癌との共存を目指しています。
相互リンク先の「直腸ガン闘病記~人間万事塞翁が馬~」http://anjazz.blog60.fc2.com/blog-entry-99.html#commenttopを真似て、僕も医療費控除を計算してみようと思う。

2008年の医療費(病院に支払った金額)1,955,924円であった。なお、通るのかどうか分からないが、整理をしていたら、2007年に支払った分の領収書330円が出て来た。

2008年、高額療養費は、726,464円支給されている。

従って計算は、1955924-726464=1229460(円)となる。なお、330円分の領収書は、これにそのまま足してよいかどうか分からないので、置いておく。

2008年、通院に掛かった交通費は、93370円だったので、

1229460+93370=1322830(円)が対象となる医療費である。

1322830-100000=1222830(円)が医療費控除となる。
1222830円が課税所得から控除されることとなる。
僕の課税所得金額は、330万円未満なので、所得税率は10%となる。
1222830×0.1=122283(円)が還付されることになる。(恐らく、課税所得金額は、1222830円以上あると思われる。)

こんな感じだろうか。僕は生命保険や医療保険に入っておらず(健康には絶対の自信があった!)、また職場に互助会がないため、計算そのものはシンプルであった。シンプルなのは大好きなので、臨むところである。

FC2blog テーマ:税金について考えよう - ジャンル:ファイナンス

【2009/01/23 23:13】 | お金のこと
トラックバック(0) |

No title
あおくん
ちっす。

ああ、俺も計算しなきゃ。
面倒くさいけど申請しないと返ってこないもんね。
結構の額になるのでちゃんと確定申告せねば。

正直、面倒臭いね。
のっぽ187
あおくん

この計算、かなり面倒臭いね。
とは言え、額が大きいので、しておいた方がいいかな、と思うよ。

No title
anjazz
住民税の所得割は税務署に申告した課税標準となる所得金額の10%(地域により例外はあるかもしれませんが大半は10%)ですので,医療費控除を申請しますと,所得税の還付のほか来年度の住民税の所得割も医療費控除額の10%が減税になりますので,面倒ですが頑張りましょう!

330円の悲劇
カノン
前回は、貴重なお話と、ヤクルト400についての冷静なご意見を、本当にありがとうございました。
ナチュラル・キラー細胞の活性化に効果がある、のですね。ナチュラル・キラーって、強そうな名前です。

いよいよ、確定申告の時期も迫ってきましたね。
お気の毒な330円(涙)。記念に取っておかれる以外には、居場所がありませんので、廃棄になってしまいます。これが、33,000円でしたら、2007年分の確定申告について、更正の請求(間違えた金額を訂正して、還付を増やしてもらう手続きです)をする可能性もあります。

2つほど、気になることを、書かせていただいてもいいでしょうか。
1.医療費から差し引く10万円
医療費から、差し引く金額は、10万円 or 総所得金額等の合計額の5%相当額で、そのいずれか少ない金額 になります。
のっぽ先生の場合、総所得金額=給与所得+配当所得 だったかと思います。
それで、2008年のお給料は3ヶ月分と書いていらっしゃいました。配当所得の金額は見当もつきませんので、給与所得だけで考えてみますと、月給が100万円超でないと、10万円にはならないのではないかなあ、と思います。10万円より少ない金額になると、医療費控除は、ちょっと多くなります。
ただ、お給料が高額の場合や配当所得が多い場合は、10万円になりますので、事前に謝っておきます。余計なお節介で、申し訳ありません(笑)。

2.還付税額
(給与所得+配当所得)-所得控除=0 or (給与所得+配当所得)-所得控除-配当控除=0の場合、還付される税額は、給与所得の源泉徴収票に記載されている源泉徴収税額と配当収入から引かれている源泉徴収税額の合計額になります(これが上限です)。
医療控除分ですと、書いていらっしゃいますように、122,283円になるかと思います。
蛇足ながら、付け加えてみました。 

痒い所に手が届く。
のっぽ187
カノンさん

>前回は、貴重なお話と、ヤクルト400についての冷静なご意見を、本当にありがとうございました。

どう致しまして。

>ナチュラル・キラー細胞の活性化に効果がある、のですね。

そうですね。

>お気の毒な330円(涙)。記念に取っておかれる以外には、居場所がありませんので、廃棄になってしまいます。

有難うございます。実は、これ、結構、聞きたかったことでした。

>医療費から、差し引く金額は、10万円 or 総所得金額等の合計額の5%相当額で、そのいずれか少ない金額になります。

御指摘、誠に有難うございます。こういった御指摘は、本当に助かります。もう一度、確認してみます。

還付税額の話も大変、参考になりました。この項については、半分くらいしか理解できていませんが、いずれ、ここに書いていることが分かる日が来ると思っています。

今回の記事については、「カノンさんからのコメントがあると、有難いなあ。」と思っていました。素晴らしい内容のコメントを頂け、本当に有難うございます。

有難うございます。
のっぽ187
anjazzさん

コメント、誠に有難うございます。このコメントでさえ理解するのに5回くらい読み返しました(笑)。

僕の2008年の収入が、X万円とすると、
X-122(医療費控除)-社会保険料控除-26(障害者控除)-38(基礎控除)
=X-186-社会保険料控除
が住民税の対象になる所得だと思います。その10%が所得税として支払う分となるので・・・分かりました。

所得割という言葉を聞いて、「何か割引があるのかな。」と思ってしまうようなレベルなのですが、こうして、教えて頂くことで少しずつ賢くなっていると思います。お教え、本当に有難うございました!

