癌との共存を目指しています。
今のところ、平穏(心の平穏)を目指している。心の平穏を第一に考えている。

2013年10月(2回目の再発)以降の経過は良い。

このまま、静かに暮らすか、社会との接触を少し増やすか。

2013年10月までは、割と、利他的な精神を持って、仕事をして来た、と思う。

【2016/05/30 04:50】 | 思ったこと
トラックバック(0) |

たまには下界も・・
アグリ
のっぽ先生へ

読後の感想ですが,大きな肺手術から2年経過し
のっぽ先生の中の生命エネルギー(心身共に)が蓄えられてきたように感じました。


 静かな平穏を目指す山籠もり修行僧が
時には下界に降りて俗世界を体験する事も
修行の一環として良いのではないかと自分は思います。


オリーブ
利他的すなわち自分自身の平穏、となればその方はきっと精神的円熟のいきに達した人かと…。
愛とは概念に過ぎず実は存在しなものだと思います、愛の行為のみが愛と呼べると思うのです。

なので愛がある人の行動はすなわち愛であり利他的でもあるはず。

のっぽさんが発病以来はご自身の病気に集中し、平穏に生きることを目指すのは賢い自己防衛だと思いますし、素晴しい意志の力を感じます。
なかなか取り乱したり精神のバランスを崩し物事を複雑にし、周囲を意図せずに苦しめたりする場合もおおいかと…←これたぶん私(笑)
しかし、のっぽさんはズートご自身のことはご自身で、つまり「自分に頼れ」とブッタの言葉どおりされてきたように思います。(ブログを長く読ませていただいて思っただけですが)
でも、ここへきて、他の人の為にという心が芽生えたのは、今までののっぽさんの有り方からきているご褒美のようにも思います。
字余り(笑) 


身の振り
のっぽ187
アグリさん

了解しました。

最近、少しずつ、元気が出て来た気がします。

今後の事は、もう少し、考えてみます。


のっぽ187
オリーブさん

有難うございます。

2,3日、この事について、考えていました。

まず、自分。それから、他人ですね。

まず、自分が生き延びる、ですね。

癌細胞が、肺に残っている可能性が高い、すなわち、再発する可能性が高い訳ですから、無理せずに、生き延びる事第一で行こう、と思い直しています。


アグリ
のっぽ先生へ

この問題は本当に難しいですよね!

先生の心の奥にあるムズムズ感とうまくお付き合いください



オリーブ
わたし思うのですが、海は深ければ深いほど表面の波は穏やかですよね、人の心も深ければ深いほど表面的には穏やかで波がたたない、すべて飲み込むほどの静けさなのでは…。

それで、もしそういう人格の人が何か自ら行動を起こすとしたらそれは物凄く愛に満ちた行為であり(それが大それたことでなくとも、一見些細なことのようであるけど)愛のある利他的なことなのではないでしょうか、つまり利他的な事をあえてしよう、と身構えなくともその人の行動や言葉ふるまいは利他的と「なる」というような漠然とした自分なりの気持ちを持っています。

思うに、のっぽさんはすでに十分利他的なのではないかということ。
後は対象を広げるほどのご自身の体力と精神力を計るのみのような気がします。


のっぽ187
アグリさん

うまく付き合って行きたいな、と思います。


のっぽ187
オリーブさん

対象を広げる、ですか。

う~ん、そこですね。


オリーブ
こんにちは。再度すみません。

>でも、ここへきて、他の人の為にという心が芽生えたのは、今までののっぽさんの有り方からきているご褒美のようにも思います。

これは私が最初のコメントに書いたことなんですが、実は一番言いたかったことなんです、でもこれだけだと意味が通じないと思いつつ、どう表現していいのかわからなくて、字余りでごまかしました(笑)

のっぽさんはその若さで癌という病に犯され苦しみましたが、でも逆にそのせいで、精神科医という立場で自分の精神を自分でコントロールするすべにさらに磨きをかけたのも事実だと思うのです。
しかも平穏に生活できています。
これ自体が素晴らしいことではありますが…
そのご褒美がなぜ利他的な行動か?と申しますと、

真の意味で利他的になられ行動できたなら、それは実は計り知れない幸福を自分自身にもたらすのではないかという私の自論があります、それはボランテアとは違います。精神的成長をとげた人間が行うことは愛に満ちていると先に述べましたが、実はそれは何よりその人の幸福なのではないかと思うのです。
私自身もう若くないので日々どう生きるかを考える中で、真の幸福とはなにか?人が死ぬまでにいったいどうしたらある程度満足して逝けるのか?などと考えて生きてきました。
まずご褒美をもらえるほど自分がどうなのか?ということはわかりませんが、何かそこに答えがあるような気がしています。やっぱり上手く説明できませんね(笑)


