きれいな女性で、よく聞くと、小学生の頃は、boyishだった(男の子っぽかった)。これは意外と多いのではないかと思う。

大人になって、平均以上にきれいにしている女性と、子供の頃、男の子に混じってボール遊びする女の子に共通するもの。それは、負けず嫌いではないか、と思う。

なお、僕は女に生まれていたとしても、あまりきれいには、しないだろうと思う。小学生の頃の僕は、気が弱い男の子だった。

最近ふと、そのことに気付いた。僕としては、ちょっとした発見だったので、記事にした。

FC2blog テーマ:その他 - ジャンル:その他

【2010/07/07 00:01】 | 思ったこと
トラックバック(0) |
6月26日(土)に熊本日日新聞の方からインタビューを受けました。その内容が、今朝の熊本日日新聞に載っているそうです。(そのように今朝、熊本日日新聞の方からメールを頂きました。)

今日は、ここまで、殆ど寝て過ごしている。なぜだか分からないが、ずっと眠い。お腹の調子は、可もなく不可もなく。一回、排便をすると、その後、二回位、トイレと居間を往復してしまう。

初めて、拙ブログを訪れた方へ。

右のプロフィールのところに病歴のまとめを載せています。また、2008年6月の記事に、病歴の詳細を載せています。この2ヶ月程の記事は、抗癌剤治療中の体調を記したもの(診察を受ける際の備忘録として用いています)が殆どです。


FC2blog テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

【2010/07/06 18:46】 | 自分の体
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-



のっぽ187
匿名の方へ

返事が大変、遅くなってしまい、すみませんでした。率直に申しますと、このコメントの存在に今、気付きました。

「病気を受け入れる=慣れること」というのは、本に書かれた解釈ではないのですが、僕の実感としては、そうです。

いずれにせよ、お役に立てて良かったです。



コメントを閉じる▲
今日は、化学療法中としては、これまでで一番調子が良かったと思う。半日位の勤務は、確実に出来そうな感じ。午後11時までで排便も4回とコントロール良好。日によって、だいぶ波があるようだ。

FC2blog テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

【2010/07/05 23:24】 | 自分の体
トラックバック(0) |
昨夜は、ゼローダ3錠を飲んで就寝。今日は、比較的、調子の良い一日だった。ゼローダの鎮静作用は、内服後、12時間以内に強く現れるようだが、下痢は、24時間以上経ってから、強く現れるようだ。そう考えると、一昨日の晩、1錠しか飲んでない状況で、今日、調子が良いことについて、説明が付く。ゼローダは、明らかに小腸の細胞を障害していると考えられるが(お尻が切れるように痛かったりする)、飲んですぐダメージを与えるのではなくて、だいぶ時間が経ってからダメージを与えるようだ。

今日は、夕方、3km程、歩いた。ここまで、いい気分で過ごせている。

FC2blog テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

【2010/07/04 23:10】 | 自分の体
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


コメントを閉じる▲
ここ数日、気が滅入っていたので、昨夜はゼローダ1錠のみ内服。

今日は、日中は調子良かったが、晩方(午後9時~11時)、排便の回数が多くて、うんざり。なお、他の副作用は全くなかった。

完全を目指すときりがないので、「仕方ない。」と割り切るのが、きっと大事なんだろう。

アルゼンチン‐ドイツ戦は、アルゼンチンの戦術に問題があると、この数試合を見て思っていたのだが、0-4というスコアは正直、意外だった。ドイツの出来が素晴らしかった。

FC2blog テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

【2010/07/04 01:16】 | 自分の体
トラックバック(0) |
薬(ゼローダ)が抜けて来たせいか、夜、遅くなって、便通が改善したせいかは不明だが、うつっぽい気分は、随分ましになった。

FC2blog テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

【2010/07/03 02:18】 | 自分の体
トラックバック(0) |
6月30日と7月1日の晩は、ゼローダ3錠を飲んで就寝。

今日は、お昼御飯を食べた後、自宅に戻り、トイレに行ったところ、下痢が酷かった。肛門部の痛みが強く、排便後、床の上で横になっていたら、そのまま2時間ほど、寝てしまった。他の副作用は、それ程でもないので、これは大腸を全部、取ったことが良くなかったのだろう。

残念ながら、大腸全摘と5-FU系の薬の組み合わせは良くない。開腹手術前に、その後に受ける化学療法の副作用のことまで頭が回らなかったので、仕方ないが、「ミスった。」という感じである。

一瞬、化学療法を受けるのを止めようかな、と思ったが、とりあえず、もうしばらく続けてみようと思う。

XELOXは、多くの人にとって、FOLFOXよりいいのではないか、思う。僕も、そうなのだが、ゼローダを内服していると、下痢が酷くて、外出が制限される結果(もしかすると、ゼローダが直接、作用して)、うつっぽくなってしまう。ゼローダを服薬する期間が2週間というのも、気分という観点から見ると、なかなか厳しいものがあると思う。

FC2blog テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

【2010/07/02 18:40】 | 自分の体
トラックバック(0) |