コメントを閉じる▲
健康保険の問題は、なかなか手強く、1回や2回の電話での問い合わせだけでは全貌を掴むことが出来ないようだ。先日、カノンさんから、急所を突く一手(将棋モードですが)とも言うべき素晴らしい御指摘を戴いた。コメントの一部を抜粋する。

>退職した方が健保を任意継続する場合、在職者と異なるのは、 平均標準報酬月額が上限(政府管掌健康保険の場合は28万円) になるということです。標準報酬月額が50万円だった方も28万円 とみなされるわけです。2倍にはなりますが、支払保険料自体は下がりますよね。

>ただ、この上限は、残念なことに、傷病手当金の算定にも用いられます。

「そうか。傷病手当の金額も下がってしまうのか。」と驚き、その後、数秒、僕は凍り付いてしまった。

凍り付いているだけでは物事は解決しないので、二つの道を想定して、支払う金額をシミュレーションしてみたいと思う。

国民健康保険に入る場合(平成20年9月6日~平成22年9月5日の2年間)

支払う金額は、国保料については、49166円/月で今年は行くことになる。(私の住んでいる市町村では、この額であるそうだ。)従って、49166円*4=196664円を20年9月~12月で払うことになる。
なお、平成20年の所得は、1月25日、2月25日、3月25日辺りで勤務先の病院から振り込まれた金額の合計のみであり、その総和をY万円とする。来年の国民健康保険の支払額など見当もつかないが、ここは無理矢理、計算して、1ヶ月当たり、49166円*(Y-33)/600とする。(私の住んでいる市町村では基準所得が600万円以上の人を上位所得者としている。あと、総所得から33万円を引いたものを基準所得としている。)従って、平成21年は、49166円*(Y-33)/50を一年間に支出することとなる。
平成21年は全く働かずに過ごすとすると、当然、所得はゼロとなる。この場合、国保料は、月々2000円、3000円という金額になるとのことである。3000円とすると、3000円*9=27000円の支払いとなる。
あと、高額療養費の支給が問題となって来る。自分が今後、どういう経過を辿り、どういう治療を受けるようになるのかは、神のみぞ知る、ではあるが、ここは楽観的に、今、受けている化学療法(FOLFOX)が12回で終了し、その後は3ヶ月に一度、画像(CTなど)での評価を受ける、とする。
今、6回目が終了したところである。8月に2回受けるので、9月以降、4回残る。7月は、2回、化学療法を受けて、都合129560円であった。(大腸ファイバーも受けているが、この時の費用はカウントに入れていない。)国保に切り替わると、保険者が変わり、政府管掌健康保険時に使えていた多数該当が使えなくなる。要はまた、1回目からカウントするということだ。もっと言うと、個人負担の上限額がまたまた15万円に逆戻りする、ということだ。色んな可能性があるが、ここでは僕が今後も今の状態を維持できていると考えるので、ずっと個人負担額は15万円に届かない、とする。
2年間での個人負担額は、20年9月、10月の化学療法と内服薬代が129560円*2、CTなどの画像検査が一回、15000円とすると、3ヶ月おきだから、15000円*4*2となる。合計すると、379120円となる。

任意継続だと、(平成20年9月5日から2年間)
保険料は、22960円/月*24=551040円
医療費は、44400円/月 以上だと返って来る。平成20年9月、10月の化学療法は、44400円*2でカバー出来ることになる。なお、画像検査については、それ単独で44400円を超えることはないだろうから、上に同じ。都合、208800円となる。

ここまで計算して、今、やっと気付いたのだが、要は、国保にすると、ようけ傷病手当金が貰える(恐らく)けど、医療費の支出が大きくなる、ということなのだ。医療費が少ない、すなわち、僕が良い経過を辿れば、国保の方が得だろう。しかし、ようけ医療費がかかると、ある一定額を超えたところから、国保が損になる、任意継続の方が得になる、ということだ。

あと、それぞれのケースでの傷病手当金を計算し、どっちが得か、判断すればいいのだろうが、正直、これを書いていて、かなり疲れた。途中だが、ここでエントリーは終了とする。

僕は、自分が良い経過を辿ると確信しているので、心情的には国保に切り替えたい。

FC2blog テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

【2008/08/02 17:37】 | お金のこと
トラックバック(0) |

No title
うさみみ
分野が全然違いますが、うさみみが以前書いた日記と同じように、あっちを立てればこっちが立たずですね。

この場合は、お金の損得だけの判断ではない部分がありそうですが、無理せずゆっくり検討してください(^^♪


国民健康保険
カノン
急所ははずしたつもりでしたが、突いていましたか。失礼しました(笑)。
それにしても煩雑な計算になるんですねえ。
国保か健保の任意継続かだけではなく、医療費の支払がそこに
からんでくるのですものね。

今回、私がお手伝いできるとしましたら、来年納付の国民健康保険税
の計算くらいだと思います。途中まで、所得税の計算と同じなので。
もううんざりの場合は、以下省略してくださいね(笑)。

私の住む市では、
 国民健康保険税=医療分+後期高齢者支援金分 となります。
             医療分=所得割+資産割+均等割+平等割

資産割は固定資産税の納付額がある場合で、均等割と平等割は、
役場のHPに掲載されていると思います。
ですから、一番難しい所得割さえわかれば、大丈夫でしょうか。

所得割=基準総所得金額×保険料率
所得割の計算のもとになる基準総所得金額は次のように求めます。
基準総所得金額=給与の収入金額-給与所得控除額-33万円
例えば、給料が1か月70万円と仮定しましょう。
給与の収入金額=700,000×3=2,100,000
給与所得控除額=2,100,000×30%+180,000=810,000
[180万円を超え360万円以下の場合
      収入金額×30%+180,000 ]国税庁HP
基準総所得金額=2,100,000-810,000-330,000=960,000
所得割=960,000×保険料率 率は市町村のHPで見ます

