癌との共存を目指しています。
5月30日(水)に、入院していた病院の泌尿器科で、診察を受けて来た。

石は、尿酸アンモニウム結石だった。

単一成分だった。

具体的には、石の成分のうち、98%が、尿酸アンモニウムだった。

5月14日(月)、入院。15日(火)、手術。16日(水)、おちんちんに入っている管を抜去。17日(木)、退院。

過去2回と全く同じ流れ。

手術中、モニターを見た。血圧75/50、心拍数 61。

気分が悪いとかは、全くなかった。

入院時、体重を測った。53.0kgだった。服を着て(サスペンダーの付いたズボンをはいて)測ったので、実際は、52.5kg位か。

記憶する限りでは、この日が一番、体重が軽かった。

病室に着き、お茶を飲み始めるまでは、結構、しんどかったので、体重を測った時は、脱水状態にあったと思われる。

術後、「石は硬かった。」との説明。カルシウム結石だろう。

元々、20日(金)に診てもらう予定だったが、主治医交代に伴い、診察日が昨日(24日)に変更になっていた。

CT。転移、再発の所見なし。左S10の結節は、直径5,6㎜との事。

血液検査。異常なし。

次回。10月19日(金)、午前にCT。同日、午後から診察。

昨日、13日(金)に、泌尿器科を受診(通院先の)。

昨日は、元々、午後1時から、CTを撮る予定だった。

CT撮影後の、午後3時から、泌尿器科の先生に診て頂く。

CTで、直径31㎜の石あり。

(入院して、)取る必要あり。

5月14日(月)入院、15日手術、16日バルーンカテーテル抜去、17日退院の予定(順調に行けば)。

少し参ったな、と思う。

昨日、胃カメラを受けた。前回(2010年4月)と変わりなし、との事。