fc2ブログ
癌との共存を目指しています。
誰もいわない「不都合な真実」。気を付けて、その“肉”を食べたら癌になる! 政治家と役人に見捨てられた国、日本 東京大学院教授・鈴木宣弘先生に聞く

オーストラリア産の牛肉について。

日本に牛肉を輸出する。

そのために牛を育てるが、その牛にはエストロゲンを注射している。

エストロゲンを注射すると、牛は早く大きくなる。

ちなみに、エストロゲンは、女性ホルモンの一つ。

牛や豚に使用される肥育促進剤(肥育ホルモン剤、ラクトパミン)につ いて(Q&A)

Q1 牛や豚に使用される肥育促進剤とはどういうものですか。

A1 牛などの成長促進を目的に使用される肥育ホルモン剤(動物用医薬品)やラクトパミン(飼料添加物)です。牛などの体重増加の効果があるとされています。また、アメリカ、カナダ、オーストラリアなどで広く使用されていると言われています。(引用はここまで)

ここで言う肥育ホルモン剤とは、エストロゲンのことを指していると思う。

私は、2013年にオーストラリア産の牛肉をたくさん食べた。

牛肉と一緒に、エストロゲンやラクトパミンをたくさん食べた。

「がんに効く生活」(ダヴィド・S.シュレベール著)p139

これらのがんの多くは、体内を循環するホルモンに刺激され増殖するため、‘‘ホルモン依存性‘‘のがんと呼ばれている。(中略)では、ホルモンはどのようにがんの成長を促すのだろうか。ホルモンは、細胞表面上にある受容体に結合し、いわば錠前を開ける鍵のような働きをする。その細胞ががん細胞であった場合、ホルモンは細胞の中で連鎖反応を引き起こし、細胞を無秩序に増加させる。(引用はここまで)

牛肉と一緒に摂ったエストロゲンは小腸で吸収され、血流に乗る。がん細胞にも運ばれる。エストロゲンは、がん細胞の表面にある受容体にくっつく。そうすると、細胞の中で連鎖反応が起きる。結果、細胞が無秩序に増える。

私の右肺で、2013年に、上記のようなことが起きたと思う。

ラクトパミンも同じように作用するのではないかと思う。

大学の同級生からメール。同級生や、一学年上の人の話を聞いても、何も思わなくなった。

完全に、人生を降りたのだろう。

(厳密に言うと、7,8割、降りた、という位かな。)

10月6日(日)の日中に体重を量った。

56 kgだった。

最近は、よく日光浴をしている。

午前11時30分から40分までと、午後0時50分から1時までの、合計20分間、日光浴をした。

直射の日光だった。

2回目の日光浴の後、少し頭がボーっとした。

ただ、一時に比べると、太陽は低くなっている。

【2017/08/30 13:23】 | 未分類
トラックバック(0) |

サイコオンコロジー?
アグリ
こんばんは,のっぽ先生
先生は精神科のDrですが,サイコオンコロジー?(精神科+腫瘍学)の知識は・・・?

ガン2年目に現在,聖路加国際病院精神腫瘍科 保坂隆先生(当時は東海大学の先生)の著書を読み
ガン患者や終末期患者の気持ちが本当に解ってるの?と批判的でした。

でもガン卒業し6年目になると、保坂先生の思想も少し解る気がしました。
今の緩和医療の医師の現状は知りませんが,麻酔科,内科,外科出身の緩和先生だけでなく
のっぽ先生のようなガン患者+精神科出身の先生が緩和チームに必要かなと思っています。

のっぽ先生の体調は解りませんが、先生のような方が緩和医療のDrやガン支援センターの相談員だったらと強く思っています。



有難うございます。
のっぽ187
アグリさん

>先生のような方が緩和医療のDrやガン支援センターの相談員だったらと強く思っています。

有難うございます。

>先生は精神科のDrですが,サイコオンコロジー?(精神科+腫瘍学)の知識は・・・?

無いです。皆無です。

>のっぽ先生のようなガン患者+精神科出身の先生が緩和チームに必要かなと思っています。

精神科の医者で、癌になって、という人は、なかなか、いない、と思います。

管理人のみ閲覧できます
-



のっぽ187
匿名の方へ

有難うございます。


管理人のみ閲覧できます
-



のっぽ187
匿名の方へ

しっかり憶えていますよ。

>いつも突然・・・。

そんな感じでいいのではないか、と思います。

返事の続きは、貴ブログに、鍵コメでしたい、と思います。

管理人のみ閲覧できます
-



のっぽ187
匿名の方へ

貴ブログに、鍵コメで、返事を致します。

コメントを閉じる▲
日が短くなると(曇りの日が続くと)、活動量が減ってしまいますね。

【2016/11/21 14:24】 | 未分類
トラックバック(0) |