ますます、わかりづらくなったかもしれませんね。
でも、市町村の相談室とか、きっと良い方法が見つかると思います。

「社会不安障害」は、実はただいま私の卒業研究のテーマなのです。
私の参考文献と臨床医さんの教科書が同じだったなんて。
ちょっと心配、いえ、ものすごくこわいです(笑)。
なぜ、社会人なのに卒業研究かと申しますと・・・つづく

No title
ran
拝見してて・・・・
病気になったのが自分でよかった。って思っちゃいました
なんて言ったら不謹慎かも。。。。(;^_^ A フキフキ
損得ではないけど
自分の生活は誰も守ってくれませんから必要なんですが、難しい

取る時は強制でサービスは申告だものね

9月まで一か月。まだまだ時間はあります。あせらず何がいいのかゆっくり検討してください。

あっちを立てればこっちが立たず
のっぽ187
うさみみさん

>あっちを立てればこっちが立たずですね。

全く同感です。

>無理せずゆっくり検討してください。

ほんと、そうします。

取る時は強制、サービスは申告
のっぽ187
ranさん

>取る時は強制でサービスは申告だものね

核心を突いたコメントですね。何となく、そんな気がしていたのですが、ranさんに言われて、はっと思いました。素晴らしい!

>9月まで一か月。まだまだ時間はあります。あせらず何がいいのかゆっくり検討してください。

そうします。焦らず・・・ですね。

いつもいつも有難うございます。
のっぽ187
カノンさん

>来年納付の国民健康保険税の計算

いつもいつも有難うございます。
一通り、目を通しました。何度か読まないと、頭に入らないので、また日を改めて読んでみます。

>ますます、わかりづらくなったかもしれませんね。 でも、市町村の相談室とか、きっと良い方法が見つかると思います。

いえいえ、そんなこと、ないです。一つ一つ、クリアして行きたいと思います。

>「社会不安障害」は、実はただいま私の卒業研究のテーマなのです。 私の参考文献と臨床医さんの教科書が同じだったなんて。
ちょっと心配、いえ、ものすごくこわいです(笑)。

実際、私達の多くは、そんなもんだと思います(笑)。

>なぜ、社会人なのに卒業研究かと申しますと・・・つづく

続き、楽しみにしています。

国保と任意継続の比較は、考慮すべき事柄が多く、また、医療費の支払いが絡んでくる(どれ位、医療費がかかるか、なんて今の時点では全然、分からない)ので、正確な比較は困難だと思います。大雑把には、傷病手当金をどれくらい貰えるか(特に国保)が焦点になって来ると思います。

コメントを閉じる▲
今日は、朝寝坊し、午前中は親と駄弁ったり、ぼーっとしたりして過ごしていた。
午後からは洗濯をし、年金、健康保険について、勤務先の病院、住んでいる市町村の役場に電話をし、担当の方から、揃えなければならない書類について、あれこれと伺っていた。

国民年金は、国民年金保険料免除申請書と一緒に、以下の①~③のうちのいずれかを提出すると、本人の所得はゼロとして扱われる、という。

①雇用保険受給資格者証
②雇用保険離職票
③雇用保険被保険者資格喪失確認通知書

僕一人の世帯であるとすると、世帯全体の所得もゼロとなる。役場の人の話では、たぶん通るだろう、とのことであった。通ると、国民年金の支払いは免除される。なお、免除期間中、支払うべき金額の1/3は支払っていた、という扱いになる、という。昔、大学の時に奨学金を貰っていて、国民年金の支払いを免除されていたのだが、その時と同じ扱いであるようだ。

なお、収入が少なければ(130万円以下)、現在、働いている母親の扶養に入ることも出来るという。今年の1月~3月の私の収入は、社会保険について考える際は、考慮されないというが、傷病手当も収入であると見做すらしいので、母親の扶養に入ることは恐らく無理だろう。
ということで、一人世帯、国民年金免除の道を目指すことになろう。

あと、健康保険については大きく2つの道があるようで、

a)国保になる。→役場に聞く。だいたいの金額を教えてくれる。
b)任意継続→全額本人負担。今払っている分の倍を払う。退職後の支払いがどうなるのかは知らない。(以上、勤務先の病院の担当者談)

であるらしい。本当は、母親の扶養に入るという方法もあるのだが、これは上記の理由で無理だろうから、実質はa)b)の二者択一となる。今、入っている健康保険を任意継続した場合、支払いの上限額は52248円であると、高額療養費支給申請について社会保険事務所に電話をした際に聞いている。従って、b)を選ぶと、月々52248円の負担になる。後は、役場に電話をして、国保になったら、どれくらいお金がかかるのかを聞いて、安い方を選ぶ、ということになるだろう。

と言うことで、クビを宣告されたので、早速、年金、健康保険といったところについて電話で問い合わせをした。少々、疲れた。自由を得るには、今の世の中、それなりの手続きが必要であるようだ。

勤務先の病院の担当者に、「雇用保険受給資格者証は、先生が書類を持って、住んでいるところを管轄するハローワークに行けば、貰えます。」と言われた。
ハローワーク、雇用保険と言えば、僕が精神障害者の人達に社会復帰を促すため、「ハローワークに行って・・・。」とか「雇用保険が・・・。」とか言っていたのを思い出した。さすがに自分がハローワークに行ったり、雇用保険がどうこう、ということになるとは思いにもよらなかった。天の配剤は、私達、地上に住む者の予想を遥かに超えたものである、ということをまた痛感した。

FC2blog テーマ:本日の日記 - ジャンル:日記

【2008/07/30 18:24】 | お金のこと
トラックバック(1) |

険しい道のり
カノン
自由への道のりは険しいです(笑)。

いざというときのために、皆おとなしく社会保険を支払っているのに、
これだけ手続きが複雑だということは、書類の不備を理由にして、
あわよくば給付を免れたいというお上の魂胆かもしれません。

