癌との共存を目指しています。
大腸全摘術を受けてから、すぐに下痢したり、便秘になったりで、10年経った今でも、結構、コントロール出来ずにいる。(コントロール出来ずにいるのは、〇〇を食べたい、という欲求だ、という気もするが。)

「何で、こんな大きな手術を受けてしまったのだろう。(その結果、身体がガタガタになってしまった。)」と時々思うのだが、癌が見つかった時の状態から考えると、今の状態(10年、生きている。現時点で、CTに映る程、大きな癌は無い。)は、上出来だ、と思う。

出掛けても、ずっと、お腹の状態が安定せず、その事にばかり気を取られてしまうので、殆ど外出しなくなってしまった。

車を持てば、いいのかも知れないが、いつ、どうなるか分からないので、身の回りの物は少なくしておきたい、と思っている。

この1,2年は、物事に対する関心が薄れて来ているので、外出が少なくても、それはそれでいいのだが、昔(35歳まで)を思うと、少し寂しくなる。

優先順位をつけて、物事を考えると、①長生きする。②癌を再発させない。・・・⑤膀胱結石を作らない。・・・⑩出掛ける事(社会生活)だから、これはこれでいいのだが。

時々、こんな心境になる。いい機会だ、と思い、書き留めた次第である。

【2018/03/01 22:49】 | 思ったこと
トラックバック(0) |

社会参加は・・?
アグリ
こんばんは!のっぽ先生

医師として社会参加はしていないのですか?
週1回とか2週に1回で良いと思うけど!

昔のラジオで永六輔が月1回精神科に通ってると言ってました。精神科の先生とお話すると仕事で受けた心の歪みを矯正出来るそうです。

背中や腰が辛い人が接骨院や整形に行って背骨を矯正するのと同じ感覚で精神科の先生とお話されたそうです。

その影響もありますがアグリが関西に住んでいたらのっぽ先生と月1くらい会話したいです(笑)

精神科の先生は修練だと思うけど心をいやす会話のテクニックもあるし
それ以上に発想が一般の会社員とは違う(笑)

多分、のっぽ先生の精神科知識と病院勤務でつちかったスキルを必要とする人はたくさんいると思います!

あ~でも弁護士さんとの面談1万円/時間
ガン専門医のセカンドオピニオン2万円/時間
ですから

のっぽ先生と面談お願いする時は最低時給1万は必要ですね!
アグリが関西に行った時に5千円/30分で面談いかが(笑)



有難うございます。
のっぽ187
アグリさん

有難うございます。

仕事の話、全くない訳では無いのですが、今のところ、定期的な仕事は断っています。

>多分、のっぽ先生の精神科知識と病院勤務でつちかったスキルを必要とする人はたくさんいると思います!

そうだとすると、とても有難い事です。

時間に追われない、今の生活、とても気に入っています。

この生活を、もう少し、続けてみよう、と思っています。

10年素晴らしいです
mimi
3月は、病気が始まった月なのですね。
複雑な気持ちですが、何よりも、おめでとうございますとお伝えしたいと思います。10年いろいろと大変な思いをされてきたでしょうが、素晴らしい記録です。
私が病気になったころ、長期に生きていらっしゃる方を必死で探しました。
どうしたら少しでも長く生きられるようなのだろうかと。きっと、多くの患者にとって、こんなに生きられる人がいる、工夫している人がいるというのは、大きな励みになります。

私も、一か月に一回くらい、近況を話せる精神科の先生がいたらいいなあと思います。精神のホームドクターのような。
スカイプなどを使って、ネットでもとも思うのですが。でも、のっぽ先生には、先生のお考えがあるのでしょう。

再発した時に、漢方薬の先生の所に通いました。かなりのおじいちゃん先生で、話をするだけで気持ちが落ち着いたものです。当時は、漢方薬を信じていたからというわけではなく、ホッとしたかったのだと思います。

とにかく、祝10年ですv-22
よく頑張りましたとご自身をほめて、ご褒美(何かしら?)をあげてくださいませ。

うーん、私は、3月生まれ。
3月は、ひとつ年を取る!月なのです。

有難うございます。
のっぽ187
mimiさん

3月生まれなのですね。

この数年は、自分の誕生月より、癌が見つかった月(3月)を基準に物を数えるようになりました。

私は、超が付く面倒臭がりなのですが、ブログを続けているのは、「見つかった時は、かなり状態が悪かったけど、とりあえず、生きている人がいるようだ。」というのを、他の人が確認出来るように、というのがあります。

精神科の診療(外来)は、mimiさんやアグリさんのような方と、ゆっくり話をする時間は無く(そういう施設もあるのでしょうが、私は勤めた事がない)、押し寄せてくる患者さんを、とにかく、こなして行く、といった感じです。