のっぽ187
オリーブさん

素敵なコメント、本当に有難うございます。

>真の幸福とはなにか?人が死ぬまでにいったいどうしたらある程度満足して逝けるのか?などと考えて生きてきました。

重要な課題です。

私も、日々、「幸せとは何か。」を自分に問うています。

他の人に利益をもたらす。それが、自分自身に幸せをもたらす。

そうですね。そう思いながら、2008年3月まで、もしくは、2013年10月まで、仕事をしていました。

今すぐ、答えが出る問題ではないですが、もう少し考えてみたい、と思います。

コメントを閉じる▲
再発時の心得

少なくとも、10回以上は、考えている。

現時点では、する事ないですね。

どうしよう・・・。

【2016/02/01 02:37】 | 思ったこと
トラックバック(0) |
2008年3月に癌が見つかって、今年で8年になる。(現在、7年10ヶ月経過。)

医者になったのが、1999年5月だから、フルに働いたのは9年。

大腸がなくなってからの自分、白米を食べなくなってからの自分、だいぶ、経ったな、と思う。(白米は、2010年頃から食べなくなった。)

当初、2,3年と考えていたので、現状は、いまいち、ピンと来ない。

ただ、2014年5月の時点で、癌は存在していたので、以後5年と考えても、2019年5月。まだ、だいぶ先だ。

どちらかと言うと、残っている可能性が高い、と考えて、生活している。

2008年3月までとは違った価値観で暮らしているので、同業者とは、あまり話をしたいと思わない。

自分の時間が有限である、という事が、どこかで前提となっているので、何かが違う、と感じてしまう。(同業者のみならず、同世代の人もそう。)

何をするべきなのかは分からないが、ここまで来れた事、この上なく有難く思う。

【2016/01/15 22:16】 | 思ったこと
トラックバック(0) |


断子
お久しぶりです、HN変えて投稿します。と言うのは去年でネットからすべて手を引いたので、HP、ブログは勿論、ツイッター、フェイスブックなども退会しました。今は娘たちとだけラインで繋がっています。
10年以上前から半隠遁生活を目指していて、極力身辺整理してきたものですから、最後に残っていたネット関係の人間関係も止めました。と言ってもネットで知り合った人とはどなたとも一度も会ったことも電話で話したこともないし、私の所在も誰にも知らせることはなかったので止めるのは簡単でしたので逆に去年までやっていたのかもしれません。
のっぽさんのブログはたまに覗かせていただいていて、まさに今回の記事に書かれていることに共感します。


のっぽ187
断子さん

このような記事に共感してくれる人がいる事、少し驚くと共に、有難いな、と思っています。

水のような人間関係がいいですね。

リアルでも、ネットでも。

8年目
mimi
寒いですね。そちらは雪でしょうか。
先日の雪で、人ごみに押されて圧死するかと思いました。今の体力あったので、かろうじて脱出しました。都会の弱さを感じました。
私は、2008年6月にわかったので、先生の3か月後です。あと1年かなを繰り返して気がついたら、2016年なのですね。あの頃は、今の自分を想像することはできませんでした。
病院通いもなくなって、穏やかに過ごしています。綱渡りをしているような時もありました。
先生に、病気の向き合い方、抗がん剤の考え方、食事についていろいろと教えていただきました。
さすがお医者さんだなと思い、科学的に論理的に考えることを学ばせていただきました。
長く生きている、冷静に病気を考えている先生のブログにたどり着いたのも、生きる糧であったと思います。
これからもよろしくお願いいたします。


7年10ヶ月
のっぽ187
mimiさん

今朝は、雪でした。

最近は、人の多いところに行っていないのですが。

雪の日は、混雑する印象を持っています。

私も、2016年、と言われても、いまいち、ピンと来ないです。

病院通いがなくなると、生活は落ち着きますよね。

昨年までは、綱渡りをしているような感じがあったのですが、年が明けたくらいから、少しずつ、そういった感じがなくなって来ました。

2008年3月、4月、5月といった辺りは、完全に、我を忘れていたのですが、6月辺りから、自分を取り戻したように、記憶しています。

自分で、自分の身体を管理するんだ、という気になれた、と思います。

いざ、筋道を立てて考えて行くに当たって、医学部で学んだ知識、医者になってから、身に付けた知識は、結構、役に立ちました。

褒めて頂けて、すごく嬉しいです。

もっと早く冷静になれれば良かったのに、と時々思うのですが、2008年6月以降は、割に、まともな判断が出来ていると思っているので、「まあ、いいか。」と思っています。