実は、私自身の社会保険は、社会保険労務士さんにまかせっきり
なので、間違っていたら申し訳ないなあと思いつつも、書いてし
まっています。

【国民年金】
そうですね。保険料が全額免除される場合は、給付の時、3分の1
受け取ることになって、半額免除の場合は、3分の2もらうことに
なります。ちなみに、学生納付特例で免除された時は、免除期間
については給付がありません。

国民年金は受給額が少ないので、3分の1でも3分の2でもたいして
変わりませんから、保険料全額免除をめざすことになりますよね。

【健康保険と国民健康保険】
なんだか変だとは思うのですが、傷病手当金は確かに収入扱い
とかで、1日あたり支給額が3,612円以上だと、受給中は親族の
健康保険被扶養者に加入できないみたいです。

任意継続と国民健康保険のどちらを選択するかは、市町村によって
国民健康保険の金額がずいぶん違うそうですので、
書いていらっしゃいますように、役場に金額を確認することが先決ですね。
任意継続の手続きの期限が切れないうちに、電動自転車で役場に
乗り込むことをお勧めします。

それと、どちらを選ぶかによって、傷病手当金の金額が変わること
があるので、それも考慮したほうがよいと思います。

【傷病手当金と雇用保険】
これはご存知のことかと思いますが、雇用保険の
基本手当の受給資格のある方は、傷病手当金を
受給終了後に、それを受給することになります。

傷病手当金の受給要件が、病気で働けないことで、
雇用保険の基本手当の受給要件は、いつでも働ける
状態だが、ハローワークや本人の努力によっても(笑)、
職業に就くことができないというふうに、相容れないため、
同時受給ができません。

ハローワークに雇用保険の受給資格期間延長申請を忘れずに
する必要があると思います。

よくわからないことを、こんなに長々と書いてよいものでしょうか。
良心の呵責を覚えながら終わります(笑)。

No title
ran
いろいろ難しいですね
私は病気発覚の時は半年契約でポートの仕事してて
辞める時、更新はしない。ということで
「自己都合」ではなかったので通常半年が9か月もらいました
病気抱えながら仕事探ししましたよ。(一応(^_^;))
病気が病気なので断られることが多かったけどね
国保は高額治療の上限?が8万ぐらいだと思ったので
この金額を毎月負担するにはしがないサラリーマンの旦那の給料では生活が成り立ちませんって
会社の付加給付でなんとかなってます(;^_^ A フキフキ

難しいことは全くわかりませんが
自分で調べて自分で申告しない限りいろんなサービスは受け取れないので
納得いくまで調べたほうがいいですよね

と。。。。何のお助けにもならないコメでした
 

非常に有益な情報、誠に有難うございます。
のっぽ187
カノンさん

自由への道のり、少々、険しいですね。でも、きっと何とかなるでしょう。

>いざというときのために、皆おとなしく社会保険を支払っているのに、 これだけ手続きが複雑だということは、書類の不備を理由にして、 あわよくば給付を免れたいというお上の魂胆かもしれません。

明確な言葉にして意識したことはなかったのですが、この手続きの煩雑さには何となく悪意のようなものを感じていました。

>実は、私自身の社会保険は、社会保険労務士さんにまかせっきり なので、間違っていたら申し訳ないなあと思いつつも、書いてし
まっています。

今後とも、どんどん、書いて下さいな。お願いします。

>学生納付特例で免除された時は、免除期間 については給付がありません。

知らなかった。そうなんだ。今回のケースと一緒にしていました。

>国民年金は受給額が少ないので、3分の1でも3分の2でもたいして 変わりませんから、保険料全額免除をめざすことになりますよね。

それで良いのですね。お墨付きが得られたみたいで、良かったです。

>傷病手当金は確かに収入扱い とかで、1日あたり支給額が3,612円以上だと、受給中は親族の 健康保険被扶養者に加入できないみたいです。

傷病手当金、1日当たり3612円以上、もらいました(3月21日~5月11日分)。ということは、きっと親族(母親)の健康保険被扶養者には加入することは出来ないのでしょうね。そうか・・・。

>任意継続と国民健康保険のどちらを選択するかは、市町村によって 国民健康保険の金額がずいぶん違うそうですので、 書いていらっしゃいますように、役場に金額を確認することが先決ですね。
任意継続の手続きの期限が切れないうちに、電動自転車で役場に 乗り込むことをお勧めします。

役場に早速、聞いてみます。「任意継続の手続きは、退職後、20日以内に行って下さい。」と社会保険事務所の人に聞いているので、9月25日が期限となりますね。(9月5日を以って退職。)手続き出来るようになったら、いの一番に手続きを済ませたいと思います。もちろん、電動自転車で行きます。そう遠くないんだし。

>それと、どちらを選ぶかによって、傷病手当金の金額が変わること があるので、それも考慮したほうがよいと思います。

ここのところが正直、理解できませんでした。どういう状況であれば、傷病手当金の金額が変わるのでしょうか。例えば、国民健康保険になると、傷病手当金は減っちゃうのでしょうか。傷病手当金は過去1年間(平成19年度もしくは平成19年)の報酬から割り出された標準報酬月額に応じてもらえるのではないのでしょうか。分からないです。

【傷病手当金と雇用保険】
これはご存知のことかと思いますが、雇用保険の 基本手当の受給資格のある方は、傷病手当金を 受給終了後に、それを受給することになります。

これも勤務先の病院の担当の人に聞いて知ったことなので、実は今日の午後3時までは、全然、知らなかったです。

>傷病手当金の受給要件が、病気で働けないことで、 雇用保険の基本手当の受給要件は、いつでも働ける 状態だが、ハローワークや本人の努力によっても(笑)、 職業に就くことができないというふうに、相容れないため、 同時受給ができません。

