fc2ブログ
癌との共存を目指しています。
2008年3月に大腸全摘術をしてくれた先生に電話をした。
その先生の勤務先に電話をした。
生きているということを報告した。
2014年に手術を受けた後に報告したのが最後だったので、9年ぶりの報告だった。

大腸全摘術をしてくれた先生は、もう昔のことなので、詳しい経過を忘れていたようだ。
よって、私が経緯を説明した。

「素晴らしい」と言われた。

嬉しかった。

大腸癌には癌が拡がるタイプと拡がらないタイプがある。
私は拡がらないタイプだった。
(だから今も生きている。)

そう伺った。

2014年5月に右中下葉切除術を受けてから、体力が年々落ちていると感じる。
最近は、40mほど離れたゴミ置き場にゴミを出しに行っただけで息が大きく切れてしまう。

抗癌剤は効かなくなる。
癌が大きくなるのを遅くするだけだ。

2014年の時点では、右下葉の癌と右肺門リンパ節に転移した癌を取る手術を受けるしかなかった。

そう伺った。

ここまでしんどいと、「ここまでして生きている価値があるのかな」と時々思う。
最近、そう思うようになった。

大腸全摘術を受けてから15年、右中下葉切除術を受けてから9年生きているので、「文句を言うな」と言われそうだが、この1,2ヶ月は特にしんどいと感じる。

肺葉切除術を受けると、肺活量が落ちる。それだけではなく、全身を巡る血液の量も減る。
最近は、筋肉痛がなかなか治らない。
循環する血液の量が少ないからだろう。

肺葉切除術にはそういったリスクがあるということを皆さんに知って頂けると幸いである。

次は、通院(総合病院への通院)を止めないと、いけないな。

考え中。

座位は、頭が回らない。(臥位でのみ、頭は働く。)

一昨日、硬い物を食べた時、深く噛み過ぎてしまった。

以後、右上の奥歯(5番から7番にかけて)の根元が腫れている。

少し痛かったので、以前(平成31年3月2日に)、処方してもらったケフレックス250㎎を2カプセル、飲んだ。

(予備という事で、渡されていた。歯科で、処方されていた。)

一晩、寝たら、痛みは、完全に取れていた。

腫れは、殆ど引いていた。

+++

噛み合わせが悪いのは、仕方が無いが、深く噛み過ぎたのは、不覚だった。

+++

ケフレックスは、セフェム1世代。

こういう古い薬を処方してくれる先生は、いい先生だ。

私より、10程、上みたいだが、長く診療を続けて欲しい。

右肺の中下葉切除術を受けると、呼吸機能、循環(脳への血流、下肢への血流)が低下する。

将棋で言うと、飛車落ち位かな。

大腸全摘術を受けると、水分の吸収が落ちる。(水を9ℓ飲むと、7.5ℓは、小腸で吸収され、1.5ℓは、大腸で吸収される。)

いつも、軽度の脱水状態にある。

将棋で言うと、香車落ちか、角落ち位かな。

(右下葉切除術だけなら、角落ち位かな。だから、大腸全摘術だけなら、香車落ち位かな。)

という事で、今の私は、飛車と香車を落とした状態、もしくは、飛車と角を落とした位の状態にある。

+++

大腸全摘術だけなら、デートもしたし、しようと思った。(女の子を誘おうと思った。)

でも、今の私は、外出も、ままならない。

+++

左肺全摘が、恐らく、飛車角落ちに相当するのだろう。

4月23日(金)の採血で、Hb 11.3、MCV 63.9(参考値83~100)。

小球性貧血を認めた。

鉄欠乏性貧血だろう。

しばらく、野菜を食べていなかった。

お豆腐も、あまり食べていなかった。(一時期より食べ方が少なくなっていた。)

23日(金)の夜から、早速、小松菜とお豆腐を食べ始めた。

(冷蔵庫の中に、偶然、小松菜が入っていた。母が、自分のために買っていた分。それを頂いた。)

立ち眩みが、少し、ましになった気がする。