こちらこそ、これからも、よろしく、お願い致します。

コメントを閉じる▲
コントロール出来ない事で悩まない。

コントロール出来るのは、自分の行動と考え方だけ。

【2015/10/18 12:59】 | 思ったこと
トラックバック(0) |

深い言葉
カノン
のっぽ先生

確かにそうだなあ、と思います。
私も含め、この文章を読んだすべての人が、自分の悩みや課題に照らし合わせて、考えたことでしょう。

ただ、コントロールできないことを、そのまま受け止めて行動するということができなくて、どうしても将来をネガティブに捉えて、クヨクヨしてしまいます。

人間に与えられた能力として、先を見通す力が、大きな発見につながることもありますし、未来を不安に思い煩う気持ちが、自分を傷つけてしまうこともあります。
諸刃の剣のようなものだなあ、と思います。

のっぽ先生は、退職後、不定期に働いていらっしゃるのですね。
いろいろな働き方を選べるのが、ドクターの強みです。
どうぞ、心身ともに良い環境にいらしてくださいますように。

ありがとう
キノシタ
ありがとうございます。

どう致しまして
のっぽ187
キノシタさん

いえいえ。

どう致しまして。

受け容れる。
のっぽ187
カノンさん

お久しぶりです。

直腸癌で、大腸にポリープが100個位ある、ここまでは受け容れる事が出来たのですが、肺に4つ、陰ある(右に3つ、左に1つだったと思う、とにかく、両肺にあった)、これが受け容れられなくて、冷静な判断が出来なくなってしまいました。

2008年3月の事です。

この7年半で、一番、困った事は、抗癌剤以外では、大腸がなくて、お尻が痒い、(ガスが出なくて)お腹が張って、しんどい、でした。

先が長くない、という事を受け容れてからは、それなりの判断を下す事が出来ているのではないか、と思うので、「そうなってしまった物は、仕方ない。とにかく、これからの事にベストを尽くそう。」こう切り替える事が、いかに大事か、改めて思い直していました。

再発を抑える事が第一だと考え、退職しました。常勤を離れました。

親が、どういった意図で、私に教育をつけてくれたのかは、分からないのですが、癌になってからは、この資格、すごく役に立っています。

コメントを閉じる▲
この記事を読んで、「素晴らしい。」と思い、久しぶりにコメントをした。

返事にまたまた、「う~ん。」と唸ってしまい、一言。

それだけでは(EBMだけでは)、臨床の現場は回らない、と思う。

これは、EBMの概念を知った頃(2002年頃)から、ずっと思っていた事で、患者となった2008年以降、その思いをより強くしている。

個々の患者さんに合わせて、対応する(薬の量を減らすとか)のが、常識的ではないか、と思う。(常識とは何か、と突っ込まれそうですが。)

【2015/10/05 16:13】 | 思ったこと
トラックバック(0) |


mimi
お久しぶりです。

がんとわかって、8年目になりました。
ほんとうにいろいろと経験し、いろいろな医師に会い、いろいろな方の病気との付き合い方を知りました。

良い記事とコメントですね。先生の記事とコメントも。ご紹介ありがとうございます。治療を常に考えている患者だからこその考え方だと思います。
抗がん剤治療を経験した者として、医師が副作用を軽く見ているなあと感じることが多々あります。
副作用を深慮して二の足を踏んだ時、「あなたは間違っている」と怒鳴られた時のことがフラッシュバックします。でも、その時に転院を選択肢に入れて、今元気になった自分がいるので、医師が怒鳴ってくれてよかったのかなとも思います。
あの時の抗がん剤は、テレビも見えなくなるほどの副作用がその後報告されたのです。

QOLと自分が望む生活とレベルが異なるから、患者として熟慮して選択していきたいと思います。

もうすぐ、CT検査です。やっぱり不安でいっぱいです。




のっぽ187
mimiさん

お久しぶりです。

記事、コメント、褒めてくれて、とても嬉しいです。

医者は、副作用を軽く見ていますね。見ている事が多い、と思います。(自分も、そうだった、と思います。)

選ぶのは、患者なので、医者が、感情的になるのは、残念だな、と思います。

新しい薬は、後で〇〇という副作用が報告された、というパターンが結構、あるので、治療を受ける側としても、そこは、慎重に、と思います。

CT検査、不安になりますよね。

コメントを閉じる▲