やっぱり、そうだったのですね。そういうことなんだろうな、と想像はしていたのですが、はっきり言って下さると、より理解が深まります。1年2ヶ月後、職に就くべく努力をしてみようと思いますが、きっと仕事は見つからないでしょう(笑)。

>ハローワークに雇用保険の受給資格期間延長申請を忘れずにする必要があると思います。

承知しました。これも忘れずにします。
う~ん、自由への道のりは結構、険しいなあ。

>よくわからないことを、こんなに長々と書いてよいものでしょうか。

良いです。大いに良いです。
その理由として、一つには、よく分からない、と書かれていますが、僕よりは遥かによく知っています。
もう一つには、正しい正しくないに拘らず(書かれていることは殆ど、もしくは、全て正しいように思いますが)、そういった考えがあるんだ、そういう面があるんだ、ということを知ることが出来るので、非常に有益です。

非常に有益な情報、誠に有難うございます。

No title
あおくん
どうも、早速読ませて頂きました。
その通り、この病になり、お金がどんどん飛んでいく。
困ったものです。

なにかの制度が適応とかないのかな?

ま、なるようになるって気持ちで前向きに!

No title
ran
あおくん発見!
同じような歳だろうなぁと思ってて
男性のブログって少ないでしょう。知りあいになるといいなぁ~
って思ってました。
私からお勧めはできないので良かった(*^^)v

あおくんものっぽさんもよろしくね

リンクしますね(^_-)-☆


きっとどうにかなるさ、なんて思っています。
のっぽ187
ranさん

昨日の時点で、一つ目のコメントは読んでいたのですが、力尽きて寝てしまいました。

>病気が病気なので断られることが多かったけどね

やっぱり、そうなのですね。覚えておきます。

>国保は高額治療の上限?が8万ぐらいだと思ったので

80,100円が3回目までの自己負担限度額(ご指摘の通り、自己負担の上限のことです)ですね。これ、明らかに高いですよね。

>会社の付加給付でなんとかなってます

そんなのがあるのですね。僕の仕事は、もらえる額は多かったけど、その辺(付加給付だとか雇用の安定だとか)は自分の責任というかシビアですね。

>何のお助けにもならないコメでした

そう言わず、今後もどんどんコメントして下さい。コメントを読むことで得られる恩恵は①励みになる。②あっそんな見方があるんだ、という発見。 などがあると思います。 

リンク、こちらからもしますね。

おっと。。。。訂正(^_^;)
ran
コメのお返事いただいて。。。。訂正!
会社からの付加給付ではなく健康保険組合からの付加給付でした(;^_^ A フキフキ
正確には「健康保険給付金」って書いてあるわ

これって各健康保険組合で計算式があって、一度どうなってるのか問い合わせたら聞くだけ無駄なぐらいややこしいらしいわ
息子の会社は2万円以上は自己申告。なんて言ってましたわ
旦那の会社の場合は組合が計算して4か月遅れで給料に加算されて支払われます(だから自己負担は大体1か月2~3万ぐらいに抑えられてます)

のっぽさんも以前の病院では健康保険組合にな入ってたわけだから在籍中の治療費に対しては何らかの給付はあるのではないでしょうか?

とりあえず、思いつくままに挙げてみました。
のっぽ187
あおくん

外国で使われている、新しいお薬は、最近、日本でも比較的早いペースで承認されるようになったみたいです。しかし、新しいお薬の薬価が高くて、それに対して、何か対策が打たれているか、と言えば、何の対策も打たれていないようです。(実家で取っている朝日新聞に書いてあったことの受け売りです。)

患者数の多い癌の中では、大腸癌が一番、化学療法の費用が高いそうです。180万円/年と書かれていたと思います。(180万円というのは、化学療法のみだったと思うのですが、正確なところは忘れてしまいました。)入院していた病院の外来に置いてあった雑誌にそう書かれていました。

僕らが比較的、簡単に出来る、医療費を安く上げる方法としては、担当の先生から「入院する、それとも、外来で行く。」と聞かれた時に「外来でお願いします。」というくらいかな、と思います。後は、同様に「いつ退院してもいいですよ。」と言われたら、「出来るだけ早く退院したいんです。今日はどうですか(普通は駄目)。明日なら、どうですか。」と言って、翌日の退院にしてもらうくらいかなあ。

後は、高額療養費の支給申請をする際、3回以上、80100円以上の自己負担があったら、4回目からは多数該当といって、44400円以上の自己負担があれば、超えた分は返って来る、これくらいかな、思いつくのは。

あまり、いい方法、ないですよね。

健康保険
のっぽ187
ranさん

>のっぽさんも以前の病院では健康保険組合に入ってたわけだから在籍中の治療費に対しては何らかの給付はあるのではないでしょうか?

今、在籍している病院(9月5日でクビになる病院)は、政府管掌健康保険(中小企業対象)という分です。
ご主人さんや息子さんは、組合管掌健康保険(大きい企業対象)という分なのかもしれませんね。
注意はしてみようと思うのですが、勤務先の病院の担当者(いい人だと思う)との遣り取りの中では、更に何か給付を受けられる、という話はないです。

No title
つる つるこ
こんにちは。
医療費の問題、なかなか難しいですね。
FOLFOX+アバスチンだと、月2回の投与で20万円くらいですから、単純計算で240万円。180万円よりずいぶん多いです。
しかもこれは3割負担の金額だから、180万円というのはどういう計算なのかな…。

今回、私の入院で考えたのは「月をまたがない」ということです。
以前の入院の時、「月をまたがない方がお得」と教えてくださった方がいたので、目指せるものならばと思い、早々に退院してきました。