精神科の病院も、儲けなければならないので、「沢山、患者さんを診て、収益を上げて。」という事になっています。(自分が勤めた病院は、そうでした。)

10年。思えば、遠くへ来たものです。

あまり欲しい物がないので、ゆっくり日向ぼっこでもして過ごします。

便秘モード?
アグリ
のっぽ先生へ

再度記事読んで気づいたのですが大腸全摘された体で
固形の便秘モードがある事を不思議に感じました。

半年のイレオストミー(回腸ストマー)経験ですが
小腸のエンドにあるパウチに出るのは安定した水便下痢でした。

あくまで自分の体感ですが胃と小腸は勤勉で規則正しく働くお百姓さんのような器官で
動く時と動かない時があり便秘&下痢を起こす予測不可能な暴れん坊将軍が大腸と感じました!

先生は小腸の端とお尻をショートカットされてるから
小腸エンドでお腹に出す回腸ストマーとまた違うような体質なのでしょうね!


もう1点
アグリ
>この数年は、自分の誕生月より、癌が見つかった月(3月)を基準に物を数えるようになりました。

自分も7年経ちますが,ここ1~2年前からガン前の自分とガン後の自分は違う感覚がしています。

ガン前の人生が終わり!新たにガン後ステージ人生が始まった感じです。
自分は東北大震災の1か月後4月にガンが発覚しました。だから来月4月でセカンド人生におけるピカピカの1年生になります。

便秘、小腸
のっぽ187
アグリさん

固形の便は、出ないです。(出た、と書いていたら、すみません。)

水様便か泥状便です。

肛門のすぐ上のところに便があるのに(便意がするのに)、便が出ない状態を、「便秘」と書いているのだ、と思います。

>あくまで自分の体感ですが胃と小腸は勤勉で規則正しく働くお百姓さんのような器官で

同感です。

>動く時と動かない時があり便秘&下痢を起こす予測不可能な暴れん坊将軍が大腸と感じました!

忘れてしまいました。

小腸は、こちらの意思と関係なく、急に動き出す事があります。

家事をしている時に、急に動き出す事もあり、それは、それで、厄介です。

お返事
のっぽ187
アグリさん

>ガン前の自分とガン後の自分は違う感覚がしています。

私も、そうです。

>だから来月4月でセカンド人生におけるピカピカの1年生になります。

4月からなのですね。


コメントを閉じる▲
もともと、面倒臭がりだったのが、この1,2年、更に高じて来ているように思う。

昔は、「何とか、しなければ。」と思っていた。

けれど、最近は、「まあ、いいか、これで。」と思うようになった。

このブログも、診察メモ&体調記録みたいになって来ているが、「ま、それで、いいか。」と思っている。

【2017/10/22 06:14】 | 思ったこと
トラックバック(0) |


しろ
のっぽ187 sann

こんばんは
面倒臭がり さん 
選挙 行かれました ? ♫


のっぽ187
しろさん

行って来ました!

雨の中、気合で行って来ました。

車の無い私にとって、雨の中、往復30分かけて歩いて行くのは、なかなか、ハードでした。

この権利(選挙権)を得るために、多くの先人が苦労した事を思うと、「(面倒臭いな、でも、)行かなくちゃ。」と思い、行って来ました。

コメントを閉じる▲
2008年3月に癌が見つかるまでは、「神様は居ない。」と思っていた。

I do not believe in God. ですね。

08年6月以降は、神様について、あれこれ、考えた。

「神様は、居るのではないか。」と考えていた。

この数年、過去を振り返るようになり、「もし、居るとしたら、どんな神様なんだろう。」と考える様になった。

私には、割と厳しい目のプランを課したのかな、なんて思っている。

一方、無神論者的な考えも、再び、持つ様になり、「そんなの、居ないのかも知れない。」と思う様にも、なっている。

皆を救うような神様というのは、居ないのかな、と、最近は、思っている。

【2017/05/15 00:24】 | 思ったこと
トラックバック(0) |
今のところ、平穏(心の平穏)を目指している。心の平穏を第一に考えている。

2013年10月(2回目の再発)以降の経過は良い。

このまま、静かに暮らすか、社会との接触を少し増やすか。

2013年10月までは、割と、利他的な精神を持って、仕事をして来た、と思う。

【2016/05/30 04:50】 | 思ったこと
トラックバック(0) |

たまには下界も・・
アグリ
のっぽ先生へ

読後の感想ですが,大きな肺手術から2年経過し
のっぽ先生の中の生命エネルギー(心身共に)が蓄えられてきたように感じました。


 静かな平穏を目指す山籠もり修行僧が
時には下界に降りて俗世界を体験する事も
修行の一環として良いのではないかと自分は思います。


オリーブ
利他的すなわち自分自身の平穏、となればその方はきっと精神的円熟のいきに達した人かと…。
愛とは概念に過ぎず実は存在しなものだと思います、愛の行為のみが愛と呼べると思うのです。