コメントを閉じる▲
先ほど、勤務先の病院の事務長から電話があった。来週、私のところに伺いたい、と言う。用件は、退職届を書いて欲しい、病院としては給料を払っていないので、病院が持つ健康保険料、厚生年金料(半分は病院が持ってくれているという)の支払いの件について話をしに伺いたいと言う。

僕は3月6日から仕事を休んでいるので、9月5日までの雇用となるらしい。平たく言うと、半年間は休職扱いですが、その後はクビです、ということだ。まあ、近く復職の見込みのない人を雇っておけるほど、病院は余裕がない、ということなのだろう。事情は分からないでもない。

健康保険料、厚生年金の支払いは、給料を貰って働いている時は、給料からの天引きが半分、病院の支払いが半分であった。具体的には、50万円、お給料を貰えるところを45万円しか貰わず、その一方、病院も別で5万円、負担をしていた、ということらしい。この状態だと、僕は月に10万円、合計で支払っていた、ということになる。
事務長の言い分だと、お給料の支払いがないので、給料から天引きされる5万円の支払いに現在困っている。これまでの合計額を支払って欲しい。なお、これまでの分を合計すると、40数万円にのぼるらしい。
あと、僕の雇用が続けば、病院分の支払いも続くことになる。この分をきっと節約したいのだろう。

こちらとしては、何も言い分はないので、「はい、分かりました。」と返事をした。

事務長自体はいい人で、僕に対し、すまない、もしくは、申し訳ない、という気持ちを持っているようである。しかし、勤めている病院は、お金に細かく、事務の人達は終わった月のカレンダーの裏面をメモ用紙として使っていた。

なんとも言えない気分がした。自分の責任で生きて行く。きっとこれでいいのだろう。9月分からは傷病手当の書類は自分で書かないといけなくなるな、などと考えた。お金のほうは、全然、お出かけしない生活をしているので、きっと、どうにかなるだろう。そのために、これまで質素倹約に励んできたんだし。(投資は今のところ、逆効果ですが。)

FC2blog テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

【2008/07/29 17:40】 | お金のこと
トラックバック(1) |

No title
ran
訪問&コメントありがとうございました
精神科の先生なんですね。
年齢からすると今までの経験をこれから生かしていく大事な時期だったのに
病院からの結果にはちょっと腹が立つ。。。。
どこの病院も経済的には大変だということは報道で流れていますが
それにしてもそれにしてもです
私が訪問している女医さんのブログにも過酷な勤務実態を書かれてますが
すっごく勉強して難しい試験受けて。。。。経験積んで。。。
ぜひ、復活して良い先生になっていただきたい。って本心そう思います
と。。。。私が怒ってもどうにもなりませんが。。。。(;^_^ A フキフキ

この病。いやっというぐらいお金がかかりまして・・・・
投資、ちょっと始めましたが今だわけわかんなくて
先が読めない世界情勢ってね
損しないように頑張りましょう。ね(*^^)v

こんばんは
うさみみ
健康保険料、厚生年金の支払いの件はよくわからないですが、さかのぼって40数万円も払う必要があるんでしょうか?

「人生そのものが自己責任」と、うさみみはブログで書くことがありますが、ものすごく重い言葉である言葉であることを再認識しました。

投資の感心が薄れちゃっているのは残念ですが、そういうことが楽しめるようになるといいですね。


いましめから解き放たれて
カノン
ウワッ、自由!!って思いました。
束縛されていたものから、身も心も解放されてよかったですね、と
私は敢えて申し上げます。
これからの4~5年、ご自分をいたわりながら、いま告知されて、
真っ暗な不安の海に船出しようとしている方々の行く手を照らす
灯台の光になられたらすばらしい、と勝手ながら思います。

でも同時に、複雑な胸の内もわかります。なんだか、いままで真剣
にやってきた自分の存在が、否定されたような気分に、私だったら
なると思いますから。

そうですね。標準報酬月額に1000分の149.96の保険料率を
乗じた金額が厚生年金保険料で、その金額は本人と事業主の
折半になります。
かなり事業主の負担が大きいので、本当は従業員なのに、
下請業者のようにして社会保険を免れるとか、会社はもう解散したと
虚偽の届出を社会保険事務所に提出したりするケースもあります。
最近は、社会保険事務所も、確かめに来るそうですが。

国家資格は裏切りません。これからも、きっと大丈夫です!


ご訪問、有難うございます。
のっぽ187
ranさん

訪問、有難うございます。
精神科をしていました。(最近は、ほんと、していました、という感じです。)
我ながら、「それなりの技量は身につけたし、ようし、これから。」と思っていた矢先のことだったので、病気になったのは、まさに晴天の霹靂でした。クビになったのは、あの病院、ケチだから・・・仕方ないですね。看護師や看護助手、ひいては看護学生が薄給で働いていたのをこの目で見ていたので、明日は我が身という感じでした。

>この病。いやっというぐらいお金がかかりまして・・・・

ほんと、そう思います。精神科の薬も新薬は結構、高価なのですが、その比じゃないですね。

投資は難しいですね。「お金をふやす本当の常識―シンプルで正しい30のルール (日経ビジネス人文庫) (文庫)  山崎 元 (著) 」には、1にコスト、2にリスク、3,4がなくて、5に好みと書いてあったと思います。(妹に本を貸していて、今、手元にないです。)
とは言え、損をしないというのは、なかなか難しいことだと思います。

一応、先生はしていましたが、今は99%患者です。今後とも、よろしくお願い致します。

ご指摘、有難うございます。
のっぽ187
うさみみさん

40数万円については、事務の人に再度、聞いてみようと思います。ご指摘、有難うございます。3月20日分まで給与が出ているので、3月21日から今までの分、すなわち4ヶ月分ということになりますね。
とにかく聞いてみます。

今回の件で改めて、僕らは(どういう雇用形態であれ)自分商店の店主である、ということを痛感しました。もっと言うと、うさみみさんのおっしゃる「人生そのものが自己責任」ということになると思います。

さすがに、置かれている状況が結構、シビア(病状、手術のダメージによる)なので、投資のことにまで今のところ気が回らないですね。
まずは、収入支出が安定するのを見届けてから、という感じです。とは言え、持っている株式は今のところ、売却する予定はないです。気長に上げ相場を待っているところです。

晴れて自由になりました。
のっぽ187
カノンさん

晴れて自由になりました。術後、体が動かない日々が続いていたのですが、途中から「これは半年やそこらで復職するのは無理だな。」と思うようになりました。うすうす「クビ(自由)になるんだろうな、いずれは。」と思っていたのですが、ついにその日が来ました。

多少の貯金はあるので、つつましく暮らせば、きっと大丈夫だろうな、と思っています。カノンさんが仰るように、これからの4~5年、自分をいたわりながら、いま告知されて、 真っ暗な不安の海に船出しようとしている方々の行く手を照らす 灯台の光になりたい、と心底、思います。

>でも同時に、複雑な胸の内もわかります。なんだか、いままで真剣 にやってきた自分の存在が、否定されたような気分に、私だったら なると思いますから。

それで、なんとも言えない気分がしたんだと思います。いずれ、そうなることは分かっていたつもりだったのですが、いざ言われると、ぽっかりと大きな穴が空いたような、そんな気分になりました。

>そうですね。標準報酬月額に1000分の149.96の保険料率を 乗じた金額が厚生年金保険料で、その金額は本人と事業主の 折半になります。

素晴らしい情報、有難うございます。保険料のことは、全然分かっていないので、こうやって教えてくれることは本当に嬉しいです。

>国家資格は裏切りません。これからも、きっと大丈夫です!

有難うございます。これについては、両親、特に母親に感謝です。「うちはお金がないから、あんたがたには教育をつけることしか出来んかった。」と大人になってから言われたのですが、医師免許は僕の身を守ってくれる財産です。

コメントを閉じる▲
私は初めにブログに書いたように、3月1日~6日、O外科内科に通院。3月7日~23日、香川県立中央病院に通院。3月24日~5月1日、香川県立中央病院に入院しています。
この間に支払った額のうち3月分は、以下の通りです。
O外科内科は、通院2回で15090円(調剤薬局に支払った550円を含む)
香川県立中央病院の外科への通院は、2回で34564円
香川県立中央病院の外科での入院は、24日~31日で517320円
でした。なお、これ以外に香川県立中央病院の産婦人科にかかり、精子を凍結保存してもらいましたが、その額は、13860円でした。

先日、社会保険事務所から3月分の高額療養費支給決定通知書が届きました。支給された額が357338円でした。自分で予め計算していた額と12000円余り差があったので、社会保険事務所に電話をしてみました。
http://www.sasaki-sr.jimusho.jp/kenkouhoken/kougakuryouyouhi.html は、少し前の分ですが、高額療養費のアウトラインを理解するのに良かったので、載せておきます。上記URLより一部、抜粋します。


1)原則的な高額療養費(70歳未満)
 被保険者・被扶養者がそれぞれ同一の月(暦月)において同一の病院等に療養を受けた際に支払った一部負担金等の額(食事療養=標準負担額を除きます)が自己負担額が21,000円以上のものを合算し高額療養費算定基準額を超えた場合、その合算した金額から高額療養費算定基準額を控除した額を高額療養費として支給されます。このとき医科と歯科、入院と外来は、分けてそれぞれ計算する必要があります。

高額療養費算定基準額
 一般の場合を例にとって言うと 一部負担金等の額を合算した額が72,300円を超えると高額療養費が支給されことになります。

一般  72,300円+(療養に要した費用の額-241,000円)×1%
上位所得者(標準報酬月額56万円以上)  139,800円+(療養に要した費用の額-466,000円)×1%
低所得者  35,400円

※低所得者:生活保護法の要保護者であって 高額療養費の支給があれば保護を必要としなくなる方 または 住民税非課税の方療養に要した費用の額は、一部負担金等の金額を負担割合で割った金額になります。
※ 療養に要した費用の額ですが… 自己負担額×10÷負担割合(1~3割)で計算できます。 


平成18年10月からは、以下のように金額が変更になっています。なお、計算方法は変わっていません。(http://www.naash.go.jp/kyosai/kougaku.html より抜粋)
 

◆1年間に1回から3回高額療養費の対象となる場合の支給限度額
所得区分  対象額(A)    支給限度額(B)
非課税者  118,000円   35,400円
一般     267,000円   80,100円+(医療費-267,000円)×1%
上位所得者 500,000円  150,000円+(医療費-500,000円)×1%


私は、上位所得者に相当します。
 「一般の場合を例にとって言うと 一部負担金等の額を合算した額が72,300円を超えると高額療養費が支給されことになります。」とのことなので、私の場合、150000円以上の負担額になると高額療養費が支給されることになります。
なお、ここで言う負担額とは、保険医療を受けた際に支払った分を指すので、精子の凍結保存(自費)とか入院中の病院から出る食事の費用とか特別室料(26日夜から27日昼は集中治療室に入っていた。27日昼から31日の夜までは個室に居た。これらの室料は自費である。集中治療室の室料は全額自費だったか、3割負担だったか忘れてしまった。確か自費だったと思う。)とか容器代(外来で大腸ファイバーを受ける当日、下剤を飲むのだが、その下剤を水に溶かす際に使う容器の代金)とかは外して計算します。

すると、「(保健医療を受けそれに対する)負担額」は、
O外科内科は、通院2回で15090円(調剤薬局に支払った550円を含む)
香川県立中央病院の外科への通院は、2回で34360円
香川県立中央病院の外科での入院は、24日~31日で485300円
となります。