なので愛がある人の行動はすなわち愛であり利他的でもあるはず。

のっぽさんが発病以来はご自身の病気に集中し、平穏に生きることを目指すのは賢い自己防衛だと思いますし、素晴しい意志の力を感じます。
なかなか取り乱したり精神のバランスを崩し物事を複雑にし、周囲を意図せずに苦しめたりする場合もおおいかと…←これたぶん私(笑)
しかし、のっぽさんはズートご自身のことはご自身で、つまり「自分に頼れ」とブッタの言葉どおりされてきたように思います。(ブログを長く読ませていただいて思っただけですが)
でも、ここへきて、他の人の為にという心が芽生えたのは、今までののっぽさんの有り方からきているご褒美のようにも思います。
字余り(笑) 


身の振り
のっぽ187
アグリさん

了解しました。

最近、少しずつ、元気が出て来た気がします。

今後の事は、もう少し、考えてみます。


のっぽ187
オリーブさん

有難うございます。

2,3日、この事について、考えていました。

まず、自分。それから、他人ですね。

まず、自分が生き延びる、ですね。

癌細胞が、肺に残っている可能性が高い、すなわち、再発する可能性が高い訳ですから、無理せずに、生き延びる事第一で行こう、と思い直しています。


アグリ
のっぽ先生へ

この問題は本当に難しいですよね!

先生の心の奥にあるムズムズ感とうまくお付き合いください



オリーブ
わたし思うのですが、海は深ければ深いほど表面の波は穏やかですよね、人の心も深ければ深いほど表面的には穏やかで波がたたない、すべて飲み込むほどの静けさなのでは…。

それで、もしそういう人格の人が何か自ら行動を起こすとしたらそれは物凄く愛に満ちた行為であり(それが大それたことでなくとも、一見些細なことのようであるけど)愛のある利他的なことなのではないでしょうか、つまり利他的な事をあえてしよう、と身構えなくともその人の行動や言葉ふるまいは利他的と「なる」というような漠然とした自分なりの気持ちを持っています。

思うに、のっぽさんはすでに十分利他的なのではないかということ。
後は対象を広げるほどのご自身の体力と精神力を計るのみのような気がします。


のっぽ187
アグリさん

うまく付き合って行きたいな、と思います。


のっぽ187
オリーブさん

対象を広げる、ですか。

う~ん、そこですね。


オリーブ
こんにちは。再度すみません。

>でも、ここへきて、他の人の為にという心が芽生えたのは、今までののっぽさんの有り方からきているご褒美のようにも思います。

これは私が最初のコメントに書いたことなんですが、実は一番言いたかったことなんです、でもこれだけだと意味が通じないと思いつつ、どう表現していいのかわからなくて、字余りでごまかしました(笑)

のっぽさんはその若さで癌という病に犯され苦しみましたが、でも逆にそのせいで、精神科医という立場で自分の精神を自分でコントロールするすべにさらに磨きをかけたのも事実だと思うのです。
しかも平穏に生活できています。
これ自体が素晴らしいことではありますが…
そのご褒美がなぜ利他的な行動か?と申しますと、

真の意味で利他的になられ行動できたなら、それは実は計り知れない幸福を自分自身にもたらすのではないかという私の自論があります、それはボランテアとは違います。精神的成長をとげた人間が行うことは愛に満ちていると先に述べましたが、実はそれは何よりその人の幸福なのではないかと思うのです。
私自身もう若くないので日々どう生きるかを考える中で、真の幸福とはなにか?人が死ぬまでにいったいどうしたらある程度満足して逝けるのか?などと考えて生きてきました。
まずご褒美をもらえるほど自分がどうなのか?ということはわかりませんが、何かそこに答えがあるような気がしています。やっぱり上手く説明できませんね(笑)


のっぽ187
オリーブさん

素敵なコメント、本当に有難うございます。

>真の幸福とはなにか?人が死ぬまでにいったいどうしたらある程度満足して逝けるのか?などと考えて生きてきました。

重要な課題です。

私も、日々、「幸せとは何か。」を自分に問うています。

他の人に利益をもたらす。それが、自分自身に幸せをもたらす。

そうですね。そう思いながら、2008年3月まで、もしくは、2013年10月まで、仕事をしていました。

今すぐ、答えが出る問題ではないですが、もう少し考えてみたい、と思います。

コメントを閉じる▲
再発時の心得

少なくとも、10回以上は、考えている。

現時点では、する事ないですね。

どうしよう・・・。

【2016/02/01 02:37】 | 思ったこと
トラックバック(0) |