「自己負担額が21,000円以上のものを合算し高額療養費算定基準額を超えた場合、その合算した金額から高額療養費算定基準額を控除した額を高額療養費として支給されます。」とあります。これは、各施設、各区分での合計額が21000円に届かない場合は、高額療養費の計算に入れないという意味です。そうすると、O外科内科の15090円は計算されないこととなり、

香川県立中央病院の外科への通院は、2回で34360円
香川県立中央病院の外科での入院は、24日~31日で485300円
だけが、その計算の対象となります。

後は上の計算式に入れていくのですが、
34360+485300=519660円・・・これが「(保健医療を受けそれに対する)僕の負担額」
519660÷0.3=1732200円・・これが、本当にかかった医療費。そうです、僕らはこの173万円の3割を負担し、50万円強を支払ったのでした。別な捉え方をすると、保健医療を施したことで病院が得た報酬とも取れますね。
150000+(1732200-500000)×0.01=162322円・・・これが平成20年3月分の僕の(保険医療に対する)自己負担の限度額
519660-162322=357338円・・・これが3月分の高額療養費の支給額、そう僕のところに帰って来た金額です。

う~ん、疲れました。
なお、僕は、519660円そのものが、かかった医療費である、と考え、計算していたので、違った金額を導き出していました。

これを理解するのに、2ヶ月くらいかかったので、折角だから、エントリーとして残すことにしました。高額療養費のことで、「これ、どう計算したらいいんだろう?」とか「これ、どうなっているんだろう?」とか考えている人のお役に立てれば、これにすぐる喜びはないです。

FC2blog テーマ:その他 - ジャンル:その他

【2008/07/17 17:39】 | お金のこと
トラックバック(0) |

No title
うさみみ
うさみみも入院分の高額医療と短期給付の計算チェックをしなきゃっておもいつつ放置しています。
どうしても、思ったより帰ってこないんですよね。

チェックしなきゃ、でないと医療保険の見直しも出来ないし(^^♪


ブラボー!
カノン
難しい高額療養費の計算、お疲れさまでした。
わかりやすく、懇切丁寧な解説をしてくださいまして、
ありがとうございます。

実は、私は税理士として働いています(女です・・笑)。

確定申告時期は、2日間のノルマがあって、納税相談会場に行き、
たくさんの納税者の方々の申告書作成のお手伝いをします。

やはり多いのは、医療費控除による還付ですね。
納めている所得税がないのに、医療費をたくさん払っていると、
税額の還付があると思ってこられる方もいらして、お気の毒なこと
になります。
納めている税金がなければ、還付はないということがもっと周知
徹底されれば、振り込め詐欺もだいぶ防げると思うのですが。

12月に高額の医療費を支払っている場合は、戻ってくる金額を
見積もって医療費から差し引かなければなりませんので、
今回のご説明はとても有意義だと思います。
すばらしい!

それと、民間の保険会社から医療費を補填するために支払われた
金額も、医療費から差し引かなければなりませんので、
そのあたりが、確定申告の際に気をつけられたほうがよい点でしょうか。


計算、ややこしいですよね。
のっぽ187
うさみみさん

高額療養費の計算の仕組みは無茶苦茶、ややこしいです。今回もクレームをつけるという意味ではなくて、その仕組みを理解したいなと思い、社会保険事務所に電話をしました。

僕も「あれ、369000円、返って来るはずなのに、どうして、357338円なんだ?」となったのですが、電話で訊いてみると、僕の勘違いであることが分かりました。

いろいろ教えて頂き、有難うございます。
のっぽ187
カノンさん

お返事が遅くなってしまいました。すみません。
税理士さんなのですね。驚きました。

確定申告の時、納税相談会場で申告書の作成を何度も税理士さんに手伝ってもらいました。あれは、ノルマだったのですね。知らなかった。毎回、丁寧に教えてくれるので、有難いなと思っていました。

>やはり多いのは、医療費控除による還付ですね。
納めている所得税がないのに、医療費をたくさん払っていると、
税額の還付があると思ってこられる方もいらして、お気の毒なこと
になります。
納めている税金がなければ、還付はないということがもっと周知
徹底されれば、振り込め詐欺もだいぶ防げると思うのですが。

こうやって、改めて説明されると、僕も分かるのですが、言われていないと、「支出が多かった。だから、還付もきっとあるはずだ。」などと考えてしまいそうです。
振り込め詐欺は、こういうところを悪用しているのですね。詐欺は悪いことですが、システムが煩雑なのも、引っ掛かってしまう一因なのかな、と思いました。

>12月に高額の医療費を支払っている場合は、戻ってくる金額を
見積もって医療費から差し引かなければなりませんので、
今回のご説明はとても有意義だと思います。
すばらしい!

お褒めに預かり大変、光栄に存じます。
12月に高額の医療費を支払っている場合、戻ってくる金額を見積もって医療費から差し引かなければならない、とのことですが、これも知らなかったです。(知らないことだらけです。)
そもそも、僕が今回した計算を全ての人、特にお年寄りが、これを理解して数字を出すということが出来るのか、と思いました。
とは言え、今回、カノンさんが教えてくれたことは僕にとって、とても有難いことですし、まずは僕が自分のことをしっかりこなして行くことが大事ですよね。

>それと、民間の保険会社から医療費を補填するために支払われた 金額も、医療費から差し引かなければなりませんので、

そうなんですね。僕は民間の保険には、自動車保険を除いて、一切、入っていませんでした。大学病院にいた時、同世代の医者は結構、みんな民間の保険に入っていたように思います。僕は、「自分は体にも気を遣っているし、病気になることはないだろう。」と高をくくっていました。人の人生、運命というものは、本当に奥が深いな、と思っています。



コメントを閉じる▲